« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月14日 (木)

シャジンのはなし・・・その1

Pa300003 リストの表紙」 今回の「2013~2014リスト」の表紙に使わせていただいた梅ちゃん先生のホウオウシャジンです。地蔵岳オベリスクを染めつけた橅窯鉢に植えられた地蔵岳産のホウオウシャジン。何ともカッコイイ仕上がりなのです!!

ここのところ・・・
色々な雑誌や会報で「私の好きなベスト○○」と言った特集が組まれています。
ここで突然ですが・・・僕の大好きな山野草ベスト3の発表です。

第1位・・・ホウオウシャジン
第2位・・・ホソバヒナウスユキソウ
第3位・・・チシマクモマグサ
なのです。

これを・・・海外種もすべてひっくるめても・・・
1位、2位は変わらず・・・
第3位がパラクィレギア・アネモノイデスに変わるくらいです。

僕の中では常に第1位の山野草である「ホウオウシャジン」。
そもそも・・・この花を好きになったきっかけは・・・
おそらくは、中学の時に山渓で出版された白幡氏の高山植物のポケットブックに出ていた写真です。
花崗岩肌から垂れ下がる様にして咲くホウオウシャジン・・・
この写真のカッコ良さに、とにかく魅せられたのです。

その後・・・僕の目を釘付けにしたホウオウシャジンがあります。
それは・・・
実家から歩いて5分のところにお住まいの故・志方欽二さんの作場で見たホウオウシャジンです。
5寸鉢の半深鉢に十数本の芽が立っているその鉢は、わずか草丈10㎝にも満たない細い茎が四方に斜上して、6月だと言うのに既に小さな蕾を沢山付けていました。
あまりの纏まりの良さとその繊細な姿は、山渓の本で見た写真と同じ姿で・・・それが今、目の前にあるのです。

志方さんのお話では、その個体は後の日本歯科大学の教授で食虫植物の研究家としても知られる小宮定志先生の採種品をお預かりしているものだとお聞きしました。
ノスタルジックな部分も大きいとは思いますが・・・
僕の見たホウオウシャジンの栽培品としては、未だにこの時のものを越えるものを見ていません。
今後も、永遠に超える事の出来ない、素晴らしいホウオウシャジンでした。
話は変わりますが・・・この志方さんとの語らいの日々が、僕がシャジン好きでウスユキソウ好きになったきっかけなのだと感じています。

その後・・・行く先々の知人や山野草店で、僕のホウオウシャジン集めが始まりました。
まあ・・・いまから30年以上も前の話なのですが・・・sweat01

それまでは下垂性のシャジンと言うと、イワシャジン、ホウオウシャジンと・・・その中間タイプと言われていたヤシャジンシャジンの3タイプでしたが・・・
丁度この頃からウチョウランブームが始まり、その副産物として、あちらこちらの山からホウオウシャジンの近似種が見出されるようになりました。

特に富士山周りの御殿場から富士吉田の周辺には、大小さまざまな山野草屋さんが軒を連ねて・・・それぞれがそれぞれのタイプのシャジンを扱っていました。

まずお目見えしたのが梅が島で見つかったウメガシマシャジン。
その連なりの大谷崩で見つかったオオヤシャジン。
さらには夜叉神峠の奥、雨畑で見つかったアマハタシャジンなど・・・
よ~く見ると微妙に違うシャジンの仲間が色々と登場してきたのです。
ただし、そのいずれもがイワシャジンから派生したものではなく・・・
ホウオウシャジンに連続している様にも思えました。

シャジン探しをしていると・・・結構、それぞれの得意分野の店も解って来ます。
「バスの山野草店・M園さんのアマハタシャジンは凄く小型だよ」
「吉田のK園さんのオオヤシャジンは葉が真っ赤でイイよ」
「S園さんのイワシャジンは花色が良くて花が大きいよ」
など・・・みんな店ごとの特徴をよく理解して、自分なりの選別をしていたものなのです。

ウチョウランブームの頃の会話で「愛鷹山でタネまで白いイワシャジンの白が見つかったよ!!」と言う話もありました。
今日流通しているイワシャジンの白は、御殿場のS園さんによって増殖されたこの時の個体の末裔たちが殆どです。

さて・・・この懸垂性のシャジンたち・・・
特徴を大別すると・・・
大型種・・・イワシャジン、ヤシャジンシャジン、オオヤシャジン
小型種・・・ホウオウシャジン、ウメガシマシャジン、アマハタシャジン
葉の先端が曲がらない・・・イワシャジン
葉の先端が曲がる・・・その他
夏咲き・・・ホウオウシャジン
秋咲き・・・その他

さて・・ここで1つの疑問が・・・
先にも少し記しましたが、イワシャジンとホウオウシャジンは、本当に言われている様に種として連続するものなのでしょうか。
自生地の詳しい事は解りませんが・・・
栽培していると・・・明らかにイワシャジンとその他のシャジンたちでは特徴が異なる様に感じるのです。
それは何!!  と、言われると言葉では答えられないのですが・・・sweat01
雰囲気と言うか・・感覚的なものと言うか・・・
イワシャジンだけは独立しているように思えてなりません。
これらのホウオウシャジンに近似種の変異は地質によるものなのか・・・??
はたまた・・・イワザクラの様に標高差によるものなのか・・・??
いずれにしても、それぞれが特徴があり、その特徴を生かした選別が面白く、現存するものの多くはそうした特徴を生かした個体が残されているのだと思います。

最近・・・イワシャジン等はケースからはみ出るので、生産者の方は好んで立ち上がるタイプのものを増殖しています。
山野草展でも真っすぐに立ち上がって沢山の花を着けたイワシャジンを良く目にします。
でも・・・あくまで個人的には・・・
下垂性シャジンの仲間は、やはり、「下垂してこそ魅力的」なのだと思うのです。
ちなみに・・・イワシャジンは当時から「丹沢ユウシン」のものが一番美しいと言われていました。

それにしてもこの下垂性シャジンの仲間たち・・・
もう少し素直に育ってくれればsweat02 と思うのも、シャジンオタクの本音なのですが・・・sweat01

2013年11月12日 (火)

再び・・・復活の兆し。

Pa270022 「2008年のリンドウ畑」 この写真は2008年10月27日の頃の当園のリンドウ畑です。棚の殆どを埋め尽くすほどの当園作出の「斑入り八重咲きリンドウ」だったのですが、この翌年、この作棚が管理者不在の状態になり・・・その秋には壊滅的な状態になってしまいました。

それまで・・・10年以上の歳月を費やして交配してきたリンドウたちが・・・
当時の管理者の怠慢で、わずか1年にして絶滅の状態へと変化していきました。

この・・・写真のリンドウの半分ほどは各地に出荷されて行きました。
しかし・・・、その後残した苗や親たちは・・・
その年の冬を境に・・・その殆どが枯れてしまったのです・・。

もう・・・空しい以外の何物でもありません・・・。

「斑入り八重咲きリンドウ」の親はほとんど残らずに枯れてしまいました・・・。
かろうじて生き残った親たちも・・・息絶え絶えです。

でも・・・神は見放していませんでした。

この2008年に交配しておいた種子たちが・・・
採取され、すっかり忘れ去られた状態で冷蔵庫に保管されていたのです。

その中の採種していた一つの親が、この写真の個体です。

Pa270005 「秋の青空」 この花は・・・「斑入りリンドウ」と「白花リンドウ」との交配から生まれたもので、斑入りではありませんでしたが、空色の花にはブロッチが全く無く、その雰囲気から「秋の青空」と銘々しました。

この「秋の青空」は、その空色の無点花の風情が素晴らしく・・・
一切交配せずにセルフで出来た種子を採種しました。
白花が交配されているので、純白花も期待したものです。

その他にも、「斑入り八重咲き」と「瑞紅」を交配したものや・・・
「斑入り八重咲き」と「白花」を交配したもの等も種子が残っていました。

この忘れ去られていた種子を蒔いたのは・・・更に1年後の2010年です。
2011年の春には発芽したのですが・・・
今度は忙しくて・・・なかなかポット上げが出来ません。
それでも・・・小さな苗たちは、余り成長もせずに2年もの間ポットの中で生き続けてくれました。
漸くポット上げ出来たのが2013年~2014年春にかけてです。
その後は順調に成長を始め・・・
2014年秋には早いものが初花を咲かせたので、その年の秋から再び交配を始めてみました。

この・・・「秋の青空」の子も、2014年に少し咲いて・・・
無点空色花やほんのりうるみの白花等も咲いてくれました。
発芽した数はせいぜい15本に満たなかったのですが・・・
実はその中に、隔世遺伝で斑入りも3株程見られました。

そして今年・・・
漸く…その斑入りたちが開花を始めたのです。

Img_7495 「『秋の青空』の子」 少し青が強くなりましたが・・・親同様に無点のスッキリした花で、全面散り斑の素晴らしい個体でした。派手な斑入り模様とシックな花の雰囲気がアン・シンメトリーでとてもいい雰囲気です。

そして、もうひと株は・・・

Img_7504 「『秋の青空』の子」 非常に派手な青軸の斑入り個体に、ブロッチの全く入らない純白の花が咲いています。F2で早くも・・・目論見通りの花が咲いてくれました。

この2株はそれぞれ・・・このままセルフで採種しようと考えています。

先の「斑入り八重咲き」に「瑞紅」や「白花」を交配したF2たちも・・・
まだ1年目のロゼット葉ですが、斑入りや青軸がチラホラ見られます。
おそらく「斑入り純白八重咲き」や「斑入り紅花八重咲き」が咲く日も近いのでは・・・
と考えています。

一度は絶滅して。。。時間ばかりが過ぎて行ったリンドウの交配ですが・・・
来年からは再び・・・次のステップに入れそうな予感なのです!!

楽しみ~~~♪♪♪

2013年11月 3日 (日)

埼玉養殖魚祭り&観賞魚品評会に行ってきました。

今日は日曜日ですが・・・
午前中時間を作って、
「第36回埼玉養殖魚祭りと第46回埼玉県観賞魚品評会」に行ってきました。

会場は家から車で20分チョットのところなのですが・・・
会場周辺に来た頃から、沢山の車の列が見られます。rvcarcarcarrvcarbullettraincarrvcarcarrvcarcarhorse

会場の周りには既に駐車スペースはなさそうです・・・。

国道を渡った先のJAの特設駐車場に行きますが・・・
そこもすでに順番待ちです。rvcarrvcarbusshipcarcarcarbicyclecarrvcarcarcarcarrvcarhorse

なんとか・・・空いたスペースに車を入れて、いざ、会場に出発です!!

このイベントは・・・埼玉の漁業養殖関係者が一堂に集まって・・・
加須の水産試験場で春と秋に行われます。

安価で沢山の金魚や川魚が手に入るとあって・・・
とにかくものすごい人出で賑わいます。

まず…会場の入り口付近から眺めてみると・・・
こんな感じです。

Pb030001

Pb030002_3

Pb030004
まるで・・・動物園の檻の様です・・・sweat02

外の通路には、こんな感じで・・・
Pb030003

Pb030033
様々な錦鯉が売られています。

では・・・会場に入ってみませう。

Pb030005

Pb030006

Pb030007

Pb030008
と・・・まあ…こんな感じで・・・sweat01

この会場の状況を図で表すと・・・

geminigeminigeminivirgopiscesgeminigeminigeminigeminifishgeminivirgovirgogeminipiscesgemini
geminifishgeminigeminigeminidogvirgogeminigeminipiscespiscesgeminigeminigeminigeminigemini
geminigeminigeminipiscesgeminigeminigeminigeminivirgopiscesgeminipiscesgeminitaurusgeminigemini
geminigeminigeminigeminigeminivirgovirgosnowgeminigeminigeminigeminigeminifishfishgemini
geminigeminicancergeminigeminigeminigeminigeminifishgeminiemptygeminigeminigeminigeminivirgo
geminigeminifishpiscespiscesdoggeminigeminifishgeminigeminigeminipiscesvirgovirgogemini
geminifishgeminigeminigeminigeminigeminigeminigeminigeminifishhorsegeminigeminigeminivirgo
geminigeminigeminikissmarkgeminigeminivirgogeminifishfishpiscespiscesgeminigeminiscorpiusgemini
geminigeminipiscesgeminipiscesgeminigeminifishgeminigeminipiscesgeminigeminidenimgeminigemini
virgogeminifishgeminigeminirungeminipiscespiscesaquariusgeminivirgodoggeminigeminigemini
geminishadowgeminifishgeminigeminivirgopiscesgeminigeminipiscesfishgeminigeminiboutiquegemini
geminigeminifishtoiletgeminigeminipiscesfishwheelchairgeminigeminirunpiscesgeminibombgemini
geminifishfishpiscesgeminidoggeminigeminipenguingeminigeminifishgeminivirgopiscesgemini
geminigeminieyegeminigeminipiscesfishgeminivirgovirgorungeminifishpiscesgeminitoilet
catgeminifishpiscescatvirgogeminigeminipiscesgeminifishgeminigeminipiscescatgemini
geminigeminifishgeminivirgopiscesgeminirungeminifishgeminigeminipiscesfishgeminigemini
と・・・
こんな感じになりますsweat02

とーぜん・・・会場ではメダカも売っています。
Pb030010

Pb030009
「行田さん」も親子総出でがむばっています!!
(おや・・・なんだか・・・見慣れた人たちが・・・またまた・・sweat02)

今回のイベントのもう一つの目玉はメダカの品評会です。
早速会場に向かいます。

Pb030012
品評会は・・・
各水槽に入ったメダカの中から3匹を選んで・・・
上の投票カップにオハジキを入れます。
一番オハジキの多かったメダカが優勝なのです。

それぞれのメダカは・・・
四角いガラス水槽に入って、蓋もガラスになっていて・・・
上からはライトが当てられています。
上見も横見も観察できるようになっています。
後ろは黒バックなのでメダカも引き立ちます。
キャンデーポットの展示よりもよほど見やすいですね。
もう少し高さが目線なら、もっと良かったんですけど・・・。

そんなわけで・・・栄えある優勝に輝いたのは・・・
Pb030025
この子たちです。

Pb030017
この子達は銀賞です。

後はこんなメダカ君たちがいろいろと飾られていました。

Pb030014

Pb030022

Pb030019

Pb030021

Pb030018

Pb030023

Pb030026

Pb030027
さすが・・・どれも綺麗なメダカ君ばかりでした!!

Pb030029
会場では網や餌なども売られているのです。

メダカの投票を終えて、再び販売会場に戻ってみると・・・

Pb030030
Pb030031

Pb030032
更に山のような人だかりになってました。
真ん中も右も左も・・・ごちゃごちゃです。

10時半を過ぎたので、そろそろ園に戻りませう。

久しぶりに、楽しいイベント会場に出かけることが出来ました。
こんなイベントは肩もこらずに楽しめてよいですね!!

さて・・・最後に・・・本日の戦利品です。

Img_7422
ラメ幹之スモール・アイ

Img_7431
楊貴妃パンダ・スモール・アイ

Img_7444
青ラメ系幹之

Img_7454
タイリクバラタナゴ・イエロー透明鱗パンダ

Img_7461
タイリクバラタナゴ・アルビノ

Pb030041
丹頂

相変わらず・・・節操の無い買い物でしたsweat01
でも・・とっても楽しい1時間半でしたね。
今度は何処へ・・・行こうかしら♪♪♪

2013年11月 1日 (金)

なんとか・・かんとか・・・

2 ヤマラッキョウ『富士桜』」 富士演習林産のヤマラッキョウ白花の中からの変異品です。優しいサーモンピンクの花に黄色い雄蕊が良く目立つとても可愛らしい花です。植え込んで2年、なかなかいい雰囲気に仕上がりました。

今年はなんだか・・・忙しい毎日で・・・
ブログの更新もままなりません。

さてさて・・・
お陰様でなんとか・・かんとか・・・
「2013~2014年リスト」の原稿も、無事に印刷屋さんへと送る事が出来ました。

今年は、この恐ろしく暑い夏の中・・・
意外にも色々な草が生き残ってくれました。
これもひとえに・・・
従業員の皆さんの努力の賜なのです。

そんな訳で・・・
今年は約10ページほど・・・
またまたページが増えてしまいました!!

今年のリスト作りは・・・
なんだかと~っても楽しかったです♪♪♪
さて・・・どんなものが出ているのか・・・!??
今年の目玉は・・・???

と言う事で・・・
来週は商品集めに動かなくてはなりません。

この日曜日の午前中と・・・
来週の火曜日、木曜日は・・・僕と奥さんはお出かけです。
園には不在になりますので・・・悪しからずご了承ください。
まあ・・・こんどの日曜日の午前中は・・・
近くでやっている加須の「第36回埼玉養殖魚祭りと第46回埼玉県観賞魚品評会」に行く予定なんですけど・・ね。
(だから午後には園には居るのですね。)

さ来週は北国の方にもお出かけなのです・・・。

まだまだ・・・ドタバタな日は続いて行くのですね・・。

6 キイイトラッキョウ」 七色ダム産のタイプものです。意外に本物がある様で無い植物です。この風に揺れる繊細な感じと下向きに咲く花が特徴的ですね。この鉢も楚々として、いい雰囲気に仕上がりました。

リストは来週末頃に完成予定です。
もう少し・・・お待ちくださいませ。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ