« 今年の雪割草展は無事に終了しました。 | トップページ | ポカポカ…の日。 »

2015年3月16日 (月)

曇っちゃったけど…。

Img_7747 星の幻」 この花も白覆輪三段咲き「星のワルツ」F1の♀親として利用している花の一つです。「露×魅宇」「お嬢」「朱鷺日輪」「紅白の宝」等の多元交配から選別した濃紫白覆輪シベ日輪咲きですが、クッキリとした白覆輪がとても印象的な花でもあります。♀親にはこのぐらいでちょうど良いのです。

今日からいよいよ本格的な交配です…が…
なんだかあんまり………気乗りがしません。

それはヤッパリ…天気のせい!??

朝方は陽射しも見られて気温もそこそこだったのですが…
昼前後から次第に空がど~んよりとして来て…
結局、暗くなるまで太陽の出る事はありませんでした。

雨こそ降りませんでしたが、あんまり交配に適した陽気では無かったのです…。

それでも…例によって暖房を27℃に焚いて交配を続けていました。

その甲斐あってか…本日は約70交配。
これで合計440交配が過ぎました。

明日は天気も良さそうですが…
娘の卒業式で奥さんは1日お休み。
ぼくは…お店をスタッフに任せて交配に集中の予定です。

と…言う事で、明日は僕も奥さんも店には居ません。
悪しからずご理解とご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

ただ…明日は20℃を超える暖かさとか…
「Hangar18」はビニールを全開して、換気扇フル回転で温度を下げなければ…
アッと言う間に一斉に開花が始まってしまいそうです。

これからは日毎に花が終わって行きます。
1分1秒でも交配に時間を使いたい日々が来月初めまで続くのです。

Img_7765 白覆輪二段咲き」 3月14日にご紹介した白覆輪二段咲きです。後から咲いてきた小花はやや細い花弁ながら白覆輪のコントラストが良いのでなかなか賑やかに咲いています。ヤッパリ沢山咲かせると華やかですね。まだ発展途上なので…作り込んだ時は3月14日の様な花で花弁の幅も出て株立ちも豪華になると思われます。その時が今から楽しみなのです。

Img_7734 白覆輪二段咲き」 糸覆輪状の白覆輪ですがベースの赤桃色は色むらが無く、白覆輪も細いですが先端まで綺麗に回っているのでむしろお洒落な花です。大輪で纏まりの良い姿はなかなかのものです。

Img_7730_2 白覆輪二段咲き」 青紫色ベースの白覆輪で、二段弁とのバランスがとてもスッキリしていて良い花です。纏まり良く咲き姿も美しいので♀親としても色々な使い道が見つかりそうです。

Img_7756 錦光星」 複雑な色模様がとてもお洒落な白覆輪二段咲きです。なにしろ綺麗な花で、ただ色が濃いだけの白覆輪よりもはるかに情緒豊かな味わい深い表現を醸し出しています。こんな花を見るとなんにも言えなくなるのです…。

Img_7767 白覆輪二段咲き」 「彩宝冠」交配の白覆輪二段咲きです。「彩宝冠」系の交配は二段弁を紅色に染める個体が多く、こんな感じの花が多く生まれます。幻想的な趣きは玄人好みかも知れませんが…この味わいもなかなか好きなタイプなのです。

Img_7772 白覆輪二段咲き」 この花を見ると…白覆輪の進化の過程が良く解ります。右下の花は第1花目の一番力のある花です。上の花は選別当時の雰囲気ですが…おそらく作り込んで大株になると右下の花で落ち着いてくると考えています。白覆輪は作り込む毎に花弁に幅が出て、コントラストが良くなる傾向にあるのです。

明日もがむばって交配に集中です。

しかし…「Hangar18」にはどれほどの数の「白覆輪のタネ親株」があるのだろう…!??
(なんでもひっくるめればにひゃっぱちいじょうはあるとおもおよ…sweat01)

« 今年の雪割草展は無事に終了しました。 | トップページ | ポカポカ…の日。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

糸フクリンと彩宝冠交配のが、イイネ。
彩宝冠交配は、フクリンの魅力というより、二段弁の色とまとまりがイイな。そこに、淡い色合いのフクリンが味を添えていますね。この花いいなあ(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の雪割草展は無事に終了しました。 | トップページ | ポカポカ…の日。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ