« 新シリーズになるのかしら… | トップページ | 何とか搬入できました・・ »

2014年5月25日 (日)

魅惑のアッパーカット

Img_1354 「ネジバナ・緑花系穂咲き八重咲き花」 なんだかアブラムシがい~っぱい付いた様な感じですが・・・これぜ~んぶ蕾です。開花した時の珍妙な姿も良いのですが、この蕾の時もよ~く見るとなかなか妙味があります。この花もラン展用に昨年から寝かしておいたのですが・・・ココに来てかなり無くなってきてしまひました・・・。

この土・日は天気もまずまずで・・・
沢山のお客様にお越しいただきました。

有難うございました。

ただ・・・
ラン展を前にして・・・
売りたい花たちがだいぶ無くなってしまひました。
ど~しませう。

今日は5月にしてはかなり暑かったですね。
花の痛みが心配です・・・。

今日から2日間は「らん展」の準備に全力集中です。
どこまでできるのでせうか!??

さて・・・そんなドタバタの中・・・
いよいよ「魅惑のアッパーカット」が開花しました。

こんな感じですよん!!

Img_1695

ど~です・・・なんだかわかランでしょう!??

この花は西豪州に稀産する球根性野生ランのスピキュラエア・キリアタ(Spiculaea ciliata)。
通称「エルボー・オーキッド」と呼ばれる
「ハンマー・オーキッド」や「フライングダック・オーキッド」に近い仲間です。
なぜ「肘」なのかは解りませんが・・・
おそらくはリップの変化したハンマーで、
飛んできた蜂などの虫を肘打ちの様にはたいて受粉させるのだと思います。

この株は知人に頼んで・・・
かのオーストラリアのA氏から球根を入手したものです。
当時は2球入手して、その後5球に増えて・・・
今年はまた少し減ったようです。
エナメル・オーキッド等もそうですが・・・
この仲間は1年球根のままで芽を出さない事がしばしばあります。
理由は・・・わかランのです。

同時に入手した「ハンマー・オーキッド」は・・・
来たときから2球ともつぶれて腐っていました。
そんなものです・・・。(悲)

知人曰く・・・
「日本で咲くのは初めてかも・・・」
との事でしたが・・・よ~解りません。

そんな事よりも、まずは開花した事が万事なのです。

花をアップにするとこんな感じなのです。

Img_1701

一番上の花弁がドーサル・セパルで上から二番目がシベの本体です。
先端の少し紅色に染まった後ろにある黄色い玉が花粉塊です。
その奥のカギ型の飾りの基部が柱頭です。
その下にぶら下がっているものがリップの変化したハンマーです。
最後に反り返っている花弁が上がペタルで下がセパルですね。
その隙間に見える太いものが子房です。

ハンマーは少し触るとフラフラと揺れて・・・
いつでも肘打ちができる体制になっています。
実際は、肘打ちと言うよりも…アッパーカットなのですね!!

ちょっと交配してみようとは思っていますが・・・
はたして・・・結実させる事が出来るのでせうか。

わかラン手探りはまだまだづくのです・・・。

 

« 新シリーズになるのかしら… | トップページ | 何とか搬入できました・・ »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新シリーズになるのかしら… | トップページ | 何とか搬入できました・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ