« 本咲き展・2日目。 | トップページ | 「白覆輪」の向こう側…。 »

2015年3月 2日 (月)

今年は楽しひ…。

Img_7013 今年の初花」 昨年未開花の4年生の初花からの選別です。明るい赤い花弁の周縁を綺麗に縁取る白覆輪と、中心にバランス良く纏まったシベ型の二段弁がとてもお洒落な白覆輪二段咲きです。こんな花が沢山作れれば楽しいのですが…まだまだだねぇ~…。

今日は朝からいい天気…昨日の天気が嘘の様です。

絶好の「交配日和」…と、朝から勇んで園に出掛けましたが…
園に着くなり…既に業者さんが…

結局、一日ドタバタしていたので…
本日の交配は10交配で終わってしまいました。

でも…交配出来なかったいちばんの原因は…
そうです…「お花見」しちゃったんですね!!

どうしてもこの時期は作場で咲き始めた初花たちが気になります。

今年はかなり、これまでとは花の雰囲気が変わってきているので…
とにかく「お花見」が楽しいのです!!

あんな花見つけたり…こんな花見つけたり…
毎日がと~っても楽しいですね。

育種家冥利に尽きますね!!

明日は曇り模様ですし…朝から業者さんも数件の予定ですので…
交配はお休みにしようと思っています。

今週末前からが…集中ですね。

本日はこんな憎いやつらが咲いていました。

Img_6979 「今年の初花」 ついに登場…青軸黄花系三段咲きです。このタイプはどうしてもクリーム色になりますが…デジカメでは黄色やクリーム色が出にくいので、白花では無い雰囲気だけでも伝わりますでしょうか。しっかりとオシベの弁化も出来ている様なので、この花型でこの三段弁ならまずまずの完成度と考えています。作り込んでみたい花になりそうですね。

Img_6977 「今年の初花」 青軸無毛系の三段咲きです。♀は「青軸無毛花×熱唱」で♂は「彩×初美仙」とのクロスから生まれた三段咲きです。当然、泥軸で有毛のF1どうしのクロスなので、青軸無毛自体の確率も2~3割程度でした。実はこの個体は、その3割程の青軸無毛の中でも1花目、2花目がナメクジに食べられていて…食べた残骸がなんとなく気になったので…最後の花を待って確認したら三段咲きだった個体なのです。やっと咲いている3花目なのでまだ貧弱ですが…親が親なので、作り込むとすんごい花になるかもしれません。こんな花が見つかるたびに親の力を確信できるので…初花のチェックはとても大事な作業なのです。

Img_6985 今年の初花」 テンテン交配の分離から生まれた花ですが、外弁が青紫色のテンテン花でシャモジ型の小花弁をグリーンに染めた珍しい色対比の三段型中間タイプの千重咲き??です。僕のとこではテンテン花でこの中間タイプは珍しいもので、緑の小花弁にもテンテンが散っているのが解ります。もう少しで全開ですが…おそらくはかなり綺麗な花になりそうな予感ですね。

花探しはとても楽しひですよ。

水曜日は変な天気の様ですが…
気温は高いので交配は出来そうですね!!

« 本咲き展・2日目。 | トップページ | 「白覆輪」の向こう側…。 »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

この4花、みんなステキ(^^)

ぴょんきち 様

有難うございます。
New Type続々登場…だと…うれしひなぁ~…。

雪割草は小学生の時以来やっていないのですが、
さまざまな個性の花があって楽しいですね。
ピンギやD.cistifloraの花にもこんな特性が
少しでも出たら…と思うときもあるのですが。

とはいいつつ、cistiが咲けばなにか交配させています。
今年はpaucifloraの黄色とピンクをかけることを目標に
やっていたのですが、ミスからピンクの花芽を全部傷めてしまったので
次年以降に延期です。
cisti類の花の季節まであと少しです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本咲き展・2日目。 | トップページ | 「白覆輪」の向こう側…。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ