« 防寒準備 | トップページ | ず~っと・・ぐたぐた・・ »

2008年11月19日 (水)

あれれっ・・・



2つの『沖の輪』」 どちらもオキナワチドリ「沖の輪」として入手したものですが・・・あれれっ・・何かが違うぞ!!
上の二枚の写真をよーくご覧ください。
写真上はこれまで当園でオキナワチドリ「沖の輪」として販売していた個体です。
これは東京山草会の野生ランの重鎮Oさんが、ほんのわずかに入った耳刷り斑から見事な覆輪に育て上げた丹精の賜物から生まれた傑作です。
僕が始めて「沖の輪」を見たのは30年近くも前で、これまで「沖の輪」として当園で販売していたものはすべてこの固体です。
次に下の写真です。
これは・・・先日の交換会の折に富山の業者さんが出品された「沖の輪」です。
自分のところの在庫も知らずにセリで落とし・・・あとで奥さんに聞いたら「いっぱいあるのに・・・」と悲しい声で答えられたのですが・・・。
まあ・・・買ってしまったものは仕方が無い!!
次の日に持ち帰った荷物をよーく見ると・・・
あれれっ・・・何かが違う!!
よーーーく見ると何かが違うのです。
まず・・・
「沖の輪」は斑の輪郭がはっきりしているのに対して、下の個体は輪郭が幾分不鮮明です。
また、下の個体は覆輪の部分にもぼかした松葉状の散り斑が見られます。
一番下の第一苞葉も「沖の輪」が小さいのに対して、下の個体は大きく斑も鮮明に入ります。
花を確認してみるまでは何とも言えませんが・・・この2つの「沖の輪」は明らかに別個体です。
どこでどう生まれた個体なのかは解りませんが、世の中に「沖の輪」が2個体存在しているのは明らかです。
ただ・・・この下の個体もなかなか味のあるものです。
今度、「追加リスト」で販売してみようかな!??

キノエササラン」 今、ハウスの中でキノエササランが満開です。過去に一度、奄美大島で発見されたと言われる楚々とした「幻のラン」ですが僕は大好きです。最近「原色日本のラン」が欲しくてあちらこちら探すのですが・・なかなか見つかりませんね。なぜこのランがここに掲載されているのか、気づく人・・・いるかしら・・。
おかげさまで「雪割草交配実生リスト」のご注文を多くの方からいただいております。
本当にありがとうございます。
早くも開花苗が品切れになったものがございます。
「10335」と「10344」です。
悪しからずご了承ください。

« 防寒準備 | トップページ | ず~っと・・ぐたぐた・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いよいよ雪が降ってきましたORZ。
現職もとい、原色日本のランをお探しとのこと。前川先生の大著ですよね。第2版まであったと思いますが、ちょくちょく見かけます。たいてい、4-5.5ぐらいだったと思います(某、訳の分かんない値段をつける店はもっと高いですが)。出版から30年たつので、これからどんどんと、市場を通して持主の世代交代が進むので、これ以上価格もあがる理由も特になさそうです。

たまたま見つけました。
マニアックなブログですね~。
私は東京農大の野生ラン研究会という
サークルに所属していました。
楽しかったなぁ。

またちょくちょく遊びに行きます。

らんおぢさま、こんばんは。
「原色日本のラン」・・やっぱり高いですね!!(当たり前か・・)
僕の小遣いではなかなか大変ですね・・。
こちらもかなり寒さが厳しくなってきました。
ランにも厳しい季節ですね・・。


通りすがり様、始めまして。
コメントありがとうございます。
かの・・多くの著名人を輩出した!??東京農大の野生ラン研究会なのですね・・・。
僕の知人にもここの出身者は多いのでは・・??

野生ランは僕のライフワークのひとつなので・・・
色々とご教示ください。
どうぞよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 防寒準備 | トップページ | ず~っと・・ぐたぐた・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ