« 三段咲き・準備完了!! | トップページ | ラスト・テンテン・・ »

2012年3月31日 (土)

荒天なので・・(世の中カンが全てなの・・)

1_2 「お気に入り・・」 知人のSさん交配によるオキナワチドリの口紅花です。ほんのりの色香と艶っぽさが、とても妖艶でお洒落な雰囲気を醸し出しています。美人さんですね!!

今日は荒れる・・・とは、昨日からの予報でしたが・・・
朝のうちは天気も良く・・・
ただ、それでも風が強いので、園の中では灌水にてんやわんやです。

午前中は、一年ぶりにテリミトラやカラデニアの交配を開始です。

実は・・僕の場合、最初は余り何も考えずに交配を始めます。
無計画で・・・結構、てきと~なのです。
そして・・・交配しながら次に何をしようか考えるのです。

雪割草等も含めて・・・
これまで交配してきた植物たちはすべてそのパターンです。
やりながら・・・何かを見つけて行くんですね!!

雪割草の掲示板等にはよく、「最初にどんな花を選別するか」と言う事をネット上の質問で目にします。
ところが・・・意外な事に「こんなおしべの場合は○○咲きの血がある」、「こんな花弁だから○○咲きの血だ」等としっかりと言いきって回答されているのを良く目にします。

一見、適切な回答の様ですが・・・こんなのは殆ど経験が無いか、経験の浅い人が聞きかじりで答えを回答しているとしか思えません。

むしろ・・・段咲きの交配と解っているものに関しての回答として考えれば未だ理由付けがされていますが・・・
捉え方によっては、何の交配かもわからない花に関してまで、
同じような理屈が通ると言うとらえ方をされてしまう可能性があります。
これは・・・大変に危険な事です。
まあ・・・言う通りにやったらな~んにも出なくて、ただ遠回りするだけの事ですが・・・。
回答としては余りに・・・・です。

では・・・どこを見極めて親花の選別をするのでしょうか。
実は・・・そ~んなものはなんにもありません。
僕に関して言えば、選別の基準をあえて言うならば・・・
もっとも大切なことはカンです。
「よし・・・この花にしよう」というカンです。
世の中カンが全てなのよ。

僕なんかカンだけで世の中渡って来てるんですから。(オイオイ・・・)

カンが当たれば・・・よかったねぇ~。
カンが外れれば・・・ざんねんだったねぇ~。

そんなものです。
無責任なようですが・・・要は、そのカンを早く身に付けることだと言う事です。

午後からは少しテンテン交配をしていましたが・・・
2時を過ぎるころからは風も強まり、横殴りの雨も降り始めました。
やっぱり・・・荒天ですね。

そうそう・・・この仕事して自然に触れていると・・・・
天気のカンも・・・よ~く当たりますよん!!
2 カラデニア交配種」 「リギダ×ヒルタ」です。ドイツのHおじさんの交配です。細い花茎を風に揺らす様はなかなか風情があります。
3 
カラデニア交配種」 「ロバタ×ディスコイデア」、これもHおじさんの交配です。クラゲの様な花が面白い味わいです。

こんな花たちも今日、交配してみました。
うまく結実してくれると良いのですが・・・。

« 三段咲き・準備完了!! | トップページ | ラスト・テンテン・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

プレオネ・コンフューサ
つぼみが入っていませんでした。
カンが当たりますた(爆)
咲いている時に買いにいくのが正解ですかね(汗)
ところで
Amitostigma simplexとか
入手ルートがありそうですよ。
プレオネの原種が豊富みたいです。

シオン 様

そ~でしたか・・・
残念、失礼いたしました・・・。
コンフューサは球根が大きくても、花芽は出てみなければわからないんですよね!!

黄花チドリ・・・栽培、キッツイですよ。
花は可愛いんですけど・・・ね。

僕の交配のテリミトラやその他の球根ランが色々と上がってきそうです。
置き場所・・・考えなきゃあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三段咲き・準備完了!! | トップページ | ラスト・テンテン・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ