« 秋の気配が感じられます。 | トップページ | よかったのよぉ~・・。 »

2012年9月 9日 (日)

うひゃあ~・・・!!

01 「キツネノカミソリ・朱雀門」 またまたキツネノカミソリが咲いてきました。たかが白シベと侮るなかれ・・・。濃橙色の花弁に白いオシベはこれまでのキツネノカミソリのイメージとはかなり異なる雰囲気です。シベが白くなっただけで、花がとても明るく華やぎます。ただし・・・この花はシベ退化と思われますので、花粉は吹かずに自家受粉(セルフ)は出来ません。他の花粉なら結実も可能でしょうが・・・所詮は普通のキツネノカミソリしか咲かないと思われるので・・・殆ど交配する意味は無いですね。花着きが良い個体なので、群生させるとなかなか見ごたえがありますね。

昨日は仕事が終わって帰り途・・・
車を走らせていると・・・
丁度、用水を超えた辺りからなにやら空一面に白いものが・・・
目の前がまるで霞の様に・・・そして、よく見ると道路いっぱいに何かが落ちて動いています。

そうです・・・
これ・・・ぜ~んぶ・・・カゲロウです。

特に用水や川の周辺に多く飛んでいて・・・
運転していても前が見えない程の凄い数です。
近くのスーパーなんか、店の中にまで次々と入ってしまって・・・・
店員さんが落ちたカゲロウをほうきで一生懸命掃き出しています。

一斉に羽化して・・・一斉に天命を全うしていくのですね。
毎年・・・この時期になると起こる現象なのですが・・・
何とも壮絶な光景です。

昨日、今日は土・日なので、メダカ中心の仕事をしていました。
なんだか・・・メダカ目的で尋ねられる方も多くなってきました。

明日からはいよいよ・・・雪割草の来年初花苗のチェックに入ります。
チェック出来次第・・・また少しづつですが「ネットショップ」でご紹介したいと考えています。

乞う・・・ご期待くださいませ。

今日のメダカ君

9月に入り・・・少し雨の降る日が増えてきました。

屋外の飼育場では、この雨が思わす大事を引き起こします。

特に屋根の無い飼育場では、飼育水に雨水が混じり水質が極端に変化する事があります。
酷い時には全滅も免れないので、雨の後は良く観察するとよいでしょう。

さて・・・今日は・・・・
これまで故意的に避けて通って来た「幹之」君の上向き写真を撮影してみました。

「幹之」の写真と言うと・・・良く目にするものは、その殆どがアンダーで撮られた写真ばかりで・・・
明るい写真を殆ど見る事がありません。

どうしても背中の光りを中心に強調したいものなので、光りに露出を合わせるとアンダーになりやすいのだと思います。

そんな訳で・・・色々と試行錯誤しながら「幹之」を直射日光のピーカンで撮影してみる事にしてみました。
実際にやってみた結果・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やめればよかった・・・・。

明るい場所で撮影すればするほど、写真がハレーションンを起こして・・・
微妙な背中の光り加減や色が解り難くなっちゃいました・・・sweat02

もう少し別な方法を考えねば・・・・sweat01
まあ・・・折角写したので…ご覧ください。

02 幹之上見」 色々な親に使っているスーパー君です。背中の光りはマリンブルーっぽい色でとても好きな奴です。

03 幹之上見」 背中の光りが金色系から青緑色に変化するグラデーションタイプの仔なのですが・・・反射しすぎて解らんですね。個人的には好きなタイプなのですが・・・。

04 幹之上見」 青幹之の俗に言う「上からパンダ」と言う、上から見るとパンダ目になっているタイプです。普通の幹之とチョット雰囲気が違いますね。背中の光もまずまずでパンダ目はこれから人気が出るのでせうか!??

05 幹之上見」 上の写真とは別系統の青幹之系のパンダダルマです。やはり「上からパンダ」ですが・・・背中の光もまずまずでダルマ体型がとても可愛らしい仔です。パンダ目はシビアに考えなくても、もともと幹之は「上見メダカ」なので、「上からパンダ」でも十分伝わると思います。

06 幹之上見」 白幹之系のパンダです。幹之のパンダ目の場合は目の周りが黒くなるので、青幹之系よりはむしろ白幹之系の方が可愛らしく感じます。こんなのいっぱい泳がすととても可愛いので沢山採卵したいのですが・・・パンダ系は産み落としが多いのでなかなかタマゴが採れません。漸くポチポチ・・・と言ったところです。

07 幹之上見」 こちらはV系の「幹之ヒカリ体型」です。頭に光るいぶし銀色のくっきりとした光りが何とも綺麗です。

08 幹之上見」 この仔は「せせらぎさん」系の「幹之ヒカリ体型」です。頭の光りが青や緑、黄色などを絡めた色彩が多く、沢山泳がせると色とりどりでとても華やかなものです。反射しすぎて解り難いですが・・・。

09 「幹之上見」 この仔は「花小屋さん」系の「出目幹之」です。出目のくせに背中の光もスーパー的な良い仔です。この系統からの交配は出目にならなくても小さいうちからスーパーになりそうな仔が多く、良い幹之を作るのに重宝な仔たちです。片親次第ではラメ交じりの綺麗な仔を産むこともあります。

10 「幹之上見」 上の出目幹之の系統の交配から生まれた仔で、背中の光りはまだまだですが・・・目がかなり「頂天眼」になっています。上から覗くと目と目が合うので・・・何とかこの味を残して光りの強い仔を作りたいと考えいます。

ヤッパリ・・・幹之の上見撮影は難しいですね。
余りピーカンの太陽下では、かなりハレーションを起こしてしまいます。
今度は少し明るめの日陰を探して撮影しようと考えているのですが・・・
水面が反射したりして・・・なかなか難しいんですよね。

この幹之の仲間で・・・更に撮影が難しいものに「体内光」があります。
この「体内光」は色々と気になる部分も多いものなので・・・
何とかうまい撮影方法を見つけて、近いうちにご紹介したいと思います。

「幹之上見」のご紹介ついでに・・・本日のオマケです。

11 オマケ」 以前チョコっとふれた花美館さんの「螺鈿光の黄色っぽいやつ」です。たしかに・・・幹之には余り見られない黄色っぽい色で、下半身には螺鈿の光りと体内光が絡んでいます。他の幹之と同条件で撮影しているので、色の違いは感じていただけると思います。現在次の仔が生れていますが・・・やはり「黄色っぽい仔」も結構生まれています。まだSサイズですが全く光らない仔から体内光の仔、少し光り始めた仔など色々です。これは何れ改めてご紹介できればと思います。

「黄色っぽい螺鈿光」については⇒「コチラ 」にも紹介されているので、興味のある方はご覧ください。

相変わらず・・・「マヨビーム」が苦手です・・・。

« 秋の気配が感じられます。 | トップページ | よかったのよぉ~・・。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

先日は、当日に連絡して急にお邪魔致しましたのに、御丁寧な対応と、

お土産までありがとうございました。

こじさんが、大変喜んでおる観たいです。

大変上手に撮られ要ると思って居ましたが、まだ納得していたのでは

無かったですか?

僕等には、十分綺麗な写真だと拝見して居りました。

楽しみに拝見して居りますので此からも宜しくお願い致します。

香取の山ちゃん 様

先日は遠いところを有難うございました。
おつかれさまでした。

「幹之」の撮影は難しいですね!!
なかなかあの雰囲気が出せません。
ストロボ使うと殆どはダメですね。

毎回テキトーにテキトーな事を書いてますので・・・
懲りずに・・・時間があったら覗きに来てください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の気配が感じられます。 | トップページ | よかったのよぉ~・・。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ