« 尖ったピンセットでオシベをプッと押してみた・・ | トップページ | 今年は終わりも早そうです・・ »

2013年3月28日 (木)

最後のジタバタ・・

Img_1268 4年生初花」 巨大輪三段咲き「鬼面児」の交配から開花した三段咲きの4年生初花です。如何にも巨大輪系の良い雰囲気を持った花で、親の大きさに三段弁のボリュームが加わればとても面白い花になりそうです。作り込んだ時の全体のバランスがこの交配のポイントになりそうですね。オシベもあるし・・・。

今日は曇り模様が一転して・・・
とても良い天気になりました。

僕にとっては最高の交配日和です。

先日から始まった三段咲きの交配も・・・
花の終わりそうなところから片付けて、漸く、花真っ盛りのところまで追いついてきました。

ただ・・・この天気が続くと花傷みも早いので・・・
毎日、出来る限りの数を交配しなくては、いつ花が散るとも限りません。

ここ2~3年は沢山の三段咲きF1を作って来たので・・・
今年は♀親に利用する花も、その殆どが最近作ったF1を利用しています。
主だった交配はF1×F1みたいな形になってきているのです。

ただ・・・種親はしばらくの間植え替えせずにほうって置いて・・・
昨年秋遅くから開花期前ごろまでに植え替えした花も多いので・・・
今一つ花に勢いの無いものも少なくありません。

まあ・・・今年は色々な意味で、次のステップへの準備の年と考えます。

ただし…交配親たちの植え替えも殆ど出来たので・・・
来春は植え替えせずに作り込んだ親たちが利用できそうです。

今日で1040交配です。
なんだかんだ言っても・・・今年も1000交配を超えてしまいました。

でも・・・実は・・・
親たちはまだまだ咲いてきます。
いよいよ最後の交配ですが、それでも、もうしばらくは続けられそうなのです・・・。

Img_1530 ヘパティカ・マキシマ・斑入り」 アシュウッド・ナーセリーのジョンさんからのご厚意で分けていただいたヘパティカ・マキシマの斑入りです。チョット寝ぼけた芽出しで後冴えのアケボノ虎系の斑入りですが・・・花の袴の部分までくっきりと染め分けるもので規則性はありそうです。なにしろ葉が大きいので、冴えた芸の時はとても見ごたえがあります。

Img_1527 ヘパティカ・マキシマ・斑入り」 試しにタネを蒔いてみたのですが、実生でも継続性はありそうです。斑の部分のタネからはキチンと斑入りが出ているのです。蒔いてみるものですね。面白いので・・・少し数を作ってみようと考えています。

まだ…テンテンや白覆輪、青軸無毛系も咲いているんですよね!!
もうチョット…交配が続けられそうです。

« 尖ったピンセットでオシベをプッと押してみた・・ | トップページ | 今年は終わりも早そうです・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尖ったピンセットでオシベをプッと押してみた・・ | トップページ | 今年は終わりも早そうです・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ