« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月28日 (水)

何とか搬入できました・・

本日・・・お陰様をもちまして・・・
サンシャインのラン展」の搬入が終了いたしました。

今回は・・・
それぞれスタッフの売ってみたい山野草を各人で集めてもらって・・・
実際に売れそうなものをピックアップして持参してみました。

そのせいで・・・
またまた・・・とんでもない量の荷物になって・・・
何時もの搬入前のドタバタも手伝って・・・
最終的に園を出たのが午後2時過ぎ・・・
サンシャインに着いたのが午後3時を回ってしまいました。

会場に着くと・・・すでに殆どのブースが完成しています。

とにかく急いで・・・あれやこれやと試行錯誤しながら・・・
持参した植物たちを並べるべくレイアウトを考えます。

結局・・・ブースが完成したのは、規定時間の6時を少し過ぎていました。

と…言う事で、お待たせいたしました!!
今回のブース・・・こんな感じです。

P5280001

P5280002

P5280061
全体像としては、こんな感じです。

次に植物たちです。
まずは着生ラン主体の吊り棚から・・・

P5280003

P5280004

P5280005

P5280006

P5280007

P5280008

次に山野草たち・・・

P5280009

P5280013

P5280014

P5280015

P5280016

P5280039

P5280021

P5280019

P5280020
園芸的なものからかなりレアもの、珍品まで様々です。
棚下には野生ユリ各種も取り揃えております。

P5280017

P5280018
例によって・・・
メダカ君も一般種からレアものまで・・・少し持参してみました。

次はこの時期の名物シランです。

P5280023_2

P5280036

P5280037

P5280038

P5280040
こちらも一般的な庭植え用から、最新交配種まで色々と取り揃えております。

そして・・・野生ランたちです。(なんたって・・・ラン展・・・ですから)

P5280024

P5280025

P5280026
野草的なものやカキラン等も色々・・・

P5280028

P5280029

P5280030
かなり・・・マニアックなのです。

P5280031

P5280049
こちらは小型着生ランなど・・・

P5280032

P5280033

P5280034

P5280035
ハベナリアやサギソウの仲間たちです。

P5280041

P5280042
トキソウやネジバナ、タイリントキソウなどなど・・・

P5280043

P5280044
深山のランやシプリペディウムの実生苗など・・・

P5280045

P5280046
スズムシソウの仲間たちも色々。

P5280047

P5280048
サワラン等の交配種やフラスコ実生品など色々。

P5280050

P5280051

P5280052
アツモリソウ類も実生から開花株まで多数です。

P5280055

P5280059

P5280057

P5280058
そしてウチョウランとチドリ類のコーナーです。

P5280056_2

P5280060
最後はシュスラン類と、花ざかりのセッコクですね!!

P5280062
手を変え、品を変え・・・毎日商品は補充する心算です。

それにしてもいつもながら・・・
よく、ブースに収まったものです・・・。

帰り際・・・
今日は埼玉にも「竜巻注意報」が出ている事を知りました。

帰り際に高速道路から見ると、西北の空に真っ黒な雲が・・・
急いで奥さんに撮影してもらったのですが・・・

P5280063
確かに大きな雷雲です。

更にもう1枚撮影してくれたのですが・・・
な・・・なんと・・・これは不吉な・・・

P5280064
「オーメン」・・・・・・だ。
(まあ・・・何事もなかったんですけど・・・・ネ。666666666........)

2014年5月25日 (日)

魅惑のアッパーカット

Img_1354 「ネジバナ・緑花系穂咲き八重咲き花」 なんだかアブラムシがい~っぱい付いた様な感じですが・・・これぜ~んぶ蕾です。開花した時の珍妙な姿も良いのですが、この蕾の時もよ~く見るとなかなか妙味があります。この花もラン展用に昨年から寝かしておいたのですが・・・ココに来てかなり無くなってきてしまひました・・・。

この土・日は天気もまずまずで・・・
沢山のお客様にお越しいただきました。

有難うございました。

ただ・・・
ラン展を前にして・・・
売りたい花たちがだいぶ無くなってしまひました。
ど~しませう。

今日は5月にしてはかなり暑かったですね。
花の痛みが心配です・・・。

今日から2日間は「らん展」の準備に全力集中です。
どこまでできるのでせうか!??

さて・・・そんなドタバタの中・・・
いよいよ「魅惑のアッパーカット」が開花しました。

こんな感じですよん!!

Img_1695

ど~です・・・なんだかわかランでしょう!??

この花は西豪州に稀産する球根性野生ランのスピキュラエア・キリアタ(Spiculaea ciliata)。
通称「エルボー・オーキッド」と呼ばれる
「ハンマー・オーキッド」や「フライングダック・オーキッド」に近い仲間です。
なぜ「肘」なのかは解りませんが・・・
おそらくはリップの変化したハンマーで、
飛んできた蜂などの虫を肘打ちの様にはたいて受粉させるのだと思います。

この株は知人に頼んで・・・
かのオーストラリアのA氏から球根を入手したものです。
当時は2球入手して、その後5球に増えて・・・
今年はまた少し減ったようです。
エナメル・オーキッド等もそうですが・・・
この仲間は1年球根のままで芽を出さない事がしばしばあります。
理由は・・・わかランのです。

同時に入手した「ハンマー・オーキッド」は・・・
来たときから2球ともつぶれて腐っていました。
そんなものです・・・。(悲)

知人曰く・・・
「日本で咲くのは初めてかも・・・」
との事でしたが・・・よ~解りません。

そんな事よりも、まずは開花した事が万事なのです。

花をアップにするとこんな感じなのです。

Img_1701

一番上の花弁がドーサル・セパルで上から二番目がシベの本体です。
先端の少し紅色に染まった後ろにある黄色い玉が花粉塊です。
その奥のカギ型の飾りの基部が柱頭です。
その下にぶら下がっているものがリップの変化したハンマーです。
最後に反り返っている花弁が上がペタルで下がセパルですね。
その隙間に見える太いものが子房です。

ハンマーは少し触るとフラフラと揺れて・・・
いつでも肘打ちができる体制になっています。
実際は、肘打ちと言うよりも…アッパーカットなのですね!!

ちょっと交配してみようとは思っていますが・・・
はたして・・・結実させる事が出来るのでせうか。

わかラン手探りはまだまだづくのです・・・。

 

2014年5月24日 (土)

新シリーズになるのかしら…

Img_1592 「ヒメサユリ・酔白花」 優しい桃色をほんのりと染めた酔白花のヒメサユリです。実はこの花、円弁のヒメサユリの純白花を作ろうと思って、当園にて純白花と花型の良い円弁花とを交配したF1です。F1ではてっきり標準花が咲くものと思っていたので・・・まさか、こんなに綺麗で清楚な酔白花が咲くとは思ってもいませんでした。もう一度純白花に戻し交配をして、この花型の雰囲気で純白花が出来ればと思うのですが・・・果たして交配出来たのかしら!??

今日も、とても暖かい1日でした。

ここのところ・・・とにかく外出続きで・・・くたくたなのですが・・・。
それでも「らん展」の準備にいそいそと動かない体に鞭打ってがむばっております。

ただ・・・
「らん展」用の花たちが次々と終わってきたり…お嫁入りしたり・・・
また・・・だんだん減って来ました。

まあ・・・仕事なので減るのは嬉しいのですが・・・(葛藤)

今日はいよいよ・・・こんなものが出来ました!!

Img_1692
臨時リスト・5月号」です。
(値段は見せないよ~ん)

本日、一斉に発送しましたので・・・
来週初めには到着すると思います。

このリストは・・・
当園の植物を「本リスト」にてお買い上げのお客様の為に作りました。
「ネットショップ」を見られないお客様が中心のA4判・8ページの小リストです。
中身はと言うと・・・
「本リスト」発送後に入荷した新商品や・・・
売店のみで販売の物、数の少ないマニアックな植物・・・
期間限定、数量限定の花、色々セットなどなど・・・を掲載しています。

今回は試験的に5月号としましたが・・・
出来れば定期的に発行したいと考えています。
まあ・・・次は「夏リスト」ですけど。
これも「やまくさ」の新しいシリーズになりそうです。
(また自分の首を絞めるような行為をしてます・・・涙)

今日の夕方からは、若手スタッフを集めて「ネットショップ」作りの講習です。
これからは・・・
スタッフ各人が販売したい商品を「ネットショップ」で紹介するという方法に切り替えたいと考えています。
それに伴い、「やまくさブログ」での紹介も欠かせぬ様に連動させたいと思います。

はたしてみんな・・・どこまで頑張れるかしらん♪♪♪

皆様・・・どうぞお楽しみに!!
(かなりプレッシャーなんだろうな・・・がむばれ♪♪♪)

Img_1685 「レウム・デラバイ」 四川ヤルゴン4600m産の種子から開花のレウム・デラバイです。丈10㎝チョットで開花しました。ポソポソとした花穂ですが、こんな姿のレウムも意外に好きです。まあ・・・最終目標はレウム・ノビレ・・・なのですが。

えっ・・・明日の夕方も寒気がくるの!??

 

2014年5月22日 (木)

微妙・・・

Img_1633 「「ホップ」が開きました!!」 先日ご紹介のヤマオダマキ八重咲きが全開してきました。クリーム色と茶色のバランスが抜群で、いきなり「ホップ」から「ヤマオダマキ」らしい色彩に変化しました。なにしろすんごい迫力の花にビックリなのです!!

今日は天気が不安定との事ですが・・・
とにかく、遣る事はなるべくこなします。

メインはもちろん・・・サンシャインの準備です。
今年はラン展用に考えていたランたちの開花がとても早く・・・
ラン展のときまでに咲いているのかどうか・・・かなり微妙になって来ました。

今現在、開花中のものがとても多いのです。

なんだかんだで植え込みや植え替え、準備が遅れてしまって・・・
花が無いものは・・・やっと芽出し、なんて言うものもあります。
何気に・・・微妙です。

明日は南の方にお出かけです。
何か面白いものが見つかれば良いのですが・・・

それでも、「やまくさ」らしいものを色々と持ち込めればと考えています。
もうしばらくは・・・しんど・・・です。

Img_1525 「ヒメウラシマソウ・黒軸黒花」 黒花と言うにはまだまだ甘いのですが・・・葉はやや烏葉で葉の裏は真っ黒です。意外に人気の高い花で、お気に入りの方も何人かいらっしゃいます。この花を元に「まっくろくろすけ」も作りたいですね!!

こ・・・腰が・・・・・・・。

2014年5月21日 (水)

ひと段落・・・

Img_1515 「ホップじゃないですよ!!」 一見、ビールの原料のホップの様に見えますが・・・実はこれ、近年東北で発見されたヤマオダマキの八重咲きだそうです。下向きの花なので写真では解り難いですが、よ~く見ると中までギッシリのフルダブルです。これまでミヤマオダマキのフルダブルは知られていましたが、ヤマオダマキでも見つかるとはビックリでした!! 知人の持ちモノですが、早く増殖が待たれる逸品です。

今日は久しぶりの雨です。

ここのところお出かけ続きでクッタクタなのですが・・・
前から雨予報だったので、朝から家仕事に集中です。

その甲斐あって・・・なんとかひと段落は着きそうです。

早いもので「サンシャインのラン展」まではあと一週間です。
明日からはいよいよ本格的な準備に入ります。
でも・・・なんだか午後から夕方にかけては天気がかなり荒れ模様ですので・・・
支障が出なければいいのですが・・・。

品物を集めて、値段を付けて、POPを作って・・・
展示会前は恐ろしくやる事がい~っぱいなのです。

そろそろ雪割草のタネ蒔きも始めたいし・・・
メダカの水替えや採卵・・・
シランの交配、選別・・・
テンナンショウの肥料置き・・・
そして「夏リスト」用の蒔き床のポット上げなど・・・
遣る事だらけでパニックなのです。

でも・・・金曜日はまたまた県外にお出かけです。

ハァ~~~~~・・・・・・・・・・・・・・しんど。

Img_1615 「逆ツートンも出ました!!」 先日咲いたチャボシランです。いよいよ待望の「逆二色咲き」が咲きました。セパルの部分が藤色でリップの三舌花部分が白地に紫点入りの優しい雰囲気の花です。見た目の雰囲気から「静御前」と命名してみました。またまたシランに「新しい風」が吹いてきました。今年の花たちはどれも未来に向かっている花ばかりです。ヤッパリ交配は楽しいですね!!

そういえば・・・あの子たちはと言うと・・・

Img_1423

相変わらず咲き続けております。
右の子なんて3月末から咲き続けです。
まだ蕾が覗いているし・・・。
お互いに花粉を付けあって交配しているのですが・・・
はたして。

2014年5月18日 (日)

ギシギシ・・・・してます。

Img_1532 「チャボシラン三蝶咲き「絵草紙」」 淡いピンク地に鮮やかな紅の斑紋がとても美しい花です。丁度、先日ご紹介した「光源氏」の赤ヴァージョンの様ですね。遠目に目立つ鮮やかな斑紋も、三蝶咲きシランのこれからの方向性の一つだと思っています。更なる発展に期待したい花ですね!!

ここのところ・・・かなり良い天気が続いております。

今週からはいよいよ・・・「サンシャインのラン展」の準備に本格的に入ります。

ここ数日も・・・
肉体的にも精神的にも・・・かなり限界です・・・。
家に帰ると体がギシギシと音を立てて壊れ始めます。
その後は・・・・・・・・ぐ~ったり・・・ですね。

展示会前はいつもガタガタです。
特に・・・精神状態ピリピリがMAX・・・
近くでダラダラと仕事されたら・・・いつ爆発するか解りませんね!!

今週は外出も多くなります。
明日は1日お出かけです。
立て続けの遠距離の運転もかなりしんどい歳になりましたが・・・
もう少し老体に鞭打ってが~んば・・・です。

肉体的にも精神的にもガタガタですが・・・
もうひと頑張り・・・園でも家でも限界までもう一仕事です。

忙しい時期に自分のペースでしか仕事のできない人間は脱落します。
目の前の仕事をさっさと片付けて・・・
直ぐに次の仕事に取り掛かれる人だけが生き残れるのです。

園芸の仕事・・・結構シビアなのですね。

今日も咲き始めたシランたちのご紹介です。
「らん展」までに花があれば、販売品も作りたいものですが・・・はたして。

Img_1441

Img_1445

Img_1447

Img_1449

Img_1459

み~んな・・・良い顔になって来ましたね!!
   

2014年5月15日 (木)

ココまでやっとこ・・・20年。

Img_1223 「チャボシラン「光源氏」」 今年も「光源氏」が開花しました。淡い藤色のペースに、絵にかいたような紫の模様がとても良く目立ち印象的な花です。いつ見ても一目で解る綺麗な花ですね!! 本日、株分けしてみました。「ネットショップ」ででも販売してみようかしら!??

今日も暖かかったですね!!
今日は午前中は知人が訪ねてくださり、色々とお土産を頂いてしまいました。

朝一番では…家仕事用の写真撮影を中心に一生懸命パシパシ…です。

午後も過ぎるころから少し時間が出来たので・・・
先週に続いて、別な知人のところにメダカを見に行ってきました。
無理言って「サンシャイン用」にとても良い最新メダカたちを分けていただきました。
今回も…自分の増殖分と含めて…メダカ君も乞うご期待ですよん!!

今年初花のシランたちの開花が始まりました。
20年目にしてやっと…少しづつですが花も正面を向いてくれるようになりました。
そして…漸く、待望の第一歩が出来あがってきたようです。

こんな花たちなのです。

Img_1225 「チャボシラン・セミアルバ三蝶咲き」 いよいよ白地の色リップ花が咲いてきました。この花は写真では解り難いですが、ほんのりとクリーム色を帯びた白地に舌の稜の部分を黄色に染めた可愛らしい花です。外花弁も正三角形を作り、正面を向いて花型も抜群です。おそらくは黄花小白及との交配で次には黄色三蝶咲きも咲くのではないかと考えます。まだまだ…可能性の多い花なのです。

Img_1233  「チャボシラン・セミアルバ三蝶咲き」 前種に似たタイプですが、こちらは真っ白の花弁に花心部のみを黄色に染めた、おとなしめですが味わい深い花です。ここまでくればセミアルバ系の口紅や口紫花との交配で色々なタイプのセミアルバ三蝶咲きが作れそうです。

Img_1235  「チャボシラン・セミアルバ三蝶咲き」 この花は白地の花弁に優しいピンク色のリップとの対比が可愛らしいセミアルバ三蝶咲きです。この花はなにしろ花弁が良いです。肉厚で正面を向いてとても端正ですね。

しつこいけれど…なんとかここまで…20年。
これで「セミアルバ三蝶咲き」も色々なヴァリエーションが完成しそうです。
アルバ(純白花)では無く…セミアルバ(ウルミ白)だからこそ面白いのです。
そして…セミアルバだからこそ、大変だったのです。
だからこそ、
これらは…新しい可能性を見せてくれそうな花たちなのですね。

2014年5月14日 (水)

ラン展の準備開始です。

Img_1174 「ヒメウラシマソウ「帝」」 いよいよヒメウラシマソウたちの開花が始まりました。その中でもグリーンとピンクの対比が美しい亀甲葉の「帝」は最高の逸品ですね!! 先日もある人が「キャンディディシマムよりも綺麗だね!!」 と話しておられましたが・・・まさにその通りです。今年は♂花も入手したので、♀花に交配してセルフもやってみました。テンナンショウの仲間は♀花と♂花が必要なので・・・ある意味、いざやろうと思うとクロスよりもセルフの方がなかなか難しいのかもしれませんね。

ヤッパリ5月です。
毎日の気候の急変、寒暖の差が激しいですね。

今日はとても暑い1日でしたが・・・
結局1日中、家仕事で終わってしまいました。

そろそろ「サンシャインのラン展」が近づいてきました。
僕は毎日のようにラン集めに奔走しています。

写真の通り・・・ヒメウラシマ草たちの開花が始まりました。
今年、準素心は3系統の♂花が咲いたので、8鉢の♀花に交配してみました。
忙しくて午後の交配になってしまったのですが・・・
取り敢えず交配した後は暖かいハウスに入れておきました。
なんとか・・・結実してくれる事を祈るばかりです。

毎日・・・メダカの選別と水替えに勤しんでおります。
今日は暑くて・・・煮えなかったかしら!??
家から出なかったので、チョット心配なのです。

そろそろ・・・雪割草のタネ蒔きも始めなくては・・・。
その前に・・・棚の整理をして・・・場所を開けて・・・

相変わらず・・・家仕事も多くて・・・
まだまだ忙しい日々は・・・なのです。

Img_1156

Img_1160

Img_1163 「ヒメウラシマソウ・準素心花たち」 似てるけど・・・微妙違う顔がまた・・・良いのです。

メダカ君たちもそろそろペア組みのシュミレーション・・・なのです。

2014年5月 7日 (水)

GWが開けたので・・・

Img_1011 「アガベじゃないわよ!!」 一見、多肉植物のアガベの仲間にも見えますが・・・これはれっきとした「ギボウシ」です。「4倍体乙女」と「ヒメトクダルマ」との交配から生まれたもので、どちらも人為的に作出された斑入りどうしの4倍体交配なので、当園では「ゴヂラ」と呼んでいる系統なのです。写真の個体は「ゴヂラA」です。実物はとてもカッコイイんですよん!!

さてさて・・・
ゴールデン・ウィークも過ぎて、いよいよ忙しいシーズンに入りました。

これからは・・・
山野草の植え替え、実生苗のポット上げ、雪割草やイカリソウのタネ蒔きなど・・・
毎日やる事がい~っぱいです。

それに付随して、それぞれの置き場の確保や環境作りもあります。

そろそろ「サンシャインのラン展」の下準備にも入ります。
あちらこちらに苗の手配をしたり・・・ビン出しをしたり・・・
シラン等も咲き始めるので、交配も始まります。

それまで忙しくて無視していたメダカ君たちもポロポロと産卵を始めているので・・・
これから毎日、水替えと採卵の日々が続きます。
あっ・・・選別やペア組なども始めなくては・・・ですね。

そんな訳で「メダカの部屋」も半年ぶりに復活なのです。

さらには・・・お待たせいたしました。
いよいよ「ネット・ショップ」の方も、久々に再開です。
これから順次掲載していきますので、楽しみにご期待くださいませ。

もしかしたら明日の午後はてきと~に出かけるかもしれません。
11日の日曜日の午前中もひょっとしたら出かけるかも・・・です。
今月はあちこちに出掛けなくてはならなそうです。
園に不在の時もありますので、ご理解の上、どうぞご了承くださいませ。

今月はまだ他にも計画している事が色々あります。
それはね・・・いづれご期待なのですね。

Img_1014  「アガベじゃないわよ!!」 これは「ゴヂラB」です。荒れる様に伸びる中透けの葉がとても綺麗ですね。

Img_1026  「アガベじゃないわよ!!」 これは「ゴヂラC」です。鮮明な大覆輪が抜群に綺麗です。人気があり、もっと株にしたかったのですが割られました・・・。

Img_1017  「アガベじゃないわよ!!」 これは「ゴチラD」です。ぜ~ったいに日焼けしそうなのですが、暗まない割には 意外にも葉が焼けません。育てた方はみんなビックリなのです。

Img_1029  「アガベじゃないわよ!!」 これは「ゴヂラシリーズ」の実生から生まれた「ゴヂラの息子」なのです。ブルーリーフ系の深緑のペースに白覆輪葉とても鮮やかです。鋭角的な広がりも素敵ですね!1

Img_1021  「アガベじゃないわよ!!」 これはヒメトク・ダルマ系の逸品「大海」です。幅のあるたっぷりの葉に覆輪や縞斑、中斑等を絡めて大きく広がります。とてもバランスの良い迫力のある銘品ですね。

Img_1023  「アガベじゃないわよ!!」 この品種もヒメトク・ダルマ系の逸品「春の光」です。紺覆輪の鋭角的な葉がなかなか魅力的なのです。

連休が明けて・・・色々な事が一斉に動き出すのです。
大変だ二ゃア~・・・。

2014年5月 4日 (日)

タネ採り集中・・・

Img_0905 「カトレアに近づいた・・??」 この花は「チャボシラン三蝶咲き」に「銚子ブルーシラン」との交配から生まれたシラン三蝶咲きです。なるべくシランの雰囲気を残した、くどく無い三蝶咲きをねらった交配です。今年の初花ですが今回の拘りはあくまでカトレアに近づける事です。余り奇形要素を全面に出さずに、きっちりと正面を向いた素直な花作りに重点を置いてみました。小白及の顔を極力減らして、シランに近い花での小型種を目指してみたのです。この花は側花弁の開きも良く、ガク片も三角形を作りかなりグレードの高い花だと感じています。それにしても・・・三蝶咲きのシランの花を正面に向けるだけで20年もかかってしまうなんて・・・自慢にもならないですね。

この数日の間・・・
何とか時間の合間を見つけては雪割草のタネ採りに専念していました。

相変わらず袋かけを続けていたのですが・・・
ここ数日の暑さ続きで・・・
殆どのタネがポロポロと落ちはじめました。

これは大変・・・
大急ぎで・・・袋かけからタネ採りに変更を余儀なくされたのです。

その甲斐あってか・・・かなりタネ採りの方は進みました。
取り敢えず予定していたタネの採種は何とかできそうです。

連休明けからはいよいよ・・・タネ蒔き開始です。
その前に・・・蒔き床の置き場を確保しなければ・・・。

このゴールデンウィーク中は、沢山のお客様にお出でいただいております。
有難うございます。
今年は・・・珍しいお客様も沢山です。
面白そうな情報も盛り沢山です。
なんだか・・・この業界・・・
またまた面白い雰囲気になって来ました。
新しい動きが少しづつ出てきそうな予感ですね。

Img_0958  「カトレアに近づいた・・??」 この花は「シラン純白三蝶」に「群馬産純白花」を交配したシラン交配です。これまでの純白三蝶よりも花に丸みを帯びて、やはり正面を向いて咲いてくれるようになりました。まだ初花第1号ですが、欲を言えばもう少し側花弁が開いてくれればと言うところです。まだ・・・兄弟も沢山花芽を持ちあげているので、もう少し良い花が選別出来そうで楽しみです。観賞価値はこれまでの純白三蝶とは比べ物にならないくらい高くなったと思います。

Img_0961  「カトレアに近づいた・・??」 この花は 「チャボシラン三蝶咲き」に「銚子ブルーシラン」との交配から生まれたブルー系三蝶咲きで、最初の花とは兄弟です。この交配が一番色にバラつきが出たのですが、酔白花から濃いブルーまで咲いてきそうなので、色々なヴァリエーションが選別出来そうです。この花も含めて多くの花が正面を向いてくれる交配なので、花型だけで言えば、ココに来て急速にカトレアやレリアの雰囲気に近づいたと思います。なにしろ・・・苦節20年なので(汗)

先日、久しぶりに「Dokken」を聞いて以来・・・
ここ2日ほどは「この曲」が頭の中に鳴りっぱなしなのです。
まあ・・・仕事をするには丁度良いリズムなのですが・・・。

ちなみに・・・
「ジョージ・リンチ先生のギター教室」はコチラ
カミソリギターがめちゃくちゃカッコよくて・・・凄いのです。
興味のある人はどーぞ。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ