« 雪の日の後は… | トップページ | 雪の日の後は…。 »

2015年2月 1日 (日)

寒さ本番、花本番…

1

Img_6093 シコクフクジュソウ・青軸素心花」 実生から選別したシコクフクジュソウの素心花(Adonis sikokuensis f. alba)が漸く開花しました。今から4~5年前に実生した現地産のシコクフクジュソウの中から、実生2年目の頃に3本ほどの青軸を発見しました。うち2本はやがて少しですが軸に色が付いてきたのですが、1本のみ青軸で全く濁らない緑一色の個体があったので、目印を付けて選別してみました。その個体が本日、漸く開花しました。写真の通り、見事な青軸の素心花です。ガクの長さや無毛の茎の艶などからもシコクフクジュソウに間違えありません。「蒔かぬタネは生えない」とは申しますが、実生していると色々な事がありますね!! なんとか…次につなげたいと思う花がひとつ増えました。

寒気の影響か…
ここ数日は強い風が一日中吹いている日が続きそうです。

こんな時は、なかなかハウスが開けられません。
特に雪割草等は蕾の上がり始めのものも多く…
芽を乾かす事が出来ないので強い風は致命傷になります。

結局、風を抑えたハウスの中での管理なので…
早いものでは一気に花茎が伸び始めるものも見られます。

ハウス栽培の場合…
寒ければ寒い程、開花が早くなるものなのですね。

当園の「早咲き展」まであと2週間…
「全国大会」まであと3週間を切りました…。

がむばって咲かせなくてはいけませんから…ね。

Img_6153 綺麗な三段咲き」 隙の無い円弁の花弁に優しいピンクの外弁と澄んだグリーンの三段弁、なにより花弁の輪郭を縁取る白覆輪の雰囲気が何とも絶妙なとても美しい三段咲きです。実はこの花は、今年の「雪割草交配実生リスト」の表紙に白覆輪の輪郭をを持つ褐桃色にグリーンの三段咲きを掲載しましたが、この花はその片親である「緑苑」を♀に「春蛍」を直接交配したF1から咲いた似たような雰囲気を持つほんのりと白覆輪系の花です 丁度「春童子」をピンク白覆輪にした様な雰囲気で、見る人の誰をも虜にしている花です。(人によっては「コッチの方がイイ」と言う方も多くいらっしゃいます) 丁度、花梅の「鈴鹿の関」の様なイメージの花になりましたね。実生5年目で類例のない味わいを持つ三段咲きになってきました。今日はハウスの中が暖かかったのでいっきに開きましたが、明日からは少し冷やしておこうと思っています。あっ…1月4日のブログでご紹介した白/緑三段咲きの兄弟でもあるんですよ!! 「緑苑」の力の凄さを再認識させてくれる花でもあるのです。

そんな訳で…
今年は早い時期からの雪割草の紹介が続いています。
まだまだ…乞うご期待ですよ。

« 雪の日の後は… | トップページ | 雪の日の後は…。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の日の後は… | トップページ | 雪の日の後は…。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ