« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

大晦日です


ハゴロモキンポウゲ」 モロッコ原産のラナンキュラス・カランドリニオイデスです。柔らかい薄紅色の花がとても可愛らしい花です。
今日は大晦日です。
振り返れば今年一年、アーーーーッと言う間でした。
早いですね!!
なんだか気分の重い時代に入ったみたいな昨今ですが・・・
来年はいったいどんな年になるのでしょうか・・!??
とにかくマイペースで頑張るしかないですね。
来年は年明け早々から雪割草モードに突入しそうな気配です。
もういいかな・・・とは思ったのですが、来年もまたまたF1作りを始めそうです。
来年の花粉採りの目標は「真更」と「波動」。
「真更」は「阿賀蛍」の兄弟で、「波動」は出生からすると「将軍」の面影が・・・以前チャレンジして発芽しなかったので再挑戦です。
此処のところ、初めてご注文の方で交配親を希望される方がとても増えてきています。
みなさん、「痛い目??」にあってるのでしょうか・・・。
また、最近では「段咲きの血のある親の見つけ方」的な話をよく耳にします。
ただ、間違った情報や他人の受け売りは怪我の元・・・なんですけどね!!
「A町で採れたサザエはA町で売っている」けど、「A町で売っているサザエは必ずしもA町で採れた物ではない」のですよね!!
(わけわかんねぇー()、どんな例えだ!!)
物事を何でもマニュアル化する時代に、人の努力や経験、ましてや「野生の感」は必要ないのでしょうか・・。
ハ・ハ・ハ・・・ですね!!

今年も、この訳の解らない「独り言」にお付き合いいただきまして有難うございました。
どうぞ皆様、激動の時代ですが・・・
良いお年をお迎えください。

2008年12月30日 (火)

恒例の・・


夜でも明るい魚市場」 那珂湊の市場です。今日は晦日前で大賑わい、夜なお明るい那珂湊です。
今日は毎年恒例の「那珂湊」行きです。
なぜ毎年、那珂湊に行くのか・・・
その目的の一つは「カニ」です!!
1軒だけ、とても美味しい生きた「毛ガニ」を扱っている店があり、毎年そこにカニを買いに行くのです。
夕方だと安いし!!

巨大な毛ガニ」 旨そうです。
ただ、晦日前の那珂湊は初めてで、「こんなに混んでいるものだったのか・・・」とつくづく・・・疲れました。
じっくり見ている暇も無いほどで・・・

夕方の賑わい」 夕方だというのに・・こんなに混んでました!!
もっとも・・夕方になると店によっては切り身など「半額」になるので・・むしろ混んでいるのかも・・。

大体いつもはもう少し早い時期に来るのですが、今年は休みの繋ぎで今日になってしまいました。
また、昨日から漸く「年賀状」を作り始めたのですが、作り始めてナ・・ナント・・プリンターのインクが・・・・無い!!
そんな訳で、今日は出掛けに●●ダ電気に寄ってインクを買ってから出てきたのでますます遅くなりました。
でも・・・こんなに混んでいるんじゃあ・・来年からは29日前に来ようっと・・・。

買い物のあとはいつもこれまた恒例の「あんこう鍋」を食べに行きます。
場所はいつもの大洗の「大森」さん、ここはいつ来ても外れがありません。
「あんこう鍋」の他に、「イワシの生造り」「ヒラメの刺身」「地アワビの刺身」「モズク」「唐揚げ」諸々を注文して・・・
どれも最高に美味しかったですよ!!

味醂干し」 那珂湊の市場の入り口で干してあったみりん干しです。
明日はいよいよ大晦日、今年の締めくくりですね!!

2008年12月29日 (月)

仕事納め


ガランサス・コウカシカ」 この花が咲くと「お正月」です。原種スノードロップの中では一番作りやすく花着きも良いものですね。
昨日は仕事納めでした。
従業員さんたちも今年は目一杯でしたし・・・そもそもいつも年末は人が来ないので・・・・・
今日から「休園」とさせていただきました。
ただし・・・日曜日で最終日だったので・・・さっすがにドタバタでした。
来客も多く、発送も全部終わらせたいし・・
協会ポスターの発送もあるし・・・
寒がる植物や片付けるもの、最終日でも植え込まなきゃならないもの・・・・なんかもあって・・・
最後まであっち行ったり、こっち行ったり・・・なかなか楽しい・・。
お蔭様で、無事に仕事納めとなりました。

今年も、多くの方にお越しいただき、多くの方にお買い上げいただきました。
多くの方から沢山のご注文もいただきました。
本当に有難うございました!!
大晦日まであと2日、早いですね!!

季節外れな奴」 なぜか今咲いているリリウム・パルダリヌム・パリダリヌムです。なぜか今頃咲いていたのですが、なぜかそれをお持ちになる方もいらっしゃいました・・・ねっ、Jさん。
この時期になると沢山の方から喪中はがきが届きます。
昨日も考えもしなかった方のはがきが届きました。
皆さん、当園を気にかけてくださり、親しんでいただき、勉強させていただいた方々ばかりです。
こんなナーバスな気分になるのも・・・この季節です。

2008年12月27日 (土)

寒波到来!!


今朝の両神山」 昨日からの突風のおかげで、秩父の名峰・両神山が実に良く見えました。最大ズームでの撮影ですが、園から山の岩稜まではっきりと見える事は一年でも殆どありません。とてもカッコイイ!!
昨日から北国を中心に日本では大荒れの天気が続いています。
ここ、関東平野のど真ん中でも昨日から突風が吹き荒れていて、こんな時は日本海側は大荒れですね。
昨日は夜まで何とか雪割草の植え替えをしようと頑張る心算だったのですが・・・
夕方6時を過ぎた頃から地面が凍り始めて、水の蛇口から、鉢を洗うタワシまで凍り始めて・・・結局、仕事にならないほどに突風が吹き荒れました。
今日も昨日の名残で夕方まで強い風が吹きまくる状態で、結局、日中は棚の整理程度しか出来ませんでした。(アッ、発送は皆でやってましたよ・・)
明日はもう仕事納めです。
植え替え・・・どーしましょう!!

今朝の氷」 今日は良く凍ってました、せっかくなので5円玉を貼り付けて撮影してみました。一晩でほぼ同じ厚さです。

プリムラ・ゲンミフェラ」 こんな寒い中、ハウスではチベットの高山性プリムラが開花していました。彼らにとっては丁度良い気候なのかしら・・・。
昨日、S園芸センターさんから恒例の写真集が届きました。
これでまた、少しは盛り上がりそうですね!!
僕が気になったのは3点ほど・・・でも、2点は未だ無いとか・・・(もう聞いたのか・・)
ハハハッ・・結局、また1つ頼んでしまいました・・・やってる事はマニアです・・・・・。(おまえ・・業者だろう)!!

2008年12月25日 (木)

今年の冬は・・


雪割草『鶯声』」 佐渡産の千重咲きです。いつも早く咲く花ですが、今年は写真の通りすでに本咲きです。でも・・・まだ12月だよぉ~!!
休み明けの今日、朝から在庫問い合わせのTel.とご注文のFax.が殆ど止む事無く鳴り続けていました。
多くの方からのご注文、本当に有難うございます。
商品が揃った順からどんどんと発送させていただいておりますが、何しろ多くの品出しが続いています。
今日一日で15件ほどの発送となりましたが、少し時間がかかる方もいらっしゃると考えます。
早めに処理をしますので、なにとぞ少しお時間をくださいませ。
雪割草のご注文の方もなるべく早めに処理します、お待ちください。

北国の方では今日から寒気の影響で雪が降り始めたところも多いと聞いています。
お正月を前にして、漸く冬本番でしょうか!!
油屋さんが今月の集金に来られましたが・・おおっ・・灯油って・・こんなに安くなったんですね!!
「もうチョットは下がりそう」との事・・嬉しい!!
ここのところ冬だと言うのに暖かく、灯油の減り方もそこそこです。
そのかわり・・植物たちは休眠しなかったり、早いものは花芽が見えて来たりと・・少しサイクルも狂っている様子です。
雪割草なんぞはこのまま暖かかったら良い花が咲かないかも・・・そんな心配をよそに・・植え替えが相変わらず進みません・・・と、言うより・・出来ません!!
花芽は動き始めているし・・・困った・・ほんとうに困った!!
今月は明日からめいっぱい植え替えに集中します。
と、思いきや・・・急ぎ植え込みの荷物も届いているし・・・・明日は休み前に医者に行かなきゃいけないし・・・・・。
どーしたらいいのぉ~~~
ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

雪割草『栞』」 これも佐渡産の千重で「しおり」と読みます。「愛物語」や「大和」と同じ坪花ですが、これもまた本咲きしてます。ヤレヤレ・・・です。

雪割草実生初花」 11月3日のブログで紹介した「新世紀(草房)×笹和」です。こんなものまで咲いてしまいました。標準花ですが「黒跳系」特有のすんごい迫力です。でも未だ相手がいない・・咲いてる花は・・「かぐや姫」だあ~・・花粉吹かせられるかなぁ~・・でも・・暇が無い・・・。
奥さん・・・「デフ・レパード」・・うるさいです!!
(お前の「イングヴェイ」の方がうるさいよ・・・!!)

2008年12月23日 (火)

そうなのかぁ・・食虫植物なのかぁ・・・!!


ウトリキュラリア・ブランケティー」 古い写真ですが僕の大好きなミミカキグサです。3色に染まった小さな花はとてもお洒落で可愛いですね!!
今日は待ちに待った2台目の暖房機が到着です。
これまでツワブキ置き場に使っていた10坪ほどのハウスのビニールを厚くして張り替えて、そこに、この50坪用の暖房機を設置します。
2台目の暖房機は結局、なかなか中古が見つからずに・・・とうとう新品を買う羽目になりました。
でも、これでいよいよ、とても久しぶりに本格的食虫植物の栽培(+メダカ)のハウスが出来あがります。
ちょっと・・・嬉しい(o^-^o) ←(この顔文字、冷奴先生みたいだ・・)
そういえば今年は「プチ食虫植物ブーム」なのか・・・書店にも3冊の食虫植物の本が発売されています。
1冊目はS女史著の「栽培マニュアル食虫植物」、もう1冊はT氏の「食虫植物育て方ノート」、この2人はもう25年~30年近くの知り合いなので、取り敢えず買っておかないと怒られる(かも知れない)・・・ので・・買いました。
あと1冊はチョット立ち読みして・・・マア・・いいやっ。
現在、すでにあちこちに色々なものを手配してますが・・・果たして何がやってきますか・・・これもまた・・楽しみ!!
僕の食虫植物の楽しみ方は昔からいくつかの分野に分かれています。
モウセンゴケ、ムシトリスミレ、ミミカキグサの仲間やビブリス、ドロソフィルム、ゲンリセアなんかは山野草として楽しみます、もともと山野草の一部から分化したものだし・・・。
サラセニアなんかは育種の対象として考えたほうが面白そう。
ヘリアンフォラやダーリングトニア、セファロタスなんかはレアモノですね!!
タヌキモやムジナモは水草として・・・。
と言うことで・・僕の食虫植物の領域はここまで・・・。
その他は・・・まあ・・・観葉系ですかね!!チョット興味の対象外かしら・・。
僕の食虫植物栽培暦は実は意外に古く(途中ブランクもあり・・??)すでに30年以上かも・・。
むかーしはどこぞの会で「企画委員」なんてーのもやった事がある様な・・無い様な・・。
過去30年以上にもわたって作ったことが無いものも最近は沢山あるみたいだし・・・久しぶりに楽しみだねぇ~、楽しみだよぉ~。(気分は中学生!!)
でも・・・ツワブキ片付けてからでなきゃこのハウス使えないので、稼動するのは年明け以降ですけどね!!

ドロセラ・エノデス」 これもチョット前の写真、平鉢にたっぷりとムカゴを蒔いてほっといたらごっそりと開花しました。ピグミー系はリュウコブラスタ、プラティスティグマ、ミニアタなんかも欲しいですね・・・もちろんシトリナも・・。さーて・・Hさん、Uさん、Nさん、Vさん、Sさん、Tさん、その他のみなさま・・色々オネダリするかも・・・どうぞご協力のほどを・・・!!
今日は祭日という事もあって、多くの方から早くも「追加リスト」からのご注文をいただきました。
有難うございました。
ナ・・・ナント・・ヘレボに早くも品切れあり・・・・・です。
急いで手配しましたが、入荷は年明け以降かしら・・・。
今のところの一番人気は・・・へへへ・・後日公開!!

2008年12月21日 (日)

冬の仕事とか・・・


ラケナリア・ヴィリディフロルス」 最近はかなり流通してきました。色々なタイプがありそうで・・・どれも似てますね!! この花が咲くともうすぐお正月・・的な感じですね。
今日もなんだか・・・色々な方がお見えになっていた1日でした。
ここのところ・・・朝は雑用その2(なんか書いてる・・)を済ませてからの出勤が多く・・・大体毎日「遅刻」なのですが、すでに園に到着する頃にはお客様がお待ちで・・・。
そのあとも色々な方が入れ替わり立ち替わり・・・。
一時は園芸関係の学校の先生が同窓会状態になったり・・・レアモノマニアの雑談が始まったり・・。
よーく考えると、ここはなんなんだろう・・・。
節操無い「園」ですね!!
でも・・・それがまた良いのかも・・・ねっ。
これから少しの間は冬の仕事がピークです。
この時期メインはウラシマソウ等のテンナンショウの仲間の植え替え、球根の大きさを分けて、植え替えた順から凍らないハウスの棚下にしまって、濡れないように蓋をして・・。
ウチョウランの来年のビンも戻ってきました。
奥さんはウチョウランやイワチドリの鉢抜きを始めました。今年は球の出来がバラバラ・・・いい物はいい、ダメなものはダメです。(当たり前か・・・)
みんなは種蒔きの準備です。
去年の蒔き床はすでに外に出して凍らせる準備も万端です。
でも・・・今年は暖かいかな。
雪割草の芽の動きも全国的に早そうですね。
ただ・・・雪割草の実生の発芽はすこぶる良さそうです。今年蒔いたものは元より、去年発芽の悪かった蒔き床もここに来て結構発芽を始めています。
来年の置き場所が大変そうですね。

オーリキュラ『スターズフラワー』」 オーリキュラには珍しくエッジ系のストライプ・オーリキュラです。丈夫で花着きも良いので、初めての方にお勧めです!!
先日までの雑用その1を先行公開します。(いいのかなあ・・・まだ印刷中だけど・・・まあ、いいや!!)
こんな事も・・・なんでも・・・やるんです・・・はい。
興味のある方はここをクリック⇒「雑用その1」してください。
また、年末・年始の休園日は「こちら」をご覧ください。

2008年12月20日 (土)

本日発送しました


マッソニア・ロンギペス」 シベの長さがこの花の特徴。黒々とした葉と白いシベの対比が抜群に美しい個体です。この名で入手したものですが、最近ではM.スツラータ(pustulata)の学名が正しいとの見解の様です。
本日、クロネコメール便にて「追加リスト」の発送をいたしました。
早ければ明日以降にも到着するものと思います。
皆様のご注文をお待ちいたしております。

12月も終盤に差し掛かってきました。
今月号の「趣味の園芸」の影響もあってか、ここに来て「福寿草」の問い合わせが多くなりました。(内容的にはほとんど普遍的な事ばかりですが・・暇な方は見てみてください・・)
初めての方はやはり何か「紅花」が欲しいみたいで、すこしカジッタ方は「三段咲き」や「白花」が人気のようです。
ただ、まだまだ数の少ない品種も多く、コレクションとして考えるとなかなか大変そうですね!!
今日は、先日ブログで紹介した「斑入りミニシクラメン」をお持ちになる方が多くいらっしゃいました。
みんな「面白い」といいながらお持ちくださいました。大体はオミヤゲ用みたいですが・・・やはりこういう「邪道モノ」は山草屋の領域なのかしら・・・50ポットほどあったのですが、すでに半分です。
「雪割草」や「山野草」の注文もまたまた増えてきました。
みんなボー●スが出たのかしら・・・。
今日も朝から、色々な分野の色々な方々が遊びに来てくださいました。
冥利ですね!!

杭州カンラン・素心花」 最近ぽつぽつと見られる様になった杭州カンランの素心です。先日、上野の展示会帰りの九州の業者さんが立ち寄られた時に車に積んであったので、蕾のものを分けていただきました。(「奪った」・・・が正しい・・)柱頭や舌にも緑ののる真性の杭州カンランで、咲いたら花容もマアマアのスッキリした「当たり」でした。もっと作りこんで弁幅を作りたいですね。
これからぞくぞくと原種の小型球根植物が開花しそうです。
でも・・・雑用だらけで・・・・。

2008年12月19日 (金)

本日・・出来っ!!(≧∇≦)


おお・・素晴らしいぞ・・日光白根山」 今朝、園からすんごく良く見えた「日光白根山」です。チョー・ハイズームで撮影したのでゆるい写真ですが、こんなに良く見える日は冬でもそう何日もありません!! 真っ白な帽子頭がやっぱカッチョイイ!!
本日、午後4時過ぎ・・・
待ちに待った「追加リスト」が完成しました。
例によって、コピー屋さんががむばってくれたので、予定より早めに完成です。
ここからは奥さん大変で・・・
出来上がったコピーを重ねて、2つに折って、昨日まで必死になって住所書きした封筒に入れて、封筒にハンコ押して、封筒の口を封して・・・・
というところで時間切れ・・・・・
発送は明日になりました。
メール便で出すので・・・到着は来週始め頃かしら・・・。

「追加リスト」を製本している最中も・・・続々と新しい植物が出てきます・・・。
今日もあちらこちらから色々な情報や荷物がありありです。
この流れでは・・・またまた「追加の追加号」かぁ・・!!
まずいパターンです。
今日は荷物の中に以前から育ててみたかった「ショウジョウバカマに良く似た地味なラン」のビン出し苗なんかも分けていただいて・・とっても嬉しい限りで・・・。
何とか枯らさない様にしなくっちゃ!!
「世界一美しいサギソウ」のビン出しもとーっても嬉しいし・・・。
Sさん、有難うございます。
でも・・・あの、「地雷」の様な、「不幸の手紙」の様な(不幸の手紙付きの・・・)・・・あの植物・・・どーしたらいいの??

なんだか毎日、楽しそうでしょう ♪♪♪
そう、とっても楽しーんですよ・・・ヘヘン!!

プテロスティリス・ヌタンスの斑入り」 結構色々と芽変わりが出てきます。奥さんが芽変わり拾って遊んでますよ!!
「雑用」が1つ終わって・・・すぐに次の「雑用」です。
構成は出来上がっているんだけど・・・・肝心の「書き出し」がなかなか浮かんでこない!!
頭痛い~~っ!!(@Д@;

2008年12月18日 (木)

邪道的園芸豚饅頭


ミニシクラメンの邪道な奴」 これぜ~んぶ斑入りのミニシクラメン、園芸シクラメンの世界もなんだか古典的な趣になってきました!!
今日は久しぶりに「花●会」のOさんがお見えになりました。
相変わらず植栽ものを色々とお持ち帰りいただいたのですが、ふと・・車の中を覗くと・・・。
オーーーッ、今年も入ってます、斑入りのミニシクラメン。色とりどりの葉がとっても綺麗です。
なんでも市場に出ものがあれば全部集めてもらっているんだそうで・・・・。
これはチャンス!! とばかりに、今年も積んであった4ケースぜ~んぶ分けてもらっちゃいました。(もっとも、これを降ろさないと持ち帰りの荷物が入らないので・・ちなみに「分けてもらう」=「奪う」ですが・・)
こんなものも園芸とも古典とも言えずどっちつかずなので・・・何気に「山草屋」の領域なのでしょうか・・・一応・・斑入り・・・だし・・。
最近の園芸シクラメンを見ているとなかなか面白いですね!!
写真の様に「斑入り」が色々と出てきたり・・・。
「八重咲き」だったり・・。
最近では花弁に「甲竜」が出るものや、「カクタス咲き」とか・・・・。
なんだか「古典園芸」の様な進化をし始めたものも出てきているみたいです。
園芸的にはとっても「邪道」なのですが・・・
どんな植物もただ大きく作って、鉢一面に豪華に咲かせる・・・そんな欧米的な栽培になーんの感動も覚えない僕にとっては、この「邪道」さが結構好きだったりもします。
そう言えば・・・なぜか・・・・
先日も「農業試験場」の方と話しをしたのですが、僕はシクラメンの世界で完全な青軸素心の純白花を見たことがありません。
ただでさえ「純白花」の多いサクラソウの仲間にあって、「Alba」と呼べるものが一つも無いのは面白いのですが・・・・・。
その事も変異の多さに「枠」を作ってしまっているのかも知れませんね!!
原種にしても、園芸種にしても、
長い歴史の中でシクラメンに青軸純白個体は存在したのかしら・・・謎ですね!!

斑入りミニシクラメン」 まるでコウリスの様な美しさ。本日より売店で販売中、早くも売れましたよ。
「追加リスト」は現在コピー屋さんで製本中です。
今回は8ページほどの単冊ですが、来週には到着すると思います。
もう少しお待ちください!!(ただし「2008~2009リスト」でお買い求めいただいた方のみへの特別リストです。ご了承ください!!

2008年12月14日 (日)

進まない・・・・・

此処のところぜーんぜん仕事が進みません!!
なんだか・・・雑用と人の相手ばっかりで・・・
仕事が進まない・・・
進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・進まない・・・・・・・・・・
困った・・・どうしよう・・・・・・くたくただー・・。
なんだか雑用ばっかり山積みだけど・・・
雑用すら進まない・・・・・自己嫌悪・・
でも・・・これで・・・少しスッキリ!!

箱庭・・・」 むかーし、NHKフェスティバル用に作った奴・・。久々に引っ張り出して選定整理してみました。あっ・・じんべえざめだ・・。
明日もガムバロー!!(何だ・・・このブログ・・)

2008年12月11日 (木)

幻のリンドウ・・


The Genus Gentianaのひとコマ」 J・ハルダ氏の以前発表された「The Genus Gentiana」の1ページです。僕はこのページに釘付けでした・・・。
上の写真はチェコのヨゼフ・J・ハルダ氏が数年前に発表・出版された「The Genus Gentiana」のひとコマです。
それまで・・・少なからずゲンチアナのアコウリスの仲間の変異に興味を持っていた僕は、このページを見たときに目を釘付けにされました!!
「すんごい・・・凄すぎる・・・」
この中でひときわ「異彩」を放つ花・・・
それがこのイラスト左の真ん中にある黄色いアコウリス「カナレック」です!!
それまで・・G.ヴェルナに黄花がある=G.オシュタニカということは知っていたのですが・・・
まさか・・・アコウリス・セクションのゲンチアナまで黄色があるとは・・・
それから僕の「カナレック」を探すたびが始まりました。
園に遊びにくる外人さんを捕まえては「カナレック・・知らん??」と訊ねたり・・・。
海外のナーセリーに行く人を摑まえては「カナレック・・・探してね!!」とお願いしたり・・・。
それでも「カナレック」は幻でした。
最近になって・・ご近所のお客様のSさんが雪割草を通じで欧州の方数名とお付き合いがある・・・という事で、僕の「カナレック」探しに力を貸してくださいました。
語学堪能なSさんは、各国の愛好家の方に訪ね歩いてくださり、だんだん的が絞られてきつつあります。
また、Sさんは「これから今年の種子を頼むときにこれを同封してみたらいかがでしょう」と、好意でJ・ハルダ氏へ直接「カナレック」を訊ねる手紙まで作ってくださいました、Sさん、本当に何から何までありがとうございます。僕のつたない欲望に付き合っていただいて、唯々感謝です。
さて・・こういうものは探せば探すほど・・なぜか遠くなっていくものです。
未だ幻の「カナレック」・・
はたして・・・この「カナレック」、未だに存在するものなのか・・・それともすでに・・・・・。
僕の「カナレックを探す旅」は世界の色々な人たちを巻き込んで折り返し地点に入りました!!
わくわく・・。

りっちい・ぶらっくもあ」 ゲンチアナ・クルシィー・アトロビオラセアの実生から咲いた青みの少ない深い紫色のとても珍しい色彩の花です。えっ・・なんで「リッチー・ブラックモア」って銘々したか・・ですって。そりゃあやっぱり・・「深い紫色」=「ディープ・パープル」ですから・・・。(なんだかなぁ~)
G.アコウリス・セクションの実生も予想以上に色々な花が咲いて面白いですね!!
色々選別してどんどんコレクションして、いいものは販売普及したいものと考えています!!
ちなみに・・11月3日のブログで紹介したG.アングスティフォリアの白の多弁花は「ホワイトスネイク」と銘々しましょう・・・(大馬鹿)

2008年12月10日 (水)

少し出来てきた・・かも・・


現在の加温室」 現在の加温室の状況です。この時期発芽の球根性地性ランもボチボチ生え揃いました。冬越しの時期ですので・・なんだかゴチャゴチャ入っております。
今日は休園日なので自宅でお仕事です。
そろそろ時期なので・・「追加リスト」の作成を始めました!!
今日のところで4ページほど打ち終えました。
予定では昨年よりも少なめで10~12ページくらいでしょうか・・。
結構面白いものも集まったと思うのですが・・・お探しのものや興味のあるものがあれば嬉しく思います!!
これから毎日・・・こんな仕事です・・。

娘も期末試験が最終日だったので・・・今日は、家族3人で近所に出来た巨大ショッピングモールにはじめて行ってみました。
「めざせ!!関東一!!」の巨大なモールですが・・・感想から言うと・・無駄だ!!・・・おんなじ様なファッション店ばかりだったね!!
あと・・本屋・・・チョット良かった!!(ニューサイエンスとか保育者のカラーブックもあった)
CD屋・・・探しているもの・・何も無い・・(HR/HM少ない)。
ペット屋・・イヌ・ネコばかりで魚が少ない・・・イヌ・ネコはあまり好きじゃないし・・・店員の「動物とっても可愛い、可愛い・・」的なしゃべり方も辛い・・・。
メガネ屋が3軒もあるし・・・。
食堂街も美味しそうなところは少ないし・・。気に入ったのはジャム屋とラジコン屋・・・それと瀬戸物屋。
5時間近くウロウロしてみましたが・・興味のあるものはほとんど無かったので、まあ・・・近いけどしばらく行かなくてもいいや・・・。
はいっ・・・チャンチャン!! (出鼻をくじくなよぉ~・・)
巨大ショッピングモール」 これだよ・・これっ!! 自宅から歩いて10分のところにいつの間にか出来た巨大なサティアン!!(一番奥のライトまでぜ~んぶそれです) 11月28日オープンでした・・。
「彩の華ホームページ」に「H21年雪割草展示会のお知らせ」を加えました。
どうぞご覧ください。
今日は疲れたから・・・寝よっと!!

2008年12月 9日 (火)

完成!!


新交配室完成!!」 雪割草用の交配室がついに完成しました。めでたし・・めでたし・・・。
ついに念願の「雪割草交配室」が完成しました。
わずか20坪ほどの小さなハウスですが、ここが出来たので、これまで交配室と兼用にしていた交配親のハウスを自然な状態で管理することが可能になりました。
これで交配の期間を少しは長引かせる事が可能になると思います。
「新交配室」は20坪程のハウスですが100坪用の暖房機が設置されているので、今日の様な曇天の日や雨・雪の日でも短い時間で一気に25℃~30℃に温度を上げることが出来ます。
交配した日1日位置いておけば、次の日に交配親のハウスに戻しておくので親株を傷める事もありません。
また、ハウスの屋根が高いので、交配以外の時期はレンゲショウマやテンナンショウ、アツモリソウや深山・亜高山の大型植物等、かなり風通し良く管理出来る様になりました。これで夏の葉焼けによる葉傷みも無くバッチリです。(・・の・・はずです・・。)
あとは・・・電気屋さんが電気工事をしてくれればいつでも使用可能です!!
こういうハウスは何かと便利なので、いくつあっても重宝です。
次は売店にある小さなツワブキのハウスに暖房機の設置を考えています。
ここは食虫植物メインのハウスとして、ついでにめだかの育種室も兼ねて利用しようと考えているのですが(・・どっちがメイン??)・・・ここも色々と重宝しそうです。
だから早く作らなくっちゃあ!!
まだまだやりたい事がいっぱい・・・色々と挑戦は続きますよ・・ホント・・!!

新交配室の中身」 全体的にはこんな感じです。現在、450×180の棚1台と、360×90の棚4台が置かれています。中央の奥に360×90の棚があと2台入ります。当然、80cmの換気扇とシャッターも付いて、横の開閉丈も2m以上と高いので風通しはバッチリです。ハ・ハ・ハ・・・出来たては綺麗なんですけどね!!
明日はいよいよ「追加リスト」でも作ろうかと考えています。
出来れば来週には発送したいんですけど・・。
もう少しお待ちください・・ね!!

2008年12月 7日 (日)

寒い朝です。


上越国境」 今日はとても澄んだ空で雪を抱いた上越国境が園からも良く見えました。カッチョイイ!!

浅間山」 こちらは浅間山、ズームいっぱいな画像ですが、まっ白い帽子の様でした。
今日はここ埼玉県でも一番の冷え込みでした。
園の屋外栽培場もいよいよ薄氷が張り始めましたよ!!
とっても寒いですね・・・・。
今月に入ってからは時間があると冬越しの準備を始めています。
そろそろ高山系の枝物や這い物なんかは空っ風に当てられないので、風をよけて温度の上がらないところに移します。
休眠芽が地上に露出するものは棚下に入れて芽の乾燥を防ぎます。
球根物や植え替えて時間の経たないものは凍結で芽が持ち上がってしまうので、凍らないハウスの棚下等でじっくりと眠らせてあげます。
逆に、これまで棚下に入れていた発芽まで1年以上かかる種子たちは、この季節から屋外に放置して、凍結させて発芽を促します。
ランやシダの入っている加温室の中も5℃~7℃くらいで調節してあるのですが、10℃以上に加温を有するものは加温室の中に小さなハウスがあるので、そこでサーキュレートヒーターを回して10℃~15℃で管理します。
毎日・・・あっちウロウロ、こっちウロウロ・・・冬の準備は大変な体力勝負ですね!!

ナルキサス・パピラセウス」 タゼッタ系では最も小型の原種スイセンです。最近、各地の園芸会社や農業試験場等が注目しているもので、その方面からの問い合わせも多く、今後、タゼッタの小型化に一役買いそうな注目株です。

ナルキサス・カンタブリクス・フォリオスス」 ペチコートタイプではいの一番に開花する系統です、今年もごっそりと咲き始めました。未だにモノフィルスの名で販売されているようですが、これはフォリオススです。この花が咲き始めると原種スイセンシーズンのスタートです!!
いよいよ冬本番です。
皆様、風邪など召さぬ様、ご自愛くださいませ。

2008年12月 6日 (土)

流行・・2


3年ぶりの復活」 3年くらい植え替えを後回しにされていた雪割草の斑入り・葉変わりたち、今年はいの一番に植え替えをして見ました。3年ぶりに元気に復活です。
「流行」と言うほどのものではないのかも知れませんが・・・
ここ数年を比べてみると・・・僕の周りでも雪割草の斑入りや葉変わりを求める方が増えて来ている様に感じます。
そのほとんどの方がコレクションの一貫として求めておられる様子ですが・・・
中には別な目的で斑入りや葉変わりを捜していらっしゃる方も増えてきました。
その・・・別な目的とは・・何ぞや・・・!??
そうです・・・二段咲きや三段咲き、千重咲き等の花芸にプラスして、斑入りや葉変わりといった葉芸を加えた2芸品・3芸品の育種を試みたい・・・と考えている方が段々と増えてきているのです。
いつも後送りになり、結局植え替えぜす・・・といった事が3年近く続いていた当園の斑入り・葉変わり君たちですが(怒らないでね・・・)、今年はそんな動きもあって夏過ぎのいの一番に植え替えをしてみました。(めでたし・・めでたし・・)
以前にも話しましたが「悪魔の様な悪い人たち」の手によって、いつの間にか当園の斑入り・葉代わりの数も200近くになって来ました。
実は・・・この、一見何の変哲も無い斑入りや葉変わりの中に・・・苦心の末に作成された色々な方々のF1・F2コレクションも含まれています。
「三段咲きF1の斑入り」「唐子咲きF2の斑入り」「斑入り赤二段咲き」「斑入り赤/白二段咲き」「跳珠系斑入り日輪咲き」「カガオリ系斑入り」「三段咲き甲竜のF1」「佐渡の幻系一枚葉」「蜃気楼系スプーン葉」「歌麿系Fの散り斑」「精霊Fの斑入り」「黄花の斑入り」ナドナド・・・・
実は・・・多芸品の材料がい~っぱい詰まっています。
さ~~~て、これらをどう料理しましょうか!!
いつもの言葉ですが・・・
これらを生かすも殺すも・・・おのれの力量・・・
ですね!!

3年後に乞うご期待!!


3年ぶりの復活」 何だかいっぱいあるぞ!! でも・・・実はまだ今年も植え替えそびれている鉢が40鉢くらいあるんですよ・・・トホホ・・・。
ここのところYoutubeで80`s~90`のHR/HMばかり見ていて夜更かしが酷い!!
でも・・・この頃のHR/HMはみーんなカッコイイから好き!!(特にギタリストが・・・)
また沢山CDを買いたくなってきた・・・まずいぞぉ・・。(いつの時代もヘビメタマニア)

2008年12月 5日 (金)

流行・・


ヘレボルス・クロアチクス・ダブル」 東ヨーロッパ原産の原種クリスマスローズのダブル咲きです。纏まりが良くて山野草の鉢に植えても落ち着いた雰囲気が良く似合います。
流行というものはその時代時代毎に変化し、進化して行くものです。
ただ・・・新しいものへの移行が早く、次々と使い捨てられ・・・やがて古いものは蔑ろにされてどこかに消え去ってしまいます。
この風潮が最近は特に顕著で、電化製品からファッション、様々なメディアからお笑い芸人に至るまで・・・・
もちろん・・・園芸界から趣味園芸に至るまでも例外ではありません。
ここ数年、爆発的流行を見せたクリスマスローズの世界も、ここに来て少しづつですが転機が訪れようとしているのが感じ取れます。
昨年末まではやはりオリエンタリス一色だったこの世界ですが・・・
どうも此処のところ・・・原種探しの愛好家が増えつつあるように感じるのです。
これは・・・当然、メディアの動きも関与しているとは思われますが、やはり日本人にとっては「侘び寂び」や「品格」というものがとても重要なポイントを締めている・・・と言う事なのでしょうか!??
更に・・・ここ近年、海外に飛び出して現地を訪れる愛好家が増えてきたのもその要因のひとつと考えられます。
これまでひとつの個体として考えられていた原種のクリスマスローズたちが、実は、トゥルカタス一つとっても産地や生態系によって大きさから花色、花型、性質に至るまで実に様々なものがある・・・という認識が理解されるようになってきたからなのでしょうか。
デュメトルムに至っては、それだけ集めても小型で色々なタイプのコレクションが可能です。
こうなると僕たちの得意な世界なのですが・・・実は原種の中には山野草としても一級の植物が少なからず見られます。
欧米では相変わらずオリエンタリスが人気の中心ですが、日本人の美意識の中には「コンパクト」で「風情」のあるもの・・・という事が必要条件なのかもしれません。
こうなると「日本人の美意識にあった原種優良個体の選別」という事が、今後、この世界の未来を築く大きな1つのポイントになるかもしれません。
果たして・・・このブログの記事自体も誘導尋問的な文章なのか・・・はたまた・・それが事実として捉えられているものなのか・・・・
オリエンタリスの人気はさておいて・・・それらとはまったく別な動きでクリスマスローズたちが動き出そうとしています。
当然ながら・・・僕の知人の業者さんたちやマニアの方々はそんな事とっくに察して動いているみたいですが・・みんなサスガね!!
流行は常に流れていくもの・・・・なのでしょうか。
貴方は流行を作るタイプ・・流行に乗るタイプ・・・・どちらでしょうか!??
この原種人気の先には・・・・その次には・・・・・
またまた・・・きっと・・・想像を絶するようなすんごいオリエンタリスが待っているかも知れませんよ!!

ヘレボルス・アトロルーベンス・ダブル」 少しパープルな感じがまたまた渋い!! 原種たちも少しづつですがダブルやセミダブルがお目見えし始めましたね!!
今日はアレルギーの結果も出て・・・ハ・ハ・ハッ・・6ヶ月間薬で治療・・・ですって・・トホホ・・・・。
夕方にはインフルエンザの予防接種にも行って来ました。
これでチョット一安心・・・です。

2008年12月 3日 (水)

カラッ風のガーデン

巷の園芸愛好家の方々の間では「風のガーデン」の話題でかなり盛り上がっているようですね!!
なんでも・・・植物の名前が学名で呼ばれたりしているのがイイとか・・・・。
園芸にあまり興味の無い僕は・・・ほとんどドラマを見た事が無いのですが(すいませんねえ・・)、どんな事でも植物の事が話題になるのは良いですね!!

でも・・・ここ、関東平野のど真ん中では・・・
この時期は「風のガーデン」ならぬ「空っ風のガーデン」です。
むかーし「みんなの歌」で「ひゅるるんじんじん」なんて言う「ニッセイのおばちゃんが自転車で笑顔を運びそう」な歌がありましたけど・・・。
「利根の川原で擦りむいたひざ小僧が痛くなる」程、利根川は近くありませんが・・・・・。(ナンノコッチャ・・)
それでも「赤城おろし」が元気で「風の真ん中走ってく」様なところです。
これから毎日の様にそんな感じの生活が始まりますね!!

今日は久々のぽかぽか陽気でした。
今年はとにかくいそがしくって・・・やっとひと段落着いたら2週間にわたって休園日に風邪ひいて寝ていたので・・・
ここ1年くらい庭をいじっていませんでした。
あまりの雑草の凄さに唖然・・・なのですが・・・
今日は現在の我が家の「空っ風のガーデン」をご紹介です。

カラッ風のガーデン」 落ち葉の中、白樺の幹だけがむなしく白い。ガレたシャクナゲがなかなか素敵!!

カラッ風のガーデン」 これぞブッシュ・・・というくらい・・まるで「藪」です。ヒュウガミズキとトサミズキがこんがらがって、シャクナゲ林に絡んじゃって何がなんだか・・。

カラッ風のガーデン」 亜高山帯は針葉樹以外はほとんど休眠ですね。春になればシラネアオイやらトリリウムやら、マイヅルソウやらクリンユキフデやら・・・結構賑やかなんですけど・・。

カラッ風のガーデン」 池の回りはまだまだ緑、カマツカコケモモ(コトネアスタ)がとにかく元気。オゼコウホネは種を取らなきゃ・・と思っていたのですが、すでに弾け落ちてほとんどは水没、やっと1鞘採りました。来年は池の底にまたまたいっぱい発芽する事でしょう!! ミズバシヨウの鉢は草茫々です。

カラッ風のガーデン」 こんな池の畔で健気にまだ咲いているコバノタツナミソウ・・・ちなみに、タネが隣家から飛んできました。

カラッ風のガーデン」 ロックガーデンも落ち葉がい~っぱい、這い松とグロブラリアだけがむなしく緑色です。

カラッ風のガーデン」 ダイアンサスとゲンチアナは冬でも元気!! 石に付いた地衣類がとっても高山っぽくてカッコイイ!!

カラッ風のガーデン」 こんな感じでびっしりと地衣類の付いてる石もあります。グロブラリア(ルリカンザシ)が幅を利かせてきました。チシマキンレイカは既にお休みです。

カラッ風のガーデン」 地衣類だらけの石・・・なんだかカッコイイ!!

カラッ風のガーデン」 日陰の落ち葉の中で海老根が寒そうです。

カラッ風のガーデン」 すぐ傍では花芽を着けたシュンランや雪割草も春待ち状態です。

カラッ風のガーデン」 日なたのギボウシはもーっと寒そうです。

カラッ風のガーデン」 それでもしつこく咲いているタイワンホトトギス。

カラッ風のガーデン」 元気なのは「雑草」ばかりなり・・・。
秋は草だらけですんごい状態でした。
出来れば年内中に1回くらいは剪定と草むしりしなくっちゃあ・・・。
でも・・・来週は「築地」にも行きたいし・・・・・。

2008年12月 2日 (火)

師走です・・


ポリキセナ・エンシフォリア」 11月12日のブログで紹介して以来、とにかく大人気の花です。お蔭様で今年は「完売」いたしました。
さむいさむ~い・・・と思ったら・・
アッ・・・・・・・・と言う間に「師走」です。
今年も12月までの早かった事!!
8月ごろからの人手不足のあとは・・・毎日しゃかりきになって遅くまで仕事をして・・・・
気が付いたら「師走」ですよお・・・。
何と毎日の早かった事か!!
それにしても雪割草の植え替えがまだ300鉢程度しか進んでおりません。
本当に春までには・・・どうなっているのでしょうか!??
何しろ・・・毎日の様に新しい植物が入荷しております。
それを片付けるのに・・・毎日が精一杯で・・・。
まあ・・・色々頼むからいけないんでしようケド・・・。
結局・・・自分が悪い・・・・・・・。
さ~て・・そろそろ「追加リスト」の作成にでも入りますか!!
あっ・・・でも・・・・・・
その前に・・・余計な仕事を下さる方が、必ず居てくれるんですよねぇ~~~・・・ヤレヤレです。
が~~~~~んばっ!!

このブログで体調のことを書いたら、要らぬご心配をおかけいたしまして・・・本当にすみません。
また、毎日の様に多くの方から温かいお言葉やご配慮をいただきました。
本当にありがとうございます!!

ポリキセナ・???=パウシフロラ?」 昔からエンシフォリアの名で流通していたものですが何でしょうか!?? たぶんポリキセナ・コリンボーサだと思うのですが、この仲間は良くわかりません!!

ポキリセナ・sp=コリンボーサ?」 これは知人が「原種ヒヤシンス」の名で育てていたものですが、間違えなくポリキセナです。これもコリンボーサの一型でしょうか!?? 細い葉に一面に咲く花がとても可愛いものです。

ポリキセナ・オドラータ?=ロンギチューバ?」 立ち上がった葉とまっすぐに咲く花は特徴的で、花数は少ないのですがなんとなく味わいのあるものです。

ダウベルヤ・アルバ」 この名で入手したものですがやはりヒヤシンスに近い仲間の様です。何気にポリキセナとマッソニアのちゅうかんタイプの様な感じが好きですね!! ナメクジが好きで、あまり増えません。
アルペンガーデンやまくさ」のホームページに「12月の売り場のご案内」を加えました。
寒々とした・・・関東の空っ風を感じる様な今の売り場がサムネイルでご覧になれます。(トホホ・・・)
どうぞご覧ください。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ