« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

本咲き展・1日目…です。

Img_6919 白覆輪二段咲き」 「彩宝」の分離から生まれた白覆輪二段咲きです。赤と白覆輪との色バランスがとても美しく、纏まりの良い日輪二段弁とのバランスも美しい逸品です。いかに「彩宝」と言えど…こんな花は滅多に出ませんね。この花は本日…お嫁入りです。

今日は天気も良く暖かい一日でした。

「雪割草・本咲き展」の初日にはサイコーの天気です。

ただ…「本咲き展」の初日にしてはかなりスロースタートでした。

遠方からお越しのお客様を皮切りに、最初は何人かいらしたお客様も…
お昼ごろにはパラパラとなり…少し心配の予感です…。

なにしろ絶好の「交配日和」だったので…
この後の天気の崩れを予想して、皆様、ご自身の交配を優先されたのだと思います。

お昼を過ぎた頃から…心配していた人の動きも出始めて…
過ぎてみれば、夕方までには人の途切れる間もなく過ぎて行きました。
なかには1日遊んで行かれた方も…。

お陰様で気がつけば、結果的に沢山の雪割草たちがお嫁入りでした。

皆様、どうも有難うございました。

僕は朝から展示品を並べて…
後は一日、作場を出たり入ったり往復して、新しい花たちをどんどん運んでいました。

予定していた展示品の撮影も殆ど出来ませんでした。

お陰様で売店は花だらけです。

明日も引き続き「本咲き展」です。

皆様のご来園をお待ちいたしております。

Img_6933 本日の人気花」 まだ小さな初花ですが今日の人気一番はこの花でした。「紅すだれ」系♀親に、「天唱」を交配した「すだれ三段咲き」です。真紅の花弁にキラキラ光る黄緑色のリングがとても美しい花です。この花のおかげで「すだれ三段親」も色々とお嫁入りになりました。

Img_6924 今年の初花」 濃色に白覆輪を絡めた日輪二段咲きです。この二つの花は実は同じ交配から生まれています。もうすぐ「ひなまつり」ですが、まるで男雛・女雛の様な雰囲気が可愛らしいですね。

Img_6936 今年の初花」 分離から生まれた実生4年生初花の「青軸系無毛吹きかけ二段咲き」です。青軸無毛系で吹きかけ絞りの外弁と言うのは珍しく、纏まった二段弁もシベの色を変えて面白い味わいの花です。青軸無毛系の進化も地味ながら着実に進んでいます。楽しい一群ですね。

Img_6956 今年の初花」 相変わらず初花はボケェ~っとした感じですが…本日咲き始めた「白覆輪系三段咲き」です。淡い桃色の花弁に白覆輪を絡めた優しい花色で、三段弁の完成度もまずまずです。これから数年作り込んで、はたしてどこまで色上げしてくるか…こんな花が意外に大きく変化します。また…楽しみが増えましたね!!

明日は少し天気の崩れが心配です。
でも…その方が値段付け等も進みます。

明日も皆様のご来園を、心よりお待ち申し上げます。

2015年2月27日 (金)

明日・明後日は「雪割草・本咲き展」です。

Img_6910 白覆輪二段咲き」 先日、開花前の姿をご紹介した白覆輪二段咲きです。「淡彩」と「日だまり×御神火」の交配から生まれた花ですが…紫と白覆輪のバランス、そして二段弁との対比やバランスが絶妙でなかなかの花に仕上がって来ました。これからの白覆輪二段咲きの方向性を位置づける花の一つと考えて、この花をどう発展させるかがこれからの腕の見せどころ…なのですが…。

明日の2月28日、明後日の3月1日の2日間は…
当園におきまして「雪割草・本咲き展」を開催いたします。

銘花、秀花の展示はもとより、即売品やお値打ち品も多数ご用意しております。
皆様のご来園を心よりお待ち申し上げます。

昨日の寒さとは打って変わって…
今日は…風がありながらも陽射しが出て暖かい1日でした。

こんな日はハウスの中は絶好の交配日和…
と、言う事で…今日はいよいよ、お昼ごろから今年最初の交配を始めてみました。

予定通り、「白覆輪三段咲き」の交配を中心に…40交配が出来ました。
まずまずですね。

夕方前には団体さんが大型バスでお見えになっていたので大騒ぎ。

それでもなんとか…最初のスタートを切る事が出来ました。

メインの初花ハウスは少しピークが過ぎてきましたが…
それでも全体的には…まだまだ5分咲き手前です。

毎日楽しい花たちが咲いて来ています。
明日からの2日間、良い花を見つけ次第…ドンドン店頭に持って行こうと思います。

皆様のご来園を心よりお待ちいたしております。

Img_6856 白覆輪系二段咲き」 白覆輪の交配から生まれた、少し地合いがかった白覆輪二段咲きです。こんな雰囲気も嫌いではありません。白覆輪交配も今年は次の段階に入りました。まだまだ…みんな進化の途中なのです。

Img_6861 白覆輪千重咲き」 「乙女心寒月F2」だの、「朱鷺日輪・恋姫」だの、「乱獅子・白衣」だの、「露×魅宇」だの、「彩宝」だの、「ひな春明魅宇初F1」だの…色々混ぜたらこ~んな花が出来ました。ヤッパリ…混ぜては見るものですね(笑) まだ小さな初花ですが…既に将来が想像できるくらいに完成度抜群の綺麗な花です。ただ…「同じ交配をもう一度やれ」と言われても…大変かも…。

Img_6863 白覆輪千重咲き」 「乙女心寒月F2」と「泰星」から生まれた今年初花の白覆輪千重咲きです。小花弁に緑を絡めたやや中間タイプ的な千重咲きです。ニビ色の落ち着いた雰囲気は味がありますね。

Img_6865 白覆輪千重咲き」 上の花と兄弟です。この花は中間に黒紫色のリングを絡めた赤紫色の白覆輪千重咲きで、中間のリングによってなかなか重厚な雰囲気を醸し出しています。

Img_6916 白覆輪千重咲き」 この花も兄弟です、なんと良い交配なのでせうか…。この花はまだ中心にメシベの痕跡が残りますが…おそらくは千重になってしまうでしょう。濃紫色のストライプがなかなか鮮烈な花です。

Img_6824 彩宝と宮桜の子」 昨年選別した「彩宝F」(彩遊)と「宮桜・上」(白シベ)との交配から生まれた白覆輪標準花です。どちらかと言うと両方のいいとこどりの花ですね。丸い濃赤色の花弁にクッキリと回った白覆輪がとても美しい花です。この交配は50以上の苗を作ったのですが…カイワレの段階で殆どがお嫁入りと言う前代未聞の交配でした。僕が花を見たのはこの花を含めて5本だけですsweat02 こんな標準花の白覆輪交配も毎年続けなければいけないのですね。が~んば…。

明日もイイ花…見つかると嬉しいなぁ~。

2015年2月25日 (水)

撮影の日…。

Img_6681 白覆輪三段咲き」 今日、咲き始めていた白覆輪三段咲き系の花です。片親が「白覆輪三段2」のF1の♀に「夢春」を直接交配した中から選別した花です。桃色の花弁と白覆輪のバランスはとても良いのですが…残念な事にオシベ部分の弁化が弱く少し迫力不足です。一応のヘラ化は見られるので三段咲きなのだと思いますが…往々にして、オシベ部分の弁化の弱い花ほど花弁に濁りが無く、白覆輪も顕著に見られる花が多いと感じます。この辺りのギャップをどうクリアするかが、今後の「白覆輪三段咲き」の課題なのかもしれません。この花も葯が切れそうなので次のF1に期待が出来るかもしれません。

今日も昨日と同じで…
晴れて欲しかったのですが、やはり…どんよりとした曇り空cloudでした。

花粉の吹き方もいまひとつだったので…
今日は予定を変更して、1日色々な花たちを撮影していました。

お昼過ぎからは業者さんがお見えになられたので…
一緒に花探しです。
花探しは何時でも楽しいですね…また、新しい花が見つかりましたよ。

交配の準備は相変わらずなのですが…
明日も雨模様なので…交配は金曜日に延期です。

昨年辺りから「白覆輪三段咲き」作りにかなり力を入れ始めました。
今年の交配初めはその辺りから始めようと、色々と親を集めてみました。

これまでの経験から…かなり白覆輪三段咲きの作り方は解読できました。
今年は…昨年以上に、白地でクッキリストライプの白覆輪を狙ってみています。
もちろん…三段弁の厚みや、花弁作りを基本においての仕事です。

♀親はこんな感じの花を揃えています。

Img_6742

Img_6745

Img_6747

そして♂親たちですね。

Img_6751

Img_6755
♂親の殆どは「星のワルツ」のF1たちですね。

今年は…
片親を「星のワルツ」や「白覆輪三段咲き」等の子をメインに考えて…
もう方親には「巨大輪系三段咲き」の親たちを利用して作出してある「白覆輪三段の親」を利用してみようと考えています。

白覆輪に関しては「二段咲き」も「三段咲き」も…さらには「千重咲き」までも…
取り敢えずの花型や小花弁の作りはある程度クリアできていると考えています。

今年はいよいよ…色作りに入るのですね。

まだまだ…先は長いのですが…
先があるから…雪割草は面白いのですね。

先日の白覆輪三段咲きたちもイイ感じで咲き誇って来ました。
今日も撮影してみましたので…開いた姿をどうぞご覧ください。

Img_6726

Img_6706

Img_6716
作り込んで、ますますイイ感じになって来ました。

Img_6710
今日…新たに咲き始めてきました。
この花も作り込むと大化けしそうですね。

明日は一日…選別品の鉢上げですね…。

2015年2月24日 (火)

あららら…。

Img_0351 昨年の選別」 「はぐれ雲」の片親に使った花の実生から選別していたテンテンの円弁花です。全面に散ったテンテンに濃色のキメラを絡めたとても上品な花ですね。早速…「はぐれ雲」の交配にでも利用してみようと考えています。

今日は…
昨日の予報とは打って変わって、朝からどんよりとした曇り空cloudです…。

晴れると思って色々と予定していたのですが…
少し雲が厚く、なかなかスッキリしそうにはありません。

と…言う事で、今朝は急遽予定を変更して…
延び延びにしていた医者に行く事にしました。

この前と違って今日は比較的患者さんも少なく…スムーズでした。

午後には少し雲も少なくなったので…明日に備えて色々と準備です。
先ずは既に開花が始まっているこの子たちの交配から始めましょうね!!

Img_0353
「白覆輪三段咲き」の親たち…

Img_0355
「すだれ三段咲き」の親たち…

気がつけば…親鉢たちもこんな感じて…

Img_0350
いよいよ…雪割草の本格的な開花が始まって来ましたね!!

交配親たちのハウスも先日から少しづつ陽を採り始めました。
その結果…

Img_0356
こんな花たちも開花を始めてきました。

交配親のハウスには展示会にも絶対に出品しないこんな花たちが色々と…
それが「HANGAR 18」と呼ばれる所以なのですね。

明日は休園日なので…晴れれば交配開始です。

あ~した天気になぁ~れsun
(でも…業者さんも見える様な…sweat01)

今回も棚出ししながら「ながらスマホ」写真なのです…。

2015年2月23日 (月)

宴のあとは…。

盛況だった「全国大会」も無事に終了して…

今日は雨も上がって良い天気になりました。

風も無く、穏やかな陽気で気温もグングンと上がっています。

こうなると…ハウスの中は満開ですね!!

ヤッパリ…自然光の下で自然な状態で咲いている花たちは最高です。
加温して室内で咲いている展示会場の花たちを見た後なので…
自然な状態で生き生きと咲いている花たちを見ると、なぜかホッjapaneseteaとします。

そう言えば…
今回の全国大会の当園の売品の中で、特に人気の高い花たちがありました。
それが…すだれ三段、白覆輪二段、そして…白覆輪三段などを作出する親たちです。

特に、「白覆輪三段咲き」はまだまだ未開拓の分野で、完成された花は殆ど目にする事がありません。

それゆえに…「星のワルツ」のF1等はとても好評を博しました。

今日も…作場を眺めていてフッとeye目に着いた花たちがありました。
一昨年前の初花で選別した…こんな実生5年生たちです。

Img_6657_2 白覆輪三段咲き」 「夢の光」と「星のワルツ」から作出した白覆輪三段咲きです。外弁の玉斑の部分が白く擦れて、その感じがむしろ白覆輪をより強調してくれています。オシベの弁化や三段弁のボリュームもまずまずのとても美しい白覆輪三段咲きになって来ました。

Img_6647_2 「白覆輪三段咲き」 「赤朱鷺残雪」系と「種宝」との交配から作出した白覆輪三段咲きです。桃色の花弁に褐色は絡みますが…玉斑は少ないので白覆輪がくっきりと目立ちます。三段弁の弁化もしっかりしてきたのでなかなか見ごたえのある花になって来ました。少しオシベが見られるので、今度は♂親としても利用できそうですね。

Img_6649_2 白覆輪三段咲き」 白覆輪三段咲きとしてはかなり完成された花の一つだと思います。♂親に「大満月×雅び桜」を使っているので…大輪で花弁に厚みもあり、玉斑が絡まず、何よりグリーンのボリューム一杯の三段弁が見事です。まだ咲き始めですが年々色上がりも良くなっているので、あと数年作り込んだらなかなか凄い花になりそうです。

今日の晴天も…午後3時過ぎからどしゃ降りの雨になりました。
変な陰気ですね…。

でも…明日も天気は良さそうです。

明日のまず最初は写真撮影…そして…
選別しておいた親たちがかなり咲いてきているので…
いよいよ、交配開始…ですかね。

(あれっ…いつの間にか200万アクセスを大きく超えていますね…)

2015年2月22日 (日)

「雪割草全国大会」無事に終了いたしました。

本日、PM3:00にて、「雪割草全国大会」が無事に終了いたしました。

期間中、大変沢山のお客様にお越しいただきました。
また、沢山のお客様に沢山の雪割草や山野草をお買い上げいただきました。

本当に有難うございました。

3日間全てに顔を出していただいたお客様や、遠方からのお客様も沢山お越しいただきました。

どうも有り難うございました。
搬入日も含め、とても楽しい4日間でした。

さて…会場はと言うと…

Img_0250
展示場も…

Img_0268
即売場も…
沢山の人でなかなかの賑わいでした。

Img_0317

Img_0319
土曜日の武田俊夫氏の講演も立ち見が出るほどの大盛況です!!

さて…展示品の方ですが…
今年は殆ど植え替えもせずにおさぼり状態だったのですが…
それでも当園の展示ブースは、金賞×2、銀賞×4、銅賞×2を頂く事が出来ました。

今年は搬入前の2日間の悪天候で花が全て狂ってしまいました。
それでも「何か面白いものを…楽しんでいただける花を…」と思い蕾のものもいくつか展示させていただきました。
審査の時には開いていなかったそれらの花たちですが…
初日の昼ごろから開き始めたそれらの花は、見ていただけたお客様の目には少しは楽しんでいただけたご様子で嬉しく思います。

僕のブースで話題の花はそんな花たちでした。

まず…一番質問が多く、人気だったのがこの花です。
(今回は全て、スマホでの撮影です、スミマセン。)

Img_0301

Img_0344 「はぐれ雲」 非常に珍しい花模様の青軸系テンテン花です。白地に不規則に入った青いテンテン模様がとてもリズミカルで不思議な花です。二段状のヘラシベもキュート。「こんな花見た事無い…」と言う声を沢山の方から聞きました。みなさん、見入っていましたよ。

「本当に安定しているの…」と言う声も多く聞かれましたが…ココでチョット秘蔵の写真を…

Img_0863
実はこれ「はぐれ雲」の平成25年の初花の時の写真です。
パーフェクトブックVol.11のP100左下にも無名で出ているのです。
気付いた人は殆どいらっしゃらないと思いますけど…。

作が上がって、かなりしっかりとした花になって来ましたね!!

次に人気があったのが…この花です。

Img_0244_2
この花も当園のリストやパーフェクトVol.12などに掲載された花ですが…
結構、安定性に疑問を持たれた方も多かったと思います。

実はこの通り…非常に安定した花芸なのです。
褐桃色の花弁に綺麗に回った白覆輪、濁りの無いグリーンの三段弁、そしてこの完成された花型。
「1日見ていても飽きない花ですね…」と言う、最高の御褒めのお言葉を何人もの方にいただきました。

そして…僕のブースを衝撃的にしたのが…この品種です。

Img_0299 月天」 「げってん」と読みます。一見、咲き始めは普通の三段中間タイプなのですが…三段弁が日増しに見る見る伸び始めて、外弁が欠落する頃には三段弁だけが異常に大きく開いてきます。特に、最初の1花目の力のある花の頃には三段弁の開きも大きく、今回は見事にいちばん大きな三段弁は直径を7㎝に近く広げています。展示では余りに大きく頭が重いので、全開した花のみを束ねて解り易く飾ってみました。以前は「錦春」と呼んでいた花なのですが…余りに凄い花に途中で「月天」と銘を変更しました。ちなみに「月天」とは「変わり者、変な奴、ひねくれ者、へそ曲がり」と言う…九州の一部の方言からとりました…ハハハ…sweat02

この花も固定性に疑問を感じている方がいらっしゃると思われますが…

Img_0532
この写真も平成25年に撮影した「月天」の写真です。
この時で5㎝オーバーくらいでしたね…。

最後にもう一つの人気のあった花…
誰もが「綺麗」と言っていただけたこの花は…
実生3年生の小さな苗ながら、今回「実生新花・変化花の部」で銅賞を頂きました。

Img_0347 永遠の星」 「とわのほし」と読みます。現存する白覆輪二段咲きの中では、かなり完成された花になりそうな予感を感じさせてくれる花です。花型、濃赤色と白覆輪のバランス、二段弁の纏まり、色対比など…どこをとっても欠点の無い花だと思います。これからが楽しみな花の一つですね。

そのほかにも「太陽蝶」や「雲の嶺」など、とても人気がありました。

今回は、取り急ぎですが…
簡単な御礼とご報告までにて失礼いたします。

この続きは、またの機会にご報告させていただきますね。

{

2015年2月18日 (水)

「全国大会」会場でお待ちいたしております!!

Img_6637 「今年の初花」 白/グリーンの三段咲きですが…なんとなく雰囲気の良さがお気に入りの「青軸系無毛三段咲き」です。このタイプも既に発表されている花ではありますが、その中でも三段弁のボリュームと弁化の素晴らしさはなかなかのものです。「和」とか「真心」とかいろんなものが複雑に絡んでいる花ですが…とどめに「紫紋」を入れてあるので、こんな感じにセルフ分離したのだと思います。次は紫/グリーンの無毛三段なんかも期待できるかもしれませんね。(アハハハ…よ~く見ると三段咲きなのに三段弁にも毛が無いのねぇ~…eye)

明後日から3日間は「雪割草全国大会」です。
明日は搬入と審査ですね。

今回は僕と奥さんが開催中は展示会場に出ずっぱりです。
園には居ませんので、是非皆様、「全国大会」会場に遊びにいらしてください。

今日は先ほど…全国大会の荷造りが終わって帰宅してきました。

今回はスタッフそれぞれの持ち場を決めて動いたので、
例年になくとてもスムーズに仕事が進みました。

心配していた雪も…
この辺りは雨で…それでも昼過ぎごろはかなり強く降っていました。
暖房を焚きながらの選別ですが…暗いと間延びが心配です。

この2日間くらいで例によって展示品がコロコロと変更になります。
毎度のことながら…頭の痛い仕事ですね。

それでは…
上野グリーンクラブ」でお待ちいたしております。

(これから展示品の名前…かんがえなくっちゃあ~…sweat02)

雪割草全国大会

2月20日(金)~22日(日)


主催:日本雪割草協会
雪割草の年に一度の全国大会
3階会場に一堂に展示。
即売会場は、1階2階に全国の業者が参加。
展示会場:3階
即売会場:1階2階
入場無料
開催時間:9:00~17:00 最終日15:00まで
2月21日(土)は午後1時半より
武田俊夫氏による「東京での雪割草の栽培と交配について」の講演があります。
皆様のご来園を心よりお待ちいたしております。

2015年2月17日 (火)

「全国大会」の準備…その2.。

Img_6633 今年の初花」 昨日ご紹介したほんのりの「白覆輪三段咲き」の兄弟です。こちらの方が白地は綺麗なのですが…やはり、ほんのりの白覆輪…と言うよりも、ほんのりの底桃色花の様な雰囲気の「白覆輪三段咲き」です。でも…この花も一応弁化はまずまずで、花型も良く白地で明るい花はオシベも切れば花粉も吹きそうなので…まあ、僕的には「良し」と言うところなのです。

今日は…
雨は殆ど降りませんでしたが…
予報どおりどんよりとした曇り空で、全く温度が上がりません。

8時半過ぎから暖房を焚いてハウスの室温を25℃にして開花を促します。

その結果…

P2170009
こんな感じで…見事に花が開いてくれました。

今年は…スタッフそれぞれが、それぞれに出来る持ち場を決めて準備をしているので、
いつもの展示会前よりもスムーズに仕事が運んでいます。

今日だけで既に13ケースの選別と仕分け、価格付けが終わって涼しい場所に移されました。

明日も天気予報ではsnowマークが付いていて気温が上がらぬ様子ですが…
なんとか今日の感じできり抜けたいと考えています。

明日はいよいよ…展示品選びです。
欲を言えば…全体的にもう少し咲き進んでほしいところですが…
今年は大鉢の開花が少ないんですよね…植え替えしてないし…sweat02sweat02sweat02

Img_6639
「売れ残ったら自分で栽培すればイイや」…と、思っているので…
今年は即売品に鉢植えの一品モノやレアもの交配親を少し多めに持って行こうと考えています。

お・た・の・し・み・に・・・・・・ね。

2015年2月16日 (月)

「全国大会」の準備・・・。

Img_6612 今年の初花」 知人に販売したのに…なぜかそのまま園に置いてある白覆輪二段咲きです。実は、写真を撮りたかったのでそのまま置いてあるのですね。「星条旗」と「彩宝」と言う異色の取り合わせなのですが、両者の良いところが見事に絡み合った良い花だと思います。作り込むと濃色大輪になる事は確実なので、これからの進化がとても楽しみな花なのです。

今日は…
一日を通して「全国大会」の準備に明け暮れました。

店番をスタッフに任せて…
どうやら「全国大会」前の最後の晴れの日になりそうなので…
なるべく時間を見ては選別に時間をかけました。

お昼過ぎには業者さんもお見えになっていたので…少し間が空きましたが…
それでも、なかなか良い花たちが選別出来たと思います。

夕方には暗くなり選別も終了なのですが…
明日は少しみぞれsnowまじりの寒い一日になりそうなので…
選別したすべてを加温ハウスに入れ替えて明日に備えます。

明日は朝から…
加温ハウスを25℃に上げて、一日値段付けやラベル付けを始めます。
値段を付けたものは順番に涼しい場所に移して「全国大会」に備えるのです。
展示品もそこに集めて、加温して最後の開花の状態を調節します。

泣いても笑っても…あと2日で準備終了です。
が~んば。

Img_6604_2今年の初花」 青軸系無毛二段唐子咲きです。少し薄墨色を帯びたブルー系の花が青軸系無毛種独特の雰囲気を醸し出しています。花弁のグラデーションも面白く、とても味のある花ですが…本日、お婿さんと共にお嫁入りなのです…。

Img_6609_2 今年の初花」 メシベが少ないのでたった一粒のタネのみ採種出来た「大光星」の子です。たった一粒だったのですが、赤紫色に白覆輪が綺麗に回ったとても美しい花が咲いてくれました。今年はうまくすると花粉が採れるか…切って吹かせる事が出来そうですが、おそらくやがてはシベ二段になりそうな花です。いずれにしても、つぎの世代の白覆輪段咲きを担う貴重な親株になってくれると考えています。

Img_6616_2 「今年の初花」 この花も僕の手元に一本しかない交配の花です。この花はすだれ系三段咲きの♀親「すだれ三段1号」の♀に、当園作出の大輪系濃赤三段咲きの逸品「黒紅の誉」を交配したF1です。たった一本のF1が、この様に見事なビロード紫にグリーンの日輪咲きを咲かせてくれました。まだまだ…天には見放されてはいなさそうです。この花も今後のすだれ三段系に新しい味を加えてくれそうな…とても貴重なひと鉢になると考えています。

Img_6614_2 今年の初花」 一見、千重咲きにも見える濃紫色と白覆輪のコントラストが美しい二段唐子咲きです。このタイプの花がいちばん変化しやすいタイプで、毎年のように作が変化して、完成するとアッと驚く花に変化するのもこのタイプに多く見られます。少し作り込んでみたい花でもあるのです。

Img_6623_2 今年の初花」 こちらは完全体の「白覆輪千重咲き」です。赤桃色と白覆輪とのバランスが丸みのある花弁によくマッチしています。小花弁全体にも白覆輪が出ればとても可愛らしくお洒落な花になりそうです。是非、作り込んで株立ちにしてその雰囲気を味わいたい花なのです。

Img_6618 今年の初花」 かなりぼやけていますが…一応「白覆輪系三段咲き」です。これまで色々と発表されている白覆輪三段咲きは、どちらかと言うとメシベの弁化がメインでオシベの弁化まではっきりとしているものは多くありません。そう言う点ではこの花はオシベの部分の弁化もしっかり見られて、三段咲きとしてはかなり程度が高い方だと思いますが…いかんせん弁化が進むと、花弁に玉斑や絣りが絡んでくるので…初花ではこんな感じのものが多くなります。弥彦系の三段の血が強いのもかなり影響しているのかもしません。まあ…オシベは切れそうなので、次の親には最高なのかもしれませんね。次の作り方はバッチリ…ですよん!!

これだけ毎回「白覆輪」を紹介しておいて…
「全国大会」の即売で白覆輪を持って行かなかったら…

…確実に怒られそうです…ねっcoldsweats01

2015年2月15日 (日)

「雪割草・早咲き展」無事終了いたしました。

Img_6535 濃赤千重咲き」 「熱唱」系の交配から生まれた濃赤色に黒リングの千重咲きです。スッキリと立ち上がった花茎が印象的な草姿の美しい個体で、単調ながらも深い味わいのある花でもあります。沢山咲かせて楽しみたい系統ですね。

お陰様をもちまして…
「雪割草・早咲き展」が無事に終了いたしました。

2日間、沢山の方にお越しいただきました。
また、沢山の方に沢山の雪割草や山野草をお買い上げいただきました。

有難うございました。

遠方のお客様も多く、とても賑やかな2日間でした。

さ~て…
いよいよ明日から3日間、「全国大会」の準備です。

特に明日・明後日は集中です。
天気も気になるところですが…この2日間である程度目処をつけなくてはなりません。
なにしろまだ…ほとんどな~ンも準備してないし…sweat01

くたくたになっても…がむばらねばねばねば…。

Img_6593 今年の初花」 全体に丸みを帯びたとても美しく端正な白覆輪のシベ二段咲きです。赤桃色のストライプが白地によく映えた白覆輪で、二段弁もこのくらいでちょうど良いのかもしれません。とてもいい感じの花だと思います。

新潟では「県の花大会」が賑やかだった模様です。
時代なのでせうか、なんだか…白覆輪が沢山あった様ですね。

「全国大会」は、どの方向で攻めようかしら…な~んて…ねっ!!

2015年2月14日 (土)

お陰様で賑やかです!!

Img_6571_3 本日の一番人気!!」 今日の展示品の中でも断トツで一番人気だったのはこの花です。すだれ系三段咲き中間タイプの「太陽蝶」ですね。まだ実生5年生、初花から3年目の苗ですが、類例の無い花模様と、ボリュームのある型の良い花型や大きさ、草姿等、どれをとっても欠点の無い見事な一品です。本当はまだ少しの間はナイショにしておこうと思っていたのですが、この花を一番お見せしたかった遠方のお客様に本日お越しいただいたのでおもいきって展示してみました。これからの雪割草界に新しい風と味わいを吹きこんでくれそうな…そんな花なのだと思います。

今日は「雪割草・早咲き展」の初日です。

朝から少し風は強めで、時々雲も流れてはきましたが…
それでも良い天気に恵まれて、まずまずの展示会日和でした。

お陰様をもちまして…
朝から夕方まで、お客様の途切れることなく楽しい1日でした。

遠方からのお客様も何組もの方々にお越しいただきました。
沢山のお客様に沢山の花たちをお買い上げいただきました。

皆様、本当に有難うございました。

わざわざお越しいただいた甲斐がありましたら嬉しく存じます。

明日も引き続き「早咲き展」を開催いたします。

沢山の花を取り揃えて、皆様のご来園を心よりお待ち申し上げます。

Img_6561_2 白覆輪千重咲き」 3年ほど前に選別した白覆輪の千重咲きです。丸い花型で盛り上がりの良いボリューム一杯の花で、紫、白、ピンクと三段階に分かれたグラデーションがとても明るく可愛らしい花です。作り込む毎に花色も花型もグレードアップしている花で、まだまだ進化しそうな予感なのです。

Img_6554_2 本日の目玉」 実生3年生初花の白覆輪二段咲きです。どこから見ても「恵天楽」に良く似た雰囲気の花ですが、まだ実生3年初花なのに堂々とした風格を見せてくれます。濃赤色の二段弁と、弁幅のある白覆輪の花弁とグリーンのメシベがこの花を支えています。作り込んだ時が楽しみな一品だと思います。

明日は何を展示しようかしらん♪♪♪
楽しみだわん。

2015年2月13日 (金)

明日から2日間「雪割草・早咲き展」です。

Img_6490 すだれ系三段咲き」 4年前に選別した、初期の「すだれ系三段咲き」です。「すだれ系三段♀親」と「初跳」系との交配から生まれた花ですが、大きく開く明るい褐緑色の三段弁が陽にあたるとキラキラと輝き美しい大輪花です。「すだれ系三段咲き」も作り込む程に味わいが出て楽しい花ばかりです。新しいタイプの三段咲き作出に期待が持てますね!!

明日・明後日の
2月14日(土)・15日(日)の2日間は…
当園に於きまして「雪割草・早咲き展」を開催いたします。
皆様のご来園を、心よりお待ちいたしております。

今日は通院日で朝から医者に入ったのですが…
待合室に入るや…隙間の無い程の凄い人ですsweat02

これではとても午前中には終わりません…sweat01
待ってる間に「インフルエンザ」とか…うつされたくないし…sweat02

結局、急いで薬だけもらって…
改めて2週間後に伺う事にして、急ぎ医者を出てしまいました。
お陰様で…色々と準備をする事が出来ました。

そんな訳で…今日はみんなで手分けして…
売店の入れ替えや整理、販売品の選別、ラベル付けなどなど…
なんとか展示会の準備が出来ました。

ただ…あまりに風が強かったので…
展示品の陳列や販売品の値段付けは明日の朝に持ち越しです。

この季節になって色々な花たちが咲いてきました。
お探しの花がございましたら、何なりとお申し付けくださいませ。

明日は売店に沢山の雪割草を揃えて…
皆様のご来園をお待ち申し上げます。

Img_6496 「今年の初花」 かの3499「錦華山×佐幻F1」の♀親に、「錦宝」の兄弟「13135」♂親との交配から生まれたワインレッド色の美しい「すだれ三段咲き」です。見た目の雰囲気は「錦宝」の初花の時の雰囲気に似ていますが、こちらの方が赤味が強く花弁の艶も一際です。三段弁のボリュームと花弁の室から見ても、これも何れは銘花の仲間入りをしそうな逸品だと思います。

Img_6502 今年の初花」 テンテン系の千重咲きも少しづつですが開花が始まりました。この花は花弁全体に華やかにテンテン模様を散らした雰囲気の良い千重咲きです。このままなら小花弁のボリュームもかなり出そうなのでスタンダードな千重咲きとしてはとても観賞価値の高い花になりそうです。

Img_6544
 今年の初花」 こちらは「青軸系無毛千重咲き」です。まだ力が無いので二段唐子咲きの様に見えますが、作が上がると千重咲きになるものと思います。この花も一重ごとの花弁にそれぞれの彩りが見られ、リズミカルで楽しい花だと思います。この「青軸系無毛変化花」の仲間も今年は色々な系統に変化してきました。これから他の変化花には見られない一つの分野として発展する新たな系統になると考えています。

Img_6514 白覆輪系千重咲き」 白覆輪系の交配で4~5年ほど前に、白くて先端のみにピンクを絡めた小さな千重咲きを選別したものですが、その後作落ちしてなかなか力が付きませんでした。昨年辺りから漸く力が付いてこんな感じの花に変化してきました。白覆輪の花弁の中段のみを白いリングで彩ったとても可愛らしい花です。良く見るとリングの部分にはうっすらと緑を絡めているので、更なる作り込みによってはより彩り豊かな花に変化するかもしれません。初花から作り込みへの花の変化を追ってみると、「花の選別の着目点」も見えてくるかもや…ですね。

 医者で10時になって、大画面TVで「みんなの体操」の放送が始まると…
待合室のおばあさんたちが一斉にTVを見ながら体操を始めていました。

なんか…微笑ましいですね。happy01

2015年2月12日 (木)

今週末は「雪割草早咲き展」です。

Img_6475 「今年の初花」 いよいよ「瑠璃」系二段咲きの交配が咲いてきました。写真の花は「瑠璃」と言うよりは…赤花系なのでその前身の「朝陽」系の二段咲きと言った感じです。「瑠璃」独特の外弁のグラデーションに、まだ疎らながらも白い二段弁とグリーンのメシベが明るく印象的な花です。まだ小さな初花ですが…少し作り込んでみたい感じの花でもあります。

今日は暖かい一日でした。

こんなポカポカとした陽射しの中で、雪割草たちの開花も一気に速まります。

と…言う事で…

今週末の2月14日(土)、15日(日)の2日間は…
当園の「雪割草・早咲き展」です。

数日前から開花した花を選別して…
2日後に迫った展示会の準備を続けています。

当日には、なるべく沢山の開花している雪割草を、
沢山のヴァリエーションを揃えて即売したいと考えています。

当日も天気は良さそうですので、
皆様のご来園を、心よりお待ち申し上げます。

Img_6433 今年の初花」 すだれ三段咲き系交配から開花した「すだれ系の姫三段咲き」です。中心はまだ未分化の三段咲きもどきですが、なんとなくオシベが利用できそうなので…今後につなげられそうな花でもあります。「すだれ三段」系の日輪咲きの♀親に「暁華F1」との交配から生まれた花ですが…実はこの兄弟がすんごいんですよん。 ご紹介は後ほどに…ね。

Img_6436 今年の初花」 これも「すだれ三段」系の交配から生まれた日輪咲きです。「錦宝」の兄弟の赤日輪咲きと、「すだれ系紫紋F1」との交配から生まれた…すだれ紅色に黄緑色の日輪弁を持つとても美しい花です。ココまでくれば「すだれ赤/黄緑三段咲き」の作出も遠くはなさそうですね。次がとても楽しみな花が選別出来ました。

Img_6441 今年の初花」 この花もすだれ三段咲き系の交配から咲いた三段咲きです。あまり「すだれ顔」を感じない花ですが、黒みを帯びた三段弁にその特徴が現れています。実は「鈴露すだれ」系の♀親に「富嶽F1」の♂親との交配から咲いた花なのですが…こんな花が作り込むと大化けするのですだれ交配は止められないのです。

Img_6443 今年の初花」 葉も全て傷んで落ちてしまった小さな株の初花なのですが、そんな小苗での初花でもこの迫力です。今日の暖かさで微妙だった蕾が開いた様なのですが、すだれ系のワインレッドにグリーン系の三段弁との対比は文句のつけどころがありません。紫日輪系交配の「阿賀蛍F1」の♀親に「すだれ紫紋」系の♂親との交配から生まれた…かなり大物になりそうな予感の「すだれ三段」です。大株になった時はどんな花芸を見せてくれるのか…今からワクワクですね!!

夜の天気予報で少し天気に変化が出始めましたね!!
寒気の影響で、これまでの予報よりも気温が下がりそうです。

そして…
来週になると展示会前までは少し天気がぐずつきそうな予報ですね。
困りました…準備が…sweat01

明日は通院日なので、午前中は不在です。
まあ…午後も作場にカンヅメなのですが…。

2015年2月11日 (水)

雪割草全国大会のお知らせです。

Img_6374 青軸無毛系段咲き」 2月6日のブログでご紹介しました濃赤色の青軸無毛系段咲きが開花しました。おそらくは千重咲きになってしまうと思われますが、よ~く見ると今年はメシベがほんの少しですが確認できます。少しはタネが付くかも…。ところどころに白いラインを交えた美しい大輪花で、これからの作り込みに期待が持てます。

先日のブログで「雪割草全国大会」をご紹介しましたところ…
数人の方から「雪割草全国大会」についてのお問い合わせを頂きました。

「雪割草全国大会」の日時と会場は次の通りです。

第20回記念・雪割草全国大会

日時: 平成27年2月20日(金)~2月22日(日)
時間: AM9:00~PM5:00まで(ただし、22日(日)はPM3:00まで)
会場: 上野グリーンクラブ・1~3階
    (東京都台東区上野公園3-42 TEL03-5685-5656)
    1~2階は即売場です。
    (雪割草及び関連資材を中心とした十数店の業者による即売)
    3階は展示場です。
    (雪割草の銘花・秀作及び出店業者による雪割草を使った寄せ植えの競演)

講演会: 2月21日(土) PM1:30~3:00頃まで
      武田俊夫氏による「東京での雪割草の栽培と育種について」の講演

今回はイベント性盛りだくさんです。
皆様のご来展を、協会員一同心よりお待ち申し上げます。

Img_6412 「これでも三段咲きのF1なのです」 白覆輪系日輪咲き「星の幻」と、白覆輪三段咲き「星のワルツ」との交配から生まれた「白覆輪三段咲き」のF1です。F1なのにこの花型でこの色対比は文句のつけどころがありませんね。先ずはセルフで分離による「白覆輪三段咲き」の選別…と行きたいところですが…実はこの花、本日お嫁入りなのでした。ハ・ハ・ハ…sweat02

Img_6414

Img_6416 「これでも…一応は…」 昨年選別しておいたこの花…一応「歓喜天×良聖F1」系の三段咲きです。上の花が1花目、下の花が2花目ですが…よ~く見るとそれぞれともに何枚かの花弁の一部には白覆輪が確認できます。別になんという事の無い花なのですが…これだけの三段弁のボリュームで、しかも玉斑のでない花弁に白覆輪と言うのは…良い意味で捉えると「白覆輪三段咲き」の未来に明るい兆しを感じさせてくれる花なのかもしれません。この感じでしっかりと全部の花に入る白覆輪…考えただけでもゾクゾクしますね!! 次ですよ…次!!!

今日の、たった一日の暖かさで花の動きに変化が出てきました。
今週は暖かい日が続きそう。
いよいよ…花のシーズンに突入ですかね。

2015年2月10日 (火)

来週は雪割草全国大会ですが…。

Img_6330 春告星」 大輪ではありませんが、なかなか可愛らしい白覆輪の二段唐子咲きです。二段唐子と言うよりはメシベのある千重咲きと言う感じかもしれません。このタイプでは何時も他に先駆けて開花するので、「春を告げる白覆輪」と言う意味で「春告星」と銘々しています。

いよいよ…
来週は「雪割草全国大会」が始まります。

意外に知られていない様子なので、改めての告知なのですが…

今回は全国大会が始まってから20週年記念です。

そんな訳で…今回の開催期間は…

2月20日(金)~2月22日(日)までの3日間の開催です。
(日曜日は午後3:00までの開催となります)

なお、2月21日(土)の午後1時30分からは…
武田俊夫さんによる「東京での雪割草の栽培と育種について」…
の講演会を予定しております。

理論的でわかりやすいお話ですので、皆様、是非ご聴講くださいませ。

「えっ・・・今回は3日なの・・・」
「初日は金曜日なの・・・」

と、驚いていらっしゃる方がとても多いので…
この場を利用して、「日本雪割草協会」からの告知をさせていただきました。

今週は天気がよさそうです。
早く花が咲いてくれないかなぁ~…。

Img_6386 もうすぐ開花です」 昨年選別の白覆輪しべ型二段咲きです。昨日・今日の暖かい日差しでつぼみが開き始めました。白覆輪が花弁の先端までいい感じで回っているので、とても明るくて華やかな雰囲気の花です。全開するとボリュームも出て、花弁もかなり纏まってくると思います。綺麗な花はいつ見ても気持がイイですね。

Img_6395 白覆輪系千重咲き」 決して濃色ではないのですが…1重ごとの花弁が複雑なグラデーションを絡めているので、かなり深みのある白覆輪千重咲きになっています。丸みのあるボリュームいっぱいの花は、派手さはありませんがつれづれに眺めていても見飽きぬ名花です。

毎日、展示品探しの日々です…。

花よ…咲け!!tulip

2015年2月 7日 (土)

明日からのお天気は…。

Img_6277 今日…咲いてました。」 以前から選別していた分離から生まれた白覆輪千重咲き。今年はかなりインパクトのあるコントラストで開花していました。花は少し小振りですが…この色対比と山野草的な草姿はとても味わい深い花でもあります。外弁のみが白覆輪と言うのも味わい深い印象を与えていますね。今年は沢山咲きそうで、とても楽しみな花なのであります…。

明日からはいよいよ
「全国大会」に備えた大切な1週間になります。

その前に…
1週間後には当園での「早咲き展」も控えております。

そんな訳で心配なのが明日からの天気です。

明日は雨模様らしいのですが…予報ではお昼前後に少し降る程度の様です。

昨日までの天気予報では、明日からは1週間はどんよりとした日が続きそうでしたが…
今確認したら明日以外は結構晴れそうで…
気温も10℃オーバーの日々が続きそうです。

こうなると花上がりにはかなりの期待が持てそうです。

今週末から来週いっぱいにかけては業者さんのご来園等も多そうですので…
僕は殆ど店には出られないと思います。

それにしても…1年なんてアッと言う間ですね!!

毎日…スピードMAXで1日が過ぎて行きます。

Img_6287 「『紫紺の王』の子」 1月30日のブログで咲き始めをご紹介した「すだれ段咲き」の2花目の写真です。この雰囲気だと中間タイプの千重咲きの様になりそうです。すだれカラーに褐緑色のリングを絡めた、色対比抜群の花は更に中心をすだれカラーに染めたとても美しい複色千重咲きです。すだれ段咲きの新しいバージョンがココに完成したかもしれませんね。

Img_6292 『紫紺の王』の子」 こちらも「すだれ×夢春」系三段咲きF1「紫紺の王」を使った「すだれ系三段」です。この独特の深みのある朱赤色と花弁の艶がすだれ系の真骨頂です。かなり正統派の三段咲きですが、すだれ系の特徴が良く出たイイ感じの花だと思います。

この1週間でどこまで花が開くかが…勝負なのです。

2015年2月 6日 (金)

雪の日の後は…。

Img_6245 「今年の初花」 ほんのりの淡色をベースに白覆輪の外弁と、緑を絡めた小花弁との対比がとても可愛らしい千重咲きです。今日この花を見つけた時は、余りの可愛らしさに知人と一緒にしみじみと眺めてしまいました。最近は濃色系の白覆輪花に人気が集中している様子ですが…この優しい雰囲気は何ともいえない味わいがあります。花に似合った雰囲気…と言うものも大切にしなくてはと…こんな花を見るたびに常々考えてしまいますね。

昨日は雪が心配されましたが…
この辺りは殆ど小雨交じりの状態で完全な雪にはならなかったようです。

今年は今のところ一安心ですね。

こんな小雪交じりの寒さの厳しい日の翌日は…
抜ける様な晴天で、強い日差しによってハウス内の温度も一気に上昇します。

これまで硬い蕾だった雪割草たちも少しづつですが開花が始まるのです。

実は…
昨日の様な曇天や悪天候の日の方が作業が進みます。
他にやる事もないですから…。

でも…
今日の様な晴天になると花見をせずには居られません…。
いやでも仕事が止まるんですよねsweat01

こんな日に必ずやらなくてはいけない事…
カメラを持って、あっちうろうろ、こっちうろうろ…なのですね。

そんな訳で…今日撮影した花たちを少しだけご紹介です。

Img_6257 今年の初花」 白覆輪二段咲きとしてはかなり完成された花だと思います。二段弁の雰囲気は最高ですね!! この型の二段弁を持つ親は淡色系の親が多いので、白覆輪以前に先ずは濃色にする段階が大変なのです。花弁の型や全体のバランス等もかなり気を配って作った花の一つですが、ここまでくれば完成度はかなり高いと考えています。

Img_6268 「今年の初花」 これも白覆輪二段咲きですが、この雰囲気の二段弁も嫌いではありません。まだ初花なので二段弁が多少バラけていますが、型と質感は申し分なく、おそらくは作り込んで行くうちには綺麗に纏まってくるタイプです。外弁のほんのりとした雰囲気も好ましく、二段弁が纏まって緑でも絡めてくれたらいい味わいになりそうです。

Img_6275 今年の初花」 ほんの小さな初花なので少しさっぱりとした感じですが、色対比と花型はまずまずです。特にベースの色と白覆輪の幅とのバランスや、外弁と二段弁のバランスはそれなりにイイ感じなので…作り込んだ時にはかなり綺麗な花に仕上がりそうです。まあ…簡単に交配がバレそうな花でもあるのですが…sweat01

Img_6175 「今年の初花」 この花は青軸無毛系の千重咲きです。外弁が淡色で中心部が濃色なのでイイ感じのグラデーションになっています。青軸無毛系の持つ独特な雰囲気の花弁の質感と色艶が他にない花の雰囲気を作っています。

Img_6249 今年の初花」 この花も青軸無毛系の段咲きです。中心に小さくメシベがあるので、今のところは二段唐子咲きの様です。外弁に「真心」独特の雰囲気が残っているので、小花弁もツマ紅風に開いてバラの花の様に綺麗です。「無毛の妖艶」の様な感じに仕上がってくれれば面白いですね。

Img_6253_2 今年の初花」 この花も青軸無毛系の千重咲きです。紫花系の多かった無毛系段咲きも、クロス交配によってもココまで赤くなって、色合いも複雑化してきました。この花はまだ全開前ですが外弁の型も良く、小花弁に入る白いストライプが独自の味わいを生んでくれそうです。このタイプの花としては完成度の高い花に仕上がってくれそうですね。

「全国大会」前なので花は少しづつ小出しにしませうねsweat01

今…一番の心配事は…
「全国大会」までにチャンと咲いている展示品があるのかしら…sweat01
と言うところですね…sweat02

2015年2月 1日 (日)

寒さ本番、花本番…

1

Img_6093 シコクフクジュソウ・青軸素心花」 実生から選別したシコクフクジュソウの素心花(Adonis sikokuensis f. alba)が漸く開花しました。今から4~5年前に実生した現地産のシコクフクジュソウの中から、実生2年目の頃に3本ほどの青軸を発見しました。うち2本はやがて少しですが軸に色が付いてきたのですが、1本のみ青軸で全く濁らない緑一色の個体があったので、目印を付けて選別してみました。その個体が本日、漸く開花しました。写真の通り、見事な青軸の素心花です。ガクの長さや無毛の茎の艶などからもシコクフクジュソウに間違えありません。「蒔かぬタネは生えない」とは申しますが、実生していると色々な事がありますね!! なんとか…次につなげたいと思う花がひとつ増えました。

寒気の影響か…
ここ数日は強い風が一日中吹いている日が続きそうです。

こんな時は、なかなかハウスが開けられません。
特に雪割草等は蕾の上がり始めのものも多く…
芽を乾かす事が出来ないので強い風は致命傷になります。

結局、風を抑えたハウスの中での管理なので…
早いものでは一気に花茎が伸び始めるものも見られます。

ハウス栽培の場合…
寒ければ寒い程、開花が早くなるものなのですね。

当園の「早咲き展」まであと2週間…
「全国大会」まであと3週間を切りました…。

がむばって咲かせなくてはいけませんから…ね。

Img_6153 綺麗な三段咲き」 隙の無い円弁の花弁に優しいピンクの外弁と澄んだグリーンの三段弁、なにより花弁の輪郭を縁取る白覆輪の雰囲気が何とも絶妙なとても美しい三段咲きです。実はこの花は、今年の「雪割草交配実生リスト」の表紙に白覆輪の輪郭をを持つ褐桃色にグリーンの三段咲きを掲載しましたが、この花はその片親である「緑苑」を♀に「春蛍」を直接交配したF1から咲いた似たような雰囲気を持つほんのりと白覆輪系の花です 丁度「春童子」をピンク白覆輪にした様な雰囲気で、見る人の誰をも虜にしている花です。(人によっては「コッチの方がイイ」と言う方も多くいらっしゃいます) 丁度、花梅の「鈴鹿の関」の様なイメージの花になりましたね。実生5年目で類例のない味わいを持つ三段咲きになってきました。今日はハウスの中が暖かかったのでいっきに開きましたが、明日からは少し冷やしておこうと思っています。あっ…1月4日のブログでご紹介した白/緑三段咲きの兄弟でもあるんですよ!! 「緑苑」の力の凄さを再認識させてくれる花でもあるのです。

そんな訳で…
今年は早い時期からの雪割草の紹介が続いています。
まだまだ…乞うご期待ですよ。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ