« ステップアップへ | トップページ | それでも・・ウバが好き!! »

2010年9月30日 (木)

ヒガンバナの季節

Img_5459 八重咲きヒガンバナ『紅孔雀』」 ヒガンバナの八重咲きとしては最も流通していると思われるもので、鹿児島辺りから普及してきたものと思われます。ほんのり紅色を帯びた花茎と、深みのある赤色が鮮やかな印象を与えます。もっとも早咲きの個体で、時に寒暖の差が激しいと花弁が癒着して開かなくなることもありますが、今年の気候は見事な花芸を見せてくれました

また肌寒い雨が降っています。
今年の陽気はなんだか毎日バラバラですね。
いい加減書くのも飽きてきました…毎日ですもの…。

ここ数日で一気にヒガンバナたちの花芽が延び始めてきました。
この花が咲いて来れば本格的な秋の到来です。
今年は埼玉県でも有数の群生地「巾着田」でも、10日遅れで漸く満開を迎えそうとの事ですが・・・
園のヒガンバナたちも一斉に花芽を持ち上げ始めました。

このヒガンバナの八重咲きですが・・・実はいくつかのタイプが見られ、それぞれがばらばらに流通しています。
また・・・同じものでも扱う業者さんによっては名前が違っていたり、なかには勝手に命名されてしまったものもありで・・・
かなり混乱をきたしています。

今年こそは開花する順から整理しようと思ったのですが・・・
はたしてはたして・・・今日、期せずしてこの仲間を最初に分けて命名したUMDさんと話をする機会があったので・・
今年は、どうやらそれなりに仕分けをする事が出来そうです。

このヒガンバナ、昔はお墓花とかお化け花とか言われて忌み嫌われるところが多かったのですが・・・
最近ではあまりこだわる人も多くなくなったようですね。
八重咲きは特に華やかで、庭に植えても一級品の園芸植物だと思います。
我が家の庭のものも1本の八重咲きヒガンバナを植えて5年目です。
特別に肥料など何もしていない植えっぱなしの状態ですが、今年は16本の花茎を上げています。
もうすぐ満開ですが、今年は特に見事そうです。
咲いたらブログに載せますね!!
Img_5456 八重咲きヒガンバナ『姫孔雀』」 明るい緑色の花茎は申し分程度に紅を染めて、花も明るい赤紅色です。鮮やかな花色と緑色の軸との対比がとても美しいもので花弁が癒着する事もほとんどありません。最初、京都産として入手したものですが、正確な産地は解りません。一回り小型で優しい雰囲気が素敵な花です。
Img_5461 八重咲きヒガンバナ『球磨川』」 この花の特徴はなんといっても未分化の花弁です。花弁先端がU字状に湾曲して、よく葯の痕跡を残します。ときに花粉を吹いている花も見られます。明るい黄緑色の軸との対比も美しく、花弁が未分化なので細く白覆輪状になるので雰囲気はかなり異なります。珍しいヘテロなタイプですね。これも鹿児島辺りから出回ったのではと思います。

今回は比較的早咲きのものをご紹介してみました。
機会があれば遅咲き系の八重咲きヒガンバナもご紹介したいと考えています。

« ステップアップへ | トップページ | それでも・・ウバが好き!! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

やまくさ 様

昨日はNOKが無理を言って申し訳ないでした。
八重咲きヒガンバナはどの品種も最高っすね。次は花弁無しヒガンバナとか蘂無しヒガンバナとか純白ヒガンバナとか発掘して欲しいなあ~。

さらに最近ではリコリス・ラディアータの名で売っている球根の中に中国産の二倍体が混ざってるとか.....
この八重咲きと交配するのか、はたまたそれ自身から八重咲きが生まれるのかわかりませんが、この種類に限ってもこれから面白そうですね。
ただ、従来の彼岸花が不稔のせいか純血を守ってこられた日本自生種のリコリス属にどう影響するのかは気になりますが

UMD様

先日はご教示有難うございました。
こんな感じで紹介してみましたが、解りやすかったでしょうか??
それより・・・
昨日から何度かTELしているのですが・・なかなかつかまりません。
・・・・・・・逃げたね・・・・

是非何か「ネットショップ」で販売できそうな商品を・・・
あちしにも恵んでください・・・。
どーぞよろしく・・・。


はぐりっど様
こんばんは。

二倍体・・在るみたいですね。
僕の手元にもそんなものが来ています。
まあ・・・混ざっても・・・・・
アルビフロラみたいなものでしょう。
ヒガンバナの育種や培養は・・・
ネリネ組が結構気にしているみたいですね!!
これから楽しみかも・・。

やまくさ様
こんばんは今日も良い物を頂きましてありがとうございます。
ヒガンバナ「姫孔雀」は良いですね。小さいポット苗でも存在感がありますね...............
お伺いするたびに欲しい物が増えていってる気がするんですが............
追伸  今日頂いたギボウシに名札がなかったんで、どのような交配のものか教えてください。

お世話になっております、岐阜の加藤です。宝物の3鉢のやまくさ3段は元気に大きくなっています。今日、残念なことにFさんのHPが閉鎖されておりました。皆さんのお花が見えないのはとても寂しいです。やまくささんのHPが、私にとって唯一の情報発信源となってしまいました。どうか今後ともこのHPを運営していただけるようにお願いいたします。

さいちぇん様

先日は有難うございました。
お持ち帰りのギボウシはヒメトクダマのダルマ羅紗系の斑入りどうしの兄弟交配です。
ラベル書き忘れてすみません。
ヒガンバナ「姫孔雀」は「ネットショップ」で販売しようと思ったらアッと言う間に完売してしまいました。
違いが解ると皆さん興味を持ってくださいみたいですね!!
また、時間を観て遊びにお出でください。
お待ちいたしております。


加藤様

ご無沙汰いたしております。
ほんとにFネット、閉まってますね!!

最近、各地で植物関係の掲示板が閉じたり、廃れたりしている様です。
マンネリなのでしょうか?? 笛吹けど踊らずでさびしいですね。
僕もFさんの掲示板は貴重な情報源だっただけに残念です。
僕の方は、来年も少しでも雪割情報がご提供できればと考えています。
つたらない内容(無い様)ですが、お付き合いいただければ幸いです。
3鉢の三段、是非、作り込んでみてください。
また、何かございましたらご連絡ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステップアップへ | トップページ | それでも・・ウバが好き!! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ