« 三段咲き・・・発進!! | トップページ | イカリソウ始めました!! »

2012年4月 5日 (木)

棚下掃討作戦!!

Img_1778 「個性派です!!」 「花奏」系と「熱唱」系との交配から生まれた三段咲きの「金孔雀」です。金屏風の様な三段弁の色艶がとても絶妙で、全開しても尚、吸い込まれるような美しさを醸し出す逸品です。

毎年の様に交配を繰り返すと、溢れんばかりの余剰苗が出来てしまいます。

それらの余剰苗は結局棚下に置かれて、そのまま長い間保管される形になります。
そして販売されることも稀なままに、そのまま棚下に眠ってしまうのです。

そんな苗が毎年のように増えてきます。
苗の生産、育種をしていると必ずこの問題に直面します。

物には流行があり、時間と共にそれらは刻々と変化していきます。
ただ・・・むやみに表に出す事で、遺伝子の流出と言う事にもなりかねません。

そんな時にはどうするか・・・

埋めてしまうと言う人もいますが・・・折角、手塩にかけて育てたものを簡単には処分できません。
安く売れば良いと言う人もいますが・・・安く売ってもさばける量はたかが知れています。
むしろ・・・安く売るためにきちんと管理をする方が大変な労働力です。
では・・・どうするか…!??

当園の場合は「植物園」に寄付をしてしまうのです。
それも・・・雪割草に所縁があるところや、取りに来てもらえるところにです。

今日がその日・・・
棚下に眠っていた130ケースの雪割草を持って行ってもらてました。

ただ・・・持って行ってもらうだけでも、なかなか大変です。

まずはラベルを全部抜きます。
これは・・・迂闊にラベルを入れておくと、聞いたことも無い人から「この交配番号はなんだ!!」等と問い合わせが来るのです。
植栽などで寄付をするときも、この部分にはとても気を使います。
モラルの無さにはビックリですね!!

苗を入れるケースも取り替えます。
通常は100円のケースを使うのですが・・・
ケースだけは返してほしくても、これまで殆ど返って来たためしがないので、急ぎ38円のケースを手配して取り替えます。

寄付するだけでも・・・なかなか大変なのです。

昨年秋からこの春で300ケース近くの雪割草を寄付させていただきました。
これでまた・・・新たな交配苗を置けるスペースが出来たのですが・・・
実は毎年・・・200ケースくらいは苗を作っているんですよね・・・。

育種生産は、常に「イタチごっこ」なんですね。
Img_0819 個性派です!!」 「遊雅」系の交配から生まれた千重咲き「遊仙」です。複雑に重なった色模様は、何とも幻想的な雰囲気を醸し出します。「全国大会」にも展示しましたが、通の方にはなかなかの評判だった様子です。

現在・・・1340交配。
明日も・・・もうチョットです。

« 三段咲き・・・発進!! | トップページ | イカリソウ始めました!! »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
プロの方は大変ですね
なまじ投げ売りもできないんですね(汗)

ところで全然関係なんいですが
やまくささんで購入したゲンチアナ・ベルナが咲いてます。
無加温の軒下です。これって普通でしょうか(´・ω・`)

さらに関係ないんですが
先月取り寄せたク●●トモスを、袋の上から線量を測ってみたらほんの少し上がりました(爆)
鹿沼土では上がりませんでした。
以上余計なコメントでした。

シオン 様

こんな感じで編集してみました。
風評とかあるとまんずいですからね!!
ご報告有難うございました。

ありがとうございますm(_ _)m
以後気をつけます。
ウチの庭土のほうがずっと線量高いので
どうってことないと言えばどうってことないのでした(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三段咲き・・・発進!! | トップページ | イカリソウ始めました!! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ