« 埼玉養殖魚祭り&観賞魚品評会に行ってきました。 | トップページ | シャジンのはなし・・・その1 »

2013年11月12日 (火)

再び・・・復活の兆し。

Pa270022 「2008年のリンドウ畑」 この写真は2008年10月27日の頃の当園のリンドウ畑です。棚の殆どを埋め尽くすほどの当園作出の「斑入り八重咲きリンドウ」だったのですが、この翌年、この作棚が管理者不在の状態になり・・・その秋には壊滅的な状態になってしまいました。

それまで・・・10年以上の歳月を費やして交配してきたリンドウたちが・・・
当時の管理者の怠慢で、わずか1年にして絶滅の状態へと変化していきました。

この・・・写真のリンドウの半分ほどは各地に出荷されて行きました。
しかし・・・、その後残した苗や親たちは・・・
その年の冬を境に・・・その殆どが枯れてしまったのです・・。

もう・・・空しい以外の何物でもありません・・・。

「斑入り八重咲きリンドウ」の親はほとんど残らずに枯れてしまいました・・・。
かろうじて生き残った親たちも・・・息絶え絶えです。

でも・・・神は見放していませんでした。

この2008年に交配しておいた種子たちが・・・
採取され、すっかり忘れ去られた状態で冷蔵庫に保管されていたのです。

その中の採種していた一つの親が、この写真の個体です。

Pa270005 「秋の青空」 この花は・・・「斑入りリンドウ」と「白花リンドウ」との交配から生まれたもので、斑入りではありませんでしたが、空色の花にはブロッチが全く無く、その雰囲気から「秋の青空」と銘々しました。

この「秋の青空」は、その空色の無点花の風情が素晴らしく・・・
一切交配せずにセルフで出来た種子を採種しました。
白花が交配されているので、純白花も期待したものです。

その他にも、「斑入り八重咲き」と「瑞紅」を交配したものや・・・
「斑入り八重咲き」と「白花」を交配したもの等も種子が残っていました。

この忘れ去られていた種子を蒔いたのは・・・更に1年後の2010年です。
2011年の春には発芽したのですが・・・
今度は忙しくて・・・なかなかポット上げが出来ません。
それでも・・・小さな苗たちは、余り成長もせずに2年もの間ポットの中で生き続けてくれました。
漸くポット上げ出来たのが2013年~2014年春にかけてです。
その後は順調に成長を始め・・・
2014年秋には早いものが初花を咲かせたので、その年の秋から再び交配を始めてみました。

この・・・「秋の青空」の子も、2014年に少し咲いて・・・
無点空色花やほんのりうるみの白花等も咲いてくれました。
発芽した数はせいぜい15本に満たなかったのですが・・・
実はその中に、隔世遺伝で斑入りも3株程見られました。

そして今年・・・
漸く…その斑入りたちが開花を始めたのです。

Img_7495 「『秋の青空』の子」 少し青が強くなりましたが・・・親同様に無点のスッキリした花で、全面散り斑の素晴らしい個体でした。派手な斑入り模様とシックな花の雰囲気がアン・シンメトリーでとてもいい雰囲気です。

そして、もうひと株は・・・

Img_7504 「『秋の青空』の子」 非常に派手な青軸の斑入り個体に、ブロッチの全く入らない純白の花が咲いています。F2で早くも・・・目論見通りの花が咲いてくれました。

この2株はそれぞれ・・・このままセルフで採種しようと考えています。

先の「斑入り八重咲き」に「瑞紅」や「白花」を交配したF2たちも・・・
まだ1年目のロゼット葉ですが、斑入りや青軸がチラホラ見られます。
おそらく「斑入り純白八重咲き」や「斑入り紅花八重咲き」が咲く日も近いのでは・・・
と考えています。

一度は絶滅して。。。時間ばかりが過ぎて行ったリンドウの交配ですが・・・
来年からは再び・・・次のステップに入れそうな予感なのです!!

楽しみ~~~♪♪♪

« 埼玉養殖魚祭り&観賞魚品評会に行ってきました。 | トップページ | シャジンのはなし・・・その1 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉養殖魚祭り&観賞魚品評会に行ってきました。 | トップページ | シャジンのはなし・・・その1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ