« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月20日 (日)

偶然ですか・・・??

rainImg_9684 ナルキサス・パピラセウス」 タゼッタ系の原種では小型で纏まりの良いものです。何鉢かある中で、この個体は必ず毎年早く咲きます。葉姿と花の雰囲気がとても良く人気もあります。

今日は早くも何人もの方からリストのご注文書を頂きました。
早いところではリストが到着し始めた様子です。
早々の御注文有難うございます。

さて・・・昨日の雨とは打って変わって・・・
今日は少し暖かくなりそうな予感です。
でも・・・
今日は朝から妙な雲が出ています。

空はさわやかな青空ですが・・・
長野方向から秩父を超えて、真っすぐ園の上空にだけ
黒っぽい雲がかかって・・それがとってもキモチワルイ・・・。
そして、それは更に北東の方向に伸びています。
雲は上の雲が北へ、下の雲は南に向かって早いスピードで流れています。
そこだけ磁場が崩れている様な・・そんな動きです。

僕にとっては丁度良い日陰雲なので・・・今日は撮影から入ります。
でも・・・相変わらず、写真を撮ろうとして準備が終わると・・・
・・・晴れるんですよねぇ…sunsunsunsunsun、ピーカンです。
それでも・・・適当に曇りのタイミングを選びながら撮影してました。

でも・・・昼過ぎからなんかあやしい・・・。
だんだん雲が黒々としてきます。
相変わらず場所も動かない。
2時も半ばを回った頃には雲も厚くなり・・・
3時には空もどんよりと真っ暗です。

これは危ない・・・と思ったわずか2分後・・・・
「ゴロゴロthunder」と唸り始めたと思うと・・・突然の大スコールrainrainthunderrainrainthunderrainです。

もう何も・・・カミナリの音も聞こえない程のどっしゃ降りです。rainrainrainrainthunderrainrain
でも・・・周りの空は快晴、ネットの天気予報もウェザーニューズも雨雲レーダーには何も映っていません。
雨はしばらく続き・・・やがて東の方に少しづつ移動して小降りになり始めました。
雨雲レーダーにこの雨が写る様になったのもこの頃です。

この時の空がこれです。
Img_7041
園の北西側の空はこんな感じです。何とも奇妙でキモチワルイ光景です。

そして東側では・・・
Img_7042
ゆっくりと東へ移動する巨大な雷雲です。今、この中は大荒れです。

実は今年、こんなへんな雲の動きと天気の変動を感じたのは3回目です。

1度目は…東日本大震災の日。
2回目は・・・その1月後の大きく揺れた日
そして・・・3度目の今日は、朝、茨城で久しぶりに震度5強の揺れがありました。

これって・・・偶然なのでしょうか??

今日のこの天気の変動は・・・実は朝、車の中で既に奥さんと予想していました。
この辺りの天気に関しては気象予報士以上の野生の感ですので・・・。

それにしても・・・こんなへんな雲、そしてこんな青天の霹靂を体験したのは今年で既に3回。
偶然なのだろうか・・・・・。
Img_9672 ポリキセナ・エンシフォリア」いよいよ満開です。とにかく綺麗ですね!! 毎日、黒綿棒片手にポンポン・ポンポン・・・交配してますよん!!

地震雲とはよく言いますが・・・
何かの磁場に、雲が引っ張られているのかしら・・・
なんにしても・・・気持ち悪いですね。

2011年11月18日 (金)

漸くリストが出来ますた・・。

Img_9609 ガランサス・レギナエオルガエ」 当園で人気の秋咲きスノードロップ、G.レギナエオルガエです。これだけそろって咲いてくれると嬉しいですね!! サイコーの味わいを見せてくれました。

本日・・・突然でしたが・・・
1日早くリストが完成いたしました。

取り急ぎ・・・まだ、住所書きも途中でしたが・・・
書きあげたところまでは本日発送させていただきました。

明日には全て発送できると思います。
来週の半ばまでには到着すると思いますので、どうぞもう少しお待ちください。

リスト以後にも色々と面白い植物たちが到着しております。
それらは・・順次、ネットショップ等でもご紹介できればと考えています。

明日は雨模様・・・
ここのところ急に冷え込んでいます。
風邪など召さぬ様、ご自愛くださいませ。
Img_9619 ポリキセナ・ピグメア」 銀丘からポリキセナ・SPとして入手したものですが・・・おそらくこれもポリキセナ・ピグメアの1系だと考えます。3.0寸鉢にこんな感じで植えても可愛いものですね!!

「B級」とか「わけあり」とかがブームの様です。
売るための口実にすぎないと感じるものですが・・・
来年あたり、山野草の世界にもこんなフレーズが出てくるのかしら??

B級山野草」「わけあり山野草」・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか・・嫌だ。

2011年11月16日 (水)

今日も家仕事・・

Img_9455_2満開の「紅葉桜」」 先日紹介したイトラッキョウの「紅葉桜」が満開です。この花は満開になるとシベが長く伸びてマリモの様な花の塊になり華やかで、こうなればこの花の真価が発揮されます。根元にシランの実生が生えているところも「やまくさ」らしくてイイですね!!

今日は休園日ですが・・・やはり家で内職です。

でも・・・取り敢えずリスト作りが済んだので・・・
チョットの~んびりとTVを見ながらのお仕事でした。
「国会中継」なんか見ちゃったりして・・・
おばちゃん・・・いぢめられてるねぇ~・・。

今週末にはリストが出来てくる予定なのですが・・・
奥さんは発送用の封筒の住所書きに一生懸命sweat01
そろそろ「雪割草リスト」も作り始めねば・・・
7_2 ヤマラッキョウ「富士桜」」 富士山の白花の中に混じっていた青軸のピンク花です。優しい雰囲気が良いですね。根元にキヌランの実生が生えているところも「やまくさ」らしくてイイですね!!
7_3ヤマラッキョウ「小川錦」」 四国の重鎮・小川聖一さんが平戸島で選別したヤマラッキヨウのサツキ絞りです。咲き分けの癖として蕾枯れしやすいものですが、キチンと咲くとさすがにすばらしい花ですね!!

ここのところしょっちゅう・・・ブログ打ち込んでいると終わる頃にぜ~んぶ消えてしまう。
ど~も・・・PCの機嫌が悪い。
やっぱり7はダメかも・・・。

2011年11月14日 (月)

少し交配してみた・・・

Img_9592 どや顔のコリンボーサ」 見事に満開のポリキセナ・コリンボーサです。これまでコリンボーサを作っていて、これほど見事に咲いたのは初めて、5号鉢いっぱいに咲き誇っています。どやっ!!

ここのところ昼間はポカポカと暖かいので・・・
昨日から少しづつ・・・咲いている球根たちの交配をし始めました。
今回は殆どセルフです。

と・・・いうのも・・・
今年の増殖品は殆ど完売してしまったのです・・・
とにかく数を作らねば・・・
そんな思いから・・・花が終わる前に急いで交配しなくては・・・

ドラッグストアで丸い綿や黒綿棒を買ってきて交配開始です。

丸綿をピンセットでつまんで、花の上からポンポンと叩きますが・・・
あららら・・・綿くずがいっぱい花に付いてしまひました。
でも・・・花粉はごっそり付いた様です。

球根植物に関してはMottom大先生のブログに多くの種類がキチンと紹介されています。
ご存じとは思いますが・・・是非ご覧ください。
(僕と違っていい加減では無く・・・とてもしっかり解説されてますよ!!)

今日は朝から体調不良なので・・・午前中は家で内職してました。
お陰様で…内職も一つ・・・無事に終了です。

夕方からは医者へ行って毎月の検診です。
午後なのにすんごい人です。
どうやらみ~んな「インフルエンザの予防接種」に来ている人たちです。
僕も今月末ごろに来よ~っと。
Img_9599 どや顔のロンギチューバ」 ポリキセナ・ロンギチューバも今までにないほど素晴らしい花が咲いています。これも5号の駄温鉢に満開です。この個体は最初、英国の山草会からコリンボーサの名前で送られてきたタネからの実生なのですが、花筒の長さから見てもロンギチューバの一系だと思います。それにしても・・・どやっ!!

肺炎が流行っているそうです。
アレルギー性気管支炎持ちの僕も気を付けなければ・・・
そんな訳で今日は・・・「これ♪」です。

「ハイカラ白痴」??? 「肺から吐く血」???

2011年11月10日 (木)

ひからびました・・

Img_9556 ショウジョウバカマではありませぬ・・」 風にゆらゆらと揺れながら下向きに咲く怪しげな花・・。南アフリカ原産のストルマリア・トランカータです。ほんのりのピンク色がとても味わい深く可愛いのですが、いかんせん花茎が伸びるので、少しの風でも撮影の難しい花です。でも・・・チョットした山草鉢に植えた時には、なかなかの風情を醸し出してくれますよん!!

ああ・・・・・・・・
ひからびました・・・。

今日は一日家に籠ってリストの原稿作りです。
その甲斐あって・・・たったさっきですが・・・・・
取り敢えずリストの原稿が完成いたしました。(パチパチパチパチ・・japaneseteaspa

今回も前回同様・・・150ページの大作です。
でも・・・さすがに4日でリストの文字打ち終わらせたのは初めてかも・・・
あ~~~しんど・・。

もう・・・・・・誤字や脱字や変換ミスやすんごいまつがえが出て来ても・・・
もーーーしらんもんねぇーーー。

わ~い・・終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった・終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった・終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった終わった・・happy01

と・・・ゆ~事で、印刷の上がりは11月20日前後になると思います。
その後は急いで発送いたします。
大変遅くなり・・・本当に申し訳ございません。
もうしばらくお待ちください。

デハ・・・オヤスミナサ・・・イ・・・boutique
Img_9564 ラケナリア・ルビダ」 ラケナリアの中ではかなり早咲きのタイプです。意外と細かくて伝わらないヴァリエーションが見られ、この個体は花にもウズラ模様が出るタイプです。他にも桃色っぽい奴とか、葉の赤い奴とか・・・まあ…細かいですね。どっしりした雰囲気の鉢に植えると少し野生味も出て、なんとなくですが馴染みます。

さア・・・明日からは・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・次の仕事だ・・・・・・sweat02

2011年11月 8日 (火)

まずまず・・です。

Img_9544ポリキセナ・エンシフォリア」 昨日あたりから漸く開き始めました。ポリキセナの仲間の大本命と言ったら・・・いまのところはこの花では無いでしょうか。白地にツマ紫と、紫色の葯がとてもお洒落な花で、あと1週間もすれば満開で見ごろになるでしょうか。この花、意外にタネも出来にくく、実生もし難いのですね。でも・・・ぞっくりと咲いた時の見事さはこの上ない素晴らしさです。早く量産したいのですが、なかなか思うようにいかない奴でもありますね。もっとも・・・増える前にどこかにお嫁に行っちゃうんですけど・・・coldsweats01

今日も半日以上は園のPCの前で缶詰です。

その甲斐あってか・・・何とか今のところはスケジュール道理に進行中です。
取り敢えず・・・今日までで昨年のリストと夏リストを纏める事が出来て、後は明日から新しいリスト掲載品の打ち込みに入ります。
出来れば・・・明日1日で打ち込みも終わりにしてしまいたいのですが・・・
ここのところ、毎日のようにあちらこちらに植物を依頼しているので・・・
それらを取りまとめてリストに載せられるものは載せたいとも考えています。

余りにあちらこちらに、余りに色々なものを頼んだので・・・
一体、どこに何を頼んだのかさえ分からなくなってしまいましたし・・・(コラコラ・・)
明日はそんなこんなで1日缶詰に決定です。

全体のページやボリュームは去年とあまり変わらなそうですが・・少し減ったかも。
それでも・・なんとか、苦しみながらもやっています。

明日は早くも写真の色校正も上がって来ます。
やっぱり・・・届けちゃった甲斐がありました。
うまく綺麗に仕上がっていれば嬉しいのですが・・・。

今日も、仕事しながら松田聖子さんのアルバム曲のメドレーをYou-tubeで聞いてました。
やっぱり「風立ちぬ」~「The 9th Wave」あたりまでのアルバム曲はサイコーに良いですね。
特に大滝節全開の「これ♪」や「これ♪」、細野節全開の「これ♪」や杉節全開の「これ♪」なんかはとても名曲ですね。おそらく彼女にしか歌えません。
バブル全盛の良き時代の歌ですね。(いずれにしても松本隆氏の詩はすんごい・・)

ただ・・・BGMのつもりが、つい、聞き入ってしまい仕事にならないのが欠点ですが・・・sweat01
Img_9539 ダウベニア・スティローサ」 早くも開花したこの株は・・・実はH21年9月1日にお梅様からいただいたタネを蒔いたものです。おなじタネで、中心の3本はその年に発芽したもので、他の細い葉は1年後の去年発芽したものです。これも・・なんと2年で開花です。この1年目の細い葉が、来年2年目に幅広になればこれまた咲いてくる可能性があります。驚くほど速く成長しています。蒔かぬ種は生えないとは言いますが・・・ここまで結果が早いとやってて楽しいですね。

去年はもっと良い画像のがいっぱいあったんですが・・・消されちゃったんだね・・・。
明日はHR/HMでガンガンいくぜい!!

2011年11月 7日 (月)

球根の季節・・

Img_9376ポリキセナ・コリンボーサ」 これは少し前に「ヒメヒヤシンス」の名で入手したもので、おそらくはコリンボーサの1タイプと思われます。花茎がほんの少し立ちあがって、花も半開で上向きに揃って立ち上がります。なかなかかわいらしい花ですが、やはり群花させなければその魅力は感じにくいかもしれませんね。

ここに来て・・・
南アフリカや南アメリカ、欧州各地の小球根植物に人気が集まっています。

お陰様で・・・
「ネットショップ」でも小型球根植物は「出せば完売!!」の状況で、多い時には1日のアクセスが12000を超える日もあります。
他の山野草屋さんたちも「なんとか販売のルートを・・」と、試行錯誤している様子が窺い知れますが・・・ただ売るだけでは売れないよ~ん・・・たぶん・・。

それにしても・・・なんで今更ながら、こんなに小球根たちが注目されるようになったのでしょうか。

実際、古い球根屋さんや育種家の間では、以前より育てられていたにもかかわらず・・・なかなか「モノ」にならなかった花たちなのです。
なかなか「モノ」なならなかったので・・・当時、種類によっては破棄処分されてしまっていた植物たちでもあるのです。
また、園芸的な目だけで捉えると決して派手さは無く、ポット苗や駄鉢でバケツ栽培ではその良さを感じ取ることができなかったのでは・・・とも考えられます。

はたして・・・これが僕ら草屋の領域なのかと言うと少し疑問を感じる部分もあるのですが・・・
写真の様な山野草的な栽培で育てられたこれらの小球根たちは、これまでに見たことも無い様な魅力を存分に引き出してくれる一級品の山野草たちでもあるのです。
山野草的に栽培してみると・・・この様に楽しめる小球根植物が実は沢山あると言う事なのです。
また・・・僕らが栽培したこれら小球根植物たちを見て、改めてその良さを感じていただけた方も多いのではないかとの自負もあります。

まだまだ・・・山野草として楽しめそうな球根植物たちはた~っくさん眠っています。
これからも1つ1つ・・・じっくりと掘り起こして紹介できればと思っていますので・・・
どうぞお楽しみに・・。
Img_9381 ポリキセナ・コリンボーサ」 これは銀丘からの種子を実生したもので、既に当園では2代目です。花茎が殆ど無く、花も陽が当たると全開して一面に開きますが、写真はまだ・・・全開1歩手前です。この手の仲間は実生から開花までは4~5年は最低でもかかると聞いていたのですが、実は今年もH21年に蒔いたものの中に早々と開花しているものがあります。球根屋さん、多肉屋さん、そして僕らの山野草の世界では、同じ植物でも栽培方法が大きく異なります。僕らの世界の栽培法なら実生から3年目には開花しそうなものが沢山ありそうです。
Img_9387 ポリキセナ・ピグメア」 これも銀丘からの種子の実生ですが、この秋にネットショップで販売した苗はこの株のタネをH21年に実生したもので、既に花芽が入ったものもあるようです。わずかタネ蒔きから2年ですね。咲かないと思い避けたものにも花芽が出たので、先日再びネットショップに出してみましたが・・・早くも完売ですね。葉の形と花のバランスが抜群に美しいものですが、この匂いは好き嫌いがありそうです。

今日は、先日Yカメラで買った簡易撮影台セットを使って、少しメダカ君たちを試し撮りしてみました。
チョットみょうちきりんなメダカ君たちをご覧ください。
ひさびさに・・・メダカターイム!!
Img_9509 アルビノ・リアルスケルトン(パンダ)『優華』」 スケルトンパンダのアルビノから生まれたもので、殆ど理科の実験模型みたいなやつです。透けるとこまで透けちゃった奴ですが、実物は写真で見るよりも神秘的でなかなか綺麗です。さらに凄いのは目玉の赤まで透けてしまいます。
Img_9515 出目マルコダルマ」 黄色の出目でしかも背びれの無いマルコメダカです。更に上の2匹はピンクでダルマでもあります。それにしても・・・メダカはどんどん・・・なんだかわからない魚になって行きます。ちようど、金魚やコイと同じような進化の仕方をしていますね。どんどん固定化も始まっています。このマルコメダカもほぼ2か所で同時に出現しました。ここ2~3年間の育種の早さは尋常じゃあない・・・雪割草の10倍くらいのスピードです。それでも・・・大規模な育種家が少ない現状を考えると…あな・・・恐ろしや恐ろしや。

明日も聖子ちゃんメドレーでが~んば・・。

2011年11月 6日 (日)

いよいよ本腰です。

Img_9396ヤマトミセバヤ」 近年発見された紀州産のミセバヤの仲間です。全体的にはエッチュウミセバヤに似た感じですが、葉の硬さや葉の肉質、鋸歯の感じなどが独特の雰囲気を持っています。挿し芽をしたので今年の花はまだまだ貧弱ですね。少しづつですが増殖し始めたのですが・・取り敢えず渡しておくところもあり、少しづつですが嫁入りしてしまっているので・・・販売までにはもう少し、お待ちくださいね!!

いよいよ・・・リストの文字打ち開始です。

前年のリストに大まかな追加品種や削除品種、写真番号や簡単な解説等が書いてあるので・・・
最初はそれに基づいて、文章の削除と追加品目をキク科から順番に入れ込んで行きます。

でも、今日は・・・昨日消えてしまった写真たちの撮り直しで午前中いっぱいを消耗してしまいました。
昨日は88枚だったのですが・・・今日は小雨交じりの中で104枚の写真撮影です。
お昼を食べてからは・・・いよいよリスト作りです。
午後2時から8時ごろまでこの文字打ちの作業を繰り返します。

今日は一応、キク科~メギ科までが完了です。

明日は朝から、キンポウゲ科から始まって・・・どこまでいけるのでしょうか。
そんなこんなで、リストが最後まで終わったら、次に、夏リストで在庫のあるものを同じように削除と追加を繰り返して、更にそれをリストの中にはめ込んでいきます。

出来ればここまでを火曜日までにやってしまいたいと考えています。
そうすれば・・・水曜日の休園日を一日使って、最後の追加分の原稿打ちや、新入荷の植物たちの追加がじっくりと出来るのです。

予定では木曜日までに仕上げたいと考えているのですが・・・はたしてはたして・・・。

今日はBGMにKARAのYouTubeを回しっぱなしにしていたので・・・
明日は聖子ちゃんの古いアルバム曲だけを回しっぱなしにしようと考えています。

なにしろさっさと終わらせなければ・・・・冬はもうそこまでですから。
Img_9414 なんで・・・??」 この花、皆様はご存知でしょうか!?? このキクは最近巷で「キヨスミシラヤマギク」と称して販売されているキクです。実はこの植物、当園が最初に「キヨスミコンギク」と称して販売したキクなのですが・・・どこでどうしてか、いつの間にか「シラヤマギク」になってしまいました。そもそもこの花のルーツは、東京山草会の重鎮であり、僕の「山野草界の母」でもある石黒ゆり子さんが、千葉県清澄山で見つけたノコンギクもしくはノコンギクとシロギク系の雑種と思われるもので、石黒さんの御好意で僕が譲り受け、赤い軸や葉と藤色の花との対比がとても美しく、とても観賞価値が高いので「清澄山のノコンギク」を略して「キヨスミコンギク」として販売を開始したものです。そもそも、清澄山自体がノギクの種類の少ない山なので、上部の葉に葉柄が無く茎を抱き、毛の感じや花の分枝が放射状になる部分などはノコンギクの限りなくコンギクに近いタイプのものと推測されます。では・・・なんでシラヤマギクになってしまったのでしょう?? そもそもこの株自体が、シラヤマギクの特徴であるスペード型の切れ込んだ下葉も無いし、草姿や花茎の分枝もぜ~んぜん違うのですが・・・。どーも、国内の大手山野草協会の中でどこかの業者がこの名前で流通させた様子で、後は誰も調べる事も無く・・・そのまんま右へならえの名前が一般に流通してしまったようです。なんとも陳腐な話ですが・・・所詮今の山野草界のレベルなんてそんな程度なのかもしれませんね。まあ・・・ノギクは交雑しやすいですしね。でも・・・どこをどー見てシラヤマギクだと思ったのでしょうか・・・ぜ~んぜん違うじゃん!!
どーも最近、そんなものを良く見かけます。
個人的見解から言えば・・・
あの、幻だった「仙翁華」にしても・・・
僕の目には花の形や色から察するにツクシマツモトとオグラセンノウの雑種にしか見えません。
雑種なら倍数体化すればタネ出来ないし・・・。
でも・・・まあ・・・解らないからロマンがあって良いのかもしれませんよね!!

2011年11月 5日 (土)

もうむちゃくちゃでごじゃりまするがな・・

11 白いダブル・・」 大手生産者さんの作場で密かに遊ばれていた変なイワシヤジンです。真剣にこんな楽しいものの固定化を進めているのですから・・・サ・ス・ガ・・・としか言いようがありませんね。まだ・・・殆ど数が無いものですが、思わず「ホシイノォ~」と言ってしまったら「イイッスョ!!」と言って分けてくださいました。咲き始めのグリーンがとってもおしゃれな奴です。

ぐぉぉぉぉぉ・・・・・
死んだぞ!!!    死んだ~~~。

取り敢えず・・・きの~の午後に、「2011~2012リスト」の写真だけは整理して、印刷屋さんに届ける事が出来ました。

いゃあ~~・・・・いままでで一番辛い、産みの苦しみでした・・・。

なにしろ・・・なんとか水曜日までに上げる予定でしたが・・・・・
結局・・・写真集めだけでえらい時間がかかって・・・・・
それでも何とか…水曜日までに写真だけは720枚程集めました。

この写真集めが結構大変な作業です。
写真が60Dで撮ったものとコンデジではサイズが違うので、そのままではいつものようにサムネイル化した時には写真の大きさがバラバラになってしまいます。
小さな花はトリミングしたり、明るすぎるものや暗すぎるもの、色のずれているものは少しですが補正します。
これを720枚続けるのです。
し・ん・ど・い・ですよ・・・・。

さて・・・問題はここからです・・・・。

この日のうちに完成させて、宅配便で送れば金曜日には印刷屋さんに到着します。
木曜日は一日家に籠ってでも、この作業を完墜させようと気を入れるのですが・・・
早々にお客様のご来園で園に呼び出されて・・・
結局、その後も数人のお客様のお相手で、家に戻ったのが3時前ごろ・・・
少し横になってから・・・一気に片付けてしまおうと本腰を入れたのですが・・・
この時間からでは宅配便は間に合いません。

なにしろ、リスト作りにこの写真がネックです。
写真の色校正が出来がるのに10日から2週間は楽にかかるので・・・
只でさえ遅れているのに、もう、これ以上1日も遅れる事は出来ません。
金曜日に写真原稿を届けられなければ、印刷屋さんは月曜日まで止まってしまうし・・・

とにかく、金曜日に着けば早々に動いてもらえそうなので・・・
結局、金曜日に直接、飯田橋の印刷屋さんに届けると言う事に作戦変更です。

後は時間との勝負です。
まずは写真を720枚から640枚に減らします。
お陰様で・・・原稿が遅れた分、面白いものが入荷する機会も増えたので、そこそこは目新しいものも出せそうです。
そんなこんなを中心に、リストと照らし合わせながら写真に番号を入れて、写真の文字をリストに合わせてすべて打ち直します。
この作業がまた…大変なのです。

文字を打ちながら、リストの方に写真番号を書き込んでいきます。
でも・・・まず最初に選別した640枚の写真を、キク科から順番に振り分けて行かなくてはならないのです。
最初に「キク科⇒A」「キキョウ科⇒B」と言う様に、頭に区分け記号を入れて順番を揃えます。
その後で、カタログのページ掲載の順から001、002、003・・・と言った具合に番号をはめ込んで整理して行きます。
この作業も・・・必ず順番の見落しが出るので・・・こまめに数字と花を照らし合わせて行かないとちょくちょく何度も打ち直しになります。
この作業を延々と続けて・・・気が付いたら金曜日の朝の4時・・・
今日の午前中には植物園の方がご来園予定なので、なんとか続けますが・・・

5時を過ぎた頃からは・・・・・

・・寒い・・・・・

・・頭が痛い・・・・・

・・目が廻る・・・・・

・・画面が揺れて見える・・・・

・・動悸が・・・息切れが・・・・・・・・

さすがに7時過ぎには、全ての思考回路が停止して少し睡眠・・・・・・
ですが・・・夢までぐにゃぐにゃと曲がってました・・・・
こんなの初めて。

結局、再開したのが10時前ごろ。
ほぼクタクタの状態で・・・園の方は奥さんに任せて、植物園の方とのやり取りは電話で行いました。

でも・・・2時間寝たおかげで、少しスッキリしたので直ぐに続きです。

うぉぉぉぉーーーーー
なんとか完成したのが午後1時過ぎ。
急いで印刷屋さんに「これから行くよ~ん」と電話して・・・
取り敢えず首都高が順調だったので、午後3時過ぎには無事に写真原稿を届ける事が出来ました。

その後は、日本橋へ行ってMデパートの新館10階で、なけなしのお小遣いでぜ~たくな懐石食べて。
デパ地下でお買い物。
デパ地下はヤッパリ楽しい!!
なんだかんだ、色々とお買い物して・・・そのまんま秋葉原に向かいます。

以前からメダカ撮影用のPLレンズが欲しかったので、秋葉のYカメラに直行です。
Yカメラでは、メダカ撮影用のPLレンズと、簡易撮影ボックス(ライト付き)を買いまして・・・
奥さんには「リズム天国」をプレゼントです。
(これで来月の誕生プレゼントはすんだぞ!!←コラコラ・・)

結局、秋葉を出たのが夜の8時過ぎ・・・なんだか元気だぞ・・。

それにしてもしんどい数日間でした・・・さっすがに死んだぁ~~~。

これから色校正が上がってくるまでに、本文の原稿打ちに入ります。
色校正が上がってくるまでの1週間前後がタイムリミットです。
まだまだ・・・しんどいのは続きます。

今年はこの後も、このリスト作りと雪割のリスト作り、そして長期内職が2本ほどあり、全て年内にこなさなくてはなりません。
しかもこのうち3つは11月半ば過ぎまでなので・・・
地獄の日々はまだまだ続きます。

今日から園で文字打ちを始めようと思っていたのですが・・・
園に着くと既に数組のお客様が・・・
その後も1日、人と電話が切れる事は無く、園では何にも出来ませぬでした。
(みなさん、有難うございました)
明日からは、今度は園に籠って文字打ちです。
どーか・・・僕を見かけても、決して声なぞかけぬ様によろしくお願いいたします・・・です。
(↑こらこら・・・)

このまま無事に進んでリストは11月20日頃に完成予定です。
えらい遅れました・・・北海道や北国の皆さん、申し訳ございません。
冬になるかもしれませんが、もうしばらくお待ちくださいませ。(←こらこら・・)
15 白いダブル・・」 これも上の写真と同じ系統ですが、筒が浅く花冠が良く開くタイプです。いずれも咲き始めにグリーンを含んで、とても清楚で綺麗な花です。これから固定化に向けてどこまで安定するか・・・と言うところですが、Wは紫花も含めてやや不安定で、なぜか作が悪くごちゃごちゃ咲いた時の方がWに咲きやすい様です。なぜ・・・・!??

明日から完全に籠る心算で・・・
今日は時間の合間を見て夕方まで88枚の写真を撮影しました。
家に戻って、いつも通り写真をファイルに取り込んで、カメラの画像を消去したのですが・・・・
えっ・・・・取り込めた筈の画像が・・・どこにも無い。
すべてのファイルを確認しても・・・どこかに消えてしまっています。
ファイルの許容量がかなりのものだったので…入りきれなかったのかしら・・・
いったいどこへ消えてしまったの・・・・sign02
今日の写真は自分でも気に入ったものばかりだったのに・・・sweat01

うわぁぁぁ・・・・・・・
もう・・・むちゃくちゃでごじゃりまするがな・・・・(あじゃぱー)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ