« 蒔かぬタネは・・・ | トップページ | 蒔かぬタネは・・・2 »

2014年1月27日 (月)

毎日がにらめっこ・・

5 福寿草・七変化」 当園の福寿草の中ではかなり古くからあるものです・・。だいたい毎年・・・こんな感じの芸を見せてくれます。小花弁は「変化」ではこの後に丁子状に巻いてくるのですが、「七変化」では比較的真っすぐに伸びて外弁と重なるものが多いようにも感じます。また、どちらも実生でも同じような形質が見られるようにも感じますね。

ここ数日の昼間の暖かさで・・・
雪割草やら福寿草たちの開花が少しづつですが始まって来ました。

まあ・・・
雪割草はまだもう少しと言ったところですが・・・
福寿草の方はそろそろ、毎日の様に開花が始まっています。

そんな訳で・・・
今日から少しづつ交配を開始してみました。

いよいよ今年の・・・交配始めですね!!

雪割草の方も、全国大会まであと20日余りとなりました。
そろそろ開花調節に入らないと・・・花が間に合いませんね!!

来月以降の準備・・・色々と慌ただしくなってきました。

毎日・・・花とのにらめっこの日々が始まりそうなのです・・。

さて・・・今日は・・・
じ~っくりとにらめっこをしていた、咲き始めて来た福寿草の親鉢たちを少しご紹介です。
特に一般公開も販売もしていないので・・・
画像だけでもご覧ください。

5_2 「福寿草・信濃金采」 多弁で重ねの良い系統で、最近では「金采」の一系統として選別されているようです。今年はとても大きくがっしりと咲いています。花粉を採りやすいので、親としても重宝な品種です。

8 「福寿草・四方田家緑花」 大輪の八重咲き品種で「皆野緑」とも呼ばれています。相変わらず大輪で豪快な弁化は見る人を圧倒します。これだけの花弁数ですが花弁の隙間にシベも沢山あるので、今年も交配にはフル活躍の花の一つになると思います。

2 福寿草・金世界多弁」 以前、知人に分けていただいた「金世界」の芽変わりで、花弁先端の切れ込みはすこし少ないものですが、花弁数が倍になり非常に綺麗な重ねを見せてくれます。花も大きく、バランスの良い品種です。

2_2 福寿草・初音」 早咲きの大輪黄花として昨年辺りからデビューした花ですが、一部にこの様な八重化する個体が見られます。他所でもこの様な花が咲いていることから一過性ではなさそうです。早咲きで大輪で弁化する等から察するに・・・「初音」のルーツも見えてきそうですね!!

4 福寿草・爪折笠」 かなり特徴的な福寿草です。早咲きの花ですが、作り込んで株立ちにするとなかなか面白い趣と味わいを見せてくれます。この花を♀親にすると、なぜか同じ様な感じの花が咲きやすく・・・この爪折れ芸は意外に優性であることが解ります。

3 福寿草・日輪」 前記の「爪折笠」に「秩父紅」との交配から生まれた花からの選別との事です。少し花弁化が発達して日輪状に取り巻き、細いガクも均等に開きます。この「爪折笠」の系統をひく交配種もいくつか見られ、更に弁化が進んで纏まりの良い「新爪折笠」(仮名)等、作り込むと見事な花も見られます。爪折れ芸は遺伝率も高く、福寿草独自の一分野を開拓した花芸だと感じます。

2_3 福寿草・白宝」 数年前から見られる大輪系の白花です。がっしりとした草姿で、大きな花弁と纏まりの良いシベとのバランスも素晴らしく、白花としては花色も安定しているので・・・安心してお勧めできる銘花と感じています。この花自体は不稔に近いものですが、なにしろ大株で育てると見事な花です。

今回ご紹介の花たちは・・・あくまでも交配用の親株なので、一般公開はありません。
通常、希望されてもお見せする事も分与も出来ないので、画像だけでご勘弁ください。

福寿草の栽培には毎年四苦八苦しているのです・・・sweat01
それでも・・・良く咲いてくれると「次もがむばらねば・・」って・・・思うんですよね。

明日の1月28日(火)は1日不在となります。
悪しからずご了承くださいませ。

« 蒔かぬタネは・・・ | トップページ | 蒔かぬタネは・・・2 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
こちらも毎日1株ごとの状況を確認しつつ、後日の交配作業を想定しながら「にらめっこ」(ベランダでニヤニヤしているだけかも知れませんが…)です。
寒暖差が激しいため、今年は思うように作業が進みませんが、それでも何となく…、「いい感じ」のものは「いい感じ」に…なっているような、いないような…。

まぁ、素人の趣味と割り切ってはいるのですが、この時季のブログを拝見するたびに『感化される』ものがあり、「もう少し」「この辺を」と、変えてみたりしていますが、結果が確認できるのが4~5年後ですからね…。あせっても仕方ありませんね。

ブログの内容とコメントを参考に、更に少しばかり検討して……、『爪折素心』とか『姫素心』なんかを目指してみましょうか………。

あと何年かかるかなぁ…?

よこはま かない 様

昨日は有難うございました。
いつも楽しい話や珍しい情報を有難うございます。
花が咲いてくると毎日が楽しいですね。
特に・・・交配して咲く花を勝手に想像している時が一番楽しいかもしれません。
オタクの極み・・・ですねsweat01

福寿草の交配も漸く次に進めそうです。
堂々巡りにならなければ良いのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒔かぬタネは・・・ | トップページ | 蒔かぬタネは・・・2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ