« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月20日 (金)

新しい遊びが始まった??? その2

Img_2180 イソマカキラン」 自然実生の「野良イソマカキラン」が今年も開花し始めました。今年はついに40本の花芽があがっています。まあ…完全にココに居着きましたね!!

さて…
先日ご紹介しましたカキラン「柿の獅子舞」。

その後は花を開いたり、蕾のまま落ちたりと…
その時の蕾の成長具合で咲いたり、咲かなかったりを繰り返しています。

当然ですが…花粉も吹いたり、吹かなかったりで…
また…交配した♀花たちも少し受粉率は悪いようにも感じます。

冒頭のイソマカキランを始めとして、
ここに来て…へんてこりんなカキランたちが色々と咲いてきました。
意外にカキラン…奥の深い野生ランなのかもしれませんね。

Img_2182 イソマカキラン」 まずは冒頭のイソマカキランのアップです。良く見ると舌(リップ)が側花弁(ペタル)化している様にも見えますが、実際は側花弁の部分にも舌の名残りで先端にピンク色を感じます。イソマカキランはよく「6弁花」と言われていますが、実際は側花弁も舌も、どちらもやや退化した舌の様にも見えます。むしろ「6弁花」では無く、舌化した「三蝶咲き」の様な変化なのかもしれません。もっとも…イソマカキラン自体が「カキランとは別種」と考えれば、イソマカキランはこんな花なんだと言う事なのかもしれませんけどね。

Img_2187 カキラン・六歌仙」 この花は静岡の知人から分けていただいたもので、一応「カキランの6弁花だがイソマカキランでは無い」との触書で入手したものです。上のイソマカキランの写真と比べるとこちらの方が側花弁(ペタル)の形状は普通で、むしろ舌(リップ)が花弁(ペタル)化しているのが良く解ります。花色も濃色でやや抱え咲きですが面白い雰囲気の花だと思います。明らかにイソマカキランとの違いは一目です。

Img_2175 「カキラン・カブト咲き」 こちらは新潟の知人より分けていただいたものですが、花弁・ガク片共にコロコロとした形状の花で、シュンランやエビネ等で言うところの「カブト咲き」です(「柿丸」と同じ??)。写真左の蕾の形状も面白く、特筆すべきはガク片(セパル)の丸さです。小輪ながらも次々と咲いて可愛らしい花ですね。

こ~なったら…
み~んな色々と交配してみませうか!??
変な花が咲くかも…ですね。

そう言えば…
知人の「抹茶」さんがいい感じで「カキランの変異」を纏められています。
ホームページ全体の中身もとても勉強になりますよ!!
是非、ご覧くださいませ。

2014年6月11日 (水)

新しい遊びが始まった???

Img_1870 カワミドリ純白花」 お茶花として人気の高いカワミドリの青軸純白花です。種子から選別したものですが、青軸の発生率は50%。その中には純白花や淡いピンク色を帯びたもの等もあります。1つの花で色々な花色が出てくると、それはそれで楽しいコレクションへと進化します。庭植えでも人気のある花ですので、暑い初夏に涼しげな白花はお勧めですね。

なんだか…
毎日、だらだらとした雨が続きますね!!

こんな時は仕事もなかなか手に着かないものです。

今日は…休園日なので…1日家仕事の予定でしたが…
メダカ屋さんの知人が遊びに来ると言うので、午後から園に向かいます。
そうそう…お昼頃には時間が出来たので、久しぶりに床屋にも行けました。
漸くサッパリです。

でも…今日園に行った目的はもう一つ…
それは…昨年入手した「この花」が気になったからなのです。

その花とは…コレですね。

Img_2014 カキラン『柿の獅子舞』」 以前からず~っと気になっていたカキランの「子宝咲き」です。一時は絶種とも言われていた花ですが、少し気になるところがあって…唯でさえ数の少ない花なのに無理言って昨年の夏に分けていただきました。でも昨年はそのまま蕾落ちしてしまい花が咲かず、気になっていた事を確認できませんでした。今年、初めてこの目で花を見て…その「気になる事」は「確信」に変わったのです。

この写真は、3日前に開花した時の写真です。
以前見たときの写真と同じく、花の中心に複数のコラムが見られます。

そして…次の写真が今日撮影した同じ花の写真です。
コラムに注目ですよ!!

Img_2023
どうですか!??
開花から3日経って、全てのコラムの周りに黄色い粉が吹いているのが良く解ります。
そうです…おもいっきり「花粉」を吹いているのですね。

それも…コラムの数だけ花粉が付いています。
「子宝咲き」なのですが…
普通の花よりもコラムが多いので、その分花粉の量も多いのですね!!

僕の予感は的中しました。
この花は八重咲きですが花粉を持っているのです…それも…沢山。

カキランの仲間の中では「ヤクシマカキラン」が発芽が良いと言われています。
数人の知人が試みた中でも、ヤクシマカキランやその交配種たちは確かに他と比べても発芽が良い様子です。

そんな訳で…現在丁度、グッドタイミングで知人から分けていただいたヤクシマカキラン系の交配種たちが色々と開花を始めています。

この「柿の獅子舞」の花粉をそれらとの交配でF1を作ってみる事にしました。

チョットつま楊枝で花粉をひっかいてみると…
Img_2030
なかなかいい感じで採取する事が出来ます。
こんな感じの花粉塊がいくつも採取できるのです。
まだまだ蕾もいくつもあるので…
花粉が採れる度に色々と交配して遊んでみましょうね!!

うまくタネが出来たら面白いですよ。
なにしろ「カキラン子宝咲き」のF1なのですから…。

僕の経験上、この手の花の変異は♂親で交配遺伝も可能です。
もっとも、「柿の獅子舞」自体は子房が退化しているのでタネは出来ません。

あとは…この芸が「半優性」か、「劣勢ホモ」かで答えが決まります。
まあ…この手の花は僕の予想では………bleah

「カキラン」もまだまだ面白い花の情報が入って来ています。
新しい花作りゴッコが…またまた始まりそうですね。

2014年6月 8日 (日)

どしゃ降りの雨の中で…

Img_1800 シャクナンガンピ」 屋久島特産のジンチョウゲ科の植物です。この個体は昨年ご紹介した個体とは別の個体で、数年前に昭和30年代前半に採取された個体からの実生苗を中禅寺のSさんよりお分け頂き販売したものです。やはりお客様のHさんの栽培されたものが開花して、撮影用に持参されました。良く見ると小さな実生苗が生えており、株元のヤクシマカラマツもちょっとアクセントになってますね。

毎日…凄い雨ですね!!

地域によっては1カ月分の雨が3日で降ったとか…

園の周りでも田んぼの水は殆ど満水状態です。
それどころか…園の売店も酷い時には半分くらい浸水していました。

考えてみれば…
雷のならない長い雨は久しぶりかもしれません。
これもエルニーニョの影響なのかしら…!??

こんなどしゃぶりの雨の中ですが…
それでも、この土・日には何組ものお客様にお越しいただきました。

本当に有難うございました。

次々と「夏リスト」の準備が始まっています。
今年の夏リストの目玉は…なにかしら!??
お楽しみに!!

Img_1809 アマナチャボシラン」 チャボシランが終わって、アマナチャボシランの季節に入りました。この花は外弁がほんのりライムグリーンに染まって、赤桃色のリップとの対比がとても美しい個体です。数タイプ選別してあり、良いタイプを「サンシャインのラン展」でも少しだけ販売させていただきました。(完売でした。有難うございました。)陽の採り方で少しグリーンの発色に変化が出ますが、なにしろ綺麗な花なのです。

明日の月曜日は、午後から少し出掛けます。
悪しからずご了承の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(天気が荒れなければイイなあ~…)

2014年6月 4日 (水)

ラン展、無事に終了いたしました。

P6010006 「サンシャインのラン展」 相変わらず沢山の人でにぎわいました。入賞花コーナーの前はいつも黒山の人だかりです。

お陰様をもちまして・・・
「サンシャインのラン展」が無事に閉幕となりました。

期間中、
沢山のお客様にお越しいただき、沢山の花たちをお買い上げいただきました。
本当に有難うございました。

期間中は何度も足をお運びいただきましたお客様も多く・・・
天気にも恵まれて、本当には充実した4日間でした。

僕は、山野草関係のイベントには殆ど出店しないのですが・・・
この、1月と5月の「ラン展」のイベントだけは出展させていただいております。
それこそ30年以前からの古くからの知人や仲間たちも多く・・・
同窓会気分で参加できるので、とても楽しいイベントなのです。

この様な「異種格闘技」的なイベントはとても面白く・・・
自身の花に対する見知も幅広くなり、とても勉強になります。

そう言う意味では山野草関係のイベントよりもはるかに面白いですね!!

今回はスタッフたちもとても楽しそうに参加しているのが印象的でした。
みんな・・・こういう機会にドンドン自信を付けてくれると嬉しく思います。
そういった意味では、こういうイベントも少しづつ増やして行っても良いですね。

P6010009 東京都知事賞」 見事なカタセツムです。咲き姿も良く、素晴らしい雰囲気でした。happy01

P6010011_2 蘭友会会長賞」 カトレアのほんのり淡いセルレアです。バランスも良く、一斉に開花している様は素晴らしい作品です。

P5300005
2日目には話題の高円宮妃殿下様もご覧になられました。

P5290004

P6010012
初日や土・日の売店ブース前は常に人でいっぱいでした。
皆様、本当に有難うございました。

「臨時5月リスト」の方も、
予想以上の沢山のお客様にご注文を頂きました。
すでに品切れ商品もあり・・・
重ね重ね、有難うございます。

「サンシャインのラン展」会場でも数名のお客様から、
「臨時リストも注文しておきましたから」とのお言葉を頂きました。

今回のラン展搬入のブログ写真を見て、数人のお客様から
「この苗が欲しいが行けないのでなんとか・・・」と言うご連絡を頂きましが・・・
その苗が欲しくてわざわざ遠方よりお越しいただくお客様も多くいらっしゃいます。
数の少ない苗につきましては公平に
わざわざお越しいただいたお客様で早い方から優先にて販売させていただきました。
悪しからずご了承のほど、ご理解くださいませ。

忙しいイベントが終わって・・・溜まった仕事が待っています。
既に次に向かっての仕事がスタートしました。

僕も漸く、雪割草のタネ蒔きとメダカの卵採り、ペア組みを開始です。
「夏リスト」の準備にも入らなくては・・・ですね。



« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ