« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月27日 (日)

猛暑の中を・・・

Img_3416 「ウズキキョウ・絞りダブル咲き」 ついに登場!! ウズギキョウの絞りでダブル咲きが開花しました。これで当面のウズギョウ交配としての第1段階は通過することが出来ました。これからはいよいよ、芸の安定を絡めて・・・ウズギキョウストライプや、様々な花色作りに取り組みたいと考えています。キキョウの交配も早20年とチョット・・・確実に少しづつですが進化していますね。

この土・日の暑さは半端無いですね!!

昨日から「夏のメダカ祭り」が始まったのですが・・・
何しろ連日の35℃オーバーです。
メダカや植物たちの煮える心配のほうが頭の中で先行してしまいます。
こまめに時間を見ながら、こまめに要チェックです。

でも・・・この暑いさなかにもかかわらず・・・
メダカや植物をお求めの何組ものお客様においでいただきました。
有難うございました。

この2日間、暑さの中をたくさんのメダカ君たちがお嫁入りしていきました。
早いものでは・・・ほぼ品切れになった品種もございます。

お客様の動きを見て、お話を伺っていると、
その年の流行が手に取るようにわかります。

皆さん、あんなメダカやこんなメダカに注目されているんですね!!

「夏のメダカ祭り」は8月末日まで、休日以外は常に開催しています。
今日も早々に・・・
今話題の、あのメダカやこのメダカなどの追加入荷も決まりました。

これからも順次、追加の手配や・・・
当園で育種中のメダカも成長する順を追って販売体制に入りたいと考えています。

Img_3419 ウズギキョウ・濃氏ダブル咲き」 花弁中心の乱れ方を見ると、弁かは更に進みそうです。ウズギキョウもいろいろなヴァリエーションが出来てきました。 

メダカ仲間たちがいろいろと宣伝してくださるので・・・
お蔭様でたくさんの愛好家の方が入れ替わりおいでいただいております。
お時間のある方は是非、遊びにいらしてください。

ご来園を心よりお待ちいたしております。fish

2014年7月22日 (火)

またまたわかラン…なのです。その③

Img_3385

またまた登場の例のスズムシソウの仲間です。
今回は少し、纏まった数が入って来ました。

写真の個体はかなり緑色の強い花ですが、
後に飴色へと変化するので素心ではありません。

今回は様々な花色の個体群が入荷しましたが、
やはりリップとペタルの形状に変化は見られません。
開花期も他の仲間に比べればかなり遅いものです。
これだけまとまった個体が同じ特徴を持っていると言う事は…
「自然交雑種」よりも「基本種のなにか」と考えた方が自然かもしれません。
それとも、
九州の一部に見られるフガクスズムシの南方型なのでしょうか!??

然る研究機関にもサンプルを送らせていただいたので…
果たしてこの花が何者なのか…いまから答えが楽しみです。

Img_3291

Img_3381

Img_3283
最後の写真の花は少しフガクスズムシっぽさが残りますね。

今回は少し数が入って来たので「ウェブショップ」の方でも販売させていただきます。
興味のある方は是非、ご覧くださいませ。

それにしてもスズムシソウの仲間は未知・未見な花が多く見られます。
この花もフガクスズムシに混じって、ひっそりと生えていたのかもしれません。

野生ランはわかランのです…。

2014年7月21日 (月)

キキョウの進化が止まらない!!

ここ数日、関東は荒れた空模様でしたが…
この天気もようやく落ち着いてきました。
いよいよ…梅雨明け間近ですね!!

キキョウの開花もピークとなって来ました。
毎年感じる事なのですが・・・
キキョウの進化が止まりません!!

論より証拠…
まずは…皆様ご注目の「ストライプ」からどうぞ!!

Img_3311

Img_3304

Img_3296

Img_3306

Img_3298

Img_3292

Img_3295

Img_3309

Img_3308
どうです…。
ココに来て、かなり固定率も上がって来て芸も安定してきました。
もう少しでしっかりした花を販売できそうな予感です。

さて…お次は…
これも…もしかしたらこれからの花になりそうなものを2つ程ご紹介です。

Img_3116

Img_3117
まずは1つ目です。
殆ど写真では解りませんが…取り敢えずほんのり淡いピンクの絞り花です。
まあ…最初はこんなものです。sweat01
あとはどうやってこの淡い色を濃く染めて行くかなのですが…
それが解れば苦労はしないのです…sweat02

さて…2つ目ですが…
こちらはいよいよ…待望の花が咲きました。

Img_3197

Img_3339
かなり完成度の高い「ウズギキョウ絞り花」です。
現在、この2個体が開花中です。
2個体あるので交配出来ました、次がとても楽しみなのです。

今回ご紹介した花の数々は、当然ながらまだ種親です。
ご来園頂いても販売品は皆無です、全て交配の為の親なのです。

この次の仔たちが完成の暁には、いよいよ販売開始を考えています。
キキョウたちの進化も止まりません。
乞うご期待ください…ね。

2014年7月18日 (金)

ぶらり???…メダカ旅。

今週7月14日~7月17日の間・・・
メダカを訪ねての旅に出てまいりました。

旅に出た理由は・・・コレ!!

7月26日(土)~8月末日まで・・・
夏のメダカ祭り開催!!

と・・・言う事で・・・期間中は・・・
売店ハウスの1列すべてを改良メダカのコーナーとして展示販売いたします。

まあ・・・夏はメダカのお客様も多いので・・・
折角なので、ど~せなら日本全国の最先端のメダカをぜ~んぶ販売してやれ!!

などと考えまして・・・
先の4日間に、今、いちばんメダカに熱い地方を巡って来たのであります。

今回は場所も、関東からはかなり遠いと言う事で・・・
ひっさしぶりに「新幹線」と「レンタカー」の旅と相成ったのであります。

さて・・・今回の旅の行程ですが・・・
ハハハ・・・なかなか皆様方の日程が合いませぬ・・・。

そんな訳で・・・こんな行程になりました。

・1日目、新幹線で姫路まで、そこからレンタカーで岡山~広島。
・2日目、広島~市内東西~尾道~鞆の浦。
・3日目、鞆の浦~福山~しまなみ海道~今治~広島
・4日目、広島でレンタカー捨てて~新幹線で帰宅。

と…言う、新幹線を使った割にはレンタカー走行距離850キロと言う・・・
かなりハードな旅でした!!

今回は初めてお会いする方も多く、ワクワク・ドキドキな不安いっぱいの旅でした。
8件のメダカ屋さんや愛好家の方の作場をお訪ねしたのですが・・・
そのうち実際にお会いした事があるのはおひとりだけ・・・
電話でお話しをした事がある方がその人を含めて4人・・・
残りの4人の方は今回初めてご紹介を受けた、全くの初対面の方だったのです。

でも・・・
お陰様で今回の旅はとても勉強になり、また、有意義な旅でもありました。
僕の心配をよそに、皆様とても暖かく迎え入れてくださり、沢山の歓迎を受けました。
気さくにメダカにまつわる諸々のお話し等も、たっくさん伺う事が出来ました。
本当に有難うございました。とても楽しい4日間でした。

と・・・言う事で・・・
気づいてみれば、集めたメダカは約50品種。
皆様惜しげもなく秘蔵のメダカ君たちを、販売にご協力いただく事が出来ました。
おそらく、その殆どは関東では余り目にする事が出来ないメダカ君たちばかりです。

これで今回の「メダカ祭り」の主役たちが揃いました。
開催まではあと1週間。
皆様・・・
夏のメダカ祭り開催!!
乞うご期待くださいませ。

今回の旅では本当に沢山の方にお世話になりました。
今治周辺の皆様へのお手配を快くお引き受けいただいた極めだか様、ご面倒を本当に有難うございました。
また、お忙しい中を快く迎え入れてくださった
龍聖メダカ工房様、静楽庵様、メダカの館様、メダカ通販め組様、深川様、、羅漢目高師国今治様、めだかのビーンズ様、本当に有難うございました。
皆さま方には、心より御礼申し上げます。

でも・・・
破産だ~!!

破産する程素晴らしい「メダカ祭り」、是非遊びにいらしてくださいませ。coldsweats01
(今回、本物の美人さんの「幹之ちゃん」にも会えましたよ~ん!!)

Img_0114

Img_0148
広島のホテルです。

Img_0151
ホテルからの眺めです。

Img_0117
鞆の浦の宿です。

Img_0121
宿のロビーからの眺めです。

でも・・・殆どの宿には時間外の入館でした。
もちろん・・・観光なんて無理無理。
そのぐらいハードなのです。

Img_0132
しまなみ海道。

Img_0135

Img_0143
スマホ写真でボケボケですが・・・
「極龍」のMサイズとSサイズの仔たちです。

最終日には広島の山野草の超栽培名人の知人を訪ねて・・・
こんな子たちの育て方をじ~っくりと伝授してもらいました。
Img_0162

Img_0164
すばらしい飼育技術なのです。
もちろん・・・植物も素晴らしいものばかりでした。

Img_0176
帰りの新幹線から見た「伊吹山」です。

ちなみに・・・
今日7月18日は、仲間のメダカ屋さんで更なる珍品・逸品を追加購入してきました。
更に破産だ~!!

やまくさの「メダカ祭り」・・・半端ないっすよ!!
(販売メダカの一覧は纏まったらご紹介する・・・かもです???)

ぶらり

2014年7月11日 (金)

猛暑日…

Img_3029 フラスコ出しが咲きました」 今日は暑いので…チョット涼しげな画像を…。いよいよ昨年フラスコ出しのオオミズトンボ君が咲いてきました。花を見て、取り敢えずは一安心です。風にゆらゆらと揺れて咲く白い小花がとても涼しげです。来春には少し纏まった数が出来そうです。乞うご期待ください。

心配していた台風はを殆ど何事もなく過ぎ去りました。
一安心です。

ただ…今日の台風一過の暑さはかなりのものですね。
館林で38℃、ここ久喜でも36℃の猛暑日です。

煮えた煮えたよ…メダカが煮えたよ。
真っ赤なメダカが真っ白く煮えてるよ…。
と…言う事で、売店ハウス前のメダカ君も直射日光で煮える程の暑さです。
(コラコラ…早く日除け掛けなくっちゃあ)

こんな暑さの中ですが…
お陰様をもちまして、「夏リスト」ではとても沢山の方からご注文を頂いております。
本当に有難うございます。
沢山の方からの早いご返信にスタッフ一同ビックリしております。

ご注文を頂きました順から、順次発送させていただいております。
荷造りは夕方の涼しくなる頃を見計らって、
なるべく植物に負担をかけぬ様に発送させていただいております。

リスト作りも色々と手を変え品を変え、毎回試行錯誤の繰り返しです。
いまも「夏の次」を色々と考えていますので、どうぞお楽しみに。

来週は7月14日(月)から7月17日(木)までの4日間、僕と奥さんはお出かけです。
「夏の水遊びの売り物」を探しての遠征です。
その間は少し発送業務などが遅れるかもしれませんが、なるべくスムーズに動ける手筈を整えます。
どうかご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

Img_3012 虫に喰われましたが…」 古くから栽培されているオガサワラシコウランが咲きました。この個体は有名な割には花着きが悪いので、分けていただいた方も「オガサワラシコウランに間違えないとは思うんだけど…花見てないので良く解ラン」と言って分けてくださったものです。この個体そのものは、古くより、当時の東京山草会の会長であられた故・荒川一郎先生が小笠原で採取された個体と言われているものだそうです。僕も花を見ていなかったので若干の心配ごとではありましたが…こちらも虫に喰われながらも開花してくれたので取り敢えず本物であることが解り一安心です。

そう言えば…
以前ご紹介しましたパラクィレギア君。
なんだかんだで交配した種子らしいものも採取出来たので…
10鞘ほどの蒔き床に分けて蒔いてみました。

Img_2993

発芽してる…。

2014年7月 9日 (水)

またまたわかラン…なのです。その②

今日は休園日でしたが…

明日や来週は出かけることが多いので、
今日のうちに病院行ったり、園でこまごまとした仕事をしていました。

そんなときに…
例のあの子のサンプルがまたまた送られてきたのです。

今回はこんな感じです。

Img_2979

Img_2981_2

Img_2986

Img_2999

Img_3001

Img_3005
ヤッパリ…この子は「変」ですね!!
明らかにスズムシソウともフガクスズムシソウとも、その他のリパリスの仲間とも…
なんか違います。

全体的にはフガクスズムシに似て少し大柄で、花(リップ)は1㎝前後と比較的大輪です。
花は全開するとやや扇型に広がるか、個体によっては円にも見えます。
葉の縁は少し鋸歯がありやや波打って、開花期には花茎は抱えずに広がります。
もちろん…樹上着生で、花色は飴色から緑を帯びたものまであります。

もしかしたらスズムシソウが樹に上がったとも考えましたが…
スズムシソウはもう少しリップが縦長でペタルはココまで横には開きません。
全体的にもスズムシソウよりは小ぶりです。
実生なのか分球なのかは解りませんが…そこそこ株立ちにもなります。

今回は少しまとまった固体が見られたのですが…
やはり、どの個体もおんなじ様に「変」です。

一応、産地や標高もある程度わかったのですが…
なんとも…リパリスは侮れませんね!!

(実は分類上の文章だけ見てると…
いちばん当て嵌まりそうなのは「シマクモキリソウ」だったりして…アハハ…coldsweats01)

2014年7月 7日 (月)

またまたわかラン…なのです。

なんだか不気味な・・・台風8号ですね。

ど~もみなさま…ご無沙汰です。
いろいろとドタバタしていて、なかなかブログの更新が出来ませんでした。

さて…本日は…
まずは先日、知人から送られて来たこんなランからご紹介です。

Img_2869_2
とても可愛い、南九州産のクモイジガバチくんです。
なんと…高さ2㎝の超オチビちゃん。
とにかく可愛い。
ん…でもって、周りの細い葉ッパはぜ~んぶウチョウランですね!!
南九州は樹にくっついてるんだよね。

更に、ん…でもって…この珍しいリパリスと共に、おんなじ樹にくっついていた子。

「フガクスズムシも一緒に生えているんだけど、フガクスズムシってどんな花だっけ?・・・
一緒にフガクスズムシみたいのも咲いているんだけど??・・・サンプル送るね」
と言って、一緒に送られて来た子。

それが今回ご紹介する
こ~~~~~~んな花なんです。

Img_2882_2
なんだ・・・コレ!??

本人はフガクスズムシ??とか言ってましたけど。。。
どう見ても僕にはフガクスズムシには見えません。

リップが思い切り横広で、しかも扇状に先端が広がっています。
良く見るとリップの中央からほんのり網目模様が流れています。
葉は縁に鋸歯の少ないフガクスズムシと違って、かなりはっきりと波打ち横に広がります。
ペタルは太く短くやや上向きで、ドーサルも幅があり真っすぐに立っています。
セパルは細くフガクスズムシの様に中央先端部で交叉しますが短いです。
なによりも、花がフガクスズムシよりも大きいのです。

なんだ・・・コレ!??

ちなみに・・・
この写真はフガクスズムシです。
Img_1582

Img_3421
リップの幅は比較的一定で、ぺタルやドーサルも細長く後方に反りかえります。
葉の縁も鋸歯が少なく花茎を抱える様にやや立ち葉で殆ど波打ちません。

Img_2871
こちらは、今回のクモイジガバチのアップです。
リップはやや扇型に末広がりで花脈があり、ペタルに幅があり立ち上がります。
葉は少し波打って葉先を垂らすように横に広がります。

もしかして・・・考えられるのはクモイジガバチとフガクスズムシの雑種!??
それとも…新種???

ちなみに…
Img_3377
この写真は…
埼玉の林さんの交配されたフガクスズムシ×クモイジガバチです。
どちらかと言うとスズムシソウっぽい雰囲気の花ですね。

まあ…当たり前ですが…
僕の空っぽの頭でコレが何かなんて解るはずがありませぬ。

もう少し纏まった数も送られて来そうなので…
もし、同じものならサンプル提供して、然るべきとこで調べてもらいませう。

それにしても…なんでまた、これも「リパリス」なの…!??

Img_2880
はてさて…キミは…誰???

さて…私事ですが…
今月は外出が多くなります。

いまのところ…
7月10日(木)は僕は不在です。
また、7月14日(月)~17日(木)は遠出外出の為、僕と奥さんは不在です。
悪しからずご了承とご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ