« 暑くなると忙しいのです・・・ | トップページ | 暑い・・・・・(汗) »

2012年4月27日 (金)

3種類ふえました・・・

Img_2526 タリクトルム・オリエンタリス」 小アジア原産のとても可愛らしいカラマツソウです。以前からあこがれの花の一つでしたが、知人に無理をお願いしい分けてもらい、漸く花を見る事が出来ました。余りの可愛らしさに・・・ただただ・・・脱帽です。一生懸命増やしたい花の一つです!!

今日は朝からしとしと雨です。

ここのところ・・・時期が時期なのか・・・
イカリソウやその他の山野草たちの取材が毎日のように続いています。
皆さん・・・雨模様の中・・・なかなか大変そうですね!!

さて・・・・
表題の「3種類増えました・・・」ものはなんでせう!??

じつはこれ・・・
「育てて楽しむ山野草のすべて」のP221にも掲載した「栽培してはいけない植物」の事なのです。

「種の保存法」については・・・
以前、知人とヒメタニワタリの件ですったもんだした事がありますので・・・
かなりこまめにチェックを入る様に心がけています。

今日・・・
種の保存法・国内希少野生動植物種」を覗いてみると・・・
「育てて楽しむ山野草のすべて」の製作の頃には指定されていなかった3種類の植物が、H24年・4月20日政令、H24年・5月1日施行で指定されることとなりました。

この条例はどちらかと言うと余り身近でない植物が多かったのですが、今回は明らかに関東周辺の植物が指定されています。
個人的にはこの3種・・・いずれも納得のいく植物たちなのですが・・・
さて・・・ご紹介です。

シモツケコウホネ
北関東の一部に稀産する水中葉性のコウホネです。以前のブログで自生地を訪れていますが・・・とにかく細い用水路の限られた範囲のみに自生しています。知人より実生からの栽培も試みましたが、夏の声を聞くと同時に暑がり初めて、ジェット水流でも貯水では栽培が難しいものと思います。盗掘も後を絶たない様子で、最近、ネットなどで販売されている状況を見て懸念もしておりました。的を得た選択だと思います。

カッコソウ(ナルカミカッコソウ)
北関東の一部に稀産します。今から30年近く前に自生地を訪れた時でも、殆ど見かける事はありませんでした。これも認定されてしかるべき植物であると考えます。知人が問い合わせたところ、シコクカッコソウや交雑種に関しては問題外と言う事です。気になるのは・・・どこかでシコクカッコソウだと思って栽培・販売していたら実はナルカミカッコソウだったという問題が出てきそうな気がします。栽培品を見直してみたいものです。

ウラジロヒカゲツツジ(ウラジロヒカゲシャクナゲ)
北関東と秩父の一部の岩場に生えるものです。最近、北関東のものと思われる個体の山出し品が、桜草や福寿草で有名なグリーンセンター(道の駅??)で販売されていました。根もボロボロで、その辺の適当な用土で植え込んで石で支えられていたものです。知人から連絡を受けて3~4株、1年間ハウスの中の高湿度で管理して救済した事があります。昨年も、とあるフェアーで販売されていた小苗を入手しました。今年は種子を採って増やそうと思っていた矢先でしたが…そのまま当園で保存栽培して天寿をまっとうさせてあげる事にしました。意味の無い山出しが売られていたこの花も、指定は正解かもしれません。

これら3種は5月1日より、販売、譲渡、移動、場合によっては展示等も制約されます。
これまで指定されている植物たちも含め、皆様、良くご理解の程ご確認くださいませ。

先日も「カッコソウ」ないですか・・・と言うお客様がお見えになりました。
残念ですが・・・これからの入手は「無理」となるのです。

こういった事例は法律で決められたものであり、私たち販売する側のモラルや信用問題にもかかわってきます。

これからも、知りうる限りその都度ご報告させていただきます。

Img_2506 ヒナソウ白花」 「育てて楽しむ山野草のすべて」のP14に掲載しているヒナソウの白花です。たかがヒナソウと侮るなかれ、意外に暑がり、高温多湿や長雨には弱いものです。本ではショボイ苗を2.5寸の風兎窯鉢に植え込んで小さな花が咲いた状態の写真ですが、1年後の今ではこんなに立派な花が満開になっております。漸く丁度いい加減になったのですね!!

明日からいよいよ「ゴールデン・ウィーク」です。
期間中の4月28日(土)~5月6日(日)までの間は休まず営業させていただきます。
皆様のご来園を、花いっぱいでお待ちいたしております。

« 暑くなると忙しいのです・・・ | トップページ | 暑い・・・・・(汗) »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

 趣味の園芸にも書きますが、種子の流通(有償・無償問わず)はOKで、許可証の取得も必要ないそうです。これは環境省の担当部署に直接電話して聞きました。シダの場合は胞子も問題無し。(施行令第2条第2項)
 コヘラナレン、ムニンツツジ、シマカコソウ、ムニンノボタン、タイヨウフウトウカズラ、コバトベラ、ウチダシクロキ、ウラジロコムラサキは種子も駄目との事。
 言った言わないになるとイケないので、文書で送ってもらいました。

 これらは『種子から気長に育ててね!』で良いと思います。

コージ@日陰の庭管理人 様

先日はお疲れさまでした。
ドタバタな日で、ほったらかしですみませんでした。
また、ご報告有難うございます。
何かの時には「証拠の文書」貸してね!!
でも・・・何気にどこか・・・ザル法なんですよねぇ・・・。
まあ・・・売る事はありませんけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑くなると忙しいのです・・・ | トップページ | 暑い・・・・・(汗) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ