« まただよ・・・(涙) | トップページ | 梅雨明けはまだかいなぁ~・・ »

2012年7月 8日 (日)

早々に有難うございます!!

Img_5401 キルタンサス・スミシアエ」 初夏咲きの面白い姿のキルタンサスです。スパイラルする奇妙なねじれ葉ですが、優しい桃肌色の花を開きそのアンバランスさが絶妙です。この仲間では寒さに弱く増えにくい方なので、栽培には少しの我慢が必要かもしれません。

昨日から早々に、沢山のお客様からご注文を頂きました。
本当に有難うございます。

FAXの方に続いて・・・早い方は速達や郵送でもご注文を頂いております。

本当に有難うございます。

何人かの方には、わざわざ園までお出でいただいてお買い上げいただきました。
皆様、本当に有難うございました。

すでに・・・早くも品切れ品が出始めました。

今回は小ロットでの掲載品も多いので、早い品切れが予想されるものがいくつかあります。
悪しからずご了承とご理解の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ここ数日は、毎日、発送優先です。
明日からは郵便も増えそうなので、みんなで団結して早期発送を心がけます。

早くも・・・7月も1週間が過ぎました。
これからはイカリソウの株分けと、今月末ごろからは球根の植え替えが始まります。

「夏リスト」の後には、早くも「本リスト」の準備に入ります。
少しでも面白いものを掲載できますように・・・頑張ります・・・ね。
Img_5397

Img_5399 アコニツム・ナペルス・コンパクツス」 欧州では一般的な中型のトリカブトの仲間ですが、この個体はスペイン原産のやや小型のタイプです。繊細な葉姿が魅力ですが花色は個体によって変化があり、栽培していて意外に面白い味わいのものです。実生2年で開花するので、鉢作りでは面白そうです。

今日のメダカ君

相変わらず産卵が続いています。
ここにきて・・・新たなペア組を少しづつ始めています。

今年は1対1が好調です。

理想は♀2×♂1が良いのですが・・・なかなかうまくはいきません。
♀1×♂2で入手した場合は・・・場合によっては♂同士がけんかしてしまい産卵どころではなくなるので・・・
むしろその場合は♀1×♂1にして、余った♂は別な♀と交配させた方がはるかに良く産卵する事が多い様です。

間男は・・・ダメですね!!
Img_5388 楊貴妃透明鱗ヒカリ系鰭極美麗種」 先日、「花小屋」さんに遊びに寄った時に、無理言って分けていただいた個体です。うちの3色の欠点は鰭色のつまらなさです。鰭の綺麗さと言えば「花小屋」さんが群を抜いているので無理を承知で分けていただきました。鰓は透明ではないのですが、なにしろとても綺麗です。

さて・・・園に戻ってこの♂に対して丁度良い♀は居ないものかと・・・
あちらこちらの水槽を探しまくってみました。

なんとか丁度好さそうなのが・・・
Img_5362 「紅系三色鰭美麗種」 探しまくった結果…楊貴妃透明鱗ヒカリ「紅」系から生まれた「3色系透明鱗」の中にこんな♀がいました。体型は今一つですが、この際拘りは鰭の色なので文句は言いません。注目は鰭の色です。

そして・・・出来あがったペアがこれです。
Img_5376 出来あがったペアです」 どうでせうか!?? なんとなく・・・良い仔を生んでくれそうな感じでしょう!! 頑張って産卵してちょ~だいね!!

夏休みはドコいこ~かしら・・・・。

« まただよ・・・(涙) | トップページ | 梅雨明けはまだかいなぁ~・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まただよ・・・(涙) | トップページ | 梅雨明けはまだかいなぁ~・・ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ