« それにしても・・・ | トップページ | 台風が・・・来るの!?? »

2011年7月16日 (土)

左側にあるものを右側に移動する・・

Img_6185 左側にあるもの・・」 雨避け棚の左側に置いてある鉢植え。午後からは西日がガッツンガッツン入って、ただでさえ蒸し暑いのにますます温度が上昇です。それにしても・・・連日35℃を越す猛暑の中、西日ガンガンでもとても元気な世界各国の奴らです。が・・・これではあまりにかわいそう・・・。
Img_6189右側に移動・・」 同じ雨避け棚でも右側は朝からお昼頃まで陽にあたって、午後は日陰で、西日もあたらずとても涼しいのです。そんな訳で・・・今日は左側のものを全て右側に民族大移動しました。これで夏越しも楽っくらく~・・・と、うまく行けば良いのですが・・・。

相変わらずですが、毎日暑っついですね。

お陰様で通販や雑用でドタバタした日が続いていたので・・・
予定よりは少~し遅くなりましたが・・・
昨日あたりから球根植物たちの植え替えが始まりました。

実は球根の植え替え前に・・・
植えた球根を置く場所を作る事から始めなくてはなりません。
全員総出で場所の移動だけで1~2日かかってしまいました。
なんでもごちゃごちゃ置いてあるので・・・悪い癖です。

まずは早咲き系(秋咲き)の物から始めるのがセオリーでしょう。
ナルキサスはセロティネスや根の出るのが早いロミューから・・・
結構増えてますね!!

その他にも球根ドロセラやラン関係とか・・・少しづつ始めませう。

今日は屋外の栽培棚が余りに西日ガンガンで暑いので、反対側の北側に移動しました。
同じ棚でも、左側は西日ガンガン、右側は午前日で午後は涼しいのです。
これは栽培用語で言う「微気象」と言う奴ですね。
一つの棚でも手前側と30㎝奥とでは微妙に気象が違います。
温度や湿度、鉢の乾き具合、風の通り、雨のあたる確立等・・・ひと鉢ひと鉢全て違うのです。
この「微気象」を読めるかどうかが・・・この暑い夏を乗り切る栽培のヒントでもあるのですね。

この「微気象」に対応して、管理も変わって来ます。
棚全体を一度に管理する「面の管理」では、今年の様な暑い夏は乗り切れません。
ひと鉢毎に細かく管理をする「点の管理」こそが、この暑い夏を乗り越える最大のポイントかもしれませんね。
がむばろ~っと・・・。
Img_6191 Img_6193 小さなリュウキンカ」 アンデスに咲く小型リュウキンカのカルサ・サギタータ(Calrha sagitata)です。アルゼンチン1800mの地に生え、写真の株は昨年6月に実生した1年苗で100円玉よりチョット大きい程度の株です。あれれっ・・・と思ったら花芽が出ていました。この、ものすんごく暑い中(現地は冬でっせ!!)うまく咲いてくれるのでせうか。意外に丈夫そうですが・・・なにしろ小さい・・・。アンデスから欧州を経て埼玉へ・・・マルコよりも長い旅をしてきたリュウキンカです。

これから毎日、球根と格闘しながら・・・
着生ランのヘゴ付けだす。
今年はなぜか…フウランの花着きがいい!!

« それにしても・・・ | トップページ | 台風が・・・来るの!?? »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それにしても・・・ | トップページ | 台風が・・・来るの!?? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ