« 大変だあ~!! | トップページ | さむっ!! »

2010年1月11日 (月)

3連休・ありがとうございました。

Img_0346

開花の準備」 雪割草・4年生未開花苗を入れた20坪の開花ハウスです。昨日、タイベックを開けて陽を採り、今日からいよいよ昼間20℃前後に加温開始です。これで来月頭ごろからポツポツと開花が始まる事と思います。夜間は3~4℃で凍らない程度に設定します。すでに凄そうな三段咲きもチラホラと…。

この3連休、色々な方に入れ替わり立ち替わりお出でいただきました。
また、多くの方にお買い上げいただきました。
本当にありがとうございました。
この3日間で、東北、北関東、北陸、中京、関西、山陰など・・・
遠方からも様々な方がお見えくださいました。
あっ・・・沖縄山原のラン撮影探索帰りの方も・・・。

雪割草、食虫植物、球根植物、ラン等、みなさんそれぞれの好みで談議に沸いて・・・とても楽しい3日間でした。

特に1日目に突然遊びに来たY氏を囲んでのラン菌と土壌菌、腐敗菌、樹木共生菌等の談議は最高に面白く・・・
ラン・イチヤクソウ・シオガマ・ツツジ・リンドウなんかのキノコや菌との関連の話には、その場に居合わせた皆さんが興味シンシンだったみたいです。
これまで長期栽培や種子発芽の不可能だった植物も、キノコや菌の手を借りる事によって色々考える事が出来そうです。
それに絡めたドングリの仲間や松、白樺の仲間なんかもポイント高いかも・・・。
ただ・・・色々な影響を考えると・・・そんな事を間違っても発表出来ないのが残念ですが・・・。
まあ・・・個人的に遊ぶには贅沢すぎるほどに有意義なお話でした。

「やまくさ」は多くの方たちのご協力の元に成り立っている・・・と言う事を改めて痛感した3日間でした。
皆様、本当に有難うございました。

« 大変だあ~!! | トップページ | さむっ!! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

某実は首都圏なある離島の固有種のツツジは、以前出たツツジ・シャクナゲの本に「現地の土でないと生育が思わしくない」とありましたが、こういうことだったんでしょうね。(まさかササユリも?)
こういったものの栽培技術は、一つの手としては実生やクローンで増やして、「拉致」が割りに合わなくなるまで数がまとまったところで発表するというのもありだと思いますが、今の日本ではそれでも悪いことをする人はいますから...先に英国辺りで発表?
一つ前の記事で話題になっていた分類の変更ですが、○○○倶楽部(ヒント:TV番組)で「業界に衝撃!あの巨大グループが分裂・移籍者多数」とか煽って紹介したら一部の世間の耳目を集めそうですね。(鉄道と日本ブレイク工業社歌に続け!)

その場に居合わせた客その1です。
りぱりす3兄弟(あ、ジガバチ入れたら4ですね)を連れ帰った者です。

僕には話の中身が濃すぎました(笑
大学でかじったVA菌根菌くらいしか知らんデス。
ミクロの中でみんなヨロシクやってるんだなぁと。
専門用語と花の名前が飛び交う中で思ってました(笑
「菌根菌液剤!」コレをかければアラ不思議、死にかけたランたちがみるみる復活!
……という商品ができたらいいなぁ。

次回は長靴持参で訪れます!

やまくさ様、こんばんは。
遅くなりましたが、先日はどうもありがとう御座いました。
やっぱり植物の世界の中でもいろいろな分野に詳しい方が訪れてらっしゃるんですね!
ラン菌の話は私もぜひお聞きしたかったです。
またいつかお邪魔させていただいたときはよろしくお願いします!

はぐりっど様
こんばんは。
「無人」と呼ばれる島のツツジは温度管理の問題なんかもありそうです。
温帯植物愛好家は「加温」に関しては結構きわどいラインしか保ちませんので…。
>○○○倶楽部
……無理でしょうねえ~。ネタにもならない…。
個人的にはソラミミの方が好きです。
「千代田生命行こう」は今でも好き。

さにー様
こんばんは。
先日はありがとうございました。
結局あの話は陽の落ちるまで続きました。
許してやってくださいcoldsweats01

ただでさえ足元悪いのに…最近の凍結と凍解の繰り返しで売店までぐちゃぐちゃになってきました。
何とか対策を…とは思っているのですが…。
どーもすみません…。
ラン+樹木+共生菌のセット販売とか…いつか…やってみたいッスねえ~。
復活活力剤…僕も欲しいです!!

抹茶様、こんばんは。
先日はありがとうございました。
>ラン菌の話は私もぜひお聞きしたかったです。
バ……バ●が伝染るので危険です!!crying(こらこら…怒られるぞ!!)
とにかくなんだか色々な人がやって来ます。
懲りずに又、遊びにいらしてください。

ラン菌や土壌菌、共生菌に興味がある方は多いのですね。
なんだかとても未来が開けて明るくなった気分です。
Y氏を始めとして、この分野もこれからどんどんと研究が進んでいくことと感じます。
ランたちを始めとする様々な植物たちも、新しい培養の時代の幕開けが始まるかもしれません。
Y氏もきっと(たぶん…)喜んでいるでしょう…。
みなさん、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大変だあ~!! | トップページ | さむっ!! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ