« 色へのInagin(その2) | トップページ | 昨日の続き?? »

2009年3月16日 (月)

花粉日和


明王」 岩さん作の巨大輪三段咲きの新花です。これまで中心の開きがポイントでしたが、今年は見事に全開しました。とにかく大きな花で、面白い味わいのニューフェースですね。

雛月」 もう一つ岩さん作のニューフェースのご案内。こちらも三段弁の開きがポイントでしたが、どうやら問題無さそうですね。ベットリと染まった紅覆輪がとても美しい新花です。
なんか・・・花粉症の方には気の毒なタイトルですが・・・(ちなみに僕は今のところ花粉症ではありません・・ただし、ハウスダストはダメですが・・)
今日は朝からスカーーーッと「晴れ」です。
いよいよ・・・一週間前から天気を見て計画していた「三段咲きの花粉切り」の日です。
今日は予報どおり・・・おそらく年に1度か2度あるかと言う位に、花粉を吹かせるにはドンピシャの日です。
昨日のうちから花粉を吹かせたい三段咲きを持ち込んで・・・
朝から「3代目・花粉吹き子」さんに三段咲きのオシベ切りを伝授します。

3代目・花粉吹き子さん」 新発田出身のKさんです。とても丁寧に葯をカットしてます。
花粉の吹いた三段咲きは、それぞれの花によって交配する♀を換えて行きます。
なるべく花一つ一つの個性を生かせる交配をしたいのですが・・・ムズカシ~。
ちなみに・・・今日、花粉を吹かせたラインナップの一部をご紹介しますね!!

今、流行?の夢春君」 盛りを過ぎてボロボロですが、花粉を吹かせるには入門種で簡単です。もちろん、最初にKさんの練習用に使いました。この花自体はオシベ部の弁化が弱いので、唐子の血がかなり強そうな気もします、使い方にはご注意を・・・。

ご存知・・紫紋君」 凄い花の割には、結構楽に花粉を吹きます。

「炎環君」 コレはチョット大変かも・・・。

遊雅君」 まあ・・・普通な感じで、吹くときは吹きます。今年はかなりの大輪でしたよ。

無名君」 古い跳珠系三段咲きで、平成10年ごろの選別品です。

無名君」 やはり同じ頃の花で、迫力、ボリューム、色と、どれをとっても最高水準の花です。知人の持ち物で、殆ど外へは出ていません。

笹和君」 実はかなりの大輪でボリュームも見事です。花粉も・・・。

無名君」 岩さんのとこで見つけた去年の初花です。タイシュ系のポットの中から見つけたのですが、全体的には北斎に似たイメージの花です。

無名君」 以前から「炎環タイプ」と呼んでいたもので、知人のHさんが岩さんから分けてもらってきた花です。どんどんボリュームが出てきました。

古都路君」 ちょうど夢春と遊雅の中間的な花ですが、花粉は結構良く吹いてくれます。F1の作り方で凄い花が生まれますよ。
取り急ぎ盛りを過ぎてきたので、今日は岩さん系の巨大輪三段咲きを中心に花粉吹きをやってみました。
結局、朝から5時頃まで・・・F1作りに集中です。
さて・・・結果は・・・・と言うと・・・

結果その1」 写真には無いですが、紫舞衣と双璧の巨大な花を開く桃色の三段咲きです。

結果その2」 パーフェ6に載った、実物を見た人は殆どいない無名ながらもトップレベルの三段咲きです。

結果その3」 真っ赤な巨大な三段咲きは誰もが憧れのアノ花です。
今日の結果は最高です!!
一生の幸福を使い切ったかしら・・・・汗!!
ただ、果たしてどのくらいの確立で結実して、どのくらい発芽するかは少し不安・・・。
でも・・・
F1作りは知力・体力ともにフル活用なので、とにかく疲れます・・。
終わった後の疲れ方が・・とても半端では無い・・・。
ここまでやると、
流石に・・・・・しんど~~~~~い。

« 色へのInagin(その2) | トップページ | 昨日の続き?? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

 3段F1作り大変ご苦労様です。岩淵オリの垂涎の花粉、羨ましい限りです。花粉の吹かせ方、♀の色の追求など大変参考になりました。ちなみに、例の赤三段は、赤日輪(黒跳B×初跳)と実生赤日輪(錦華山×〈申公×3330〉)×F1佐渡の幻と交配し結実しました。花粉付けをした後は、他のものが着かないように家の中で注意して育てたので確実だと思います。
 質問 ①おしべを着るのは、歯垢とりとカッターどちらが良いですか? ②切る時期は、花が開きったぐらいですか。どのタイミングが良いですか?
 お暇な時に教えて頂ければ幸いです。

今日も黄砂も飛んでますが 交配日和ですよ(笑)
朝 標準花から花粉が出ていたので シベっぽいのや 3段咲きに少し残っているおしべから 花粉を吹かせてみようかと思ってます 花はむずむずですが...

こんばんは、

明王も雛月もいい色合いで見とれてしまいますね。
「色へのImagin]の二段咲きの色合いがまたスゴイですね。

なにより、嬉しいのは毎回ワンポイントレッスン?が入っていることです。

三段の花粉吹かせに挑戦し2年目になりますが、難しい・・・。でも、よく見ると三段も
花粉のあるオシベがしっかりある時とそうでない時があるようですね。
花粉が期待できそうもないオシベが相手では
無理があったようです。

もうひとつ嬉しいのは、雅桜F1の交配ができたことです。2花咲いたオシベを1本づつ確実にルーペで身ながら最後の1本まで使いました。

跳珠の花粉が取れるまで、何年かかるかなー。

クマガイ様、
こんばんは。
例の三段、花粉出たとの事とても嬉しく思います。
的確な交配とその後の処理はさすがですね!!
ご質問の答えです。
①僕は、歯垢とりのプロ用が持ったときのバランスも良く、使いやすいです。
解剖カッターでは葯を切ってしまうので、歯垢とりで引っ掻いた方が的確に出来ます。
ただ・・・最近、近所のD.Sで売ってない・・。
②意外に古い花でも吹くときは吹きます。
要はなるべく普通のオシベが多い花を探します、最後花が採り易い時が多いみたいですね。
良く、オシベを花から外して切る方法が多い様ですが、ハウスだと切るそばからオシベが干からびてしまうので・・・
僕は、一日の間にいつでも交配出来るように、長く花粉を保たせる為にもオシベを花につけたままで花粉を切る様にしています。
ちなみに・・・強制的に切った葯は花粉を吹くのはその日だけの様です。
交配、頑張って、また良い花を拝見させてください。


海様、こんばんは。
黄砂・・・凄いですね!!
三段咲きの花粉吹きは慣れれば意外に簡単なものですが、それでも色々なポイントがあります。
頑張ってください。


SONE様、
こんばんは。
交配の結果はいかがでしょうか。
F1の♂の場合は花粉の出方が様々ですから、僕も1本1本花粉の吹いているのを確認して、無駄打ちの無いように大切に使います。
交配は1花でオシベ2本使用がちょうど良い量です。
お察しの通り・・・このブログの文中や写真には時々色々なヒントが隠されていますよ!!
たとえば「花粉吹き子」さんの花粉切っている花や、その周りにある♂花たちの花の大きさとか・・・
花粉の吹いている葯の形とか、花粉の吹かせ方とか・・・
花の解説文とか・・・
色の組み合わせ方とか、形の作り方とか・・・
じっくりと眺めてみてください。
色々な親をお持ちでしょうから、色々とイメージしてみると楽しいですよ!!
良い交配が出来ます事を楽しみにしております。
頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 色へのInagin(その2) | トップページ | 昨日の続き?? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ