« 今年は終わりも早そうです・・ | トップページ | 最後の忘れ物・・ »

2013年3月31日 (日)

暖房焚いて…酸欠です!!

Img_1519 実生初花」 最後の最後でこんな地合いが咲いてくるのです。白地に青紫色の地合い模様がとてもインパクト大なのです。このタイプの地合いはいつも最後に咲くので・・・なかなか全国大会等では販売できないのが欠点なのです。

なんだか・・・寝ぼけた様な天気が続きます。
ひじょ~に・・・交配には難儀な天気なのです。

明日から出掛けるので・・・このままではとても交配が出来ません。

そんな訳で・・・この3日間は、交配室の暖房をフル回転で交配なのです。

普段は閉めている交配室の30パーセントの寒冷紗を開けて・・・
ハウス内を少しでも明るくします。
そして…20坪ちょっとの交配室にある100坪用のストーブを27℃設定でパンパン焚きます。

27℃設定と言えども20坪ちょっとのハウスです。
殆どフル回転で・・・それでも外気との差があるので、27℃サーモながらも室温は22~23℃と言ったところなのです。

それでも・・・少しでも自然に近い状態で花粉を吹かせたいので・・・
ハウスを閉めて一日中バンバンと暖房を焚いての交配です。

途中で・・・外の空気を吸いに行かないと・・・チョット酸欠に近い状態になるのです。
外は寒くても・・・ハウスの中は初夏の暖かさです。
まあ・・・花傷みも必然的に早いのですが・・・sweat01

それでも、普通に交配するよりはるかに結実率は良いように感じます。
この方法なら10時くらいから夕方の5時過ぎまで交配出来るので・・・
使い勝手も良いものなのです。
まあ・・・暖房費はかかりますけど・・・sweat01

今日で取り敢えず1200交配を過ぎました。
明日・明後日は外出なのですが・・・
水曜日以降・・・もう少しは交配出来そうな気がします。

ヤレヤレ・・・なのです。

Img_1525 実生初花」 地合い覆輪が何とも艶ましい花です。初花でこのインパクトなら、将来はかなり期待できそうです。

明日・明後日は外泊のために園には不在となります。
悪しからずご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

イカリソウの花が早くも咲き始めてきました。
只今、「売店」にて色とりどりに取り揃えて販売中です。

« 今年は終わりも早そうです・・ | トップページ | 最後の忘れ物・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

毎日の交配作業、ご苦労様です!!
数年後には、その内の数苗は手に入れられるのかなぁーと思うと、
読んでる私の方までワクワクしてきます。(^^♪
私は平日は仕事なので休日に集中して交配をしているので、
どうしても眼を長時間酷使してしまいます。
特にルーペを使ってしまうとついつい凝視してしまうので、
眼精疲労が半端ではないです。(>_<)
やまくささんは、毎日長時間の交配作業で、よく眼が持ちこたえてられるなぁーと感心しております。
ところで、昔は採れたけど今は採れなくなったと有名な「翠陽」の花粉ですが、
何が幸いしたのか採れてしまいました。!(^^)!
とはいっても、♀の方が一週間近くも開花してから放置ていたので、
粘性がなくなっていたのか花粉の載りは最悪です。(T_T)
上手く結実しているのを祈るばかりです。
平日に交配する時間を確保できればよいのですが・・・
メシベの粘性を長く保つ秘訣みたいなものってあるんでしょうか?
やまくささんから戴いた雪割草以外の山野草も元気に育っています。
そろそろこちらの方にも力を注がなくてはと思っております。

えっ まだ交配続けるんですか。(*_*)
すんごい強靭な眼をされてるんですね
よい交配ができますよう、ぐぁんばってくださ~い(^_^)/~~~

kenji 様

先日は遠方まで有難うございました。

交配・・・疲れますよね。
すでにもう・・・目はボロボロです。
乱視が酷く、月が4つ位に見えますから・・・sweat01
「翠陽」の子、最近は余り使ってませんね。
是非、良いF1を作ってみてください。
メシベの粘性を長く保つには、涼しくしておく以外にないのでは・・・。
花の過ぎたやつは、なるべく元の方のあとから熟すメシベを使います。
結実率は良くありませんが・・・無いよりマシですね。

交配以外にも、夜と朝はPC作業が多いので・・・目は本当に酷使しています。
なんといってもPCが大敵なように感じます。

1交配辺りは少しでも多くする様にしているのですが・・・
最近はどなたに聞いても発芽率が落ちているとの事です。
交配しすぎて「劣化」しているのでせうか!??

皆様にお分けできる分もなんとか交配…とは頑張っているのですが・・・
こればかりは「雪割草」頼み…なのですよねsweat01

早々の返信ありがとうございます。
やっぱり最終的にはメシベの粘性に限らず、
結実や発芽も「雪割草」頼みになってしまうのですね。
もっとも、交配したものすべてが結実し、発芽されても
置き場所がなくなってしまうので、それはそれで困ってしまうのですが...(冷汗)
私は【選別】という作業がとぉーっても苦手なものですから、
ポットに種を蒔いてから花が咲くまで放ったらかしの自然淘汰に任せています
・・・というか、作場がすでに飽和状態なので、一株一株をポット上げなんてできないのが実情なのですが...(泣)
作場が飽和状態なのにも拘らず、毎年交配を繰り返しているなんて・・・
完全に「雪割草」に操られてしまってますね...(苦笑)
≪返信不要です≫

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年は終わりも早そうです・・ | トップページ | 最後の忘れ物・・ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ