« 「白覆輪」の向こう側…。 | トップページ | 終花の美学…。 »

2015年3月 5日 (木)

「白覆輪」の向こう側…2。

01_2 白覆輪三段咲き」 今年の当園で話題No.1の花と言えばこの花です。漸く全開したのでまたまた撮影してみました。初花から3年が経って芸が安定してきたので「星の極」と銘々してみました。実はこの花は6種類の花の交配で出来た白覆輪三段咲きです。その6種類は「露の光」「魅宇」「初鏡」「跳珠」「大満月」「雅び桜」です。あれれれ…この中で白覆輪の花は「魅宇」しかないぞぉ~…。(またまた…すんごいヒントを書いてしまった…反省sweat01)

今日も暖かく…少し風が強く吹いていましたが、交配に支障の無い天気でした。

時間の合間を見ての交配でしたが…それでも取り敢えず今日までで120交配が過ぎました。

さて…
昨日は「白覆輪二段咲き」をメインにお話ししましたが…。

今日は…皆様、興味ありありの「白覆輪三段咲き」について記してみたいと思います。

取り敢えず今…皆様が注目しながらも一番の難関がこの花芸ではないでせうか!??

「どうすれば白覆輪三段咲き」が作れるか…
当面はここから既に課題となるのかもしれません。

でも…
取り敢えず、「白覆輪」で「三段咲き」を作るだけならある程度の型は見えてきました。

問題は、そこに何を加えていくか…ですね。

色はやはり、白覆輪に擦れが無く鮮明な色合いが良いですね。
三段弁の開きも良く、オシベ部分の弁化が顕著なものが良いと思います。
花型もしっかりとした肉厚弁で、咲き姿も美しいものが良いでしょう。

こんな事を考えながら…今年の交配を進めています。

取り敢えず…今、咲き始めた「白覆輪三段咲き」の予備軍たちをご覧ください。

02_2

03_2

04_2

05_2

06_2
ナメクジに喰われた…sweat02
07_2

08_2

09_2

10_2

Img_7141

こんな感じの花が3年前までの交配では咲いているのですが…
なんだかみんな…ボヤ~っとした感じの花ばかりですね。

実は白覆輪三段咲きは、初花や小苗のうちはこんな感じの花が多く見られます。
良く見ないと解り難いのですね!!
これを2年・3年と作り込んで行くうちに、白覆輪も鮮明になり花色もあがってきます。
色の鮮度も三段弁のボリュームが出てくるのも3年目以降からですね。

Upでは解り難いので、サムネイルか…
画面を50%縮小くらいにすると雰囲気が伝わると思います。(白覆輪が見えてきます)

何れの花もけっこう…オシベを切開して花粉が使えそうですね。
今年はこれらの花からも色々なF1作りを試みようと考えています。

この花の中には「紫紋」「雅び桜」等大輪系を使った花も含まれていますよ。

実は…昨年から少し、作り方を変えてみています。
と…いうのも、冒頭の花が咲いた事によって…
白覆輪の鮮明さや玉斑を出さない方法、三段弁のボリュームと鮮度の出し方が…
かなり確実なところまで解って来たような気がするのです。

参考までに…今年交配予定の♀親たちも少しご紹介です。

11_2

12

13

14

15

16

Img_7146

Img_7147

最初の2枚は以前からの親の延長です。
次の3枚目は「跳珠」、4枚目は「初跳」を使った♀親です。
次の5・6枚目は「炎環」系を使った♂♀親ですね。
そして…最後の7・8枚目が「熱唱」系の♀親です。

これらはほんの一部ですが…
今年はこんな感じの親たちを使って…
これまでと少し異なった交配方法で「白覆輪三段咲き」作りに挑戦しています。

果たして…3年後に、どこまで「白覆輪三段咲き」の向こう側に行く事が出来るのか…

今から少しづつ…楽しみなのであります。

« 「白覆輪」の向こう側…。 | トップページ | 終花の美学…。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

一枚目の出来上がった、三段は、イイですねえ。
整った花形で、色合いもキレイです(^^)

ぴょんきち 様

ハハハ…sweat01
こんなのは2度と作れないのです…sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「白覆輪」の向こう側…。 | トップページ | 終花の美学…。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ