« 暑過ぎる日でした | トップページ | 寒い休日 »

2010年2月10日 (水)

花を見る

Img_0883 実生千重咲き」 面白い青紫覆輪に緑を絡めた複色千重咲きです。標準花「星影」の様にくっきりと白いストライプが入る綺麗な千重咲きで、実生5年目ですが初花から花芸は安定してます。

今日は昨日とは打って変わって・・とても涼しく気温の上がらない1日でした。
こんな陽気の繰り返しでここ数日は安定しそうですね。

さて・・・今日は僕が育種をする時に於いて、必ず行う事のお話です。
それは・・・花を見る事!!
園芸店は元より、花壇の花からスーパーの花売り場に至るまで・・・
鉢花から切り花に至るまで、様々な花たちを常にじっくりと観察する事です。
その時に目に止まった花があれば、今、育種しようと考えている植物に当てはめて「どうしたらこんな花が出来るか!!」をシミュレーションしてみるのです。
この季節はやはり雪割草のシーズンなので、キクやカーネーション、プリムラなんかが良い材料です。
それぞれの花をジーッと眺めて・・・・
「この花模様を作るにはこんな花とこんな花がいいかも・・」とか・・・
「スプレーや管咲きを作るにはどうすれば・・・」等、思いつくままにシュミレーションしてみます。
こうする事によって、どんな材料を集めればいいか、どんな方法で交配すればいいか、それにはどんな段階を追うのが最短距離か・・・など、解らなかった事が色々と見えてきます。
これが結構楽しい・・!!
花屋の店先に並んでいる花たちを、自分なりの頭の中で解体してみる・・。
「きっとこの花はこれがこうなって出来あがってきたのでは・・・」
全く想像の域以外の何物でも無く、正しい答えなど解るはずもありません。
でも・・・こんなところからもヒントは沢山見えてきますよ!!
奥さんがレジで会計している間の待ち時間とか・・・
こんな事を考えているのも貴重な時間かも・・・ですね。
Img_0969 実生千重咲き」 こちらは明るい桃赤色の覆輪に緑を絡めた複色千重咲きです。分離から生まれた5年生ですが、最初からもやもやした良く解らない花でした。でも・・・なにか個性的だったので3年間じっくりと作りこんでみました。雪割草の実生は僕の経験測では、やはり初花から5年目位からが本当の花芸を見せてくれます。10年目位(実生12~13年目)がピークですね!!これは野生選別種も一緒・・・そんな訳で、僕は自分で気に入った花は最低でも初花から5年は小割りせずにしっかりと大きく育ててみます。やはり5年は我慢比べのつもりで付き合ってあげたいですね。

今日の「グータン・ヌーボ」
後ろの水槽に大っきなタテキンがいない・・・
どーしたんだろう・・・チョットさびしい・・・。

« 暑過ぎる日でした | トップページ | 寒い休日 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

やまくささん
こんにちは。

いいなぁ、雪割草。
今年は小さいフレームを作ろうと思います。

あげあしとり(^^)v
「シュミ」やおへん「シミュ」でんがなぁ。

やまくさ様
実は同じことをよく考えます。もちろん、レベルは違うと思うのですが......
他の花をみて、こんな色があればとか、こんな形にできないのかとよく想像してしまいます。結構、それが楽しいのですが、時々、そんな人が、植物の繁殖の手伝いをさせられているのではと思うときがあります。虫媒花ならぬ人媒花ですかね。そう思う時があるのです。

追伸 いただいた雪割草の青軸無毛のものがさいたのですが、標準化同士の交配のものなのにしべ咲ぽいのですが、そういう血が入っているのですか。

あゆ様、こんばんは。
先日はありがとうございました。
フレーム1つあるだけで色んな事が出来ますね。
あゆさんは雪割草でも普通っぽいのが一番でしょうから…そんな花も揃えておきますね!!
>あげあしとり(^^)v
アハハハ…確かに…
良くやるんですよ…コンピュータをコンピューターとかコンピュターとか…
ふんいきをふいんきとか…
最初は合っていたのになぁ~…
面白いからそのままにしておきますね!!

さいちぇん様、こんばんは。
いつも有難うございます。
想像力はインスピレーション。
それが「パクリ」でもいいんです。
あくまで「モチーフ」だと言い張りましょう!!
(ねっ、インギーさん)
追伸の返信ですが…
そんなものもあると思いますよ…アハハ・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑過ぎる日でした | トップページ | 寒い休日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ