« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

明日から不在ですが・・

Img_7574

明日8月30日(火)~9月2日(金)までは夏季休暇にて外出します。
したがって期間中、僕と奥さんは園には不在となります。
勝手ながら、悪しからずご了承ください。

折角の夏季休暇なので・・あんなとこやこんなとこに行く予定ですが・・・
おそらくは・・・台風直撃でほとんど動けないでしょう。
このチャンスに宿でぐ~っすりと寝ませう。
では・・・4日後に・・・

2011年8月27日 (土)

虫が出るよん!!

Img_7492 マキギヌ」 正しくはクモノスバンダイソウですね。こんな普通の多肉植物も草屋が作るとこんな感じになります。ちょっと岩を添えるだけで高山的雰囲気が出てきますね。一応、Sempervivium arachnoideumと言う、立派な欧州アルプスの植物ですからねぇ・・・。

なんだか・・・ジメッとしてますねぇ。

暑さは一時ほどではないのですが・・・とにかく蒸しています。
鉢が乾かない上にこのムシムシ加減・・・
何よりも虫の発生を促す天気なんですね。

そうは解っているのですが・・・
やられますた・・・。
開花寸前のミセバヤやベンケイソウの仲間が、小さなイモムシやらダンゴムシやらにガジガジガジガジ・・・・
わずか1~2日にして・・・ポロポロです。
だいたい・・・出かけていない日の後は何かあるんですよね!!
ちょっと目を離したすきに・・・ガジガジガジガジ・・・糸引いてるし・・・。

この天気がしばらく続くと、色々な害虫たちが活動を開始します。
イモムシやヨトウムシ、毛虫の食害・・・それもち~さいの・・。
ナメクジも棚下から上がってくるし、かたい葉はバッタがガジガジ・・・
水たまりからはオカモノアラガイみたいのとかも上がってくるし・・。

この時期から9月上旬は一瞬の油断と手抜きが大事を招きます。
みなさん・・・ご精進ですよん!!
Img_7504 ピンク色の奴」 知人の交配です。「サギソウ銀河×ロードケイラ系」だそうですが、桃色のダイサギソウの様な花がとてもかわいいものです。丁度、早咲きのダイサギソウも咲いているので、明日辺り交配してみませう。3元交配が可能なら、ピンクのダイサギソウも夢ではなさそうですね。サギソウと言うよりは朱鷺色なので、これぞほんまの「トキソウ」みたいかしら。将来は更に色濃くなって「フラミンゴソウ」辺りまで行くんでしょうね。きっと・・・。

大雨の翌日はやっぱりあちらこちらの水たまりでメダカが泳いでます。
一番多い水溜りでは10匹近く掬いました。ヤレヤレ・・・です。

今日からいよいよ・・・大作の家仕事が動き始めました。
でも・・・来週はいないよ~ん。

2011年8月26日 (金)

ものすごい雨だったのですね・・。

Img_7459 ウメバチソウ『雪国桜』(仮)」 現在、知人のナーセリーに生長点増殖を依頼しているピンク花のウメバチソウです。(ナイショ・・よ!!) 優しい桃色としっかりとした大輪肉厚の花は梅と言うよりもむしろ桜の様な趣きです。新潟県の山岳地帯で発見されたものですが、是非多くの方に育てていただきたい逸品です。知人のナーセリーに預けてある親鉢を撮影してきました。
Img_7455 ウメバチソウ・桃花」 こちらは最近時々見られるようになった東北産のウメバチソウ桃花です。これも知人のナーセリーで実生したもので、結構色の濃淡や花弁の脈の濃淡にばらつきがありなかなか面白そうです。こちらの方が花型はウメバチソウらしいかもしれません。いづれの花も早い流通が望まれますね!!

今日はお出かけで北の方に居たのですが・・・
携帯で見る雲画像では、埼玉南部や東京は凄い雨だったみたいですね!!

案の定、ニュースでも、ものすごいどしゃ降りの映像が映っていました。
園の方も一時はかなりの雨だった様ですが・・・夕方頃には少し落ち着いていたようです。
明日はメダカが流れていないか・・確認しなくては・・・・。
だいたい大雨の翌日は、水溜りの中に1~2匹は泳いでるんですよね。

出先の北の方は、時々はパラパラと雨混じりでしたが・・・
それでもお昼頃から夕方までの向こうにいる間は殆ど曇りでした。
ただ・・・やはり関東よりは涼しいですね!!
半袖では少し肌寒く感じました。

やっぱり・・・一時期の猛暑は過ぎたのでしょうか。
台風の動きが少し心配なのですが・・・

暗くなって家について・・・
駐車場に車を入れて、車から降りると・・・バリッ・・・
あ~~~・・・また・・セミ・・・踏んじゃった。

秋の花やリスト用の植物も少し頼んできました。
まだまだ・・・面白い花が見つかると嬉しいのですが・・・。
Img_7469 ラナンキュラス・グラキアリス」 別の知人のところで偶然咲いていました。もう、何年も栽培している株です。(おっ・・分けられそうだ) まだ残暑厳しい中ですが・・・立派に大きな花を咲かせていました。やっぱり「氷河キンポウゲ」の名は伊達ではありませんね!!

秋物を少し積んできたので・・・明日は棚の入れ替えです。
ネットショップ用の変なものも・・・少しはあるかも・・・。

2011年8月25日 (木)

明日は不在です・・すみません。

Img_7260 ウナヅキギボウシ『土佐の虹』(仮)」 うわぁ~い・・とっても綺麗なギボウシです。このギボウシはウナズキギボウシ縞斑「土佐の海」とウナヅキギボウシ羅紗燕尾葉「剣の舞」との交配から生まれた数少ない白縞斑の絶品です。殆どが無地葉の中で、葉肉の厚い白覆輪縞斑はただ一つの選別、僕の「秘蔵品」です。茎の紅色、葉の緑色、縞の白色と3色に染め分けたウナヅキギボウシは、ウナヅキとしては未見の一級品です。惜しむらくは開花しなかった事。兄弟も今年は結実しなかったし・・・。でも・・来年の楽しみがまたひとつ増えました!!

今日もそれなりに暖かい一日でしたが・・・
それでもすこ~し雨まじりで・・・・
多少は蒸れて汗ばむものの・・
いつぞよの暑さはすでに過去の事の様です。
ただ・・・これからの時期が植物たちにとってはひと山越えなんですね・・。
これからすこ~しづつ・・傷んでくるのです。
この時期は毎日、気が抜けませんよ!!

出掛ける前に駐車場だけでも6匹のセミが落ちてました。
アブラゼミからツクツクホーシへと移り行くのでせう。
先日、ブログに書いた次の日からツクツクホーシ・・・鳴き出しました。
でも・・・なんか、いつもよりも早口な奴でしたが・・・。

このところ…雪割草、ギボウシ、メダカのセット買いのお客様が何人もいらっしゃいます。
あと・・・ギボウシと雪割草、雪割草とメダカ、ギボウシとメダカ・・・とか・・・。
なんだか・・・面白いですよ!!

明日は諸用で僕と奥さんは北の方へお出かけです。
園には不在となりますので、悪しからずご了承ください。

来週は夏休みなのですが・・・
な・・・なんで・・・
熱帯て~きあつがい~っぱいあ~るじゃあ~りませんか・・・。
ヤレヤレ・・・coldsweats01
Img_7283 キツネだす」 キツネノカミソリ八重咲きが咲き始めました。今年の花芸もまずまずの様です。増殖苗はいくつもあって、タイプも色々とあるのですが…果たしていくつ開花してくれるのか。開花する順からネットショップにでも出してみようと考えているのですか・・・。はたして・・・

Img_7346

君たちは元気だねぇ~・・・。

2011年8月23日 (火)

秋の準備・・

Img_7237 アブロニア・ナナ?」 観葉植物としては聞く名前ですが、この種は北米ユタの乾いた高山の岩場に生える小型種です。なかなか雰囲気の良い花ですが・・実は「オシロイバナ科」の植物です。「アブロニア・ナナ」として種子を入手したものですが、CalPhotos等で調べると紅花の様ですので、果たして白花もあるのか否か良く解りません。意外に高山植物らしくていい雰囲気の花で゛すが、株の寿命は長いのかしら・・・??

今日もま~だ雨なのね・・・
と言う天気でしたが…昼ごろから雨も上がり、午後には陽射しが届き始めました。
と・・・同時に・・・暑くて蒸れ蒸れなのですが・・・。

ヤッパリなんだかんだと言っても、まだ夏なんですね。

それでも・・・夜間気温は少し落ち着いてきたみたいです。
そうなれば秋の仕事・・・そして、来年に備えての準備です。

じわりじわりと、次のリストの植物も作り始めねばなりません。
果たして何が掲載できるのか・・・いまからが勝負です。

少し涼しかったので・・・メダカたちの産卵も落ち着いていたのですが・・・
これでまたまた…ポロポロと生み始めそうです。
生まれたばかりのお子たちも少しは大きくなってくれるかしら・・・!??

今週、来週は秋の花の準備です。
も~すぐ・・・9月ですね!!
でも・・・そ~言えば・・・・
ツクツクホーシまだ鳴いて無い。
Img_7268 ヒメミミカキグサ」 東南アジア産のヒメミミカキグサです。日本のものよりも少し大きいのかしら・・・とも感じるのですが、それでも小さい。毎年・・・発芽した後に「うわっ・・・スブラタかしら」と心配するのですが、取り敢えず花が咲いて一安心です。今年は結構花芽が出ているので、そろそろ販売体制を作りたいのですが・・・。沢山咲くと綺麗なのでついつい大きめの鉢で作ってしまいます。ここまでのアップでもなかなか大変ですよん。

Img_7369  涼しいの・・・好き!!

2011年8月20日 (土)

涼しくなると・・やることい~っぱい・・

Img_7198 ヒトツバオキナグサ」 なんだか久しぶりに見る花ですね。ポットのままでは結構気難しく感じるのですが・・・ちゃんと鉢に植えてあげると普通に育つんですよね!! あっ・・・ちゃんと管理すると・・・かsweat01 春に2.5寸ポットギリギリの大きさの株を植えたのですが、グングンと育って芽数も増えて花芽を付けました。ただ・・・なぜかいつも今頃に咲くんですよね!! でも、大きな花をかッチョ良く咲かせてくれたのでGoodgoodです。

今日は朝から曇り空ですが、昨日の寒気の影響か涼しい1日でした。

夏も一段落・・・と言った感じです。

でも・・・こーなると、やる事がどんどん増えてきます。
今日の涼しさでは、色んなものをいぢりたくなるんですね!!

まず・・・昨日、園の冷蔵庫をあけてビックリ。
蒔いたと思っていた今年輸入したタネがぜ~んぜん蒔いてなくてしまってあります。
それも2社ぶんも・・・・sweat02sweat02

まあ・・・夏の暑さで傷んだものや、元気なものもこれから傷んでくるので・・・
丁度いい機会なので種蒔きも始めました。
毎朝少しづつでもやって行けば、結構な量が蒔けるでしょう。
「現地もいま結実だろうから・・まあ、採り蒔きとおんなじ時期だし…」等と勝手に納得して蒔いてます。

涼しくなると植え替えもしたくなってワクワクしてきます。
早速、屋外の雑草まみれのポットの植え替えを始めてみました。

奥さんは伸びすぎた雑草と格闘中です。
1m近くある雑草をちぎっては投げ、ちぎっては投げ・・・
こういう事はなぜか・・・・だ~れもやらないんですよね。
草ぼうぼうでも・・・平気なんだよね・・・ヤレヤレ・・。

大切にしていたはずの花たちも雑草に捲かれて瀕死の重傷のものが沢山あります。
絶やす事が出来ない花も多いので・・・涼しくなったら気がついた順から救済に入ります。
これも・・・結局、人には任せられないのです。

そんなこんなで忙しくなり始めた頃に、メダカたちもボロボロと産卵を始めました。
ここ2~3日だけでも30以上の採卵をしています。
タマゴトリーナの効果はものすごいですね!!
しかも・・・採卵する翌日から孵化してるし・・・。
毎日こんな状態では・・・タマゴ入れがいくつあっても足りません。
場所も幾らあっても足りないですね・・・メダカだらけになりそうです・・sweat01

まあ・・こんな天気がず~っと続いてくれるとサイコーなんですが・・・
そうはうまく行くのでせうかねぇ??
Img_7232 サイジョウコウホネ」 こちらも久しぶりの開花です。やはりコウホネの仲間としては最高の逸品ですね!! この容器には「お気に入りダルマメダカMIX君」が入っています。なかなか良いセット??ですね。タネが採れれば嬉しいのですが・・・。

夜間気温が22~23℃になると「雪割草」の植え替え開始です。
果たして今年の植え替え始めは・・・いつ??

「おしらせ・・だす!!」book
今月、21日発売の「趣味の園芸・9月号」(NHK出版)で、16頁にわたり山野草の特集を掲載しました。(テキスト特別企画です)
秋の山野草と秋の作業が中心ですが、とても簡素に解りやすく纏めていただきました。
興味のある方は是非ご一読ください。(買ってねっ!!)happy01

「更におしらせ・・だす!!」fuji
あの~・・夏休みのお知らせです。
基本的には定休日以外は園は営業しています。
が・・・
8月30日(火)~9月2日(金)の4日間は僕と奥さんは夏季休暇外出spaで不在です。
悪しからずご了承のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年8月19日 (金)

雨だ!!

Img_7145ヒメフウチソウ」 植え込んで何年かほったらかしの黄金ヒメフウチソウ。雑草を抜いて、古葉を刈って、枯れ枝を取って、根元を綺麗にして・・・で・・・30分以上かかりました。おかげでとってもスッキリ・・・程良く茂って、小脇に秩父竜眼石なんぞを置いて・・・ハイ・・出来あがりです。なんとなくそよ風なんぞ吹いてくれると風情いっぱいですね。

昨日までの暑さはどこへ行ったの・・・
今日は朝からどんよりとした空模様・・・
と・・・思ったとたんに10時ごろからはどしゃぶりの雨です。rainrainrainrainrain

今朝は月に一度の通院日なので、朝から医者に直行なのですが・・・
待合室にいてもゴロゴロ・ピカピカthunderthunderthunderなかなか賑やかでした。

お昼過ぎにはどしゃぶりの雨も小ぶりになりましたが・・・
雨に濡れたせいもあってか・・・だんだん肌寒く感じました。

結局・・・雨はその後も降ったり止んだりでした。
と言う事で・・・今日は「Crying in the Rain」が似合いそうです。
サイクスの泣きのチョ~キング・レスポールがカッチョよすぎです。
ドラムはコージーだし・・・
デビカバは「タ●ホーム」だけじゃないぞ!!
(そろそろこのパターンも止めないと…色々と怒られそうだぞ!!)

話は変わりますが・・・
水曜日は2週続けて東京へお出かけです。
娘の成人式の着物探しの運転手なのです。
でも・・せっかくなので…実家の両親もつれて食事も兼ねてです。

上野も「雪割草全国大会」以来です。
Img_66271 不忍池」 そう言えば・・・上野は地元に近いのに・・・蓮の花が咲いている時期に来たのは初めてかもしれません。とても暑かった・・・・。
上野の「黒船亭」も20年ぶりくらいです。
相変わらず混んでますね。入口には順番待ちの人がいっぱいです。
でも・・・予約を入れていたのでスムーズに入れました。
久しぶりにタンシチュー食べて・・・満足です。

その後は日本橋の呉服屋さんで着物探しです。
で・・・その間ず~~~っと待たされて・・・・
気がつけば外は日が暮れ始めていました。
成人式は未だ再来年なのに・・・
どこもかしこも色々と売り込みが必至ですね。
毎日の様にDMやパンフレットが送られてきます。

夜は娘の大学合格祝いの約束だった「月島でもんじゃ」です。
これも20年ぶりの月島でしたが・・・あんまり気が進まなかったんですよね。
浅草生まれの僕にとっては・・・・「月島でもんじゃを喰ってはイカン!!」って・・・。

月島は昔以上にもんじゃ屋さんも増えて、人もいっぱいです。
今回は「お●め本店」という「もんじゃさん」に入ってみたのですが・・・
まず最初に「飲み物」の注文を聞きにきます。
最近は焼き肉屋さんなんかもそうなのですが・・・最初に「飲み物」の注文を聞きにきて「水も出さない」ところが増えている様な気がします。
暑い夏に・・・まず店に入ったら「冷たい水」でのどを潤してもらうのは飲食店として当たり前の様な気がするのですが・・・そう思っているのは・・僕だけ??
仕方なくコーラを頼んだのですが、出て来たのはコーラの瓶とガラスのコップだけ・・。
氷も入っていない・・・。
当然ながらもんじゃ焼いている間にホットコーラになります。
もんじゃの焼き方も「ウェブや携帯で見られます」とは書いてあるものの、店に説明や説明書も無し・・。(まあ・・・知ってますけどね!!)
挙句に出て来たもんじゃはただ具がぶつぶつに切ってあるだけ・・・
キャベツの芯の塊までは許せるけど・・・あげ玉がデカイ塊で硬くて喰えない…もんじゃの命はサラサラのあげ玉だろうが~。
ただ訳のわからないメニューばかりあっても・・・どれもそんな程度で・・・。
良くB級グルメとか言ってもてはやすマスコミなんかがあるけど・・・食べ物にA級もB級も無いのですよね!!
もしあるとしたら・・・それはもてなす側の気持ちの問題がB級以下なのだと思います。
それが当たり前と思われたらとんだ間違いだよ!!
結局・・・この店は色々な事にたいして気遣いが足りない店でした。
値段も…「黒船亭」の5人分と「●かめ本店」の3人分で殆ど一緒・・ビックリだね!!

もんじゃ大好きマニアの僕としても・・・まあ・・・2度と行くことは無い店でしょう。
と・・・言うよりも2度と「月島もんじゃ」に行く事は無いでしょう。
おそらくはきちんとしたお店も多くあるのでしょうが・・・
今回の事が全ての月島もんじゃの印象になってしまう怖さがあります。
まあ・・テレビの影響か、店が多くなりすぎたんでしょうね。
くだらない勘違いの店が・・・・・
Img_7184 浮島2号」  チョット高層湿原っぽいものを作りたくてヒメシャクナゲを植えてみました。器が少し仰々しいですがそこはご愛敬で・・黒い容器なのでメダカは楊貴妃のアルビノを入れてみました。ヒメシャクナゲがもう少し株になってくると面白い風景が出来そうです。

ここしばらくは雨模様で涼しそうですね。
このまま少しでも涼しくなってくれれば良いのですが・・・。

教訓…浅草の人間に「月島もんじゃ」は邪道である。
やっぱり…浅草や御徒町や北千住のもんじゃが良い。
(あくまで個人感ですが・・こんな楽しくないもんじゃは初めてだ・・怒ってるんだよ!!←子供か!!)

2011年8月15日 (月)

夏なんです・・・が・・

Img_7129 白い多弁花」 「オオバギボウシ子宝咲き」と「「オオバギボウシ純白花」の交配から生まれた「オオバギボウシ白花多弁咲き」です。これまでの経験上ギボウシの八重咲きはクロスでも表面化しやすく、この様にF1でも多弁花が咲いてしまう個体があります。その中でもこれは殆ど純白と言っても良い程の白さで(実はほんのり筋が入りますが)・・・これでオオバギボウシも「白花八重咲き」への道筋が出来てきました。このほかにも「斑入り×子宝」や「斑入り×純白」の試作も出来ていますので・・・2~3年後には相互クロスで色々と生まれてくるものと思います。また、楽しみが一つ増えました。

それにしても・・・暑いですね~。
再び暑い夏が復活した毎日ですが・・・
実はここ数日は・・・先週の暑さとは違った感覚になっています。

まずは鉢の乾き具合・・・
先週は暑さで午後にはカラカラになったのですが・・・
昨日・今日は暑い日射しのまま夕方になっても・・・余り鉢や表土が乾いてません。

そう言えば・・・陽の陰るのも心もち時間が早くなってきた様な・・・
セミも落ち始めたし・・・
メダカたちの産卵も少し活発になって来ました。

そう・・・なんだかんだと言っても・・もう8月も15日を過ぎたんですね。
既に残暑なのでしょうか・・。

もう少し気温が落ち着いたら・・・いよいよ雪割草の植え替え開始です。
でも・・・メダカの仕分けがまだまだしんどい・・・・・・。
Img_7135 多弁花」 こちらはコバノギボウシ「日向牡丹」にオオバギボウシ純白花を交配したものです。開花したうちの半分くらいはこの様な多弁花になりました。シベの変化も始まって、なかなかの八重咲きです。なんだか分離で「富士牡丹」の様な花が咲きそうですね。それにしても・・・ギボウシの仲間は、実は見た目に特徴のある花芸や葉芸は表面化させやすいものが数多くあるんですね。そういった意味ではギボウシは短時間での多芸品作出が可能ですね。誰でもできると言えば・・・誰でもできる。そんな植物なのでしょうね・・・。(蒔かなきゃ生えないよ!!)
Img_7140これも多弁花」 こちらも「日向牡丹」×オオバギボウシ純白花のF1です。F1でもここまで弁化してしまうのですから・・・ヤレヤレです。なんで今まで出てこなかったのか・・・不思議なくらいですね!! きっと数年後は「純白斑入り羅紗八重咲き」オンパレードですね!!(コラコラ・・・punchannoy) ここまで来るともうお解りでしょう・・・な~んにも難しい事は無いのですね。  さあ・・・君もやってみよう~!!hairsalon

こんど・・なにしてあそぼ~かなぁ・・・。

今日は折角なので・・・タイトル通り「夏なんです

2011年8月 9日 (火)

少し・・・夏!??

Img_7074 うつぼかずらだ・・」 昨日はハーブだったので、今日は山草屋の作った食虫植物です。スマトラのウツボカズラ・ネペンテス・オバータですが、この袋の襟元の感じがなんとなく良いです。ど~です・・草屋が作るとなかなかの仕上がりでしょう!??

今日も引き続き・・・久しぶりの夏らしい天気です。

朝は雲も殆ど無く・・・少しカラっとした暑さです。
でも・・・昨日よりも朝から気温は高かったですね。

昼間はさすがに・・・モーレツな暑さです。
役場の「高温警報」が空しく鳴り響いていますが・・・
仕事柄、「外に出るな!!」・・・と・・・言われてもねえ・・・・

慣れ・・・と言うのは恐ろしいもので・・・
20年もこんな仕事をしていると・・・熱中症にもなりませぬ。
もっとも・・・何飲んでも汗になっちゃうので・・・
朝から飲み物は飲みっぱなしですけど・・・・・
真木温泉の「弥生の水」をガチガチに凍らせるととってもおいひい・・。
毎日1リットルはゴクゴク飲んでます。PH10.3だし・・。

夕方前頃から怪しげな雲がいたのですが・・・
10分くらいで消えてしまいました。

僕は相変わらずの水遊び・・・夏ですもんねえ・・。
Img_7066 うつぼかずらだ・・」 なぜか・・30年以上もむか~しからネペンテス・テンタクラータを小鉢で作りたい・・・と言う願望がありました。石付けとか・・小鉢作りとか・・・山野草っぽく育てるのに、なぜかテンタクラータが気に入ってました。そんな訳で・・・小さなテンタクラータがあったので石とシダを添えて自生地っぽく作ってみました。ちなみに鉢は口径7㎝前後の豆盆栽鉢です。チョットいい雰囲気になって来ましたよ。

そう言えば・・・
食虫植物も夏のお仕事のひとつですね・・。

明日は休園日だけど・・・
午前中は家仕事・・午後はメダカの相手かしら・・・
夜はトランス3観たいなあ~・・・。

2011年8月 8日 (月)

真面目に撮ってはみたものの・・

Img_7012 オレガノ・・」 最近ではホームセンターにも良くポット苗が並んでいるオレガノの仲間、オリガヌム・ディクタムヌスです。確か以前・・・元ハ●ジガーデンが「ダルマハッカ」という和名を付けられました。たかがハーブと侮るなかれ、山草家が作るとこんな感じに仕上がるんだぞ!! と、誇れるかしら・・・!??

今日はようやく・・・少し夏らしさを感じる陽気でした。
まあ・・・暑っついですね!!

昼過ぎからは雲の影響で日陰になってきたので・・・久しぶりの撮影日和です。
今日もお気に入りの場所で撮影です。
でも・・・撮影を開始すると・・・えっ・・・・明るい・・・。

どーやら・・・奥さんが茂った植樹の枝を間引いた様子です。
背景の木の間から光がチラチラ・・・なんだかスポットライトが増えてました。
折角花の写真を撮影しても・・・花の後ろにヒカリの窓がチラチラ・ポワァ~・・・です。
なるべく光の入らない場所を探して撮影しなきゃ・・・ここしばらくはヤレヤレです。

今日は、初めての挑戦で60Dで上見ながらも真剣に自然光でメダカの撮影をしてみました。
結果・・・もぉ~大変・・・
感想としては・・・「二度とやるもんか!!」ですね。
メダカ屋さん・・・えらい!!

Img_6957

Img_6959_2

Img_6964

Img_6969

Img_6971

Img_6972

Img_6979

Img_6980

まるで「鯉」ですね。

ここまで来て・・・疲れますた・・。
ごめんなさい・・・も~しません・・・。

2011年8月 7日 (日)

夏のお仕事・・・

Img_66121 雷雲発生」 園から南東の空に次々と浮かんだ雷雲です。この後、雲の頭がつぶれてあちらこちらでゴロゴロ・ピカピカ・・。今日、埼玉県南部や東京都県境の辺りを襲った雷雨になりましたとさ。

アッついですねえ・・・。

今朝は・・・昨日程の雲もなくて「そんなに荒れないのでは・・」と感じる空だったのですが・・・
さっすがに・・・台風2本に挟まれた今日の蒸し暑さは半端ではありませんでした。
夏の暑さ・・・と言うよりは熱帯の暑さですね。

夕方にはあちらこちらで雷鳴が近づいてきたので・・・
暑さバテもあって・・・「早く風呂に入りた~い」と言う事で・・・
灌水も終わったので、1時間早く5時に切り上げました。
家仕事も溜まってるし・・・ねっ。

今日は少し・・・この時期の仕事と作場の状態をご紹介します。
夏だ!! 暑い!! 人も来ない!!・・・と言っても貧乏暇なし・・・
仕事はあるんですねえ・・・・(残念・・)

Img_65921 Img_65941 キキョウはご覧の通り・・・現在絞り花を中心に毎日交配中です。今年はご~っそりと蒔ききれない程にタネを採ってやろうと思っています。安定供給が必修課題ですね。

Img_65951  ギボウシの親株は現在こんな感じです。これから出来るだけ植え替えて株分けしていきます。はたして終わるのは・・・いつ??

Img_65961  こちらは実生2年生が中心です。これから選別して親にしたり販売に回したり・・・この選別だけでも大変な作業です。

Img_66051  交配親に使うものは徐々に別な場所に移動です。このハウスのこの棚がシーズンには交配用のギボウシでいっぱいになります。ちなみに今は、「一人展示会」状態です。

Img_65971  シランの実生はこんな感じです。写真の部分は殆どミニカトレアシラン(アマナラン×チャボシラン三蝶)です。奥の方の欄外にはチャボ三蝶やシランの選別品、ビン出し小苗などがズラ~っとあります。これからさらに置き肥で肥培して来年の開花に備えます。

Img_66041  雪割草の親株たちです。葉っぱを整理して、後は今月末からの植え替えを待つばかりです。果たしてどこまで出来るのか・・・チョット疑問なのですが・・・。

Img_66011 Img_66001  来年初花の実生3年生たちです。現在、表土替えです。棚の用土の新しいケースは表土替えを済ませた部分です。下の写真は表土替え前の状態です。この苔の張った表土を1/3程捨てて、元肥を入れ直して表土を新しくします。これから品種のチェックをして・・・いよいよ実生初花販売の準備ですよ~ん。乞うご期待・・・です。

Img_66031  あっ・・・巨大な変なものがある。これはアシゥ~のジョンさんがお土産に分けてくださったヘパティカ・マキシマの斑入りだそうです。おっきくて何しろ目立ちます。素性を知りたくてタネを蒔いてみたのですが・・・はたして・・・。

Img_66061  着生ランのヘゴ付けや付け直しも今の作業です。ぶら下げる金網を増やしたのでかなりの量が出来ています。活着しそうな状態を見て徐々に販売したいと思っています。

Img_66071  屋外のメダカ置き場の今の状態です。ここは西側。大きめの容器は親たち、青のプラケはF1や交配中のものが入っています。

Img_66091  東側はF1からF2以上の稚魚や多量孵化用の水槽がメインです。奥の方は親ですね。

そう言えば・・・今日も面白いメダカが出来てきました。
なんだか・・・良くなりそうです。(写真は良くないです・・・sweat01)
Img_6929  透明鱗系」 懐かしの「雷神」F1の交配を繰り返した中からこんな子が出てきました。透明鱗系のヒカリ体型ですが、アルビノの血もあるので色彩が複雑です。でも、顔つきや体の薄墨等はどこか「雷神」を思い浮かべます。今日、背曲りの少ないものだけを集めて選別水槽を作りました。最近ではこんな透明鱗系の多色メダカが人気の様ですので、もっと型とコントラスト良く追い求めたいと考えています。どこかの「ガン●ム」と言う名のメダカにそっくりです。同じ群馬系なので「雷神」のヒカリ体型の発展型なのだと思います。

今日は久々にコンデシ写真がいっぱいです。
楽だもんねぇ~!!

2011年8月 6日 (土)

久々に・・・

Img_6920 浮島」 園の売店に飾ってある「浮島」です。結構・・・何人もの方が「これ、作ってみよう」「涼しげでいいね!!」等と作り方を聞かれています。明るい陽の入る玄関などに飾っておくと涼しげでいいかもしれませんね。ちなみに・・・植わっているのはサワギキョウと紅チガヤ、ウキクサ浮かべて、泳いでいるのは「東天光」です。

今日は久々に暑かったですね!!

何もしなくても「汗」がダラダラと出て来て・・・
ただ・・・夏らしいと言うには、ヤッパリ少し蒸し暑かったですが・・・。
もう少しカラッとしてくれればいい感じなんですけど・・・ネ。

なんとか・・・メダカの移動や水替えも目処が立ってきました。
ただ・・・困っているのは・・・・
奥さんがあちらこちらから卵を採って来ては、テキトーに(本人はテキトーでは無いらしい・・)そこらへんの容器に入れまくっているので・・・
なんだか分からない子供たちがあっちこっちの容器に泳いでいます。
最近は少し名前ラベルを書いてくれるのですが・・・
まあ…大人になるまでは解りませんね!!

とにかく・・・容器を洗おうとメダカをどかすのですが・・・
もしや…と思ってそのままにしておくと・・・・
2~3日でゴミの様な子供がワラワラワラワラ・・・泳ぎまくってます。
針子と言う奴ですね。
結局、どかした容器も洗えずに・・・容器は増えるばかりなり・・です。

相変わらず・・・ギボウシとキキョウの人気は凄いですね。
ここのところ毎日、ギボウシの株分けです。
新しい時代がやってきそうですね。
Img_6902 デルフィニウム・スミシアヌム」 浦和のHさんが「咲いたよ」と言って持ってきてくれました。中国奥地の4100mの高地に咲く高山性デルフィニウムですが・・・こんな暑い時期によ~咲かしますです。自生地の様に小さく纏まって見事に咲いています。咲き始め緑色で開いて後から色の乗るタイプなのですが、暑いから緑のままかと思ったらちゃんと紫に色づいています。流石ですねん。

今日の気分は「Hiroshima Mon Amour」です。

この頃のイングヴェイは神でした。pig
グラハムはやっさんでした。eyeglass
バンドは殆どCRAZY ●EN BANDでした。wine
歌・・・ボロボロだし・・・。

2011年8月 5日 (金)

今日も・・・。

Img_65861 Img_65871ゲリラな奴・・??」 羽生方面に現れた「ゲリラ豪雨??」です。最近、天気予報などでお馴染っぽい写真ですが・・・こんな光景は360度視界良好の当園では10数年前にこの地に来てから毎年眺めています。多い時には縦に5~6本くらい雨の筋が見えますよ。こんな通り雨の光景はこの辺の風物詩みたいなもので、別に今更・・・感もあるんですけどねぇ・・・。長い時間の集中豪雨はゴメンですけど・・・。

今日も相変わらずのでたらめな天気でした。

ただ・・・なんでかなぁ~・・と思うのですが・・・・・
なぜか・・・写真を撮るときになると・・おもいっきり晴れます。

写真を撮る時はなるべく雲を待って・・・日陰になってから撮影をするのですが・・・・
ヤッター曇ったー・・・と思ってカメラのピントを合わせると…晴れます。sunsunsun

この時期はもっとひどい・・・
やっと曇って・・・撮影に少してこずっていると・・・・
突然、雨がどしゃ降りになります。

撮影中に、チョットお客様が来て、そのまま場所を離れると・・・
ポツポツ・・・ドシャーーーrainrainrainrainrain・・・・ってな感じです。

気が付いて誰かがしまってくれて助かるのですが・・・
そのままではカメラ・・・ビショビショです。
明らかに台風の影響を感じる天気ですね。

話は変わりますが・・・
今年はいまのところ・・・球根の植え替えがどんどん進んでいます。
結構・・・状態も良いみたいです。
夏眠性の球根ランたちもなかなか順調です。
これから販売品の仕分けなのですが・・・
植物園などに頼まれているぶんもあるので・・・いろいろと試行錯誤です。
近いうちには「ネットショップ」にご登場かも・・・ですよ。
乞うご期待!!
Img_6716 ヒツジグサ」 今年も「内藤さんのヒツジグサ」が咲きました。本当はもう少しピンクを帯びているのですが、ここのところ曇っているので発色は今ひとつです。この花が咲くたびに内藤さんの笑顔と数々の妙なオヤジギャグを思い出します。

ゲリラ・ゴリラ・ゲリラ・ゴリラ・ゲリラ・ゴリラ・ゲバルト~オ~♪♪♪
(アニメ・千夜一夜物語)

2011年8月 4日 (木)

なんだかなぁ~な・・天気

Img_6882 レンゲショウマ「紫玉」」 青軸系のレンゲショウマですが、この花の特徴はこの深みのある紫色の花です。並花だって濃色は少ないのですが、この花は青軸なのにこのコントラストです。シルエットも美しくかなりの逸品だと感じています。実生固定率も比較的高く、現在、実生で増殖中です。来年あたりは開花するんじゃあ・・・と思います。似たタイプに「葵」など幾つかのタイプが見られますが、おそらくは同坪兄弟と思われます。

昨日・今日は・・・台風の影響なのか・・・・・
よーわからん天気です。

晴れたsunと思ったら雨でrain・・・
雨かrainと思ったら晴れて・・・sun
でも・・・雲がいっぱいで・・・・cloudcloudcloud
四方の空は入道雲だらけで・・・thunderthunderthunder

夏はどこに行ったの・・・・。

今日は気まぐれに県内の西の方のメダカ屋さんを訪ねてきました。fish
お陰様で・・・探していた珍しいメダカを色々と分けていただきました。
結構・・・共通の知人も多く・・・・
ヤッパリ・・・この世界はみ~んな繋がってしまうんだな・・・と、改めて感じました。

なんでも・・・真面目に一生懸命取り組んでいる人は素敵です。
ビジョンを持って、きちんとモラルを持って取り組んでいらっしゃいます。

嗚呼・・・・・見習わねば・・・(反省sweat01)
Img_6642 レンゲショウマ・ダブル咲き」 長野のH園さんが世に出したもっとも有名なダブル咲きです。最近では実生も安定して出来て求めやすくなりました。大型で迫力の花です。
Img_6634 レンゲショウマ「十二が岳」」 群馬で発見されたレンゲショウマのダブル咲きです。小花弁が外弁に添う様に平開して「菊の御紋」の様に綺麗に揃います。バランスの良い逸品ですが、まだ、数の少ないものです。
Img_6638 レンゲショウマ・純白花」 群馬で選別された大型の純白花です。緑色のガクと白い花弁の対比がとても美しいものです・・・って・・・店長!! こんなところに居たのですね!!

メダカを沢山飼っていると・・オタマが増えて・・・カエルになって・・・ヘビが狙って・・・
今年もこのパターンだな・・・。

2011年8月 2日 (火)

メダカの学校

Img_6604 キキョウ・サーモンピンク薔薇咲き」 優しいサーモンピンクがとても可愛らしい3段重ねの逸品です。まるでバラの花の様な綺麗さが格別の花です。ただし・・・今年はこの手の花は殆ど品切れ・・・また一生懸命増やさなくては・・・。

今日も余り夏らしくない天気でしたが・・・
さすがに8月・・・日が落ちるとここ数日は毎日のようにどこかで花火が上がっています。
園は、ほぼ360°田圃に囲まれているので見晴らしが良く、あちらこちらに花火が見られます。
まあ…涼しいのは嬉しいのですが・・・。

さてさて・・今年はキキョウが品不足です。

特に絞り八重咲きは底をついているので、それだけを希望の方は全て品切れです。
今年は咲いている花全てを交配して、1~2年後にはかなりの量を作るように心がけようと考えています。
特に「銀河系」は全くと言ってよい程の品薄で、今から量産体制に入らなくては全く足りません。

次いで・・・藤色八重、ピンク八重等も品切れです。
これはここ数年、余り交配をしていなかったのと、採取したタネを蒔き忘れたので商品が出来ていません。

結局、今年あるのは白八重と紫八重くらいです。
在庫・・・在ったのですが、花前の注文が多く・・・特に絞り八重は花前に何ケースも出て行ってしまったのです。
来年以降に乞うご期待です。
Img_6593 キキョウ・絞り八重咲き」 今年のタネ親の一鉢です。「銀河系」の地合い絞りで花前面に綺麗に入った絞りは常に人気の花です。作っても作っても・・・毎年足りないのです。
Img_6589 キキョウ「紫ちりめん」」 ほんのりの地に一面に散らした紫色のちりめん絞りがとても涼しげで素敵な花です。古い初期の「銀河系」ですが、この雰囲気はなかなか難しく、勤めてセルフで固定させたい花でもあります。
Img_6583 キキョウ・ストライプ八重」 この花も少しづつですが数が出始めて安定しつつあります。ただし2花~3花目くらいからは薄くなったり白く咲きやすいものなので、あと何回かの分離が必要の様です。いっそメリクロンでも採ってしまおうかと思う程に綺麗でインパクトのある花ですが、固定まではあと一息ですかね・・・。

キキョウは今年は売り物が少ないので・・・この辺にしておきましょう。

さて・・・先週・今週は取り敢えずメダカ三昧の時期です。
今日も、親の移動をしたり、売り場を作ったり、水槽洗ったりと・・・
メダカ三昧の1日です。
今週いっぱいである程度の目処をつけてしまう予定なのですが・・・
何しろここのところ、卵を良く生み始めているので・・・
先日はとうとう・・・ホームセンターで部品を集めて、タマゴトリーナを手作りする事にしました。
薄い研磨タワシをカットして、短冊状に切り目を入れて・・・
発泡スチロールの小さな円柱に巻き付けて、100ショップの小さな結束ベルトで結びます。
タコの様な形になるので…足を広げて浮かべると・・あ~ら不思議・・・卵がいっぱい付きますよ!!

今日はメダカの撮影にも挑戦してみました。
そうはいっても・・・普通に泳いでいるものを撮影するだけなのですが・・・
本来なら・・・「アリの巣観察器」みたいな細い容器に入れて撮影すれば、少しは綺麗に撮れるのでしょうが・・・。
あんまり綺麗に撮れると「ネットショップ」で売りたくなるので・・・(ナンノコッチャ・・)
少しテキトーに撮る事にしています。

少しどころが・・・かなりテキトーですが・・・
今日、撮影した「面白処」を少し載せてみます。
Img_6724楊貴妃・下セルフィン」 よ~く見ると下の鰭がテキトーな奴です。
Img_6725 シルバー・Wセルフィン」 背鰭がなんだかデタラメな奴です。
Img_6726 琥珀・チョキ」 尾びれがチョキチョキ・・・。

以上3種は同じ親交配からの選別です。と~ぜん・・・この子たち同士で現在交配中です。へんな鰭変わりが色々出来そうで楽しみです。

Img_6732アルビノ・出目」 アルビノの出目メダカです。ピンクの体と赤い目と黄色いひれの色バランスがなかなか・・。でも・・・オバケみたい。現在、交配中。
Img_6739 アルビノ・幹之」 アルビノとしてはなかなかの背光です。ほんのり体内光も感じます。まだまだ進化しそう・・・現在、いろいろ交配中。
Img_6741 アルビノ・幹之ダルマ」 これもアルビノ系の幹之ダルマですが、プリプリと泳ぐ姿がとても可愛らしい子です。これも現在、交配中です。
Img_6747 楊貴妃・出目パンダ」 楊貴妃出目の交配から生まれました。なんだかニョロリとした奴です。現在、パンダ出目ダルマ、楊貴妃出目、東天光出目等と交配中です。
Img_6748 紅富士系」 「紅富士」から生まれた「丹頂もどき」の紅白です。現在、交配中です。なかなか次の子を産まなかったのですが、ペア追加で漸く少し生み始めました。
Img_6761 幹之・超スーパー」 漸くこんな感じの子が増えてきました。ただ・・・園のこのタイプの子はオスが多く、メスは余り生まれません。♀をどこかで調達しなければダメかしら・・・。
Img_6798 Img_6801 「楊貴妃・ちょっこら目前」 楊貴妃と目前のF1です。まだF1なのですがすでにチョコット目前の雰囲気を感じます。既に次の子採りをしているので、あともう一歩で完成してくれればと楽しみの一つです。
Img_6787 Img_6839パンダちょっこら目前」 パンダと目前のF1です。これもチョコット目前の雰囲気がアリアリなので・・・次のF2採りを始めています。写真は未だ生まれたばかりのお子たちなので・・・ピントが合わない・・。

アリャリャ・・・
なんだか・・・だんだん方向性が違ってきているぞ・・・sweat01

最近、どーも・・・目前やアルビノ、出目や幹之が増えて来ています!!

今年、これからはメダカも当園らしく3元・4元交配に進んで行こうと考えています。
いよいよ無敵の「強気のクロス」の始まりだぁ~!!punchannoy

夏はメダカの販売にも力を入れる季節です。
興味のある方は是非、遊びに来てくださいね。
(でも・・写真のメダカたちは未だ増殖中ですよん・・)

2011年8月 1日 (月)

ギボウシのシーズン・・2

Img_6678 イワギボウシ「白萩錦」」 「萩錦」で有名な萩野氏の作出による秩父系イワギボウシの傑作です。決して今流行の丸葉では無いですが、ゆったりと露受けの様に広がる葉姿のシルエットはとても上品であり、また武士の様な迫力と緊張感をも兼ね備えた逸品です。紺地の強い大覆輪の大型種でハランにも似た雰囲気は最上の品格があり、丸葉ブームに一石を投じる品種となるでしょう。数多い秩父系イワギボウシの中でも僕の中ではベスト3に入る銘花です。

昨日・今日もやはりギボウシが大人気です。

ここのところ・・・
少しづつですが、確実に愛好家の方が増えているようです。

ここ数日は・・・
早くも、先日紹介したオオバギボウシの子宝咲きを始めとした交配を始めています。

ギボウシに限らず、ユリ科の交配は午前中・・・
それも、早朝から午前11時くらいまでが最良と言われています。
確かに・・・12時前後以降に交配したものは殆ど結実しないですね!!

第1段階、第2段階、第3段階が過ぎて・・・
今年はいよいよ第4段階の交配です。
特に、イワギボウシ系はかなり的を絞った交配を始める予定です。
問題は・・・今年はその時間があるかどうか・・・。

なにしろ・・余りに雑用が多いので・・・・・・
今年はドタバタしている間に過ぎてしまったことが多すぎます。
それでも・・結構ラッキーなことも多いので・・・
果報は寝て待て・・・なのかな!??

そう言えば・・・2011年5月6日のブログで紹介した「ドヤ顔」たちがここに来てなかなかの姿になって来ました。
どうぞご笑覧ください。
Img_6661
Img_6655 Img_6656 Img_6659 Img_6666
どーです・・
良い顔になってきたでせう。

そういえば・・先日、ブームを創る人たちの話をしましたが・・・
「この人たちが手を出すと、殆どの場合ブームが終わる!!」
と言う人たちもいるんですよね・・・。
クワバラ・クワバラ・・・sweat01

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ