« ラン展の準備開始です。 | トップページ | ギシギシ・・・・してます。 »

2014年5月15日 (木)

ココまでやっとこ・・・20年。

Img_1223 「チャボシラン「光源氏」」 今年も「光源氏」が開花しました。淡い藤色のペースに、絵にかいたような紫の模様がとても良く目立ち印象的な花です。いつ見ても一目で解る綺麗な花ですね!! 本日、株分けしてみました。「ネットショップ」ででも販売してみようかしら!??

今日も暖かかったですね!!
今日は午前中は知人が訪ねてくださり、色々とお土産を頂いてしまいました。

朝一番では…家仕事用の写真撮影を中心に一生懸命パシパシ…です。

午後も過ぎるころから少し時間が出来たので・・・
先週に続いて、別な知人のところにメダカを見に行ってきました。
無理言って「サンシャイン用」にとても良い最新メダカたちを分けていただきました。
今回も…自分の増殖分と含めて…メダカ君も乞うご期待ですよん!!

今年初花のシランたちの開花が始まりました。
20年目にしてやっと…少しづつですが花も正面を向いてくれるようになりました。
そして…漸く、待望の第一歩が出来あがってきたようです。

こんな花たちなのです。

Img_1225 「チャボシラン・セミアルバ三蝶咲き」 いよいよ白地の色リップ花が咲いてきました。この花は写真では解り難いですが、ほんのりとクリーム色を帯びた白地に舌の稜の部分を黄色に染めた可愛らしい花です。外花弁も正三角形を作り、正面を向いて花型も抜群です。おそらくは黄花小白及との交配で次には黄色三蝶咲きも咲くのではないかと考えます。まだまだ…可能性の多い花なのです。

Img_1233  「チャボシラン・セミアルバ三蝶咲き」 前種に似たタイプですが、こちらは真っ白の花弁に花心部のみを黄色に染めた、おとなしめですが味わい深い花です。ここまでくればセミアルバ系の口紅や口紫花との交配で色々なタイプのセミアルバ三蝶咲きが作れそうです。

Img_1235  「チャボシラン・セミアルバ三蝶咲き」 この花は白地の花弁に優しいピンク色のリップとの対比が可愛らしいセミアルバ三蝶咲きです。この花はなにしろ花弁が良いです。肉厚で正面を向いてとても端正ですね。

しつこいけれど…なんとかここまで…20年。
これで「セミアルバ三蝶咲き」も色々なヴァリエーションが完成しそうです。
アルバ(純白花)では無く…セミアルバ(ウルミ白)だからこそ面白いのです。
そして…セミアルバだからこそ、大変だったのです。
だからこそ、
これらは…新しい可能性を見せてくれそうな花たちなのですね。

« ラン展の準備開始です。 | トップページ | ギシギシ・・・・してます。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。チャランポ・・・、いや(^_^;)、チャボシランのいろいろな花が、とてもきれいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラン展の準備開始です。 | トップページ | ギシギシ・・・・してます。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ