« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

1月の終わり

Img_0571

6136」 古い実生選別のシベ型二段咲きです。桃色の花弁はほんのりの地合い模様が可愛らしく、梅の花の様な雰囲気で結構お気に入りです。

今日も比較的暖かな一日でした。
まだ時期的には少し早いのですが、朝から雪割草関係のお客様が多くお出でくださいました。
結局、夕方まで雪割草のお客様が入れ替わりで、北国の方も早々にお出でいただきました。
皆様、ありがとうございました。
どなたに伺っても、今年は花が早そうですので・・・みなさんすでに雪割草モード、ウズウズしているみたいですね。
何人かの方から「ブログやネットを拝見してますが・・・現物はこんなに綺麗なんですね」とお話しいただきました。
以前からの課題ですが・・・カメラや画像の問題をもう少し考えないとダメですね!!

お待たせいたしました。
本日、昨年同様に「H22年・雪割草交配実生新花リスト」を始めました。
僕自身が交配親や選別花を選ぶ目で見てご紹介しています。
かなりの逸品も出す予定ですので、特に交配親を探している方等はお勧めです。
興味のある方は、是非、御覧ください。
また、「銘品インターネット特別販売」の方も次々と入れ替えております。
中には入手難の逸品も特価販売していますので・・・
興味のある方は時々は覗いてみてくださいませ。

開花が始まって色々と忙しくなってきました。
ダウンしない様にしなくっちゃあ~。
Img_0603

月の寿」 彩の華銘花「月の雅」から生まれた二段咲きです。赤桃色に純白の二段弁が綺麗に揃ってとても美しい大輪花です。あと2年程作るとすんごい花になりそうです。

今週後半はまた冷え込むみたいですね。
各地で実生の発芽とその後の凍結の被害が聞かれています。
少しの間は「蒔き床の保護」も考えたいですね。

2010年1月30日 (土)

今年は佐渡も面白そうです!!

Img_0549

選別番号22-004」 交配番号「9607」青苑に初跳を2回交配した中から生まれた複色千重咲きです。濃淡のバランスが面白く中段のリングも重厚な大輪花です。

今日も日差しの暖かい一日で、新しい雪割草の花たちが次々と開き始めました。
朝から一日作場に入って花選び・・・少しづつですが売店に出し始めてみました。
ポツポツと雪割草や福寿草探しのお客様も見えて・・・
だんだん春めいてきました。
明日も引き続き花選び&販売品作りです。
来週からは早くも取材や業者さんがお見えになるのですが・・・今年はこの時期からでも少しは遊んでいただけそうです。
ただ・・・月・火はチョット天気が心配ですね・・雨が降らなければ良いんですけど・・。

先日の事です。
佐渡佐和田のKGTさんから久しぶりにお電話をいただきました。
「今年は場所を変えて合同で展示会をしますから・・・是非、見に来てください!!」
とても弾んだ声でご連絡をいただきました。
実はその少し前に・・・外海府のNさんからもご連絡をいただいていて・・・
「今年はKGTさんたちといっしょにやるんだよぉ~」と言う話を聞いていました。
話を聞いていると・・・他にもT さんやSさん等、佐渡でも指折りの名人たちが集結している様子で・・・みんなとっても楽しそうです。
「かっこいいポスターも作ったんだよぉ~・・」と言われるので・・・
「じゃあ・・・ポスター貼るから・・ちょうだい・・・」と言って送っていただいたポスターがコレです!!
Img_0579

展示会のポスターです」 な・・・なんと・・新潟本土を差し置いて「県内最大」と銘打っています。すんごいやる気ですね!!「南の雲」を始めとして「夢工房」「白無垢」「桃太郎」等など・・佐渡を代表する銘花たちが沢山写っていますね!!(弥彦や西山の花もありますが・・・)
おそらくは山木中心の展示会になると思いますが、本土ではなかなかお目にかかれない花も沢山見られると思います。
原種マニアの方には堪らない展示会ですよ!!
純真無垢な雪割草たちの姿を是非ご覧になっていただけたらと思います。

僕も時間がとれたら行きたいのですが・・・ここ数年、この時期は全く動けないですね・・。
でも・・・春の佐渡を満喫しながら雪割草見物の旅・・・楽しいですよ!!

Img_0565

選別番号22-007」 交配番号「12002」、熱唱F1の♀に「天女冠×跳珠」を交配した赤複色千重咲きです。すっきりとしたまとまりの良い花から作りこんだときの姿は自ずと想像出来そうですね。
Img_0569

選別番号22-008」 交配番号「10494」、佐渡の幻F交配の♀に初跳18-18を交配した中から生まれたボリューム一杯の赤複色千重咲きです。この交配はとにかく三段や千重が大量発生のとんでもない交配です。今日も兄弟の♀がお嫁入りしました。

明日も良い花・・・見つけたいなあ。

2010年1月29日 (金)

うわぁ~・・あと1カ月だ・・

Img_0516

迎春」 八海山と赤鬼のコラボから生まれた、まあ・・大輪の三段咲きです。いつも春に先駆けて咲くので「迎春」と銘しました。よーく考えたら「酒印船」と「赤鬼」は殆どお友達みたいな花ですね!!

今日は29日・・・あと3日で2月です。
と・・・いう事は・・・・・
よ~く考えたら・・・あと1カ月で「ぜんこくたいかい」じゃあないですか!!
いやぁ~・・・1年は早いものですねぇ・・。

今日はそろそろ近くなった「全国大会」の諸々の雑用の手配です。
金額の確認やDMの手配、講演の打ち合わせ等・・・
なんだかあちらこちらに連絡しまくりの日でした。
みなさん…面白そうな花が咲いてきているみたいですね!!
連絡ついでに色々な面白い情報を集める事が出来ました。
そろそろどちらの地域も「雪割草モード」に突入の様です。
ワクワクですね。

今日もじっくりと三段咲きを中心に花探しをしてみました。
お蔭様で・・・取り敢えず・・・
自分で交配した始めてのF1たちは全て・・・に近い確立で三段咲きが生まれているのを確認しました。
他人から来たものは・・・いろいろですね・・。
ただ・・・確立が思ったよりも良いものもありましたが・・・不安要素もあったのですでに処分してしまったものもあって・・・いやぁ~・・・失敗しました・・。
まあ・・・無けりゃ無い・・・で良いのですが・・・。

来月は当園に於いても「雪割草展」が開催されます。
日程は次の通りです。

初春展・・・・・2月13日(土)~14日(日)
早咲展・・・・・2月20日(土)~21日(日)
本咲展・・・・・3月 6日(土)~ 7日(日)
となります。
(本咲展はパーフェクト広告では3月13日~14日とありますが上記3月6日~7日の誤りです。この場を借りて訂正させていただきます)
その他、恒例の実生新花展は・・・
その 1・・・・・3月 6日(土)~ 7日(日)
その 2・・・・・3月13日(土)~14日(日)
となります。
今年はすでに開花体制に入っていますので、初春展から銘花、実生新花共にお楽しみいただけるものと存じます。
是非・・・いずれの展示会にも遊びにいらしてください。
(初春展はもうあと・・・2週間後です)
心よりお待ちいたしております。
Img_0530

22-006」 交配番号「12038」、紫雷光F1と初跳から生まれた中間タイプ千重咲きです。見方によってはまんま紫雷光が千重になった様な花ですね。

明日は福寿草展の見学に園からも2名程伺うそうです。
内直様、もし見かけたらよろしく・・・ねっ。

2010年1月27日 (水)

「暇な釣り」では無いのだ・・

今日は、昨日の夜の冷え込みが嘘の様に春の暖かさでとてもポカポカした1日でした。
久しぶりの休園日なので・・・家仕事をしながらも・・・
午後は「キム・サムスン」見た後はぐ~っすりと眠ってしまいました。
かえって疲れたかも…背中が痛い・・・。

さてさて今日は・・・先日紹介いたしましたモデミの続きをば・・・
前回・・・思わせぶりな内容で終わらせたのですが・・・
意外に反響があり、危うくネタバラシをされそうになりながらも・・・
なんとか結論的なものに漕ぎ着けそうです。

そもそも韓国には3種類のセツブンソウ属が見られます。
更にそこにモデミが加わるので、似た花が4種類存在します。
そして今回、かなり強引に花をいたずらしたので余り良い写真ではありませんが・・・
取り敢えず咲いた花を載せてみます。
1

今回咲いた奴!!
結論としてこんな花でした。
実はこれ・・・僕が以前から気になっていたセツブンソウの仲間です。
最初に韓国から「ヒナマツリソウ」が入荷した時、多くの雑誌やカタログではヒナマツリソウをEranthis albidumやEranthis stellatumとしました。
ところがです・・・いつの間にかその学名が独り歩きしてしまって・・・
何時の間にやらそれらは当たり前のように使われるようになりました。
もちろん・・・その段階で、そこに疑問を感じている人も多かったのですが・・・。
更にネット社会の落とし穴です。
何かを調べる時も、インターネットの画像と名前が常に独り歩きしてしまったのです。
特に国内の検索では・・・誰かが「そうだ」と書くと、それが連鎖する様に次々と広まってしまうのです。
「国内検索の嘘」ですね!!

僕は海外の植物を検索する時、必ず、なるべくその植物の自生国の情報を検索することにしています。
それらをなるべく多く見る事によって・・・もちろん正・誤の情報がありますので、消去法でいらない情報を消去して結論を探します。
自生国と言えど誤った情報は多くあります。
大量なる「情報の悪」ですね。
以前、国内検索でも「平尾台のノヒメユリ」で検索したところ、かなりの枚数で「コオニユリ」の写真が混じっていた事がありました。(最近は知りませんが…)
おそらくこの人たちは「コオニユリ」を見て「ノヒメユリを見た」と満足してしまったのでしょうか??
でも・・・情報の無い人がこの検索を見て現地に行けば、また、「コオニユリ」が「ノヒメユリ」となってしまいます。
「負の連鎖」ですね。
これは業界でも同じ事、純粋な方が多いのか・・・余り調べる事も無く、言われた名前のままで流通している植物も少なくありません。
これは植物名だけではなく・・・野生種なのか、実生によるものなのか、原種なのか、人工交配種なのか…といった事にも波及します。これも嘘の情報が結構多い・・・
ただ、本人が「そうだ!!」と信じ込んでしまっているのでどうにもならないのでしょうね!!
自分も含めてですが(恥…)、こういった不特定多数の人が見ておられる掲示板やブログ等で、少ない情報や一方通行の情報だけで何かを公開する怖さ・・・と言う事も肝に銘じておかなくてはいけないと考えます。

話がそれましたので元に戻します。
ここで、韓国産のセツブンソウ属3種について簡単に記してみます。
「セツブンソウ」
…ほとんど日本のものと変わらないにゃあ~。
「ヒナマツリソウ」
・・・花はセツブンソウよりも丸みがあり、一回り大きい。蜜弁は短くて先端が緑色。葯の先端はほんのりと紫色に染まります。花が開くと紫色の葯と緑の蜜弁でなかなかの彩りです。葉は3裂して比較的細長い。球根(塊根)は茶褐黒色で丸い。
「エランティス・ステラーツム」
・・・花はセツブンソウよりも花弁が細く、蜜弁は長くて先端が黄色い。葯の先端は白く、花が開くと白い花に黄色の蜜弁が良く目立つ。葉は3裂して少し短い。球根(塊根)は薄茶褐色でやや縦長のものが多い。
そしてついでに・・・
「モデミ」
・・・花はセツブンソウに似て花弁幅があり縁には少し切れ込みが見られる。蜜弁は短く黄色で葯の先端は白色。葉は5裂して幅があり周辺が細かく切れ込み特徴がある。塊根と言うよりむしろ根茎で細く長く、全体的にはキンバイソウやヘゲモネの仲間に似ている。
と・・・なります。
花の山として有名な智異山等では全種が見られる様で、しかも、地元の方にもかなり混同されている様子です。
「●●ハクサンイチゲ」等と呼ばれているものもあり、アネモネまで混じえてかなり混同されている様子です。

もう・・・結論を言うまでも無くお解りいただけたものと思います。
そう・・・今回、「モデミ」として入手したものは・・・
花の形状や葉のつき方を見ても、どうやら本物の「エランティス・ステラーツム」(Eranthis stellatum)の様です。
まさに「怪我の功名」・・・期せずして本物のステラーツムが入荷してしまいました。
実は結構ニコニコかも・・・・・。
ただし・・・分布がかなり北寄りですので・・・「ヒナマツリソウ」よりは少し暑がって作り難いかも・・・。
さて・・・ちなみに「ヒナマツリソウ」ですが・・・
期せずしてこちらも開花が始まりました。
2

ヒナマツリソウ
ステラーツムと花の違いが良くご理解いただけると思います。
ちなみに・・・「ヒナマツリソウ」の学名ですが・・・
多くの説がありましたが、現在韓国国内では「辺山半島」で1993年に発見された事から、エランティス・ビュンサネンシス(Eranthis byunsanensis)とされている様子です。

セツブンソウの仲間にはこの他にも中国やロシアを中心に良く解らないものがいくつかあります。
エランティス・アルビダムとかエランティス・シビリカとか・・・
おそらくはステラーツムと同じものもあるのでは・・・と、感じるのですが、それでもまだまだ捜索不可能です。
このブログの内容も、決~して鵜呑みにせず、「こんな解釈もあるんだねえ・・」程度にとどめておいてください・・・・ねっ。
実物と文献が伴って初めて「検索」が生きてくる…という事も…忘れずに・・。

ちなみに・・・僕は子供の頃、「ひなまつり」の事を「ひまなつり」と言ってましたよ・・・。
子供の頃釣りが好きだった僕ですが、魚釣りに行ってもいつも「暇な釣り」ばかりでしたけど・・・・。
(あ゛~~~っ・・「おいちゃん」や「アル師匠」の様な終わり方になってしまった・・・。でも・・・まだまだ・・・未熟だねえ…反省・・)

2010年1月26日 (火)

そろそろですか・・

Img_0488_2

福寿草・大和」 「倭」とも書きます。縁切れ弁のさっぱりした花です。芽も小さく茎も細いので弱々しい雰囲気ですが、最近は増えてきたのが少し流通に乗り始めました。この後、花弁はさらに伸びで細長くなります。

最近は毎日・・・さまざまな植物についての問い合わせが多くなってきました。
雪割草を始めとして、福寿草、野生ランから一般山野草まで・・・
みなさん、そろそろ春の準備に入ったのでしょうか!??

今週末ごろから各地で福寿草展等が始まる様子です。
さらに次の週かその次の週あたりからは雪割草展も始まりそう。
いよいよ花のシーズンに入りますね。
園の福寿草は漸く早いものが咲き始めた程度で、ヤッパリ2月上旬以降からが本番の様です。
雪割草は・・・
実は毎日、1~2本はすんごく面白そうな花を見つけています。
まだまだ蕾の状態ですが…開いて「あたり」だったら、このブログでも紹介させていただきますね!!

ここに来て、また少し寒くなってきました。
でも・・・一度動き始めた花芽は止まりそうもありません。
これからしばらくは・・・植え替えでは無く、表土替えの日々が続きそうですね。
Img_0441

福寿草」 知人の持ち物なので名前は伏せますが、「大和」に似た古い品種で、咲き始め緑色からしだいに黄色へと変化する様が面白い花です。意外に数が少なく、こんな風に写真を出すと・・・また、騒ぎなんですョねえ!!

「夜に蠢く」の最終刊を読んで無いのに・・・
「続・夜に蠢く」がもう出てしまった・・・奇跡だ!!(ガンバレきみお・・)

2010年1月24日 (日)

花が咲いてきた・・

Img_0426

F1ですが…」 F1を作っていたらまたまた三段咲きが咲いてしまいました。と言っても・・これは花粉が採れているかどうかの試験交配ですが・・。写真は「申公×えびすの華」です。良く見れば花型は「えびすの華」にそっくりですね。うまく花粉は採れてはいたようですが、この兄弟の残り2本は・・・成績悪く今年は咲かない・・・・・。

この2日間は関東はとてもあたたかい陽気でした。
金曜日に1日外出していただけで・・・雪割草たちが思いがけず動き始めていました。
1日居ないだけで・・・こんなに伸びてくるものなのですね!!

おととい、昨日、今日の3日間は各地で色々な会の新年会が開かれていた模様です。
様々な愛好会や同好会の、新年会ついでのお客様に沢山来ていただきました。
特に、地方の方も多く、関西以西の多くの方に入れ替わり立ち替わりご来園いただきました。
わざわざ遠方より時間を割いてお出でいただき本当にありがとうございました。
沢山の面白い話を聞く事が出来て、僕にはとても楽しく有意義な2日間でした。

また、昨日や今朝は・・・そろそろ雪割草探しの方も入れ替わりお出でいただきました。
みなさん・・・このブログ等を読んで「そろそろかな・・・」とお出でいただいたみたいです。
それぞれ・・・良い三段咲きをお求めの方や、その周りに居る♂や♀をお探しの方、白覆輪探しの方、標準花探しの方等・・・
どなたもニコニコされてお帰りになられたのが印象的でした。
皆さま…まだシーズンはこれからだと言うのに、早々にありがとうございました。
そろそろ業者さんの予約も色々と入り始めました。
こんな時代ですが・・・それでも待ち遠しく思ってくださる方が沢山おられて、とても嬉しく冥利に尽きると感じております。
毎日「良い花・好い花」が咲き始めました。
良いスタートが切れて、「今年もがんばるぞ!!」・・・と、とても励みになりました。
Img_0438

早くも大物登場」 早くも今年初花交配の大物が登場です。おそらく今の時点で最高の花を開く(開いてほしい・・)と考えている交配の一つに強烈な蕾を見つけました。すこしストローで吹いてみたら濃赤に緑褐色の綺麗な三段弁を持っています。蕾も真ん円で開花が楽しみ・・・。えっ・・・交配ですか・・・。♀は「跳珠F1S×熱唱」、♂は「跳珠F1E×将軍」。そうです、熱唱F1と将軍F1のコラボ・・・ですよ~ん!!

毎日「花見」に入ってしまった・・・う~ん、仕事が出来ない!!
(しないだけだろう!!)

2010年1月21日 (木)

突然に・・・

今日も昨日に続いてポカポカ陽気・・・
と、思ったのもつかの間・・・
午後2時ごろから雲行きが怪しくなってきたと感じたら・・・・
だ~んだん雲が多くなって来て風足が強くなり・・・
夕方には「ハウスが耐えるかな??」と言うほどの突風に変わって来ました。
どうやら・・・ほんの少しの間の「冬の休息」も終わったようです。

明日からはまた、寒い日が続きそうです。
願わくばハウスのビニールが破けるほどの突風はご勘弁・・・
と言ったところでしょうか・・。

明日は都内のアチコチをうろうろするので園には居ません。
明後日も・・・・チョット来客が多そうですね!!
Img_0423

5年目の奇跡!??」 この実生の雪割草、実は5年前の実生です。1年目は発芽せず・・・。2年目に発芽したものの11粒中1本で・・・しかも小さい。当然3年で咲くすべもなく、4年目の今年、加温ハウスで早々と初花を咲き始めました。よくぞ生きててくれました。たった一本発芽して生き残った三段咲きの実生ですが、その花は5年の間、じ~っくりと待っていたかのような「すんごい花」が咲きました。これぞ5年目の奇跡??・・・・大切にしてあげなくっちゃあ。

今年はいい花いっぱい咲きそうな予感が・・・。(ホントか!??)

2010年1月20日 (水)

少し暖か・・

Zzz1_13

ナルキサス・ザイアニクス・アルブス」 これだけ咲けば「どーだ!!」と言えるかしら・・・。ピッチリとそろってなかなかカッコイイ姿に仕上がりました。満足・満足・・。

昨日・今日はとてもあたたか・・・sun
明日もなかなか暖かい日の様です。sun
でも・・・金曜日からはまた少し寒そうですけど・・・・・ねっ!!typhoon

ここに来て雪割草の加温室のお子たちがすこしづつ花芽を動かし始めてきました。
実はすでに・・・蕾の段階でもなかなかご立派な三段咲きが30本くらいは見つかってます。
まーだまだ…これからゾクゾクと出てきそうですよ!!
たのしーシーズンになりそうです。

そーいえばいよいよ・・・例の「モデミソウ」が開花間近です。(2009年10月18日のブログ参照)
先日・・・いたずらにチョット掘ってみたのですが・・・
実は・・・例の「ヒナマツリソウ」とはちょっと違うようです・・・。
だいたいの答えは見えたのですが・・・もしかしたらほぼ僕の予想通り・・・
ダメもとて入手した方はもしかしたら「ラッキー・・・ニッコニコ・・」かもしれませんよ~ん!!
答えはもう少し後でね~ん・・・。

ところで・・・
それでは・・・と・・・・「ヒナマツリソウの学名」は何でせう!??
知っている人・・・いますか・・・。
えっ・・・Eranthis stellatum?? それとも・・・Eranthis albidum??・・・
ハハハ・・・たぶん違うよ!!
では・・・「モデミソウ」の名で入手したものははたして何か・・・・・
おーっと・・・この先は・・・まだngだよ~ん。
Zzz1_14

ナルキサス交配種・セルフ」 ふる~い梅さん交配の「テヌイフォリウス×アルビダス」をセルフして選別した花です。こんだけ咲いてもバランスが崩れない見事な個体です。先読みの深い梅さんならではの銘花ですね!!

金曜日は一日、アッチコッチに外出の為に僕と奥さんは園には居ません。
悪しからずご了承くださいませ。

2010年1月16日 (土)

ありがとうございました。

Img_0358

1月15日です」 いよいよ親鉢室のタイベックも開いて開花準備に入ります。楽しいシーズンですね。

昨日は1月15日で、毎年恒例の開花調整に入りました。
親鉢室のタイベックを開けて本格的に開花の準備です。
明るい陽をいっぱいに受けた雪割草たちはとても嬉しそうです。

また、1月15日になりましたので、「雪割草交配実生リスト『彩の華』」のご注文を締め切らせていただきました。
この度も多くの方に沢山のご注文をいただきました。
本当に有難うございました。
ギリギリセーフの方が何名かいらっしゃいましたが、この後もどうしてもご希望・・と言う方はご連絡ください・・・何とかします。

リスト締め切りのタイミングで、今年は「雪割草・銘花」をリアルタイムで販売してみようと考えました。
開花する順番に写真を撮って『彩の華ホームページ」に載せて行こうと考えています。
興味がございましたら「雪割草銘品インターネット特別販売リスト」をご覧ください。
逸品から普及品まで・・・色々と載せてみる予定です。

また、実生新花も開花した順番に販売していく予定です。
こちらの方はもう少しお待ちください。

早くも加温ハウスでは様々な交配の蕾が上がって来ました。
リアルタイムで色々とご紹介できればと考えています。
ご期待??くださいませ。

2010年1月14日 (木)

さむっ!!

Img_0351

ヘレボルス・フェティダス」 有茎タイプの原種クリスマスローズHelleborus foetidus`Gold Bullion`と呼ばれる黄金葉の斑入り個体です。直訳すれば「金塊」とか「金の延べ棒」という意味なのですが…発表当初はすんごい「金の生る木」だったのでしょうか!??

ただ今、この冬最高の「寒気」が来日中??との事で・・・
西の方で荒れているのか、昨日はこの辺りもものすんごい突風でした。
昨日は休園日だったのですが、余りの風音の凄さに、少し落ち着いてから当番の従業員くんに「ハウス破けてな~い」と確認をしたほどです。
あいにく・・・事なきを得ましたが・・・
今朝は思いっきり冷えて・・・
園のメダカ池がカチンカチンに凍っていました。(カッチンカチンやでぇ~、カッチンカチンやでぇ~・・)
1日にして厚さで1.5㎝ほど・・・近年まれにみる凍り方です。
売店ハウスの中のメダカ水槽までも氷が張ってました。
とにかく寒いですね!!

これが「この冬一番」なのか・・・それとも「まだまだこの冬一番」とか「もっと凄いこの冬一番」があるのか・・・
この辺りは雪が無いのでまださほどではないのですが・・・
北国の方々のご苦労を察しますと・・・・
まだ冬も半ばですが・・・せいぜいこのくらいで落ち着いてくれる事を祈りたいものです。

今日も夕方の6時を過ぎた頃から地面が凍り始めて・・・
園を出る8時過ぎにはカッチンカチンに凍ってました。。(カッチンカチンやでぇ~、カッチンカチンやでぇ~・・)
さすがに…雪割草のハウスの温度も少し高めにしておきました。

明日の朝が思いやられそうです・・・。
・・・・・さむっ・・・・・。

2010年1月11日 (月)

3連休・ありがとうございました。

Img_0346

開花の準備」 雪割草・4年生未開花苗を入れた20坪の開花ハウスです。昨日、タイベックを開けて陽を採り、今日からいよいよ昼間20℃前後に加温開始です。これで来月頭ごろからポツポツと開花が始まる事と思います。夜間は3~4℃で凍らない程度に設定します。すでに凄そうな三段咲きもチラホラと…。

この3連休、色々な方に入れ替わり立ち替わりお出でいただきました。
また、多くの方にお買い上げいただきました。
本当にありがとうございました。
この3日間で、東北、北関東、北陸、中京、関西、山陰など・・・
遠方からも様々な方がお見えくださいました。
あっ・・・沖縄山原のラン撮影探索帰りの方も・・・。

雪割草、食虫植物、球根植物、ラン等、みなさんそれぞれの好みで談議に沸いて・・・とても楽しい3日間でした。

特に1日目に突然遊びに来たY氏を囲んでのラン菌と土壌菌、腐敗菌、樹木共生菌等の談議は最高に面白く・・・
ラン・イチヤクソウ・シオガマ・ツツジ・リンドウなんかのキノコや菌との関連の話には、その場に居合わせた皆さんが興味シンシンだったみたいです。
これまで長期栽培や種子発芽の不可能だった植物も、キノコや菌の手を借りる事によって色々考える事が出来そうです。
それに絡めたドングリの仲間や松、白樺の仲間なんかもポイント高いかも・・・。
ただ・・・色々な影響を考えると・・・そんな事を間違っても発表出来ないのが残念ですが・・・。
まあ・・・個人的に遊ぶには贅沢すぎるほどに有意義なお話でした。

「やまくさ」は多くの方たちのご協力の元に成り立っている・・・と言う事を改めて痛感した3日間でした。
皆様、本当に有難うございました。

2010年1月 9日 (土)

大変だあ~!!

Img_0340

満開だ!!」 雪割草佐渡産の千重咲き「桃太夫」です。巨大な桃色の千重咲きですが、現在すでに満開状態です。ここに来て毎日雪割草の問い合わせが多くなってきました。早くも・・・シーズンインですかね!??

またまた大げさなサブタイトルです。
最近はこんなんばっか・・・ですが・・・
さてさて・・何が大変なのよ・・。

今日、遅ればせながら「植物分類表」(大場秀章編著・アボック社)を入手しました。
サブコピーは「DNAが決める新分類体系・・・」
う~~~ん・・・これは大変そうな予感が・・・・。
昨年の11月に出版された本です。

まず…注目すべきは・・・・「科が変更された主な属の一覧」・・・
さて・・・どこが変わったかと言うと・・・・・
オミナエシ科のカノコソウやオミナエシ、マツムシソウ科のマツムシソウやナベナ等が・・・すべてスイカズラ科に・・・。
更にざっと一例を挙げていくと・・・・
ガマズミ・・・スイカズラ科⇒レンプクソウ科
ハマゴウ・カリガネソウ・・・クマツヅラ科⇒シソ科
ガガイモ・カモメヅル・・・ガガイモ科⇒キョウチクトウ科
ハゼリソウ(ファセリア)・・・ハゼリソウ科⇒ムラサキ科
ヤブコウジ・・・ヤブコウジ科⇒サクラソウ科
イチヤクソウ・・・イチヤクソウ科⇒ツツジ科
ギンリョウソウ・・・ギンリョウソウ科⇒イチヤクソウ科⇒ツツジ科
ウメガサソウ・・・イチヤクソウ科⇒ツツジ科
ガンコウラン・・・ガンコウラン科⇒ツツジ科
アジサイ・バイカアマチャ・・・ユキノシタ科⇒アジサイ科
ウツギ・・・ユキノシタ科⇒アジサイ科
ウメバチソウ・・・ユキノシタ科⇒ウメバチソウ科⇒ニシキギ科
タコノアシ・・・ベンケイソウ科⇒タコノアシ科⇒ユキノシタ科
スグリ・・・ユキノシタ科⇒スグリ科
ズイナ・・・ユキノシタ科⇒ズイナ科
等など・・・
ほんでもってゴマノハグサ科は大解体で・・・
キンチャクソウ・・・ゴマノハグサ科⇒キンチャクソウ科
サギゴケ・・・ゴマノハグサ科⇒ハエドクソウ科
ミゾホオズキ(ミムルス)・・・ゴマノハグサ科⇒ハエドクソウ科
ママコナ・シオガマ・・・ゴマノハグサ科⇒ハマウツボ科
コゴメグサ・・・ゴマノハグサ科⇒ハマウツボ科
そして・・・
キンギョソウ・ジキタリス・イワカラクサ・ウルップソウ・ウンラン・イワブクロ・ペンステモン・・・そしてクワガタソウやクガイソウ等はぜ~んぶオオバコ科です。

そして・・・今回…なんといっても衝撃的なのは・・・
そう・・・・・・・ユリ科です。
ついに・・・と言うか、ヤッパリ・・・・と言うか・・・・
コナゴナ・・・にされました。
だいたいこんな感じで・・・・・・
オゼソウ・・・ユリ科⇒サクライソウ科(サクライソウ目)
キンコウカ・ノギラン・・・ユリ科⇒ノギラン科(ヤマノイモ目)
これらはユリ目にも入ってません。
次にユリ目。
シライトソウ・ショウジョウバカマ・ツクバネソウ・エンレイソウ・シュロソウ・リシリソウ・・・これらは皆、ユリ科⇒シュロソウ科
サンキライ・サルトリイバラ・サルマメ・ヒメカカラ…ユリ科⇒シオデ科
アルストロメリア…ユリ科⇒ユリズイセン科
チゴユリ・ホウチャクソウ・コルチクム・グロリオサ・サンダーソニア・・・これらは全て、ユリ科⇒イヌサフラン科
キジカクシ目が・・・・
キキョウラン・ニッコウキスゲ・カンゾウ・・・ユリ科⇒ワスレグサ科
ネギ・アサツキ・ラッキョウ・ノビル・ハナニラ・・・ユリ科⇒ネギ科
キジカクシ・タマボウキ・・・ユリ科⇒キジカクシ科
スズラン・ハラン・マイヅルソウ・ユキザサ・ヤブラン・ジャノヒゲ・ナルコユリ・ワニグチソウ・アマドコロ・キチジョウソウ・オモト等はユリ科⇒スズラン科⇒キジカクシ科
ギボウシも色々変わって…ユリ科⇒リュウゼツラン科⇒キジカクシ科
ツルボ・ヒヤシンス・マッソニア・ムスカリ・オーニソガルム・シラー・・・ユリ科⇒ヒヤシンス科⇒キジカクシ科
さらにリュウゼツランの仲間やユッカ等のリュウゼツラン科の植物もキジカクシ科になりました。
とりあえずユリ目ユリ科の残党は・・・ユリを始めとして・・・カロコロタス・ウバユリ・ツバメオモト、バイモ・コバイモ、アマナ、チューリップ、タケシマラン、ホトトギスの仲間・・・くらいです・・さみしいだよ。

いやあ~・・・やってくれましたねえ・・。
ギボウシが・・・キジカクシ科ですよ!! ハハハ・・・。
これからしばらくの間はこのDNAによる分類が主流になってくると思います。
良く見てみれば…なるほど…実はうなづけるものも結構ありますよね!!
ただねえ・・・・昔の分類に慣れている僕らにとっては、これはなかなか大変な問題です。
ただ・・・海外などの事情を考えると、知っておかなければ通じない事があるのも事実ですから・・・。
この秋のリストからぜ~んぶ直さないとダメかしら・・・
・・・あ~しんど・・・です。

知人のMさん曰く・・・分類はロールプレイング・ゲームの様なもの・・・「ゲームマスターが変わると新しいゲームになる」のだそうです。
たいへんだぁ~!!
Img_0343

夕霧」 本文内容とは全く関係ない写真で失礼です。この花は佐渡産の千重咲き「夕霧」です。やはり早咲きの品種ですでに本咲きです。早咲き品種は珍しさでつい毎年写真を撮られるので…実は役特ですね!!

シクラメンとヤブコウジは結構近いみたい・・・
異属間交配で実のトルネードする千両とか・・・・出来ない・・・よね!??

2010年1月 7日 (木)

夢のコラボ・・・??

Img_0293

ポスター完成」 日本雪割草協会の今年の展示会ポスターが出来ました。今年は2大会分で1枚のA2サイズ大型ポスターです。T書房さん、無理をお願いしてすみませんでした・・・ありがとうさんです。

今日は「日本雪割草協会」の展示会ご案内ポスターが完成いたしました。
昨年の入賞花入りのとても綺麗なポスターです。
さて・・・今回の2大会・・・ポイントは2つです。
まずはこの…アップをご覧ください。
Img_0298

アップだよ!!」
さて・・・御覧の通り、今年は「新潟大会」と「全国大会」の順番が入れ替わります。
これは開催会場の関係等の都合ですが、2月の第3土・日が「新潟大会」、第4土・日が「全国大会」になります。
お間違えの無いよう・・・ご注意くださいませ。

そして注目すべきは・・・さらにその下・・・
今年は全国大会が第15回の節目になるので、折角ですので「講演会」を企画してみました。
その講師の方は・・・27日の土曜日が武田俊夫さん、28日の日曜日が岩渕公一さんです。
ここで・・・或る事に気づいた方は素晴らしい・・。
そうです・・・「日本雪割草協会」主催の「全国大会」の講演会講師を、「国際雪割草協会」の本部と関東の中心である御二方にご了承いただいたのです。
これはマニアの方にとっては・・・或る意味「夢と奇跡のコラボ」ですよね!!
とても楽しい「第15回全国大会」になりそうです・・・ワクワク。lovely

みなさん、お時間のとれる方は是非とも大会に遊びにお越しくださいませ。
協会員一同、心より皆様のご来場をお待ち申し上げております。

本日、ホームページに「1月の売り場のご案内」を掲載いたしました。
この時期はやっぱり…棚はチョット寂しい・・・ですね・・。

2010年1月 6日 (水)

今日からお仕事・・

Img_0281

22-001」 「大紫×跳珠」系の交配から生まれた複色千重中間タイプです。なかなか渋い味わいですだ・・・。

今日は年明け後、全員勢揃いの初顔合わせです。
みんな…無事に再会できて一安心。
本年もがんばりましょう!!

お陰さまで・・・みなさん待っていた様にご連絡をいただきました。
特に雪割草はいきなりシーズンインになってしまったのか・・・何人かの方からお問い合わせ&ご注文をいただきました。
ありがとうございます。
そういえば・・・お正月以降、じっくりと作場を眺めているのですが・・・
今年は確かに花が早そうです。
いつもの「偵察隊」たちが開花するのは仕方ないとしても・・・早くも本咲きに入ったものが幾鉢も見られます。
何時もはゆっくりと動く品種なども、早いものでは芽口を開けて蕾を覗かせています。
少し抑えないと「花が一度に咲いてしまう」と言う危険な状態かもしれません。
ここ数日のハウス内の温度と陽の動きを読み取って、少し遮光等も調節しないといけませんね・・・。

明日からはいよいよ開園、通常営業です。
皆様のご来園を、お待ちいたしております。
Img_0274

今年の初花」 先日の「紫雷光F1」に続いて、今度は「春の幸F1」を使った子から三段咲きを発見しました。「初鏡×幽谷F」系の濃赤/白二段咲きに「春の幸」を交配したF1♂の子です。初めてのF1は結果を見るまで緊張しますね!!

そろそろネットのリスト作りも始めないと・・・

2010年1月 5日 (火)

困った・・・

Img_1033

変なトンボソウ」 誰だ…こんなの載せた奴!! 怒られるぞ!!(知人宅で昨秋撮影しました)

僕の正月休みは結局・・・
12月30日・・・午前中仕事、その後、大宮にお買い物。
12月31日・・・昼2時まで園で灌水、その後雑用。
1月1日・・・初詣の後、午後まで園で灌水。
1月2日・・・昼過ぎまで家で仕事、その後浅草の実家に年始
1月3日・・・昼過ぎまで家で仕事、その後大宮の実家に年始
1月4日・・・園で一日仕事。
1月5日・・・睡眠・・とにかく睡眠・・・とことん睡眠・・一日睡眠・・。
で…明日は初顔合わせと年末に終わらなかった仕事の片付けです。
結局のんびりできたのは・・・今日だけ・・。
だからお正月なんて・・・・・crying

さて・・・タイトルの「困った・・」
いったい何が困ったか…と言うと・・・・・。
いいデジカメが・・・無い・・・。
僕的にはO社のμデジタル800は、実に植物撮影にはもってこいのカメラでした。
昨年秋についに壊れて・・・・
その後、別な会社のデジカメを使っていたのですが・・・
ここ最近の画像を見ていただければご理解いただけると思うのですが・・・
とにかく・・・・・・接写画像が使えない・・・。
花の撮影は接写が命。
画像や画質の違いは一目です。
ヤッパリ一眼レフ買わないと・・もう・・ダメかしら・・・。
でも、マクロレンズまでいれるとえらい出費になるし・・・。
困った・・・・。
最近のデジカメは、とかく人物中心の撮影機能ばかりが目立ちます。
もっとも・・・僕らが望む機能を重視しても・・・
そんなカメラが売れるはずは無いんですが・・・・。
でも・・・せめて、デジタルズームやマクロ機能の感度を上げて欲しい。
これから雪割草のシーズンに入るのに・・・
これまで通りの撮影が可能なカメラがあるのでしょうか!??
これから1ヶ月の間に新しいカメラ探しです。
兄の使っていたC社のEOS5DMARKⅡは良さそうですが・・・価格COMを見ても一発で破産しそうです、しかも・・さらにマクロレンズなんて・・・・coldsweats02
う~~~ん・・困った・・・。
(どなたか・・・良いお知恵を・・・・flair)

2010年1月 4日 (月)

個人的に仕事始め・・・です。

Img_0259


霞む日光白根山」 朝は良く見えていた白雪の日光白根山も昼前には霞んでしまうほどに良い天気になりました。こんな日は植え替え日和です。

今日は灌水も含めて、個人的には仕事始めで園に出勤です。
ただ・・・昨日までの疲れが残ってぐったりしていたので・・・
奥さんが一足早く園に行って主だった灌水をやってくれました。ありがとうさんです。
おかげで僕は植え替えに集中できます。
お正月の間も気になって仕方ないほどに雪割草の植え替えが進んで無いので・・・
取り急ぎ、早く咲きそうな黄花二段咲き系の交配から植え替えを始めます。
ここしばらくはなんだか忙しかったので…昨年末は余り作場を見られませんでした。
今日は少し時間を作って、ルーペ片手に初花の置き場をじっくりと眺めてみると・・・
あっ・・・あるわ・あるわ・・・
早いものはすでに結構芽口を開けて花芽を覗かせていますね。
今年初花の新しい親を使った交配の結果も、早々に答えが見られるものがありました。
F1というのは自分ではきちんと交配している心算でも、ヤッパリ答えが出るまでは不安なものです。
チョット嬉しいですね!!
こんなものが見つかりました・・・。
Img_0267

今年の初花」 「紫紫紫×歌舞伎」の♂を使って交配したものです。中心の迫力は芽出しから良く解ります。「紫紫紫」は(彗星×山紫)なので、相当な色上がりも期待できそうな交配です。
Img_0262

今年の初花」 渡金さん交配の「艶梅×跳珠」の♂を使った交配です。♀は(錦華山×佐幻F1)なのでかなりの迫力が期待できます。吹いて開いてみたら花の中の色は真っ赤でしたよ!!
Img_0264

今年の初花」 ついに登場、「紫雷光F1」(明鏡×紫雷光)を♀に使った三段咲きです。♂は当然「最強の初跳」です。これも吹いてみたら花の中は玉斑ばりばりの底紫色でした。とても楽しみな交配です。

奥さんは半日かけてフラスコ出しをしてくれました。
これも「早くやらねば・・・」と、心配事だったので少し安心です。
かさねがさね・・・奥さん、ありがとうさんです。
Img_0269

フラスコ出しの苗」 テリミトラ・ルテオキリウムのフラスコ出しです。すでに見事な球根が出来上がっています。中には花の咲いているものや種子になりかけのものまでありました。

今回の紅白歌合戦で唯一良かったと感じた坂本冬美の曲。
着うたフルで人気急上昇だそうです・・・ヤッパリね!!(負けるな、ビリー・バ●バ●)

2010年1月 2日 (土)

すかいつりい・・・だ!!

Img_0247_2

東京スカイツリー」 押上駅前から見た「東京スカイツリーのなりかけ」です。まだ3分の1ほどの高さですが、間近で見るとなかなかの迫力です。

お正月の2日目はいつも実家の浅草に年始のあいさつに出かけます。
でも・・・朝から・・そろそろ手掛けたい仕事が残っていたので、なんだかんだで午後3時まではPCに向かってデスクワークです。
出がけにふと思いつきます・・・
せっかく浅草まで出かけるのだから、ちょっと回り道して「スカイツリーの工事現場」でも見ていこう。

高速にのって走っていると、浦和料金所付近から何やらスピードダウン・・・
どうやら帰省渋滞にはまってしまいました。
年末に高速割引しなかった影響かしら・・・。
なんとか4時過ぎに堤通りの料金所を抜けて・・・日の落ちる前に押上駅前に到着しました。

駅前から見上げる「スカイツリー」は工事中でも・・・ヤッパでかい!!
適当に駅前の細い道に入って、車が来ない事を確認してそのまま道の真ん中に車を止めて写真撮影です。(良い子は真似をしちゃあダメだよ・・・)
撮影していると直ぐに後ろから車がやってきます。
これはまずい・・・と、車を動かそうとしたら・・・
後ろの車も止まって外に出て撮影を始めていました・・ヤレヤレですね。

「東京スカイツリー」
2011年には完成??のはずですが・・・マヤの予言では2012年には人類が滅亡するって言うし・・・わずか1年の運命だね!!(ガンバレ・・・チデジカ)
まあ、そんな事は無いでしょうが・・・・
きっとこれからは「東京タワー」に代わって、「モスラ」に繭作られたり「ゴジラ」に壊されたりするんでしょうね・・・・・。
世代交代・・・ですかね。
Img_0252

東京スカイツリー」 浅草の実家のそばの交差点からも良く見えます。ただし…道路の真ん中からでないと良く見えないので…この写真はなかなか命がけです・・・ハハハ。(良い子は真似をしちゃあダメだよ・・)

元旦の夜、奥さんと娘が3Dの「アバター」を見に行きました。
二人に感想を聞いたら…口をそろえて一言・・・「酔った・・・」shock
・・・ダメじゃん・・。

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

Img_0202

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真はマイ・コレクション。
ほとんど飲まないのですが、今年のお正月はこんなのをちびりちびりと飲るのも…ちょっとしたゼータクですよね!!
Img_0207

ノグチミエコ作・ガラスの寅

元旦です

Img_0226

日の出紅」 福寿草の「日の出紅」です。古い中村農園さんの実生ですが、お正月らしい曙色の朱金花がとても綺麗で紅花系では最も好きな花の一つです。最近では「紅」がとれて「日の出」として紹介されているようです。

今日は初詣に出かけがてら・・・
早々に灌水の為に出勤です。
昨日に引き続いて朝から快晴・・・ただし風も強く吹いているので乾燥とハウスの蒸れが心配です。
昨日は大丈夫だったハウスの中も今日はさすがに乾き始めているので、ハウスをあけてしっかりと灌水します。
なんだかんだで3時間・・・もう少し穏やかな天気だったら良かったんですけどね!!

園にいて色々と考えました・・・が・・・
今年の第一目標は「売店の充実」になりそうです。
わかりやすい商品構成はもとより、如何に健全で丈夫な苗を提供できるか!!
今年はこれに全力投球したいと思います。

帰って来て…遅いお昼を食べて・・・御屠蘇気分で少しお昼寝。
だいたい毎年、元旦はこんな感じですね・・・。

雪割草実生初花の芽のはじけ方が今年は少し早い様です。
新しい交配もなかなか面白そうな花芽を持ち上げて来て・・・少し安心です。
年が明けるまでは「早いなあ~」と思っていた雪割草たちの動きも・・・
年が明けてみれば「早く咲かないかなあ~」になるから…面白いですね!!
Img_0233

庭のコバノタツナミソウ」 どこからか飛び込んで繁殖しているコバノタツナミソウが、新年早々開花していました。春が早そうですね。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ