« 更に・・・ギボウシ新時代!!2 | トップページ | 気がつけば・・・10月。 »

2013年9月29日 (日)

更に・・・ギボウシ新時代!!3

Img_6369

Img_6368 イワギボウシ系『白波』」 先日ご紹介した『白波」の2花目が開花しました。2花目は見事に外弁がダブルになって重なり、花弁が9枚になっています。と…言う事は当初目的の「斑入り純白ダブル咲き」まではクリア出来たと言う事です!! これは嬉しいですね。

と・・・喜んで・・・ふと、昨日の1花目を見てみると・・・

Img_6372

Img_6370
な・・・なんと・・・
花が萎れはじめて気が付いたのですが・・・
実はこちらの方も、シベの弁化と共に外弁がダブル化していたのです。
前回の時は癒着していて気がつかなかったのですね!!

と言う事は・・・初花でこのタイプの開き方のものは・・・
これまで多くの株が「子宝咲き」へと変化してきているのです。
これで確実に多芸品が完成したと言えると思います。

ちなみに・・・

Img_6376
この花はやはり先日ご紹介した『荒波』です。
ご覧の通り・・・下の花は子宝咲きに変化して・・・
上に行くにつれてダブル咲きへと変化しているのが解ります。
おそらくは「白波」も、これと同じ芸に変化してくるものと考えられます。

Img_6382
この花は・・・同系統どうしの多元交配から生まれた初花で・・・
「ほろよい」と銘づけたものです。
ほんのりの桃色の花は既に弁化を始めて・・・
羅紗の血を持つ葉には鮮やかな縞斑を流し染めます。
これから楽しみな花ですね。

さて・・・今回はもう一つ・・・
Img_6350 イワギボウシ純白花・奥多摩産」 スッキリとした草姿の純白花です。数タイプある奥多摩産の純白花の中でも、この個体は花弁が大きく反りかえり、カタクリの花の様な咲き方をします。濁りの無い白い花と相まって、花姿の面白いイワギボウシです。

意外に人気の高いイワギボウシの純白花です。
この・・・大きく反りかえった特徴のある花を生かしたく「大同錦」と交配してみました。

Img_6355
「大同錦♀×純白花・奥多摩産」です。
♂に「純白花・奥多摩産」を利用してみたのですが・・・
花冠が良く開きやや反り気味の・・・
「純白花・奥多摩産」の雰囲気を残した花が咲きました。
伸び過ぎる花茎は「大同錦」の力で少しは纏まったのですが・・・
まだこの状態では・・・
「大同錦」の特徴でもある「イワギボウシらしくない咲き方」
・・・のイメージが残ってしまいます。

おそらく・・・
もう一度この花を♀に「純白花・奥多摩産」を♂に戻し交配すれば・・・
花茎もスッキリと纏まり良く仕上がり・・・
花弁の反りかえった「斑入り純白カタクリ咲き」が出来るものと思います。

毎日・・・新しい持ち味のギボウシ交配を模索中です。
ここしばらくは・・・毎日の日課ですね!!

« 更に・・・ギボウシ新時代!!2 | トップページ | 気がつけば・・・10月。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、やまくささん、岩ギボウシの美しい世界、ありがとうございます、ふいり純白ダブル咲き、初めて見ました、奥多摩の純白花、カタクリのお花のような、イメージで、岩ギボウシの魅力に、感激しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 更に・・・ギボウシ新時代!!2 | トップページ | 気がつけば・・・10月。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ