« 少し出来てきた・・かも・・ | トップページ | 進まない・・・・・ »

2008年12月11日 (木)

幻のリンドウ・・


The Genus Gentianaのひとコマ」 J・ハルダ氏の以前発表された「The Genus Gentiana」の1ページです。僕はこのページに釘付けでした・・・。
上の写真はチェコのヨゼフ・J・ハルダ氏が数年前に発表・出版された「The Genus Gentiana」のひとコマです。
それまで・・・少なからずゲンチアナのアコウリスの仲間の変異に興味を持っていた僕は、このページを見たときに目を釘付けにされました!!
「すんごい・・・凄すぎる・・・」
この中でひときわ「異彩」を放つ花・・・
それがこのイラスト左の真ん中にある黄色いアコウリス「カナレック」です!!
それまで・・G.ヴェルナに黄花がある=G.オシュタニカということは知っていたのですが・・・
まさか・・・アコウリス・セクションのゲンチアナまで黄色があるとは・・・
それから僕の「カナレック」を探すたびが始まりました。
園に遊びにくる外人さんを捕まえては「カナレック・・知らん??」と訊ねたり・・・。
海外のナーセリーに行く人を摑まえては「カナレック・・・探してね!!」とお願いしたり・・・。
それでも「カナレック」は幻でした。
最近になって・・ご近所のお客様のSさんが雪割草を通じで欧州の方数名とお付き合いがある・・・という事で、僕の「カナレック」探しに力を貸してくださいました。
語学堪能なSさんは、各国の愛好家の方に訪ね歩いてくださり、だんだん的が絞られてきつつあります。
また、Sさんは「これから今年の種子を頼むときにこれを同封してみたらいかがでしょう」と、好意でJ・ハルダ氏へ直接「カナレック」を訊ねる手紙まで作ってくださいました、Sさん、本当に何から何までありがとうございます。僕のつたない欲望に付き合っていただいて、唯々感謝です。
さて・・こういうものは探せば探すほど・・なぜか遠くなっていくものです。
未だ幻の「カナレック」・・
はたして・・・この「カナレック」、未だに存在するものなのか・・・それともすでに・・・・・。
僕の「カナレックを探す旅」は世界の色々な人たちを巻き込んで折り返し地点に入りました!!
わくわく・・。

りっちい・ぶらっくもあ」 ゲンチアナ・クルシィー・アトロビオラセアの実生から咲いた青みの少ない深い紫色のとても珍しい色彩の花です。えっ・・なんで「リッチー・ブラックモア」って銘々したか・・ですって。そりゃあやっぱり・・「深い紫色」=「ディープ・パープル」ですから・・・。(なんだかなぁ~)
G.アコウリス・セクションの実生も予想以上に色々な花が咲いて面白いですね!!
色々選別してどんどんコレクションして、いいものは販売普及したいものと考えています!!
ちなみに・・11月3日のブログで紹介したG.アングスティフォリアの白の多弁花は「ホワイトスネイク」と銘々しましょう・・・(大馬鹿)

« 少し出来てきた・・かも・・ | トップページ | 進まない・・・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少し出来てきた・・かも・・ | トップページ | 進まない・・・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ