« 有難うございました!! | トップページ | ハズレ・・なのか・・!?? »

2009年3月 9日 (月)

New三段咲き的私考


実生選別21-079号君(交配番号10259)」 コレまで咲いた中でも極めて赤黒い三段咲きです。古都路Fと初跳から生まれた実生3年生初花ですが、実物はとてもすんごい色ですよ。
今から10年チョット前の事でしょうか。
漸く程々の三段咲きが実生で咲き始めた頃、三段咲きについて色々と考えてみたことがあります。
今の(当時の)三段咲きのイメージ・・・
・緑を帯びた渋好みの花・・
・玉斑の変化が面白い・・
・どちらかと言うと一般よりもマニア向き・・
・重量感があって、迫力がある・・
・日々の花弁の変化が面白い・・
・うまく綺麗に咲かせるのが難しい・・
・ともすると汚い花の印象がある・・
等々・・・・
えーーーーーーいっ、ダメだ、ダメだ、ダメだーっ・・・
どんなに迫力があっても、どんなに渋くとも、どんなに変化していても・・・・・・・
「綺麗」でなくっちゃ・・ダメェーーーー!!
なのです。
そんな訳で・・・濃色の二段咲きの様に花色に艶のある「綺麗な三段咲き」を作る事にポイントを置いて、ここ10年近くの間で試していた事があります。
花弁の色に深みと艶を出す・・・いったいどうすれば・・・・・
このことだけを目標に、交配を続けてきた花たちがあります。
地合いで花色に深みを持たせて、日輪や二段で花にボリュームをつけて、大輪三段咲きで華やかさを纏う・・・
交配3代目で漸くその片鱗が見えてきました。
漸く理想に近づいてくれた子供たち・・・
この子達・・・コレから果たして、どのような花に変化していくのでしょうか。
じっくりと見守ってあげたいですね!!

実生選別21-059号君(交配番号10649)」 申公に濃赤二段「緋の鳥」と烈火系地合い「御神火」そして跳珠系巨大輪濃赤三段咲き「熱唱」を加えた交配から生まれました。むらの無い藤紫色とグリーンの対比が美しい花です。

実生選別21-081号君(交配番号10649)」 上の兄弟ですが、こちらの方が紫色に深みがあり、多弁でボリュームがあります。

実生選別21-074号君(交配番号10856B)」 前種と似た系統の交配で、花奏×初跳から生まれた「天明」に、濃赤二段「緋の鳥」と烈火系地合い「御神火」そして跳珠系巨大輪濃赤三段咲き「熱唱」を加えた♂を交配したものです。外花弁を良く見ると色むらの無い深い紫色を構成しているのが「網目地合い」である事が良く解ります。色対比抜群のスッキリとした大輪花です。

実生選別21-075号君(交配番号10856B)」 上の花の兄弟です。こちらの方がブルー系の色合いで、グリーンの三段弁の基部には褐色を絡めて、そこが何とも味わい深い美しさを醸し出します。こちらは更に大輪です。

実生選別21-060号君(交配番号10856B)」 これも上の花の兄弟ですが、こちらはビロード濃赤色に赤褐色の三段弁が良く開きます。烈火の血が花色に更なる深みを与えてくれます。

実生選別21-057号君(交配番号10701)」 弥彦産地合い日輪の「白藤」に、佐渡産のビロード赤網目地合い「内裏」を交配して生まれた濃赤網目日輪「花御所」に、更に赤地合いの「佐渡輝紅」を交配して濃赤網目地合いの日輪を作り、そこに「初跳」を加えて、濃赤やあずきビロード地合い系の三段♀日輪を数タイプ作ります。次に、それぞれに三段系「八海山×初跳」の♂親を交配して漸く生まれた三段咲きです。(ひぇ~しんどい・・) むらの無い紅桃色の真ん円の花弁に、緑の三段弁がバランス良く映ります。

実生選別21-076号君(交配番号10701)」 前種と同じ兄弟です。こちらの方が更に濃赤で、程々の三段弁は陽に当たるとキラキラと輝きます。退色の殆ど無い深みのある色合いは素晴らしいものです。

実生選別21-077号君(交配番号10701)」 これも前種の兄弟です。未だ咲き始めですがこちらは深い古代紫色で、♀親のあずきビロード日輪の色をそのまま映しています。これも良く見ると色の深みが網目地合いから生まれている事が解ります。やはり三段弁がキラキラと光りとても美しい花です。

実生選別21-080号君(交配番号忘れた・・)」 コレは錦華山×初跳の♀に、内裏系の濃赤網目花「暁」に佐渡産の淡い桃網目系三段咲き「渋谷三段(仮称)」を交配した♂を交配したものから生まれた濃網目地合い三段咲きです。網目系の三段咲きと、地合い咲きをうまく絡めると、こんなお洒落で可愛い花も出来ます。

三段兄弟君(交配番号10856B)」 ちなみに上の3枚目から5枚目の写真と兄弟の、ビロード濃赤/グリーン日輪咲きです。地合い系から生まれる深みのある赤い花弁が見事です。この花から次は何が生まれるんでしょうか!!

三段兄弟君(交配番号10701号君)」 これは上の6枚目から8枚目の三段咲きの兄弟です。やはり地合いからくる深い紫色は見事ですが・・・これ・・タネ付くかしら・・・。
長年・・・温めながら、コツコツと交配を繰り返していた秘蔵の三段咲きたちをついに公開。
実物はどれも素晴らしく深みのある色なのですが・・・ヤッパリ写真では表現しきれませんね!!
「綺麗な三段咲き」創り・・・これからもずーっと続けて行きたい僕のライフワークです。

« 有難うございました!! | トップページ | ハズレ・・なのか・・!?? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

happy01実生選別21番君ですね。
覚えておかなくっちゃ・・・。
あと、月掛預金もしたほうがいいですか?・?coldsweats01

モクチョウテン様、こんばんは。
まだまだイヤラシイ花はたーくさんありますよ!secret
日掛け貯金の方が良いのでは・・・bank
と、言うのはさておいて・・・
毎日見ている僕の方でも、いや~~またこんなのが咲いてる・・bomb
と、思える時間がいとおかし・・・です。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有難うございました!! | トップページ | ハズレ・・なのか・・!?? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ