« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

雪の日の後は…

Img_6080 すだれ系三段咲き初花」 面白い雰囲気の花芸になりそうな三段咲き系の初花です。この花は「新世紀×笹和」の三段咲き♀親と「夢春」系すだれ三段の♂親「紫紺の王」との交配から咲いてきた花です。現在のところ2花確認できますが、どちらの花も外弁に濃淡が見られ、濃色の花弁部分の成長が遅く咲き始めは少し変形して開き始めています。おそらく全開すれば濃淡の外弁にモスグリーンの三段弁が綺麗に開いた中間タイプになりそうです。「すだれ系三段咲き」の新しい味が見られるかもしれませんね。

雪の日の様に一日中温度が上がらない日は、
雪割草たちはじ~っくりとその蕾を眠らせています。

その反動か…
雪の翌日の晴天の日には、
これまで眠っていた蕾たちが一斉に伸び始めてきます。

まあ…
雪の翌日は関東ではだいたい風が吹いているので…
ハウス栽培の場合、強風を抑えなくてはならずに少し閉め気味なのも手伝ってか…
ハウスの中の暖かさにつられて、少しづつですが開花が始まるものも見られます。

こんな日が続いてくると…
毎日、ハウスにもぐりこんで観察しているのもこれからの楽しみです。

でも…その分、仕事も止まるのですが…sweat01

今日は、面白そうな蕾を少しご紹介です。

Img_6070 すだれ三段咲き系初花」 この花は「紅すだれ系」三段♀親と「堀大三段」系F1との交配から生まれた花です。まだ三段弁が未分化の状態ですが、なかなか色鮮やかな花になりました。「すだれ三段咲き」系の花にはこの未分化タイプの三段咲きも多く見られます。この未分化の三段弁も作り込むと次第に弁化してくるのですが、意外にこのタイプが咲きやすいのも改良点の一つであると考えています。

Img_6084 「すだれ三段咲き系初花」 この花も上と同じく未分化の三段咲きです。「紅すだれ」系三段♀親と「暁華」系F1との交配から生まれた花で、花色の黒々とした紫色はなかなか強い印象を与えます。この未分化の三段弁は、♀親に単純に「紅すだれ」と何かを交配した直接的な♀親を利用した時に多く見られます。ただし、このタイプの花は力が付くと三段弁も弁化して、しかも、花粉塊を切開する事も出来て、小苗のうちは稀にタネも付いて♀親としても利用できる事もあるので…次へのステップには重要な花になるとも思っています。現在では、このタイプの次の世代の子の弁化能力も確認出来ているので、使い方次第では有り難いタイプの花ともいえる様です。

少しづつの進化が見られるから…
「育種」って…面白いんですよね。

2015年1月30日 (金)

雪でした。

Img_6065 三段咲き初花」 雪の日の暖房ハウスの中で咲いていた3年生初花の三段咲きです。実はこの交配「阿賀蛍F1」の♀親に、「紅すだれ系紫紋F1」の♂親との交配から咲いた花です。株が小さく、葉も傷みのある小苗なので、一見では普通の「白/緑三段」にも見えますが、よ~く見ると、白い外弁やグリーンの三段弁には紫や褐色を混じえた「すだれ絣り」を絡めています。作り込んで力が付いてきたらかなり面白い花になるかもしれません。「すだれ段咲き」作りのポイントの一つに「白花の有効利用」と言うのを考えています。「すだれ」+「白花」で、面白いリズムが期待できるかもしれません。そんな予感をさせるひと花かもしれませんね!!

天気予報通り…
今日は、朝から雪がちらついています。snow

起きた時には既に…土の見える部分は真っ白く薄積りになっていました。
ただ…路面に雪が無いので一安心です。

園に着いた時には、無加温ハウスにはかなり雪が着雪していました。
お昼を過ぎてもしんしんと降っていたので、少し…昨年のトラウマがよぎりましたが…
雪の大きさや量を見ればその心配は無用です。

雪の重みによる寒冷紗のたわみだけが心配でしたが…
それも取り越し苦労で終わりました。

夕方からは小雨に変わってくれたので…めでたしめでたし…です。

明日からは寒気により寒い日が続きそうですが…
それでもハウスの中は暖かく、雪割草の花芽も晴れればどんどん顔を出します。

少しづつですが…春はそこまで来ていますね。

5 「ガランサス・ウォロノヴィー」 以前ご紹介した「グルジアのスノードロップ」がアルピヌスと解った後で、「実はグルジアのウォロノヴィーもあるんだよ~ん」と言って、梅ちゃん先生が「サンシャインのラン展」に持ってきてくれた株が咲いたものです。現地からの実生だそうですが、アルピヌスと異なり葉がグリーンで、これもまた可愛いものです。雪の日に咲く白いスノードロップ。まるで「雪の妖精」の様ですね。

春咲きの球根も色々と花芽を持ち上げてきました。
楽しい季節が近づいています。

2015年1月29日 (木)

明日は雪模様ですね。

Img_6031 すだれ系千重咲き初花」 3年生初花の「紅すだれ」系千重咲きです。この花は「王妃×紅すだれ」と「天朝×紅すだれ」の三段系×二段系から生まれた♀親に、「初×跳」系の♂親を交配した、当初から「すだれ千重」をもくろんだ交配から咲いた花です。黒々とした花弁はやがて真紅へと移り、艶のある素晴らしい千重咲きになりそうです。作り込んでみたい花がまた一つ増えました。

既に1週間前から言われていたのですが…
明日は関東でも雪模様ですね。snow

雪マークを見ただけで、昨年の大雪を思い出してしまい…少しトラウマになってますね。

今回は予報では「みぞれマーク」の様なので…
余り、大雪の心配はしなくても良さそうです。

それでも…備えあれば憂いなし!!

ハウスの暖房の温度をいつもよりも少し高めにセットして…
帰りにはホームセンターで「雪かきスコップ」を多めに購入してきました。

まあ…2月になれば少しは降ると思いますので…
今のうちから準備万端で備えていれば…ですね。

雪割草のハウスも寒冷紗やタイベックを開けて…
暖かい日差しの下での管理に入りました。

来月最初の展示会までには、少しでも開花してくれれば嬉しいものです。

Img_6038 三段咲き初花」 試験的な交配で「錦華山×佐渡の幻F1」の♀に、初めて使う「濃紫/白覆輪緑褐色ヘラシベ×熱唱」のF1♂との交配から咲いた花です。白覆輪は咲きませんが(当たり前だよね!!)三段咲きの♂親としての力はなかなかのものでした。こうなると♀親を白覆輪系のものに変えれば…かなり面白い結果が期待できそうですね!!いずれにしても…この花自体、かなりイイ花です。

Img_6035 白覆輪三段咲き初花」 先日ご紹介した「白覆輪三段咲き」が開きました。まだ初花なので外弁の白覆輪はいささかぼやけたものですが、三段弁との対比も良く、何よりオシベも切れそうです。「極星×(日だまり×御神火)」の♀親に、「星のワルツ」との交配から生まれた味わい深い白覆輪系三段咲きです。この花もまた、次の良い親になりそうですね。

Img_6049 白覆輪二段咲き初花」 まだ漸く開き始めの花ですが、濃赤色にスッキリと白く抜けた白覆輪と纏まりの良い二段弁、たっぷりの花弁が「大物」を予感させます。単純な交配で「星条旗」と「彩宝」との交配から生まれた花ですが、「星条旗」の白覆輪がどう変化するかについては余り期待していませんでした。「星条旗」は明鏡系の分離から生まれた大輪の白覆輪なので、こうなってくるととても面白い交配親になりそうです。ちなみにこの花は…本日お嫁入りです。

雪…あまり降らなければ嬉しいですね。snowsnowsnow

2015年1月28日 (水)

やまくさ・研修・慰安・新年会・・・。

1月27日はスタッフ全員で「研修・慰安・新年会」で臨時休業させていただきました。

お蔭様でみんな、普段とは違った気分転換ができました。

今回はその模様をレポートです。

まずは、スタッフ研修から…

最初に向かったのは…
僕のウチョウランブームの頃から35年来の知人で、
茨城の人気山野草屋さんである「園芸センター・御前山」さんへ向かいました。

お邪魔するのも30年ぶり以上なので…
当時のことを思い浮かべながらの訪問はとても楽しみです。

あいにく冬なので、地上部のある植物は殆ど見られませんが…
それでも、ラベルを見ているだけでワクワクしてしまうものがいろいろと販売されています。

いつものように御無理を言って、いろいろな植物をお分けいただきました。
また、芽出し確認後にお分けいただく花たちもいろいろとお願いしてきました。

スタッフたちも、普段余り他の業者さんのところを見ていないので…
興味津々に売店を眺めている様子でした。

それよりなにより…人気抜群だったのはこの子達です。

P1270026

P1270027
アイドルのふくろう君たちです。
御前山さんは、ふくろうなどいろいろな鳥や、鉄魚、めだかなどなど…
いろいろな生き物を飼育されています。

珍しい山野草たちと交えて、とても楽しいお店なのです。

お昼になったので、お買い物を済ませて御前山さんを後にします。

石崎さん、奥様、忙しいお時間を割いていただきまして有難うございました。
いろいろと御無理を申し上げてすみませんでした。
おのおの、いろいろと勉強になった事と思います。
また、春の斑入りなどの芽出し後にお伺いさせていただきます。
(覚悟してくださいね。)

そして…これからは慰安と新年会です。
次に向かったのは…
P1270032
「なかみなと漁港」の魚市場です。

ここで、少し遅いお昼を食べました。
今回は、魚市場の中の「海花亭」さんで昼食をとることにしました。
「海花亭」さんは魚市場の中なので、その日に採れたての新鮮な海の幸が味わえます。

P1270033
僕の食べた「地魚にぎり」です。

P1270036
「ほっき貝焼き」 めちゃくちゃおいしかったです!!

P1270035
サーモンばかりの人…だ~れ。

P1270037
男子会。

美味しいお昼ごはんでした。
「海花亭」さん、ごちそうさまでした。

P1270046
食事の後は市場でお買い物をして、なかみなとを後にします。
この日は平日なので閉まっている店もあり、かなり閑散としていました。

この市場…
手前の方の店はいつも他の店の悪口を言っています。
特に、奥の方の店で買った買い物袋など下げていようものならば…
せっかく楽しんでいる観光客にまで悪口や文句を言っています。
地震の後、大変だったというのに…
この店のその風潮はまったく変わっていません。

僕は、いつも手前の方の店は気分が悪いので…
かならず最初に、奥の方の店から食事や買い物をします。
手前の方の店は、せいぜい冷やかしか、ちょっとした買い物程度ですね。

そういえば…山野草屋さんにも、ときどきそんな店がありますねsweat01

まだ夕食までには時間があるので…今度はすぐ近くの…

P1270048
「大洗海岸」にある…

P1270049
「アクアワールド・大洗水族館」に出かけてみました。

P1280002
入場券もいくつかのタイプがあり、見ていてなかなか楽しいです。
(入場料は…sweat02)

さて…いよいよ中に入って見学です。

P1270054
いきなり…にらまれたsweat02

P1270059
大型水槽はまるで海の底から見ているようで綺麗です。

P1270058
新種2匹??

P1270066 P1270067 P1270068
最近、あちこちで見られる「ミズクラゲ」の電飾。

P1270069
「ウリクラゲ」…きれい。

P1270075
「カブトクラゲ」…ほすい。

P1270077
こんなにいるんだから…一匹くらいは…。

P1270079
茨城県名物。

P1270083
サメ…

P1270088
サメ…

P1270092
サメ…

P1270063
サメしかいない…sweat02

P1270090
マンボウのアップ。

P1270091
哀愁の…「コールデン・バタフライ」。

むか~し、初めてカードで分割で買った海水魚でした。
でも…2日後には状態が悪く死んでしまって…
なぜかローンだけ返済していた、僕にとっては「哀愁…」の魚なのです。

P1270101
かっちゃん。

P1270098
オオカミさん。ぬめりを綺麗に取れば旨いらしい!??

P1270102
チンアナゴ(ガーデンイール)とエビとヘコアユ。
なんで…この3種類が一緒にいるんだろう??
チンアナゴの歌」、みんなで聴こう。(リズムがいいよ)


P1270119
ダンゴウオ…かわいい。
12歳のとき…南房総で採ったことがあります。

P1270110
ダンゴウオの吸盤。

P1270115_2
ダンゴとダンゴウオって…ベタすぎ…sweat02sweat02

P1270113
「ランプサッカー」、でかいダンゴウオの仲間。

P1270118
「ヒメツバメウオ」…みんなそろって可愛い。

P1270120
なんだかんだ遊んでいたら…
閉演の時間なので…追い出されました。
外はすっかり暗くなっています。

いよいよ本日ラストの…新年会ですね。

新年会は大洗にある「味処・大森」さんです。
イワシとアンコウで有名な人気店です。
今回が「やまくさ」としては3回目の訪問です。

ちなみに…現在、大洗は「アニメの町」としても有名です。
イベントのときは海岸がアニメファンで未曾有の状態だそうです。
その前日はホテルや旅館など、殆どが予約不可能になります。

でも・・・そんな状況も「町」としては大歓迎だそうですよ。

ちなみに…純和風料亭の「味処・大森」さんの名刺でさえも…

P1280005
こんな感じ…です。sweat02

乾杯が終わって…いよいよ料理です。

まず…
前菜は「白子」です。
「白子」はどうしても…好き好きがあるようですね。
(写真撮る前に…食べちゃいましたsweat01)

P1270121
次に刺身です。
初物のサヨリのほかにも、イカ、イワシ、ヒラメ、マグロ、ノリなど…
どれも旬のものばかりでした。

P1270123
「イワシの西京焼き」
さすが「イワシ料理」のお店です。添え物もおいしい。

P1270124
「焼きハマグリ」

P1270125
おばちゃんがブツブツ何か言いながら一皿づつ焼いてくれました。
とろみでシャクシャクしておいしいです。

P1270126
「あんこうの供酢」
ここの名物のひとつです。7つ道具が食べられます。

P1270130
「アワビのてんぷら」
添えはウルイとフキノトウです。
春らしい香りを塩で召し上がれ…という趣向です。
おいしかった。(みんな…フキノトウは食べられたかな!??)
さすがに草屋の新年会、
みんなで「ウルイってギボウシだよね!!」な~んて話しながら食べてました。

P1270132
さ~て…いよいよラストは「あんこう鍋」です。
今回は「どぶ汁」。
今日はなかなか質の良いアンキモです。

「北茨城」のどぶ汁は、水分を入れずにアンキモと野菜から出る汁だけで作りますが…
ここの「どぶ汁」はチョット違います。

それでは…その作り方をチョットご解説。
(ちなみに…「どぶ汁」の「どぶ」は、すべてと使うから「全部」と言う意味だそうです)

P1270133
まず最初に、アンキモを細かく砕きながら炒めます。

P1270134
焦げないように高速回転。

P1270136
次第にグツグツと煮えてきます。

P1270138
ブックブクと泡立っています。

P1270139
ここで少し出汁を投入です。

P1270141
鍋の上から流し込みます。

P1270142
蓋をして…5分くらい経てば完成です。
白身から順番に食べられます。
軟骨やコラーゲン系は少し煮たほうが良いでしょう。
野菜は煮れば煮るほど味がしみておいしくなります。

P1270147
鍋奉行。

P1270148_2
鍋奉行。

P1270149
鍋奉行…交代。

P1270152
いよいよラストと言うところですが…
遅いお昼と、料理の多さで、みんなそろそろお腹もグデグデです。

はたして…最後の「雑炊」まで、たどり着けるのでせうか!??

おばちゃんが「未だ残ってるよ!!」って言いながら…
余り食べてなさそうな人を見つけては、強制的に取り分けています。
傍から見ていると…殆どいじめの様だsweat02

なんとか…死に物狂いで食べ終わったあとは…鍋のゴミをきれいにして…
汁だけ残して、葉物と卵と薬味を入れて雑炊開始です。
(以前は、汁飲みすぎただけで「雑炊が作れない」って怒られましたsweat01)

P1270153
再び蓋をして2分待って…いよいよ最後の「雑炊」です。

これが一番…美味しいのです。
最後にはお腹もグデグデなのに…なぜか「別腹」で、ケッコウ食べてしまいます。

結果…更にグデグデになったところで、追い討ちのラストのデザートです。
がんばって…食べてね。

みんなお腹いっぱいで御満足いただけたのでせうか!??
なかにはダウン寸前の人も…sweat02

でも…どの料理もとても美味しかったです。
「味処・大森」さん、有難うございました。
ごちそうさまでした。

お蔭様で、スタッフ一同楽しい1日を過ごすことが出来ました。

さあ~みんな…これから展示会ラッシュの「ぢごくの日々」が待っているぞ!!

がむばろ~。

 

2015年1月26日 (月)

明日の1月27日(火)は臨時休業とさせていただきます。

17222a_3 白覆輪二段咲き」 1月18日のブログで開き始めの写真をご紹介した白覆輪二段咲きが開花しました。たっぷりとした花型にコントラストの良い白覆輪、中心に纏まった二段弁などの雰囲気が抜群の、とてもバランスの良い白覆輪二段咲きの逸品です。「紫/白覆輪シベ二段A×彩宝」の交配から昨年選別したものですが、初花2年目にして早くも「株分け予約!!」の声が聞こえていますよ。

明日の1月27日(火)は
スタッフの慰安と研修の為、臨時休業とさせていただきます。

昨年末からず~っと、展示会の準備等で働きづくめだったので…
新年会も含めての日帰り慰安研修会です。

勝手ながら…
どうぞご理解とご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

雪割草の初花たちがポチポチと咲いてきました。
これから…折にふれて時々ランダムにご紹介しますね。

19515a_2 三段咲き初花」 「花の雅」と「紫黒跳×将軍」との交配から生まれた三段咲きです。「将軍」の子は必ず、こんな感じに纏まった花型を見せてくれます。この花もまんま「将軍」の色違い的な花ですね。

17415f1e_2 三段咲き初花」 「風花」と「跳珠F×将軍」との交配から生まれた、「将軍」によく似た花型の千重型中間タイプです。「将軍」が千重咲きになるとこんな感じ…と言うそのまんまの花ですね。花型に崩れが出ないのは…流石と言う感じですね。

そう言えば…
こんな花も咲いてきましたよん!!

Img_6000

完全に開いた時にまた…ご紹介しますね!!

2015年1月22日 (木)

Anniversary…。

2_2 「紅すだれ系二段咲き」 「紅すだれ」系の二段咲きF1を3回交配して開花した初花です。裏紅系の白地にほんのり絞りの入った花弁に、端正な赤い二段弁が整然と整った美しい花です。が…本日、お嫁入りです。

そろそろ全国大会まで、あと、1カ月になりました。

今年は花が早そうと言っても、やはり開花が間に合うのかどうか心配です。

と…言う事で、先日より少しづつですが「コレ」と言う花を加温室に入れ始めました。
今日の様な太陽の光で温度の上がらない時は、25℃まで加温して冬芽を動かします。

今年は特に、全国大会用にお預かりしている鉢も多いので…
何とかうまく開花時期を合わせたいと思います。

加温室は、昼間は25℃、夜は4℃前後に調節します。
こうする事により間延びは防げます。
あとは、花芽が出始めたら常温に戻して、急速な開花を防ぐのです。

これを何回かに分けて行えば、展示用の鉢数も揃ってきます。

何時もこの時期は神経を使います。
それでも…遅咲きの個体を早く咲かせる事はなかなか困難です。
花を合わせる…と言うのは大変な作業なのです。

さて…話は変わりまして…
昨日の1月21日は…我が家にとっての記念日でした。

そんな訳で、この日の夜は東京でお食事です。

まず最初は日本橋のデパ地下に行ってお買い物です。
いつもの、もんじゃ焼き用の天一の「あげ玉」買って、
(しょっちゅう売り切れなので…売っている時は買い占めて冷凍にします)
手ごろな特価品の魚や肉買って…
今日は時間があったので、少し催事も見てきました。

絵画や版画を見て(新鋭画家のコーナーが面白かった、雲の絵が良かったです)、
白磁の陶芸見て、木彫りのひな人形見て、螺鈿細工見て、茶具を見て…
(すごくいい器があると思って近づいてみたら「北大路魯山人作・2400万円」って書いてありました…sweat02)
こんな目の肥やしの時間も大切ですよね。

その後時間になったので…
今日は予約していた「銀座・うかい亭」さんでお食事です。

目の前で焼いてもらう鉄板料理をメインにしたお任せコースだったのですが…
どれを食べても最高の味でした。

シェフやスタッフの方も気さくな方ばかりで、人気店なのも頷けます。

えっ…料理の写真ですか…
写真は一切撮らずに、全てお腹の中に入りました。

食事が終わって、デザートの席で「銀座・うかい亭」さんから素敵なはからいがありました。

Img_0228

このお皿を中心に、家族で記念写真を撮っていただきました。
帰りにはキチンとミニアルバムで飾れるように仕上げプレゼントしていただきました。
とても素敵な思い出になりました。有難うございました。

むか~し高尾の「うかい鳥山」さんに伺った時は純和風の「個室の野鳥料理料亭」と言うイメージだったのですが…
「うかい亭」さんの方はとてもモダンでお洒落ながらも、肩の凝らない素敵なお店です。
もちろん…味も最高ですよ。
「銀座・うかい亭」さん。美味しい料理や素敵な時間を有難うございました。
また…伺いますね!!

15813f2b_3 白覆輪千重咲き」 「乙女心寒月F2B」と「彩宝」との交配から生まれた白覆輪系の千重咲きです。初花2年目ですが、中心に緑を絡めてきたので面白い花になりそうです。少し作り込んでみる価値がありそうですね。

毎日少しづつですが、蕾の見えた雪割草とにらめっこです。

今年も面白い花が…咲いてきそうな予感ですよん!!

2015年1月18日 (日)

福寿草の季節かな…。

2 

サンシャインのラン展が終わって…
取り敢えずはひと段落かしら…。

それにしても…毎日の疲れ方が半端ではありませんね!!

さて…最初に掲載のこの写真…
この福寿草はなにかしら…!??

実はこの花、数年前に撮影した…入手した当初の頃の「四方田家緑花」(皆野緑)なのです。

株分けして、植え替えて、力が分散した時はこんな花なのですね。
福寿草のヘテロ形質の多弁花の殆どがこんな性質を持っています。
最初はがっかりしたかと思うと…時には歓喜する程素晴らしい花が咲く年もあるのです。

そんな訳で…今年の「四方田家緑花」はと言うと…

3_2
流石に見事な花芸を見せております。
この様に開き始めの時は少し緑色を帯びた黄色の花なのです。
そして…開花につれて次第に黄色くなりながら、花径は10㎝にも及びます。

無理な株分けや小さな芽でなければそこそこの花芸は見せてくれると思います。

今年は…この花の実生たちも少しですが開花を始めます。
楽しみですね!!

早速…先鋒をきって開花した子もいますよ。

2_2
「四方田家緑花」のセルフ実生苗です。
小さいながらもメシベの中心から弁化が始まっている様子が解ります。
花色も咲き始めの緑色が感じられますね。

実生も最初は一重が多いのですが、作り込んだものはなかなかの弁化を見せてくれます。
作り込む楽しさも良いものですね。

2_3
この花は「四方田家緑花×秩父真紅」です。
少し花弁の重なりが多く感じますが、花型は「秩父真紅」に似た雰囲気ですね。
もう一度「秩父真紅」に戻すと面白そうな予感です。
もちろん…シブリングも楽しそうですね。

ちなみに…この♂親に利用した「秩父真紅」も咲き始めました。
埼玉県東部にお住まいのKさん実生から選別したこの個体です。

2_4
「秩父真紅」と「秩父紅」の実生から咲いた花からの選別ですが…
なんとなく「アノ花」の面影も感じられそうです。
赤の色が「秩父紅」とは異なる、かなり特徴的な色合いですね。
シベの感じもなんとなく…ですね。

スタッフもぼちぼち交配を始めています。
撮影しようと思っていたら…既に除雄されている花もチラホラ…sweat02

福寿草の季節が到来しましたね!!

でもね…

17222a4
「雪割草」も…咲き始めてきましたよん!!

「お知らせです…」

1月27日(火)、28日(水)は
スタッフ慰安の為に連休とさせていただきます。
悪しからずご了承のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年1月16日 (金)

お正月に咲く黄色いスイセン。

1_1 ナルキサス・カンタブリクス・コンスピキュアス「黄宝」」 お正月の頃から開花を始めるこのスイセン…果たして何者なのか…。色々と物議を醸し出している様子ですが…はたして…。

上の写真のスイセンは…
当園で「ナルキサス・カンタブリクス・コンスピキュアス「黄宝」」として選別、販売し始めたお正月咲きの黄色い花を開く原種スイセンです。

果たして…このスイセンは何者なのか…。
一部、「サンシャインのラン展」会場に於いても物議を醸し出していた様子なのですが…。

そもそも…ラン展で販売していた株がたまたま何かの拍子で葉の先端に曲がりが見られたことから「バルボコ」との交配ではないか…「この葉先はバルボコの特徴だ」と言う話も出たらしいのですが…。

はたして…君はダレ!!

先ずは最初の写真をご覧ください。
この通り…何れの葉の先端にも親鉢の葉に曲がりは見られません。
それどころか…この草姿はどう見てもカンダブリクスなのです。

でも…カンタブリクスに黄色の花なんて…知りません。
でも…この個体は、フォリオススと同じ時期に開花する同様の草姿をした黄色の花なのです。

僕は、この花に関しては多くを語っていません。
要は「お正月に開花する黄色いスイセン」であるだけで、充分に選別するに値する品種だからなのです。

そもそも…カンタブリクスにコンスピキュアスなんていうssp.やvar.は知らないし…。

と…言う事で、取り敢えず解る範囲でタネ明かしをしてみます。

そもそものこの品種は、タネを入手して選別した花です。
実はタネの入手先は、イギリスの「MONOCOT NURSERY」のSeed List。
世界的な球根マニアとして著名なMike Salmonさんが中心に、Jim ArchibaldさんやJhon Blanchardさんと言ったそうそうたる面々によって作られたリストです。

このリストにたまたま出ていた見馴れぬ名前、
それがこのカンタブリクス・コンスピキュアスです。

しかも、この花には産地が明記されており、産地はSpain Ubriquaとなっています。

産地がある…と言う事は、明らかに野生種と言う事なのでしようか!??

もしかしたら…カンタブリクスの産地に入ったら黄色い花が咲いていたので…
あまり目立つ花なので「conspicuous」という変種名をつけたのでしょうか!??
(僕はコンスピキュアスと言うと、真っ先にChaetodontoplus conspicillatus (コンスピキュアス・エンゼル)が思い浮かぶのですが…sweat01)

と…言う事で…この花は結局ナニモノなのでしょうか!??
少なくとも「目立つ」という変種名を持った産地のはっきりした小型のスイセンなのです。

ちなみに…

1_2

この花たちは「黄宝」を選別した残りの、選別漏れの「コンスピキュアス」たちです。
この感じを見ると「バルボコ」と言うよりも…
むしろ「ロミュー」や「ザイアン」に近い雰囲気は感じられそうですね。
ただし…両種ともスペインには生えていないような…。
花は上向いてないし…見方によってはやっぱりカンタブリクスだし…。

実は…まだ未公開の、更にカンタブリクス的な草姿の兄弟もあるのです。

いずれにしましても…
「太陽」「春の光」「黄昏」等のロミューやザイアンに混じって、当園の「お正月後に咲く早咲きの黄色いスイセン」のラインナップの一つとして、重要なポジションにあるのは事実なのです。

で…結局…
君は…ダレなの!??
(答えはないのね…sweat01)

2015年1月13日 (火)

ラン展・無事に終了いたしました。

P1110012 会場風景」 なかなか会場の写真を撮影している暇もなく…最終日の開店前に時間を見つけて撮影してみました。連日、この通路が人で埋まっていました。大盛況ですね。

お陰様をもちまして…
サンシャインのラン展が無事に終了いたしました。

沢山のお客様に沢山の植物をお買い上げいただきました。

本当に有難うございました!!

今年は途中でダレる事もなく、連日平均的にお客様にお越しいただきました。
リピーターの方も多く…
当園もこれまでで最も多い連日の商品補充になりました。

期間中、スタッフの頑張りにも助けられました。
毎日一人づつ交代で販売スタッフをやってもらったのですが…
一生懸命、楽しそうに仕事をしている姿が印象的でした。

僕は…最終日は流石にバテバテですね…。

この展示会はもちろん「洋ラン」がメインですが…
今回の様に多業種を絡めた展示会は貴重なコミュニケーションの場でもあり…
私たちにとっても、より多くの新しい見識と知識、情報を得る貴重な場でもあります。

当園にもこの様な場を与えていただきました「全日本蘭協会」の皆様には心より感謝と御礼を申し上げます。

これからはいよいよ早春植物、そして、雪割草の季節です。

今年は花が早そうです。
いまからワクワクしてきますね!!

P1110001

P1110002 今年の大賞」 今年、大賞に輝いたレリアの仲間です。以前の種名で言うところのションバーキアの系統だと思います。大きく作られた見事な株立ちでした。

その他の入賞花はこんな感じでした。

P1110005

P1110006

P1110009

P1110014

何れも素晴らしい作品ばかりです。
カタセツムとか…いいなぁ。

でも…今回の展示品の中で、僕の個人的に一番のお気に入り花はこの花でした。

P1110030 今年一番のお気に入り…」 このリカステにはやられましたね!! 見た瞬間に手が震えてしまいました…。こんなに日本人の感覚にマッチした花が出来ているとは…。これまでリカステには殆ど興味が無かったのですが、きっと、僕がリカステを見て感動した初めての花だと思います。これ…ほすい~…。(きっと「暖春」なんて名前にするんでしょうね…笑)

明日は恒例の…「厄除け」です。

2015年1月10日 (土)

お陰様で…賑やかです!!

P1090006 「この色が好き!!」 今回、「らん展会場」の中で一番気に入ったエピカトの花です。この色対比のシランやタイリントキソウを作ってみたい…と思っちゃいました。

お陰様をもちまして…

サンシャインのラン展」に沢山のお客様においでいただいております。
また…
沢山の花たちをお買い上げいただいております。
遠方のお客様にも沢山お越しいただいております。

本当に有難うございます。

今年は中日の平日もお客様が少なくありません。

お陰様で…今日で3日目が過ぎましたが…
この3日間でいったい何ケースの補充をしたのでせうか!??

毎日少しづつですが…違った植物を補充して、違った技を見せております。

あと残り2日間!!

更なる、皆様のご来園を心よりお待ちいたしております。

P1080002 マメ科の様な…」 この小さな花のラン…どこから見てもマメ科の植物の様で引き込まれます。蘭の花は色も形も様々…面白いですね!!

P1090011
僕の40年来の友人のマサミツ君です!!
むか~しの食虫植物研究会の役員仲間です。(彼は今でも副会長だョ…)
ラン展会場では3Dクリスタルアートの販売をしております。

食虫植物や洋ラン関係の古い仲間たちもみんな元気。
「JCPS」のブースでは当園の食虫植物も販売中です。

ラン展会場では古くからの仲間たちが一堂に集います。
これも「異種交流」の楽しみの一つですね!!

なにしろみ~んな…昔からバ●ばっかりですから…run
(人のコト…言えないよネ…sweat01)

2015年1月 7日 (水)

ラン展会場でお待ちしております!!

お陰様をもちまして…
本日、午後7時頃に無事に「サンシャインのラン展」への搬入が終了いたしました。

園を出るのが遅くなってしまったので、会場に到着したのが午後3時を回り始めていたのですが…
流石にみんな馴れたもので…意外に手際よく進める事が出来ました。

今回も「やまくさ」がそのまんま会場に移動したような感じです。
50ケース以上の商品がはたしてブースに入るものかと心配しておりましたが…
結構収まってしまうのには感心することしきりです。

と…言う事で、今回の販売ブースはこんな感じです!!

P1070001

P1070002
なかなか…うまい感じで収まりました。(相変わらず通路が狭い…sweat02)
相変わらずPOPだらけなのは、地上部の無いものばかりだからですねsweat01

さて…お待たせいたしました。
恒例の各販売品はこんな感じです。

先ずは「ラン」から…

P1070003
いつもの着生ランブースですね。

P1070004

P1070005
着生ランのブースには、つりさげの球根ランや半着生鉢ものもあります。

P1070006
サティリウムやデュウリスなど…

P1070007
アナカンプティス・カラデニアなど…

P1070008

P1070009

P1070010

P1070011
テリミトラなどは盛り沢山。

P1070012

P1070013

P1070014

P1070015

P1070017
アツモリソウの仲間やレアもの野生ラン。(あっ…抜けてる…)

P1070016
ランポー・ラボのジュエルです。

P1070018

P1070019

P1070020

P1070021
野生ランも色々と豊富です。

P1070022
セラピアスなど…

P1070023
プテロスティリスなど…

P1070024
やや大型のランや独花蘭など…

P1070025
アツモリソウのフラスコ苗なども…

P1070026
珍品ランやシノルキスとか…

P1070027
シランの最新交配フラスコ出し苗も特別に販売です。

P1070028
タイリントキソウのコーナー…

P1070029
台湾クマガイソウやカキランなど…

野生ランはこんな感じです。

次は山野草や球根植物ですが…

P1070030

P1070031

P1070032
先ずは…ユリの仲間です。(足が写ってるよ…sweat02)

P1070033
ラケナリアなど…

P1070034_2
ブルンスビギアやネリネなど…

P1070035
クレマチスの苗やイチゲの仲間…
おや…なんか珍しいものが…

P1070036

P1070037
スプリング・エフェメラル…

P1070038

P1070040

P1070041
嗚呼…また…こんなものを…sweat01

P1070042
チューリップとかテコとか…

P1070043
南アフリカその他の変なもの…

P1070044

P1070045

P1070046
小型原種スイセンもいろいろ沢山います…

P1070047
オリジナルなキキョウたち…

P1070050
ヒガンバナ各種…

P1070051
原種シクラメンなど…

P1070052
色々な球根類…

P1070053
原種系クリローなども…

P1070048

P1070049
もちろん…メダカ君もいるよん!!

そして…棚下は恒例の…

P1070057

P1070054

P1070055

P1070056
フクジュソウまつりぃ~…

それにしても…
これだけの植物が良くブースに入ったものです。

よ~く見ると…普段は売らないようなレアものがい~っぱいですよん!!

P1070059
もちろん…洋ランの展示も素晴らしいものがずら~り…です。

今日は搬入の後、家に帰ったら疲れが溜まってバタン・キュ~でした。
ブログのご紹介が遅くなりすみませんでした。

明日からの展示会、皆様のご来展を心よりお待ちいたしております。
(僕はず~っと会場にいます)

2015年1月 6日 (火)

明日はラン展の搬入なのですが…

2 ナルキサス・ザイアニクス「太陽」」 今年も年明けと同時に「太陽」が開花し始めました。お正月に咲く黄色い小型スイセンとしては既に定着した感がありますが、やはり新年早々に、この黄色く丸い花を見られる事はおめでたい気分でとても嬉しいものです。まるで初日の出の様な観賞価値の高い逸品ですね!!

いよいよ明日は「サンシャインのラン展」の搬入日です。

でも…今年は色々な面でスムーズに準備が展開しています。
お陰様で…スタッフのみんなもかなり場馴れしてきた様子ですね。

スタッフみんなのそれぞれの思惑があり…
「今年はこれを売ってみよう…」
「こんなの売ったら喜んでもらえるかしら…」
「ホントは売るのもったいないんだけどなぁ~…」
「これも持ってっちゃえ!!」

な~んて…
みんな、楽しそうに準備に明け暮れている様子です。

今年は目玉商品も盛りだくさんですよん!!
あんなものやこんなものも販売しますので…
皆様、沢山お金を持って遊びにいらしてくださいね(笑)

既に当園の年中行事の一つとしてすっかり定着した「サンシャインのラン展」です。
遠方のお客様もこの時とばかりに沢山お越しいただきます。
雪の多い地域の方等、どうか気をつけてお出でかけくださいませ。

明日は搬入前の最後の準備です。
僕は取り急ぎメダカの選別から…fish

そうそう…今年は1袋1000円メダカ君が、当園のものはほぼ品切れ状態になってしまいました。
そんな訳で…
四国の人気ブリーダー「ビーンズ」さんに頼んで1袋1000円メダカ君を集めてもらいました。

その結果…

P1050005

P1050009

おいおい…これが1袋1000円のメダカかよ…sweat01
と言うぐらい、「ビーンズ印」の選別漏れがいっぱい入っています。
「幹之」や「紅帝」等のほか、「黒幹之」や「ブチ幹之」「体内光」等のハズレも入っているようですよ。
在庫はた~くさんありますからね!!

明日は1日ドタバタになりそうです。

皆様のご来展を心よりお待ちいたしております。
(場所や時間はリンクをご参照ください)

明日の夜のブログは…展示会前日恒例のアレ…ですね。happy01

2015年1月 4日 (日)

営業再開…です。

Img_5741 グルジア・ガランサス」 梅ちゃん先生がグルジアで採種したガランサスが漸く咲きました。ガランサス・ウォルノヴィーにも似ていますが…なんとなく違うような…!?? いずれにしても小型でとてもかわいい花です。何気に底の方(???)ではガランサス熱が燃え始めた様な…そうでもになさそうな…だんだん目が離せなくなってきましたね!! (その後梅ちゃん先生から連絡が入りました。写真の個体は葉がグレーなのでガランサス・アルピヌスだと思う…との事です。)

のんびりしたんだか…しないんだか…
良く解らないうちに年末年始の休みが過ぎ去ってしまいました…sweat02

そんな訳で…今日から営業再開です。

これからしばらくの間は「サンシャインのラン展」用の準備で大忙しです。
今日も一日…ラン展用の目玉探しであれやこれやの一日でした。

実は…休みの間も…結局はラン展用のPOP作りで終了です。

あっ…でも…今年はちゃ~ンと「箱根駅伝」見てました。
記録なんてあっという間に破られてしまうのですね…すんごい。
今年はとても感動的でした。イイお正月だね!!

Img_5747 春童子???」 いやいや…違います。この花は「緑苑×春蛍」の交配から咲いた三段咲きです。どこから見ても「春童子」ですね!! 以前、「ネット販売」で「緑苑」は「紫/緑日輪」と書きましたが…もしかしたら記憶違いで「緑苑」は「赤桃/緑日輪」だったかもしれません。似た花で「緑冠」と言うのがあって、こちらの方が「紫/緑日輪」だと思います。いずれにしても「緑苑」は「緑苑」なので…交配には問題ないのですが…。最近はボケが始まって…記憶がめちゃくちゃになりつつあります。脳がぁぁぁぁぁ~~~……crying

本日…現在も…
こんな感じでPOPを作っておりますです。

P1040001

って………
ホントにこんなの…売るのかぁ~sweat01sweat01sweat01run
(まさか…写真だけなんて…sweat02)

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

2

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(あ・あ・あ・あっ・・・・と言う間に年が明けてしまひましたね・・・。)

2_2
アシナガムシトリスミレ「朧月」…す…すばらしひ…。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ