« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

今日は台風

P8300005

色が違う」 ウズギキョウ白花×絞りから生まれた咲きはじめクリーム色のキキョウです。まだ黄~白に退色する段階ですが、クロロフィルからうまくフラボノールを引き出せればレモンイエローのキキョウも夢では無さそうな気がします。キキョウ科ではキアナンサス等黄花の例もあり、ウチョウランや雪割草の黄花も最初はこんなところからの始まりでした。またひとつ夢が膨らんできましたね。(ココからが大変なんですけど・・・ね!!)

台風の様な衆議院選挙が過ぎたところで・・・・
本当の台風がやってきました。
今日は朝から雨模様、夕方には台風が再接近します。
そんな訳で・・・今日はいきなりの台風対策から始まりです。
まずは風の来そうな方角からハウスのビニールを閉めて、両端をバネで止めてビニールの破損を防ぎます。
風の来ない側を少し空けて、換気扇を回して台風後の気温の上昇に備えます。
倒れそうな鉢植えを下げて・・・破けそうな寒冷紗を外して・・・・・
ハウスの戸を閉めて・・・・・・・・・
これで備えは万全??です。
午後からは風も雨も強まりそう、気温も上がらず20℃を超えません。
皆、雨に打たれて体もビショビショですので、昼前には全員解散。
園は臨時休園としました。

内陸なのでおそらく被害は無いものと思いますが、この時期はいつもハラハラドキドキです。
今年の様に夏の温度が上がらない年は台風の上陸が多いとの事、これからすこ~し心配ですね。
明日からは暦の上でも「秋」です。
夜間の急激な冷えがチョット心配ですね。

2009年8月29日 (土)

スタート

P8280002

今日の夕景」 夏の終わりの頃なると毎年空を見るのが楽しみです。毎夕、夕日が沈む頃に見られる様々な空のイリュージョンが季節の変わり目を楽しませてくれます。

今日からいよいよ雪割草の植え替えが本腰に入りました。
まずは昨年初花、来年実生5年生になる実生選別の鉢植えからスタートです。
ここがローテーションの始まり・・・。
まずは大きくなった株を大き目の鉢に植え替えて、これまでの観賞用の鉢を空けます。
次に、もう少し若い苗の中で気に入った花を、空いた鑑賞鉢に植え込みます。
そして、この時に空いた若苗の鉢を、今年選別の4年生に使います。
こうして・・・なるべく鉢の無駄をなくしたローテーションを組みながら、次々と植え替えて行くのです。
まるでパズルゲームのような感覚で植え替えしてるんですよ。
それでも・・・病気やあまり古い鉢などは使えないので・・・・・・
先日も伝さんに、4寸と5寸のシャジン鉢を発注しました。
いざ植え替えを始めてみると・・・色々と準備不足が目立ちますね!!
新しいハサミとか、根を突つくときの菜ばしとか、レンテミンとか・・・・・
早い時期に買ってこなくては・・・・
今年は、これまで使っていた自分用の親鉢がみんな良い芽になってきたので、少し株分けしてネット限定販売でも・・・と、考えています。
また・・・今日はセルフの初花をじっくりと見ていたのですが・・・・
ここにも「セルフならでは」の品物が結構見つかりました。
こんなものもネット限定販売したら面白いかも・・・と、考えています。
毎日、こんなことを考えていると・・・
9月になったら結構忙しそうですね・・・・・。

よつばと・・の最新刊が未だ出ない・・・。

2009年8月27日 (木)

猫の手・・の季節・・

P8270010

低空写真」 プレハブ休憩室の屋根の上から撮影した、夕日に染まる作場全景です。100坪のハウス4棟に70坪の加温室、他に40坪1棟、30坪2棟、20坪2棟に屋外がい~っぱい・・・他に売店があって、総面積1500坪です。これを7人で管理なんて・・・どーあがいても無理!!(ちなみに・・ここは一般の方立ち入り禁止ですよん)

今日は昼間に暑さを感じるものの、カラッとした良い天気でした。
だんだん秋めいてきましたが・・・秋めいて来れば来るほど、やることがいっぱいになります。
もうすぐ9月・・・・
9月は一年のうちで一番大変な時期です。
なにしろ・・
球根類の植え替えもままならないのに(これだけでも大変・・・)・・・すでに雪割草の植え替えに入りました。
雪割草も、親鉢の植え替え、タネ親の植え替え、カイワレ苗のポット上げ、開花ポットの表土替えなど・・・やることが色々。
イカリソウの最後の株分けもこの時期。
秋のリスト用の植物も植え替えなければならないのですが、ヤマシャクヤクやカンアオイの株分けもこの時期だし・・・。
ギボウシが咲き始めるので交配も始めます。
山野草のタネ採りやタネ蒔きもこの時期から。
嗚呼~~~~頭痛い。また血圧が上がりそうだ~~~~。
とにかく・・・毎日、コツコツと進めていくしかないですね!!
猫の手も借りたいシーズンがやってきました・・。
P8270004

ギボウシの実生」 H20年に蒔いたイワギボウシのF1たちです。早いものは次々と花が上がってきました。また、忙しくなりそうです。
P8270003

ギボウシの実生」 こちらはその中で選別したF1たちです。ギボウシは朝11時までに交配しなければならないので、おのずと毎日のスケジュールが決まってしまいます。

泣くがいい、声を上げて泣くがいい・・・

2009年8月25日 (火)

秋が来る!??

P8250019

キバナノヒメユリ」 先日紹介した花よりも葯に濁りが無くとても美しい個体です。実生で咲いた花はこういった微妙な違いが楽しめるのも良いですね!!

今日は少し雲は多めでしたが、日差しもありカラッとした良い一日でした。
夕方頃からは涼しい風も吹いてきて・・・植物たちも嬉しそうです。
今年はこの辺りは夏らしい夏を感じた日はあまり多くはありませんでした。
かといって・・・雨ばかりと言うことも無く、植物たちにとっては程ほどの陽気だったのではないかと思います。
結構意外なものまで、今のところは夏越しをしている様で・・・・
このままでいてくれれば「秋のリスト」のアイテムがすこし面白そうですね。
せっかくのこんな陽気です・・・夕方の涼しくなるのを待って、いよいよ雪割草の植え替えの試運転を始めました。
まずはアイドリングからです・・・。
昨年、植え替えしきれなかった斑入り・葉変わりを10鉢程度、状態を確認しながら植え替えをしてみました。
思いのほか「根」が動いてますね。
今年は知人たちのお勧めで「グリーンサムポット」の中粒と雪割草ベビー用を使い始めていますが、なかなか使い勝手がよさそうです。
少し・・・試験的に色々なものに使ってみたいですね。
雪割草関係の人の動きも少しづつですが賑やかになってきました。
みなさん気分はすっかり秋ですね。
そういえば・・・ここ数日で休んでいたメダカたちが再び産卵を始めました。
確実に季節は動いているようですね・・・。
P8250020

キバナノヒメユリ」 他と比べて明らかに白く感じる花です。もう一輪咲いて同じ色ならなかなか面白そうな個体ですね。直ぐにセルフで優劣の確認しなきゃあ・・・。

いもはきらいじゃ・・・さかなもきらいじゃ・・・・・

2009年8月24日 (月)

行く夏・・

P8240003

夕景」 夕方から突然流れてきた黒い雲の帯、この後いきなりのどしゃ降りです。

今日は朝からからりと晴れて、さわやかな風の中にも強い日差しが照りつけます。
と・・・思いきや・・・・
夕方頃からは突然北東の空に黒い雲の帯が・・・・・・
ポツポツと雨脚を感じ始めた直後に・・・・・
いきなりの、どっしゃ降りです。
北東からの横風も強くなり、みんなおおわらわでハウスを閉めに走ります。
時たま雷鳴を交えながら雨や風はさらに強く・・・・・・
ほんの一時間ほどの出来事でしたが・・・・・あまりの急変にびっくりでした。
これが夏の終わり・・・・いよいよ秋の到来でしょうか・・。
各地から秋の便りも聞かれます。
植物のたちや人の動きも秋の気配を感じます。
ここのところ・・毎日の様に雪割草の問い合わせが多くなってきました。
いよいよシーズンインでしょうか。
球根の植え替えもままならない毎日・・・。
季節や時間ばかりが過ぎていきますね・・。

2009年8月23日 (日)

交配の昨日・今日・明日

P8230002

コバギボウシ子宝咲き」 御殿場農園さん作出の「日向八重×黒竜」です。今年初めて蕾を見てビックリです、花が開いたらまた紹介しますね。

写真の花は昨年、御殿場農園さんのご好意で分けていただいた同園作出のコバギボウシの交配種です。
九州産の八重咲きといわれる「日向八重」と北関東で見つかった赤紫花の「黒竜」の交配です。
この株はまだ分離をする前のF1そのものですが、よく見ると花の子房の部分は「黒竜」に似た赤紫色の着色が見られ、花は花苞に包まれた中に小さな花弁が集合する子宝咲きの形状を現しています。
御殿場農園さんのお話では今のところ子宝咲きは3割ほど、他は普通の花で色も赤みを感じるが淡め・・・との事。
このことによりかなり大まかな推測ですが、「日向八重」は一見八重に見えますが実は子宝咲き、この子宝芸はF1での出現率を考えると劣性ながらもホモ・・・と言うことが解ります。
この・・「劣性でもホモ」と言う遺伝子が・・・色々な植物に於いても、これからの新しい花を作る重要なポイントだと感じています。
少なくともこのコバギボウシひとつをとっても、この花の出現とその過程を考えるだけで色々な将来が見えてきます。
当然、コバギボウシの純白子宝咲き、小豆色子宝咲き、斑入り子宝咲きは元より、その他のギボウシについても色々な容で応用できます。
僕はどんな植物を交配するときにも、この「劣性ホモ」の遺伝子を必ず探します。
多くの変異植物には、本来は「優性」だから「ホモ」なのです・・・・が、なぜか「ホモ」なのに「劣性」と感じられる遺伝子が見られることが間々あります。
僕はそのような遺伝子を仮に「劣性ホモ」と呼んでいます。
この「劣性ホモ」は色の遺伝子、形態の遺伝子、形質の遺伝子、変異の遺伝子等、それぞれに見られる事があります。
こういった遺伝子は「劣性」ですがあくまでも「ホモ」ですので、やがては「優性化」します。
このときに初めて「芸の安定」につながるのです。
これが僕の交配育種の基本的な手段です。
この劣性ホモ探しと芸の優性化が交配育種の醍醐味ですね!!
さて・・・この花を紹介した以上は・・僕も次へ進まないとしょうがないですね!!
ここまで作ってくれた御殿場農園さんには感謝感謝です。
「切り札は先に見せるな、見せるならさらに奥の手を持て」とは、たしか蔵馬が黄泉に言った言葉・・・(ナンノコッチャ・・)
さてさて、これからどんな奥の手・・・作ろーかな。

2009年8月19日 (水)

マスクを買う・・

P8180002

キバナノヒメユリ」 知人に種子を分けていただいた沖縄のキバナノヒメユリが咲きました。濁りの無いクリーム黄色の花は素晴らしく清楚で、細い花茎に楚々と咲く姿は余りユリらしく無く・・・そこがまた良いですね!!

今日は休園日です。
ここのところ昼間はほどほどに暑く、夜は幾分涼しい・・・
人間には良い環境なのかも知れませんが、植物やメダカたちには意外や厳しい環境なのかもしれません。
ここ数日はニュースでは、再び新型インフルの話題で持ちきりです。
今日はいよいよ流行宣言とか大流行の兆し・・・なんて言葉も出始めました。
これは大変・・・マスク買いに行かなきゃ!!
春の時はぜーんぜん買えなかったし・・・・
かかりつけのお医者さんの話でも「秋以降はとても怖いよ」と聞いてますし・・・。
・・・・・・と言うことで、今日はお買い物です。
夕方頃からいそいそと出かけたのですが・・・最初のドラッグストアでは安い大箱ものはすでに売り切れ!!
早いねえ~。
仕方なく大量にあった5枚セットものを3か月分×3人分を購入。
おそらくここ1週間の間にこの大量のマスクも全部なくなりそうですね。
ついでにルゴールやらうがい薬やらシップやら目薬やら・・・色々お買い上げ。
次に、ほかの買い物もあったので・・・少し離れたホームセンターに・・・・
ここではすでに予測してか、60枚入りの大箱を山積みで販売中。
「お一人様10箱まで・・・」と書いてあったので・・・
とりあえず10箱買って来ました。
知人や親戚等で買い遅れて困った人が出れば・・・と考え、余分にも買っておきました。
備えあれば憂い無し・・・かしら・・
でも・・・周りの人も結構買ってますよ・・・。
ニュースやマスコミに敏感な人たちは動くのも早い。
このペースでは一度にあちらこちらで完売しそうな気配です。
まあ・・・薬屋さんのほうもそれは予測して出荷制限してるのでは・・・とは思うんですけど・・。
それにしても、マスコミの力・・・恐るべし・・・・・・・。
マスコミの力・・・と言えば・・・・
ここのところ巷では「Burn」がよく流れています。
「タ●ホーーーーーーム」のCMの影響でしょうが・・・・
タ●ホーム・・・・・燃えて良いのか!!

2009年8月18日 (火)

水遊びな日々・・

P8180008

オグラコウホネ」 今が盛り・・・と、開花が始まりました。全体に小型で黄色一色の花も可愛いもので、睡蓮鉢やメダカとも抜群に良く似合います。

昼間・・・暑い
夕方以降・・・涼しい・・・。
そんな毎日が続いています。
ここのところ数日は・・・朝一番で雑草抜き。
その後は・・・ワレメダカ、ミズクサトタワムルル・・・
と言ったところでしょうか。
腐ったハスの容器をひっくり返して・・土を洗って・・綺麗な水を入れて・・・
そんなこんなで肉体労働の毎日・・・・・・
翌日以降、水が落ち着いたら繁殖したいメダカ達を集めて・・
いよいよ・・・・交配開始・・・・・・・の、準備です。
夕方からは少し涼しくなってくるので、スイセンの仲間から球根の植え替えを始めています。
鉢を空けるたびに・・・笑ったり、泣いたり・・・・・・
売品も少しづつですが、確実に出来つつあります。

そういえば・・・兄が以前、園から連れて帰ったオタマジャクシがカエルになり・・・・
今年、その子供が生まれたそうですが・・・・・・
その中に黄色いオタマジャクシが3匹いたそうです。
最近では減反でカエルが移動できず同じ遺伝子が隔離されているので、各地で毎年、同じところで黄色のオタマジャクシやカエルが見つかる様になった・・・そうです。
まあ・・・単純に考えれば・・・・
アルビノ×並=並F1
並F1×並F1=並(優勢)、アルビノ(劣勢)
なのだから・・・隔離されれば当然、アルビノの遺伝子を持った並が増えていてもおかしくはないですよね。(そんな単純なものなのかしら・・・??)
でも・・・・・園のカエルにもその遺伝子があったのかしら・・・不思議だ・・。
夏はヤッパリ水ものですね。
今度、たまにはじーっくりとオタマジャクシもみてみよーっと!!
P8180011

サイジョウコウホネ」 オグラにつられて・・赤芯のサイジョウコウホネも再び開花を始めました。赤いワンポイントがとても美しいものです。やや大きめの容器で栽培しているので、株も実生も・・・少しづつですが増えてきました。

アッ・・・ムカデだ・・!!

2009年8月17日 (月)

秋だな・・

P8160007

今日の夕景」 圃場から眺めた夕方の風景です。夕景に浮かぶ1条の飛行機雲・・・何気に爽やかです!!

毎日夏らしい日が続いております。
ようやく・・・ですね!!
でも・・・・・なんだかいつもの陽気とはチョット違うような・・・
8月10日前後の頃は毎年陽気がやんちゃになります。
今年もこの時期はあちらこちらで雷雨やゲリラ豪雨・・・・・・
そしてその後は少し爽やかな日が続いて・・・・
ここまでは例年と同じ。
でも・・・・何かが違う・・・・・・
そうです・・・・夕方以降が・・・・・とても涼しいのです。
今日も夜の7時には作場では25℃を下回っています。
今年は熱帯夜が殆どありません・・・。
昨日の夜も、少し窓を開けて寝ていると涼しい風が・・・
外では蝉や鳥の鳴き声に混じって・・・
リリリリ・・・・と言うコオロギの鳴き声が・・・・・・
その他にも・・・色々な虫たちの声がいっせいに聞こえて・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・うるさい・・・・・・・・・。
もうすでに体に感じる空気は・・・・・秋です。
鉢やポットの中も・・・見た目は乾いていますが、中は意外に乾いてませんよ。
水のかけ過ぎには注意したい天気ですね。
あちらこちらで秋の動きが始まりました。
通販屋さんも目玉探しにおおわらわです。
早くも色々な荷が動き始めてますね!!

さてさて・・・このまま平和な感じで夏が過ぎて行くのでしょうか。
それとも・・・もう一波乱あり・・・・!??
P8160003

昨日の夕景」 圃場から見た昨日の夕景です。雲の中だけ夕日に染まってなかなか神秘的でした。1分ごとに変化するこの時期の夕景は毎年の楽しみです。

涼しい夏は・・・けっこう好きですね。

2009年8月13日 (木)

落蝉の季節

P8130001

ウメバチソウ千重咲き」 先日の紅桃花と同坪で湯沢のTさんが発見された珍しいウメバチソウの千重咲きです。今日はまだ開き始めたばかりですが、暑いのかガクが焼けてしまいました。でも、開花すれば500円玉にはなりそうな大輪花です。このほかにもこの坪では白/緑の二段唐子咲きや、緑の三段唐子咲き等、数タイプを発見されました。Tさん、貴重な品をありがとうございました、増殖に努めます。

今日も夏らしい一日でした。
ようやく夏が来た!! という感じですね・・。
セミの声もアブラゼミからツクツクホウシに変わってきました。
この季節になると、毎朝、あちらこちらにお役御免のアブラゼミたちが落っこちています。
お盆なので殺生は控えたいのですが、半死で落ちているセミたちを気付かずに踏んでしまったり、車で轢いたりするんですよね!!
なんか・・・足の下でバリッて・・・・。
とにかくボトボトとよく落ちています、気を付けなくちゃ。
そのうち・・・アリが集って来たりして・・・・・
ヤレヤレ・・・です。

そろそろ雪割草モードに入ってきました。
これから植え替えのカイワレのラベルを付け替えたり・・・・
今年選別した鉢植え用の初花の植え替えの為に、春に撮影した写真を焼いたり・・・
リスト用の苗をチェックしたり・・・
20日過ぎからは植え替えを始める予定です。
まずは去年植え替えそびれている斑入りや葉変わりからかな・・・。
アブラゼミが落ちるころから、秋の準備が始まります。
P8100006

キキョウ・変な花」 キキョウもいよいよラストダンジョン、今年は色々と注文も多く、お蔭様で人気も上々でした。写真は緑を含んだ白バラの様な花です。これが固定しているのか・・・それとも・・・いずれにしても来年が楽しみです。

今日の天気予報を見るとここしばらくは夏らしい日が続きそうです。
お願いだから突然予報が変わらないでね!!

ケペル先生・・・また来週!!
ハイッ・・。(何でも考え、何でも知って、何でもかんでもやってみよーお)

2009年8月12日 (水)

雑草掃討作戦Y-1号

P8120002

ウメバチソウ紅花」 先日紹介したウメバチソウの紅桃花が綺麗に開き始めました。花弁の形も良く思いのほか大輪で実に不思議な雰囲気の花です。

台風はどうやら思ったほどの被害もなく・・・
ただ、ここのところ続けざまの台風や東海の地震等、各地で被害が相次いでおります。
この場をお借りして、被災地の皆様方には心よりお見舞い申し上げます。

今日は久しぶりに夏らしい天気でした。
休園日だったので一日家仕事でしたが、池のオゼコウホネも久しぶりの夏の日差しに輝いていました。
さてさて・・・昨日から恒例の「屋外棚雑草畑の整理」を始めました。
これまでは夏の暑い日に集中して、全員で1日かけて草むしりをするのですが・・
今年はちょっと趣向を変えて「雑草掃討作戦Y-1号」を決行しました。
これは何か・・・
何のことは無い・・・集中するのを止めたのです!!
そのかわり・・・毎日1人1ケースづつ、朝一番に片付けるという方法に切り替えました。
この方法だと、朝の20分程度で作業が済み、5人で1日5ケースと言うことは3日で1棚が整理出来る事になります。
これなら無理な負担も無く、朝最初に1ケースだけやればいいので効率的かな・・と・・
だんだんいらないものが増えて無駄なスペースだらけになってきます。
どこかで区切りをつけないと・・・・・
今週からは従業員のみんなも各自バラバラで夏休みに入ります。
みんな、少しでもリフレッシュできればいいんですけど・・・。
ちなみに「雑草掃討作戦Y-1号」の「Y-1号」とは・・・・・
特になーんもありませぬ。ただなーんとなく・・・ウルトラマンみたいなタイトルにしたかったので・・・・ハハ・・・。
P8120005

オゼコウホネ」 もうすっかりお馴染みの我が家の池のオゼコウホネです。今日は久々の太陽に嬉しそうでした。この池に昨日、Mさんからもらったランチュウの子が5匹加わりました。今日、餌をあげていると、主となった「丹頂」の後を皆で子分の様にゾロゾロとついて泳いでました・・・かわいい!!

今年は雪割草には過ごしやすい陽気のようですね。
実生たちも小さな芽を膨らませ始めていました。
そんな訳で・・・少々気が早いかもしれませんが・・・・
「特別販売品リスト」を掲載してみました。
今年はネットとリストを分けて考えるようにしました。
したがってネットでの販売品は・・・数が少なく希少性があり、観賞価値があって、親としての価値も高く、プロも欲しがるほどグレードの高いもの。
そんなものだけを抜粋してみました。
もちろん・・・秋には「交配実生リスト」を作る予定ですが、それまでの間,ネットを見ていただいている方のみへの「箸休め」的なリストです。
興味のある方は「特別販売品リスト」をどうぞご覧くださいませ。

2009年8月10日 (月)

台風が来る!!

P8100014

本日午後の空」 なんだかいかにも「台風が来る!!」と言う雲ですね。

昨日の夜、熱帯低気圧が台風に変わったとのお話です。
昨日は埼玉県東部で突然のゲリラ豪雨に見舞われて・・・園も夕方5時前頃にゴロゴロと雷鳴が・・・・
携帯で雲画像を見てみると・・・ヤバッ・・・もう直ぐそこまで来ているじゃあありませんか・・。
確かに東の方角ではピカピカと黄色い帯が数本、上から下に向かってまっすぐに落ちています。
「こいつは早いぞ!!」
作業中のみんなを呼び集めて即刻解散・・・というのもつかの間・・・・10分もたたないうちに・・・・・・
一気にバケツをひっくり返した様な土砂降りで・・・全身びしょぬれ・・・やれやれでした。
夜中は地震でしたし・・・メダカ・・飛び出なかったかしら・・。

明日の午前中には関東に最接近するとの事、沿岸部の方は大雨・強風・高波等に特にご注意くださいませ。
台風の時は暴風対策等、いろいろと大変です。
今のところの天気予報では内陸部はそうでもない様な言い方ですが、一応、大事をとって強風と横殴りの雨に対する対策だけはとっておきます。
ハウスも閉めてしまえば蒸れちゃうし、あけっぴろげでは強風の時には植物がボロボロになりそうだし、前後の戸だけを閉めると横風でビニールハウスがパラシュートになる危険もあるし・・・・・
結構気苦労は多いものです・・・屋外のメダカの稚魚も流れちゃうからしまわなくっちゃ。
接近のころは大体園を閉めて自宅待機が多いのですが、台風一過では突然に晴れて急激に温度が上がるので、通過後は直ぐに園に出向いてハウスを開放します。
今回の台風は日本近海で発生して発達したとの事。
そういえば房総に行ってからもう1週間がたってしまいました・・・が、実はこの付近の海水温はここ1~2週間で高くなったとの事です。
現在、外房付近では水温が27℃位だそうです。
これだけの高水温を保つと低気圧はどんどん発達するそうです。
エルニーニョのときはそれがどこに発生するかが読めないみたいですね。
なんにしても今年初めての緊迫した台風の接近・・・上陸しないことを祈るばかりです。
P8100010

P8100007

色が変だぞ!!」 以前紹介した八重咲きと一緒に湯沢のTさんが発見されたウメバチソウのやさしい紅色の花です。実物はなんともホンワリとした味わいのある桃紅色で、葉や植物体全体にも紅の色素を含んでいるのが良くわかります。少し暑がりますが、何とか増やしたい逸品です。

台風一過の晴れ間・・・見られるのかしら・・・・。

2009年8月 9日 (日)

横浜開港150年だす。

19_2

横浜ランドマークタワー」 旅の3日目はここの上階にある「横浜ロイヤルパークホテル」に泊まりです。なかなか素晴らしいホテルですよ!!

8月5日午後より・・・楽しかった房州の磯をあとにして、いよいよ次の目的地である横浜に向かいます。
今回は「たまにはシティーホテルにも泊まろう」という事と、「横浜開港150年にいってみよう」という事で、こんなスケジュールを立ててみました。
問題は・・・どうやって横浜に向かうか・・・という事。
一般的に考えれば、割引で800円になったアクアラインで向かうのがベストなのでしょうが・・・・
でも・・・我が家の車には・・ハハ・・・ETCが・・・・無い・・・・。
ETCが無いと・・・・さ・・さ・・さんぜんえん・・。
バッカヤローーっ、ぶさけんじゃねーーよ!!
こんな不公平な割引が許されてなるものかーーっ!!
ビンボー人をなめんじゃねーぜ!!
こーなりゃ~もっとリッチ(??)に「船で上陸だぁーーっ」
・・・・・・と・・言う事で・・・・・
金谷港から東京湾フェリーで久里浜に上陸することに決定しました。
18_2

東京湾フェリー」 金谷から久里浜まで35分の快適な船の旅です。なーんたってその間運転しなくていーもんね!!(負け惜しみか・・)
17_3

フェリーからの鋸山全景」 鋸山といえば昔から僕のイメージはアワチドリ。今でも花が咲いているのかなぁ~。「神奈川県の奴らがフェリーで上陸してアワチドリをごっそりと採ってっちまうんだよ」とは千葉の人からむかーしに聞いた話です。(ほんとかしら・・)

ランドマークタワーに着くとさすがに人でいっぱいです。
ロビーもすごい賑わいですね。
「横浜ロイヤルパークホテル」は雑誌でも高評価のホテルで、200mの高さから眺める夜景と、空いていれば同じ値段で部屋をランクアップしてくれることもあり、サービスも良いということで決めました。
ロビーでチェック・インを済ませて、部屋の鍵をもらうと・・・65階のスィートルーム。
夕食バイキングと朝食付の海側の部屋で3人・・・という条件でお願いしたのですが・・・
案内された部屋は大きなシャワールームと、大きなテレビと広いトイレが2つづつある、3人ではとても広すぎるスィートです。
そして期待していた夜景は・・・これだ!!
21_3

部屋からの夜景」 地上200m以上から見る横浜港の夜景です。遠くでベイブリッジが輝いています。眼下には怪しげな遊園地が・・・

まだ時間があるので少しお散歩です。
ランドマーク1階のイベントフロアではシルクドソレイユのZEDがデモ公演を行っていました。
P8060094

ZED」 バトンを使った曲芸を披露してくれました。すんごい人だかりでしたよ。

ショッピング街を抜けて屋外に出ると・・・そこは・・・
20

コスモワールド」 嗚呼・・・こんなものが・・・娘の天下だ・・・・。
という事で(またまたこのフレーズ・・)
この遊園地で時間をつぶす事に・・・嗚呼・・・・
まず最初に娘が目をつけたのがここで一番人気の絶叫マシーン「パニッシュ」
これはどんなものかというと・・・

ダイビングコースター「バニッシュ!」

池に車両が突入すると同時に水しぶきが高く舞い上がる、世界初水中突入型ジェットコースター。

だそうです。
結局・・・親子三人でこれに乗る羽目に・・・(血圧高い人はダメって書いてあるじゃん・・)
なんだかなぁ~~。
無事乗り終えてふらふらになった後はゲームセンターだそうです・・。
ゲームセンターもだいぶ変わってきました、特にバーチャルで体を動かすものが増えてますね。
結局・・・娘につられて・・・筋肉番付ストラック・アウトのミニバンみたいな奴とか、それのサッカーシュートものやバスケット、エアーホッケーなんかやってます。
親娘3人でプリクラやって・・・やれやれ・・です。
帰り際に道のどこからも見える懐かしいものが・・・・
23

大観覧車」 今から20年前の「横浜博」の時にお目見え、この時、まだ結婚する前の奥さんと一緒に乗った思い出の観覧車です。今は透明カプセルがついて空中散歩擬似体験ができるカプセルがあり、この時間でも30分待ちでした。

8月6日、いよいよ最終日です。
今日はほとんどがショッピング、まずは赤レンガ倉庫に向かいます。
22

赤レンガ倉庫」 なかはとても個性的な店々がショッピングモールの様になっています。周りの広場では横浜開港150年のいろいろなイベントが行われていますが・・・無視無視。
なにかせっかくなので記念のものを・・・と思い、横浜ガラスで横浜開港150年記念のタンブラーを買ってきました。
奥さんと娘は洋服のお買い物・・・。
でも・・・・・やっぱり人混みは苦手かも・・・・息が苦しい・・。

おかげさまでとても充実した4日間でした。
それにしても・・・我が家の旅行はいつもお楽しみてんこ盛りだけどドタバタ・・・ですね!!

2009年8月 7日 (金)

死滅回遊魚よ何処へ

07

外房江見の磯」 中潮ですが風が強くて波がすんごい!! これで本当に魚がいるのか・・・。

8月3日~4日は千倉に連泊です。
宿泊はいつもの「夢みさき」さん。
ここは外房には珍しく(失礼・・)夏冬関係なく料金や待遇が一緒なので安心して泊まれます。
8月4日はいよいよ久しぶりのルンルン磯遊び。
目的はモチロン、「死滅回遊魚」たちと戯れる事です。
「死滅回遊魚」とは台風等と共に黒潮の流れに乗ってやってくるサンゴ礁の魚たちの事で、その殆どは磯に辿り着いたまま冬を越せずに死滅してしまう熱帯性の小魚や稚魚たちです。
ここ房総の地で有名なのは、8月以降から見られるチョウチョウウオやスズメダイの仲間をはじめとして、秋頃からは防波堤ではツノダシや冬も近くなるとヤッコやキンチャクダイの仲間の幼魚なんかも見られます。
僕もコレまで、トゲチョウチョウウオ、アケボノチョウチョウウオ、ニセフウライチョウチョウウオ、チョウハンなんかを見ています。
慣れた人ならば東京に近い割にはなかなか面白い磯遊びが出来るのです。
先ず最初に、いつもの鴨川の穴場まで上がって行ってみたのですが・・・ここは車を止めるのも難しい場所で・・・・・
結局、再び南下して江見の磯に腰を落ち着けることにしました。
ここは駐車代1日500円を取られるのですが、車は安全だし、水場はあるし、トイレもあるし・・・とても安全で安心できる場所です。そう考えると500円は安いですね。
さて・・・磯に着いて波を見て先ずビックリ・・・な・・・波が高い・・・。
それが上の写真です。
水も少し冷た気で、本当に死滅回遊魚は来ているんだろうか・・・。
それなりにタイドプールは出来ていたので、片っ端から潮だまりを覗いてみましょう。
魚はたくさんいたのでとりあえず3時間ほど遊んでみたのですが、午後にはかなり水位が上がってきたので・・・危険なので切り上げとします。
初日の結果がコレです。
08

09

8月4日の成果」 メジナの子がイッパイとせいぜいオヤビチャくらい。なかなか地味な結果でした。

この日はせいぜいスズメダイの仲間がやっと・・・
やはり未だ海水温が低いのでしょうか・・・??
死滅回遊魚はまったくいません。
少し早かったのか・・・・!??
この日の夜、熱帯低気圧が台風に変わったとの報道がありました。
確かに今年は台風がとても少なく、海水温も常に吹いている風で沿岸の海水がかき回されて、海底の低い温度の海水が混ざっている云々と報道でも再三話しています。
やっぱり・・・異常気象の影響がこんなところにも・・・・。

ところがです!!
つぎの8月5日の朝、ホテルから海を見ていて・・・何かが違う・・・。
海がとっても穏やかで・・・しかも今日は・・・大潮・・。
本来なら今日は千葉を離れて横浜に向かう日・・・・
少し悩んだのですが・・・・
イヤ・・・・マダマダ時間がある。
せめて午前中だけでも・・・・!!
家族を説得して、急遽、昨日行った江見の磯に再び向かいます。
江見の磯を見てまたまたビックリ・・。
10

江見の磯」 見よ!! この水の引き具合。昨日とは打って変わって波も穏やか。

これだよこれ・・・コレを待っていたんだよお・・。
見事な潮の引き具合、あちらこちらにタイドプールが出来ています。
風の向きもなかなか良いし・・・何かを感じさせる予感が・・・・・。
波の端っこがタイドプールにゆるく流れ込んで、死滅回遊魚がいそうなポイントがあちらこちらに見られます。
磯の先端の方に行って潮だまりを覗いてみると・・・いるわいるわ・・・なんだかいろんな魚が泳いでいます。
まあ・・・殆どが昨日と同じボラとかメジナの子ですけど・・。
でも・・・サカナとか生き物みても・・昨日とは何かが違う。
じっくりと水の中を見てみると・・・色んなものがいますよね!!
11

ケヤリムシ」 いましたよーん。足元にひらひらと花咲くケヤリムシ君です。触るとすぐに引っ込んじゃうんですけど・・。
12

ニザダイの子」 尾びれの手前に3つの小さな棘があり「サンノジ」とも呼ばれます。この時期のこの海には良く見られる奴です。結構しぶとくて5分以上格闘してました・・・でも、カワイイ。

あれやこれや遊んでいると、奥さん網を持って・・突然大騒ぎ!!
「きゃーーーっ、きゃーーー、きゃーーーーーっ・・・みてみて・・・・あれっ・・・だめかなーーー・・・あれれ・・・・あっ・・・やっぱりいたーーーっ、うれしーーーーっいたいた・・・・とったよーーー初めてとったよーーーーっ、うれしーよーーーっ」・・・・・・って・・・なんかうるさい・・。
そのうるさかった原因がコレ・・。
13

うるさい原因」 コレは可愛い!! 指の爪ほどのチョウチョウウオの仲間「チョウハン」の子です。この仲間はタイドプールの波打ち際の縁をヒラヒラと木の葉の様に泳いでいるので、慣れた人なら解り易いですね。

と言う事で、2時間少し遊んだこの日の成果はこの通り。

14

151

16

8月5日の結果」 ヤッパリいました「死滅回遊魚」たち。

わずか1日でこの差はナニ!!
トゲチョウチョウウオ、チョウハン、ソラスズメダイ、オヤビチャ、スズメダイの仲間等など・・・死滅回遊魚たちはちゃ~んといました。
みんな1cmにも満たない小さな魚たちです。
ヤッパリ外房は面白い。
いつもの小さな水槽(100円の虫かご)に入れて記念撮影。
そのあとは全てリリースです。
多分やがては死んじゃうとは思うんですけど・・・・。

ワレ死滅回遊魚トタワムルル・・・。

この様子では9月~10月頃の大潮の日はとても期待できそうですね!!

この日の午後は車に乗って次の目的地の横浜に向かいます・・・が、
この続きは・・・またあしたーっ。

30年ぶりの邂逅

05

ナガバノイシモチソウ」 有名な成東の食虫植物群生地での写真です。ここのものは白花ですが、地元の方々の努力でしっかりと守られ繁殖しています。

お陰様で8月3日から6日まで、楽しい夏休みを過ごす事が出来ました。
有難うございました。
今日は、この間の旅のレポートを少しご報告したいと思います。

先ずは8月3日の初日。
今回の旅の行き先は・・・少し疲れもとりたいので近間にしよう・・・・
と言う事で、3年ぶりの房州旅行となりました。
ここ何回かは中央ルートで鴨川に出る事が殆どだったので、たまには九十九里から海岸線のルートを使う事にしました。
高速に入って東金ルートに向かう途中で、「このコースなら久しぶりに寄れるかも・・」と考えて、急遽、30年以上ぶりに成東にある天然記念物の「食虫植物群生地」に寄って見る事にしました。
以前ここに来たのは30年以上も前の事・・・ここに寄りたかった理由、それは・・・当時、ここで最初で最後に見たある野生ランの存在を・・いつか一度は確かめたかったからです。
01_2

成東食虫植物群生地」 町から少しずれた田圃の中にひっそりと佇んでいます。昔と違い木道や乾燥防止の用水なども整備されて地元の方々の努力が伺われます。
入り口の小屋で登記して早速中を見せていただきます。
木道を少し歩いただけですぐに花をつけたナガバノイシモチソウが迎えてくれました。
それが最初の写真です。
「何を見にこられたのですか・・・」
保護委員の方が声をかけてくださいました。
「よろしかったらご案内しますけど・・・嫌がる方もいらっしゃるものですから・・」
コレは心強い、早速30年前の話をさせていただいて「そろそろ咲いている頃かと思いまして」と話をすると・・・・・
「その頃だと木道はありませんでしたね!! いまは木道から見られないところで、でも、去年は花をつけた株が1株だけ確認できました」との事・・・。
さすがに・・・植物の保護゜と言うのはとても大変な事です。
何とか花でも見られればと思ったのですが、ここは食虫植物の保護地・・・ランは論外??
いえいえ・・・保護委員の方々はこのランの希少性をよーくご存知でした。
ナイショで目印のある場所にご案内いただいたのですが、残念ながら遠目には自生は確認できませんでした。
そもそもこの自生地、天然記念物に指定されてからのちに干ばつや盗難がひどく、しかも平地の宿命か・・・大型の雑草や野草の侵入がひどく、とても自然の状態では保護が出来るものではありません。
こういった植生は自然の状態では荒れ果てて、あっという間に自生地は消滅します。
人の手が入り、大型の草を抜いて、乾いた土を剥いで、枯れ草を焼いて、初めてその貴重な植物たちを保護する事が出来るのです。
実は希少な植物の自生地のなかには、こうした人の手が入ることによって守られているところが少なくありません。
しかも・・国から出る微々たる補助金に、町や自分たちで持ち出したお金を足して初めて予算が出来、木道の整備や大型植物の抜き取り作業などが可能になるのです。
食虫植物の多くは埋蔵種子によって自生地復元が可能です。
ただ、その埋蔵種子を掘り起こす手続き一つとるのにもなかなか大変な面倒を強いられる・・・と、話してくださいました。
03_2

イシモチソウ」 いつもなら花が既に終わって茎も枯れ始めているのですが、場所によってはまだ花が咲いているところがありました。
04_3

コモウセンゴケ」 木道を移動したときに現れた埋蔵種子からこんな群落を形成します。人為的に用土を剥がしたところにはこんな群落がすぐに出来るのです。

今回この地を訪れて、改めて植物保護の難しさとその問題点を痛感いたしました。
それが人里に近ければ近いほど、困難さを極める事も・・・・。
快く色々とご案内・ご説明いただいた保護委員に方々に厚く御礼申し上げます。
最後になりましたが、僕がこの地で30年以上前に邂逅した野生ランの写真を掲載します。
古い写真ですのでなかなかネイビーな写真ですがご了承ください。
また、自生地保護のために花の名称等は控えさせていただきます。
こういうものはわかる人がわかればいいですよね。
(こう書くとすぐに自慢げに名称をスッパ抜く人もいますけど、そういうこともやめてね!!)

06

日本でも既に稀少植物となってしまったこの野生ラン。
1花でも多くこの地に飛び続けることを心より願っています。

2009年8月 2日 (日)

明日から4日間不在です。

11

シマカノコユリ・天女」 鹿児島県甑島で発見されたと言われる明るい桃色の可愛らしいカノコユリです。女性に人気のとても美しい花ですね。

相変わらず夏らしくないジメジメした日々が続いております。
こんな日でも、関東周辺や遠方より多くのお客様にお出でいただきました。
本当に有難うございました。
今日は稔り始めたヤマシャクヤクのタネ蒔きをしました。
色の変わり始めた果実を爪で開いて、中の黒い実を蒔きます。
1つのポットに3粒づつ・・・来年の発芽が楽しみですね。

勝手ながら明日8月3日(月)から8月6日(木)の4日間は僕と奥さんは夏休みで不在です。
園は営業いたしておりますが、この期間中、植物等の発送業務は全て中断とさせていただきます。
したがって、植物の発送は8月7日(金)以降となります。
悪しからずご了承のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ルンルン・・・磯あそび。
でも・・・
海水温が・・・冷たそう・・・チョウチョウウオよ、何処へ・・
pisces pisces pisces pisces pisces

2009年8月 1日 (土)

8月ですが・・

P8010050

キキョウ・絞り薔薇咲き」 8月に入ってキキョウもいよいよ大詰めです。くっきりとした絞り模様の美しい薔薇咲きが咲いていました。吹き掛けでは無い良さ・・・がここにあります!!

今日からいよいよ8月です。
と言うのに・・・・・・この涼しさはナニ!!
今日も朝から曇天で、一日中スカーッとしない天気です。
植物の傷みは今のところ少ないのは幸いですが・・・何しろ毎日の潅水のタイミングが難しいですね!!
今日は乾き始めているけど・・湿度は高いので明日に繰越し・・・
と思うと、夜に結構風が吹いてカラカラになったり。
しおれるのが嫌で潅水すると次の日からぜーんぜん乾かなかったり・・・。
なんだか大変です・・・。
夏の間中こんな天気が続くのかしら・・・。
せっかくの夏なのに・・・どうもしっくりこないですね。
暑ければ暑いで文句ばっかり言ってるんですけど・・・ねっ!!
でも・・・涼しいけれど蒸し暑い・・・へんなの・・・。

来週の8月3日(月)~8月6日(木)までは僕と奥さんは夏休みで不在です。
8月7日(金)からは居ます。
勝手ながらご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。P8010048

キキョウ・New銀河特選花」 これぞ「銀河」系といえる銘花が咲いてきました。淡い藤紫色をベースに紫色のキメラ絞りを花全面に散らしたとても美しい薔薇咲きです。見た目は写真よりもかなり派手な花ですよ。

今日はホームページに「8月の売り場のご案内」を載せてみました。
水草とメダカのコラボも少しづつ販売開始です。
その他、夏の花も色々です。
興味のある方はどうぞご覧くださいませ。

きものでおすまし
ぶーつでおあそび(byきいち)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ