« あ~っ・・やっちった・・・。 | トップページ | 蛙鳴 »

2009年5月16日 (土)

今週は色々でした・・ハァ・・疲れた・・。


幻のギボウシ??」 別に幻って訳ではないんですけど・・・ハチジョウギボウシの白縞斑です。写真では解りにくいのですが・・実物はなかなかの厚葉で葉にはすごく艶があり、ハチジョウの特徴的な葉の波打ちも無く・・・どこかの掲示板辺りで「えーーーっ、これ、ハチジョウですかあ・・」なんて書かれそうですけど・・・。実はこれは「神津錦」の「兄弟」??と言うか・・「親戚」??と言うか・・そうだと言えばそうだし、違うと言えば違うし・・??まあ・・・謎は謎を呼び・・謎を呼ぶ・・ハハハッ・・楽しい!!
今週はなんだか慌しい日が続きまして・・・ブログを書こうにもいささかお疲れ気味でした・・。
月曜の午後から火曜日にかけては、新潟で仲間たちとの交換会があり・・・本番は火曜日なのですが、当日では大変なので前日からお泊りです。
この日の宴会は見附の「錦水」さん。先付けが出て、タイ、ブリ、ズワイ、アワビ等の刺身小盛、ワサビ、コゴミ、アケビ、カタクリ、ウド、ウルイ、タケノコ、ギョウジャ、ワラビ等色々に味付けされた山菜小盛、大きなイワガキ、ナマコの酢の物、ノドグロの塩焼き、タイカブトにワカメの潮汁、天麩羅、そして箱蕎麦等など・・・どれもとっても美味でした。しかも・・・安い!!
交換会ではなかなか欲しいものが無かったのですが・・・その前にヤマシャクヤクの面白そうな斑入りをいくつかゲット!! これは全てお蔵入りですね。
水曜日は交換会の疲れも残っていたので・・・少しゆっくりお休みです。
以前から行きたかったサントリー美術館の「幻の薩摩切子展」を見に行きました。
何より驚いたのは・・・家を午後1時に出たのに、2時には赤坂のミッドタウンに着いてしまった事です。
平日の昼過ぎと言うのに・・・首都高速空いてますね!!
特にトラック関係の車が少なく感じました・・ビックリ。
展示品はと言うと、僕はモデルとなったイギリスのグラスや、篤姫の雛飾り、後期の薄手の作品が好みでした。黒味の強い紺色の切子も良かったですね!!
昔から切子は大好きです。
木曜日は久しぶりに雪割草のタネ蒔きに集中です。
15ポット入りで12ケース、計180ポット蒔きました。
三段F1のタネなんか出てくると・・・チョット嬉しいですね・・・。
金曜日は日草展帰りの業者さんが何組かお見えになられて、また、待ちに待ったアツモリソウの類が少しづつ入荷し始めました。
売店の棚の入れ替えも少しづつ始めています。
イワチドリもいよいよ本格的に咲いてきました。
今年も良い花が続々で、ここに来て良く売れています!!
今日は、花の入れ替えをしながら、花の終わったものから花色別に仕分けたり、花後のお礼肥えなんかもします。

なんだか慌しい1週間でした。
だんだん初夏の花になります。
イワチドリの終わる頃には・・・いよいよ、ウチョウランのシーズンですね!!

幻のギボウシ??」 これもハチジョウギボウシの黄金葉です。やはり肉厚で艶もありますが、ハチジョウ特有の葉の波打ちも見られます。やはり「神津錦」の「兄弟」??と言うか・・「親戚」??と言うか・・そうだと言えばそうだし、違うと言えば違うし・・あれっ・・同じ事言ってるよ・・・ハハハッ・・でも、あくまで「兄弟」の様な「親戚」の様なもので・・「子供」じゃないよ!!


幻のギボウシ??」 もう10年近くもこの姿を保っている変なギボウシです。一応「針千本」と呼ばれているヒュウガギボウシですが、とにかく小さくて、株が固まると針の様に密集します。「巻竜」なんかに近いものですが、参考までにペットボトルの蓋を一緒に写してみました。
今年のギボウシネタはこんなものかしら・・・。
あとのギボウシネタはしばらく「封印」して、「黙秘」を貫きましょう。
神の領域か・・はたまた・・神への冒涜か・・・
ゴジラはこれからも誕生するのだろうか・・・。
(ちなみにBGMは伊福部昭の世界がいいっス。)
(今、娘が隣で「わんぱく王子の大蛇退治」を見てます。ガンガンと伊福部昭の音楽が鳴り響いてますよ・・・・・そろそろ大蛇退治だから早く見にいこーっと・・・ちなみに・・ダビンチコードは・・・ビ・デ・オ・・)

« あ~っ・・やっちった・・・。 | トップページ | 蛙鳴 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あ~っ・・やっちった・・・。 | トップページ | 蛙鳴 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ