« 無題・・ありゃ~あ | トップページ | 困った・・・ »

2009年1月15日 (木)

わくわくした・・


荻巣樹徳先生の本」 久しぶりにワクワクしました。マニア必見の素晴らしい本です。
今日はこの冬一番の寒さで・・庭一面がガチガチに凍っています。
園もあちらこちらで凍結がひどく、さすがに日陰では殆ど溶けません。
今日は久しぶりに1冊の本を読んでワクワクしました。
荻巣樹徳先生の「幻の植物を追って」という、以前に出された本のリメイク版です。
と・・・いっても、写真や内容は前回よりも遥かに充実しているので、知人曰く「これは新刊やで」とのことです。
限定1000部と言うことで、昨年末にこの本の事を聞いて、すぐに知人のM氏にお願いして3冊、追加で3冊・・・計6冊を注文しました・・・が、・・・・・殆どおなじみさんが持って行って終わりそうですね。
先生のこれまでに渡る植物探索の記をリアルタイムで体験しているかの内容は、面白くて、つい・・一気に読み終えてしまうほどの内容です。
バラ・マニアにはローザ・シネンシスの話・・・
クリロー・マニアにはチベタヌス発見の話・・・
数々のイカリソウの発見記・・・
イリス・マニアにはイリス・ナルシッシフロラ発見記・・
クレマチス・マニアには幻のラヌギノサ発見記・・・
そして雪割草マニアにはH.ファルコネリ発見記・・・
その他、珍しいソウドセダムやヘテロポリゴナツム、色々なユリ・色々な樹木、等など・・・
こんなに読んでてワクワクした本は久しぶりですね!!
限定本なので当然、No.も入って付加価値も充分な本です。
そういえば・・・最近、ある固有植物の高価な限定本が出版され買ってみましたが、残念ですが限定本なのにNo.が見当たりませんでした。
No.の無い限定本というのはもうそれだけで本の価値が半減です。では資料としてはどうかと言うと・・僕個人にとってはその価値も・・・ですね・・こういう本はなかなか難しい・・。
余談はさておいて・・この本はとにかくお勧めです。
ただ・・入に入れるのはチョット難しいかも・・・・・。

ヘパティカ・ファルコネリ」 荻巣先生と馬淵智生先生がパキスタンに行かれたときに特別許可を受けて導入された個体です。以前、馬淵先生がわざわざ園まで見せにお持ちくださった株を撮影させていただきました。とても貴重な写真ですよ!!
多くのご苦労の結果として導入された貴重な植物たちを何時までも大切に、有効に利用させていただき発展させる事が僕らの務めと考えています。

« 無題・・ありゃ~あ | トップページ | 困った・・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんにちわhappy01

いつも御世話になります。この文を見て私も早速thunder注文をしてみました。

在庫があれば・・・の事なので、まだ届くか分かりませんがcoldsweats01在庫があるのを期待しつつ待ちたいと思います。

読む事が出来たら、私もワクワクupしたいと思います。

内直様、こんばんは。
先日は色々と有難うございました。
この本は面白いですよ!!
ズバリ・・内直様向きですね!!
E.マクロセパルムの写真なんかカンドーものですよ。lovely
以前、ベルギーのKoenさんにオミヤゲでもらったのですが・・残念ながら干からびてしまいました。
再度お願いしていますので…今から楽しみな品種です。
個人的にはClm.ラヌギノーサの自生姿が見られて嬉しかったですが・・・。
ご注文されたのですね!!
一応…必要かと思い頭数には入れておいたので…入手できなかった時は言ってください。


私も、手に入れました。

在る会で、申し込みましたが、その時、ご本人もいらっしゃったのですが、その場で配布された方々がサインを希望してもダメでした。
私も以前のもの(サイン入り)も持っておりますが、大きさや写真も3倍になった分、お値段も3倍でしたね^^
楽しんでわくわくして拝見しております。

さあて、邪魔草さん、去年からお願いのガランサス、もう少ししたら取りに伺いますね。
でもきっと、その前に、某所で会っちゃいますね♪
今年もよろしくお願いします。

待雪草様、こんばんは。
ガランサス咲いてますよ!!
23日にお会いできると思います。
どうぞよろしく。

ついに野生のラヌギノーサが見つかったんですね。やはり荻巣先生のお手柄のようですね。某密林では現在取り扱えないようで、版元にまだあればいいのですが...
某限定本は私も買いましたが、今の自分のレベルでは使いこなせる本ではないな...と思いました。写真を見るだけでも楽しいですが。元々、「わからないことはわからないと正直に書きます」と謳っている本なのでそこが賛否の分かれやすい部分かも知れません。個人的には、江戸時代からの継承品種の写真が少ないかな...と思いました。「多くの品種が残っている」みたいな前フリがあっただけに不思議です。色んな意味で未来志向と思いましょう。(上から目線かよ!)

はぐりっど様、こんにちは。

>某密林では現在取り扱えないようで
そうなんですか。

>某限定本は私も買いましたが
僕も見ましたがチョット色々と詰め込みすぎたのかしら・・??
斑入りなんかは僕らにも高価なものが多く品薄なので、見るだけでもとても楽しめましたけど…古典・斑入り・分類とそれぞれしっかり分けて考えた方が解り易かった様な…。
とくに分類が・・・やっぱり良く解らないですね!!
ただ…僕にとってはやっぱりNo.が無いのが致命傷ですね。
むかーし、ウチヨウランの限定1000部本を買ったときも…中身は何のことは無い1ページ1点の写真集なのですが、No.があったので「まあいっかあ・・」という納得間みたいなものがありましたから…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無題・・ありゃ~あ | トップページ | 困った・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ