« 夏だから…タネ蒔き (いまさらですか??) | トップページ | 9月4日は不在です。 »

2014年8月26日 (火)

今年はバラついていますね。

Img_4292 キツネノカミソリ・濃色花」 とても珍しい色合いのキツネノカミソリの濃色花です。広島で選別されたもので、緑を絡めた深みのある朱橙色が印象的な花です。異数体と言われて花粉の吹きも悪くメシベも受粉しません。花も開きにくいのですが、指で癒着部の先端を軽く押してバラしてあげると次の日には写真の様に良く開きます。なんにしても…不思議な色気が珍妙な花ではあります。

いよいよ夏も終わりに近づき…
キツネノカミソリたちの開花もピークを迎えました。

ピークを迎えた…と言っても、この仲間たちはすぐに花も終わるのですが…。
それでも様々な花が開花してはお嫁入りです。

この時期に花が咲くものは咲いて…咲かないものはこのまま休眠です。
葉は春に発芽して初夏にはなくなるので…わずか地上部には3カ月しかいない植物です。
それでもなぜか???…人気の一群なのですね!!

Img_4200 キツネノカミソリ・霧点花」 こちらも広島で選別された花です。淡い桃色のペースに橙色の細かい霧点模様を全面に散らします。緑を絡めた微妙なグラデーションがとても美しい花です。まだ…殆ど数は無く、とても希少で美しい逸品です。

Img_4153 キツネノカミソリ・影法師」 こちらも広島で選別された人気品種「影法師」です。優しくも淡い肌橙色の花弁は緑を絡めたグラデーションが非常に美しいものです。この仲間では花着きも良く、花軸も供軸なので株立ちにするととても味わい深い雰囲気を醸し出します。

Img_4159 キツネノカミソリ・酔白花」 前種「影法師」と同じ坪の花です。見た感じも良く似ていますが…こちらの方が黄色味が強い酔白花で、緑に白覆輪を絡めたグラデーションもほんのりの雰囲気が良いものです。花弁に幅があり全体に淡い感じですね。

Img_4319_2 「キツネノカミソリ・虹」 埼玉県南部で発見された、とても珍しいツマ紅花です。ほんのりクリームを帯びた酔白花の先端部を優しいピンク橙色で染めています。特に咲き始めは造花の様な美しさですね。

Img_4321 「只今、交配中です・・・」 キツネノカミソリの作場の風景です。毎日、スタッフくんが楽しそうに交配しています。やまくさではみんな勤勉で、出来る人は自主的にドンドンと交配等も行っています。毎日の努力の積み重ねですね!!

すごい…
雪割草のタネ蒔き…8月中に終わりました。
素晴らしい!!

« 夏だから…タネ蒔き (いまさらですか??) | トップページ | 9月4日は不在です。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏だから…タネ蒔き (いまさらですか??) | トップページ | 9月4日は不在です。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ