« 回顧的着生蘭衝撃折枝悲哀史 | トップページ | 富士於日本一乃名山也 »

2009年4月 1日 (水)

回顧的洋蘭園観賞雑感


ランの里●●島」 入ってすぐに迎えてくれた洋ランの木・・・だそうです。
今日は・・・西伊豆の「ランの里●●島」(旧・●●島洋ランセンター)にやって来ました。
ここは、今から27年ほど前、僕がまだ都内の洋ラン園「K園芸」にいた頃に一度、研修で遊びに来たことがあります。
でも・・・ぜーんぜん覚えていない・・ハハハ・・・。
せっかく●●島に宿泊したので、なーんとなく久しぶりに見てみたい衝動に駆られました。
園の中はそれぞれの種類によって部屋が分かれています。
カトレア・デンファレ・バンダ・パフィオ・ファレノ・・・と言った具合でしょうか。
園自体が斜面に作られているので、ながーいエスカレーターに乗って、そのあとエレベーターに乗りついで・・・ようやく入り口に辿り着きます。
こんなイメージも覚えていない・・・ハハハ・・・。
先ず入り口の正面に飾ってあるのが、写真の「枝垂れ洋ランの木」です。
なんだか枝垂桜の枝みたいなものに、沢山の洋ランが括り付けてあります・・・う~~~ん。
中身をチョット紹介・・・

バンダの部屋」 テキトーに幾つかのバンダがぶら下げられています。

パフィオコーナー」 色々埋めてありましたが・・・Paph.デレナティーがヤッパ可愛いでした。

デンファレコーナー」 ここがイチバン派手だったかも。右が一箇所・・・一本抜けてる!??
と・・・まあ・・・こんな感じで・・・・
各部屋にテキトーに今咲いているそれぞれの花が並べられています。
でも・・・一つ一つの品種名は殆ど記されていません。
バイオコーナーもありましたが・・・殆ど見慣れた世界で・・・しかも、飾ってあったCP寄せ植えなんかは半分くらい枯れてました。
展示してあった洋ランの数も・・・チョット大きめのホームセンターの販売コーナーくらいかしら・・・。
原種も一部は展示してありましたが・・・別にこれといったものは・・・・・残念です。
培養場の開放くらいはしないと、マニアには「無理」ですね。

吊り橋とハートの輪投げ」 園を出るとながーい吊り橋があります。この手前にはハートの中に花の種を投げる輪投げゲームがあります。娘が喜んだのはここと芝の公園だけでした。

ウラシマソウ」 帰り道のあちこちでウラシマソウが早くも咲いていました。僕がイチバン楽しかったのはここかも・・・。
動物園でさえも「パンダ」がいなくなっただけで入場者数激減との事。
「植物を観せる」・・・と言う事の難しさを改めて痛感しました。
全国の植物園の大変さは常々伺っていましたが、ご苦労をお察しいたします。
あえて個人的感想をいえば・・伊豆=洋ランの時代は終わりました・・・伊豆と言えばヤッパ・・ウラシマソウでしょう。(ナンノコッチャ・・・)
お土産に小さな原種デンドロを一つ買いました。

« 回顧的着生蘭衝撃折枝悲哀史 | トップページ | 富士於日本一乃名山也 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

happy01おおおおーsign03やっぱりお土産買うんだ。やまくさ様もオイちゃんたちと一緒だ。
キンメの一夜干しも買いましたかfuji

なつかしいですねー 自分が子どもの頃と子供が小さい時に行きました。私が行ったのは夏だったので 山百合が沢山咲いてましたよcatface 

モクチョウテン様、こんばんは。
おみやげ・・・買いました。
小さな5cm位のデンドロです。
今、園の加温室の中にいますよ。
キンメは「売れてる」と言うので・・味噌漬けを買ってきました。fish
あと・・・宿泊先spaの名物「クズキリ」、これは外せません。happy01


海様、こんばんは。
僕も久々に来たのですが、ヤッパリ綺麗さよりも古さが目立ちましたね。
植物園運営は大変です。
でも・・・もう少しの努力が欲しいかしら。
別サイトで「バナナワニ園」が盛り上がっているのを見ると、ここも頑張って欲しいんですけど・・・嫌いじゃないので・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 回顧的着生蘭衝撃折枝悲哀史 | トップページ | 富士於日本一乃名山也 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ