« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

4月の終わり…。

Img_9646 ヒメウラシマソウ・琴姫」 準素心花を♂親に使った知人の交配で、2013年の実生から今年3年目で早々に開花した初花です。連絡をもらって「是非見てみたい」とお願いしたら、わざわざ持参くださいましたので撮影させていただきました。ピンクとグリーンがきっちりと別れたツートンカラーで、仏炎苞内部を見てもTの字の部分で色がきっちりと別れて、そこから上の部分には色素が入らず色の対比がとても美しい花です。♀親はとても意外な花だったのですが…なるほど…こんな感じに仕上がるのですね。

いよいよ今日で早々に4月も終わりですが…
九州南部では大変な豪雨になっている様子です。

まるで夏の様な気候の変動が続いていますね!!

今日で早くも…ほぼすべてのハウスの寒冷紗がかけ終わりました。
なんとも…今年は早いですね。

雪割草の方はタネの採種もタネ蒔きも、取り敢えずは順調です。

暖かいのでメダカの産卵が本格的になった来ました。

明日からは水替えや新しいペア組み等も始めなくては…
こちらの方もほぼ毎日お客様がいらっしゃっていますが…
本格的に販売を開始するのは夏前頃からになりそうです。
それまでには今年のオリジナルな仔たちを沢山作っておきたいものです。

GW期間の5月1日~5月6日も休まずに営業しております。
皆様のご来園を心よりお待ち申し上げます。

GW明けからはいよいよ新しい動きも始動です。
あちらこちらに出掛ける日も…多くなりそうですね。

Img_9652 ヒメウラシマソウ・明日香」 この花も上の写真と兄弟です。こちらの方は殆ど緑一色で喉元のみにほんのり紅が入ります。♀親の面影は殆ど見られなくてビックリです。それにしても…「蒔かぬタネは生えない」なのですよね。

「蒔かぬタネは生えない」…とは申しますが…
蒔いているうちには…

Img_9723
こんな白花が咲いてしまう事もあるのですね…flair

それからこんな中透けの斑入り葉も…

Img_9501
こちらはオオミズトンポの小芋の寄せ植えですね…。

だからタネ蒔きは…ヤッパリ止められないのですね…sweat01

2015年4月29日 (水)

タネ蒔き開始…。

Img_9593 「ウラシマソウ・赤月」 紀州産の赤花系ウラシマソウですが、赤い仏炎苞と大きく白く抜けた内部とのコントラストがとても美しい花です。綺麗な花なので売ろうかどうしようか悩んでいたのですが…悩んでいるうちに…お嫁入りになってしまいました…sweat02

毎日暑い日が続いております…sun

流石に30℃近い日が続いていたので…
ここ数日間はみんなで寒冷紗の笠懸です。
屋外の日当たりの良い作場や、ハウスの中の寒冷紗を一段暗くして少し涼しくしました。

この暖かさでメダカたちの産卵も一斉です。
漸く少しメダカいぢりのモードになって来たので…
冬の間に繁殖した苔や藻を掃除し始めたのですが…
既に苔や藻の中には卵がぶつぶつと混じっています…。
連休明けからは本格的な採卵ですね。

雪割草のタネ蒔きがようやく始まりました。
よ~く考えてみたら…
当園で4月中のタネ蒔きなんて…ほんと~に久しぶりです。
今年はなるべくピッチを上げて蒔きたいと考えています。

いよいよGWです。
皆様のご来園を心よりお待ち申し上げます。

Img_9520

Img_9401

Img_9550 ウラシマソウ・紀州緑花系御三家」 ウラシマソウの緑花系の坪兄弟たちです。上から「紅ほのか♂」「緋翠♂」「無名緑花系♀」です。この坪はかなり荒らされたらしくて…現在は立ち入り禁止だそうです。ここの系統は♂花の時は緑が色濃く底紅・緑覆輪の様な花ですが、力が付いて♀花になるとかなり赤味を増してきます。「緋翠」のみが♀花でも縁の緑が綺麗に残る様です。そんな訳で…今日は下の2品種を交配してみました。数年後に考えた通りの花が咲いてくれると嬉しいのですが…。

ウラシマソウの仲間も…
あと少しで世界観がかなり変化しそうな予感です。

楽しみなのです…。

2015年4月26日 (日)

手が付かない…。

Img_9622 「テリミトラ・オリジナル交配種」 先日のブログでご紹介したテリミトラ・マクロフィラ×カンパニュラータのもう1つの個体が開花しました。こちらの方は抱え咲きで色も濃く、花弁を走るストライプもくっきりしていて…かなり理想に近い花が咲いてくれました。こうなると先ずは、両タイプのシブリングが面白そうです。一昨年前頃から親のカンパニュラータそのものは無くされてしまったので、これからはこの系統の交配種を中心に交配しなくてはなりません。テリミトラの多元交配は少し難易度が高いのですが、なんとかできれば嬉しいのですが…。

今日も良い天気でした。

昨日…
これからの仕事の内容等も簡単に書いてみたのですが…
一番仕事が出来ていないのは…僕の様ですsweat02

今日も色々と仕事を予定していたのですが…
なにしろ呼び出しが多く…
予定していた仕事の1/3も出来ていません…sweat02

ど~しませう…。

明日こそはなんとか…
と…毎日思ってはいるのですが…

取り敢えず…がむばります…sweat02sweat02sweat02

Img_9626 「テリミトラ・メガカリプトラ×ビローサ」 相変わらず特徴のあるブロッチが美しいドイツで交配・選別されたテリミトラです。ブルー系の花と黄色ブロッチの花でこんな色になるのですから…交配してみないと解らないものですね。このクッキリとしたブロッチもなんとか生かしたいものですが…多元交配になるのでなかなか難儀なのです。

メダカの水替えも…限界が近そうな…
餌やりの時間もままならないし…sweat02

あ゛あ゛~…ヨンチョルの最期…。

2015年4月25日 (土)

タネ蒔きの準備。

Img_9619 「クモイイカリソウ・雲海」 以前、尾瀬産のクモイイカリソウとして入手した中からの当園の選別花です。花に赤桃色の網目模様を絡めた色つきのクモイイカリソウで、芽出しの頃は茎や葉も赤く特徴的です。少し作り難い花ですが「仙人」とは異なった印象の、貴重なクモイイカリソウの変わり色花だと思います。

今日も雲は流れているのですが…
それでも暖かく過ごしやすい一日でした。

流石に土曜日なので人の動きも賑やかでしたが…
今日は、イカリソウ探しのお客様がとても多いのが印象的でした。

この1~2年のイカリソウの進歩にも素晴らしいものがあります。

スタッフの一人、「イケちゃん」の交配センスは素晴らしいですね。

次々と華やかで綺麗なイカリソウたちがお嫁入りしています。

さて…
雪割草のタネもだいぶ落ち始めています。
いよいよ…タネまきの準備ですね。

今日は少し、蒔き床作りを始めました。
明日の朝からいいよタネまき開始です。

やはり…面倒がらずに採り蒔きしたものは発芽が良い様に感じます。

これまではクロスを先に蒔いて、セルフを後から蒔いていたのですが…
やはり保存しておいて蒔いたセルフは発芽が疎らに感じます。

最近の白覆輪やテンテン、無毛等はセルフも貴重なタネなので…
今年はスタッフの「あっちゃん」と一緒に…
クロスとセルフを同時進行で蒔き始めようと考えています。

そんな訳で…例年から比べると1ヶ月も早くタネ蒔きを始めるのです。

この連休中も…
イカリソウの交配。
雪割草のタネ蒔き。
夏眠性ランの交配。
高山植物実生のポット上げ。
テンナンショウの交配。
メダカの採卵。
などなど…

スタッフみんなでドタバタの日々が続くのであります…sweat01

Img_9586 イカリソウ交配種・妖艶」 相変わらず人気の高い当園交配のイカリソウです。この…怪しげな色をした口紅が何ともお洒落で艶やかなのです。色っぽい花と言うのは人を惑わす魅力に溢れているのですね。

Img_9601 イカリソウ交配種・庵珍」 本日一番人気の花で、白い外ガクと少しくすんだ橙色、そして花口部の黄色と綺麗に3色に染め分けた中輪多花性のイカリソウです。この色バランスの花は比較的珍しく、プラティペタルムとオーメイエンセの珍しい交配からの選別ですが、侘び寂びのある味わい深い日本人好みの花だと思います。

Img_9608 イカリソウ交配種・暁」 何年か前のブログでご紹介した知人に販売したイカリソウ交配種ですが「暁」と言う銘が付いて里帰りしてくれました。平開するレモンイエローの明るい花にオレンジの口紅がとても綺麗なイカリソウです。戻って来た早々…既に順番待ちの花なのです…。

イカリソウ…まだまだ次々と咲いてきます。
毎日入れ替え必死…なのですsweat01

この時期はご紹介したい花が沢山…楽しいですね。

2015年4月24日 (金)

今日も…暑いです。

Img_9413 テリミトラ・オリジナル交配」 テリミトラの当園オリジナル交配の初花が咲いてきました。この花は「テリミトラ・マクロフィラ」♀と「テリミトラ・カンパニュラータ」♂との交配から咲いた初花です。カンパニュラータを使った交配の割には花も大きく、なにより一番欲しかったカンパニュラータの特徴でもあるプルーのストライプがキチンと入ってくれたので…F1としては先ずは大成功なのかもしれません。これから難易度の高い多元交配に入ろうと考えていますが、さ~て…何を交配してみませうか!??

今日も暑かったですね…sweat01

唯でさえ…何もしなくても汗が出てくるのに…
相変わらずの毎日のドタバタで…1日があっという間に終わってしまいます。

夕方…空を見たら…
晩夏から初秋に見られる茜雲が見られたのにはびっくりしました。
思わず「夏だ!!」…と、感じてしまいました。

お陰様で売店は花盛り…
毎日入れ替わり色々な花が入荷しております。

本日から不定期ですが…
ホームページの「みんなのブログ」に「売店・入荷情報」をご紹介させていただきます。

売店はリスト以外の商品も順次入荷しているのですが…
なかなかそれをお客様にお知らせする機会が多くありません。

不定期ながらも、
面白い花や満開の花等、売店の入荷情報をお知らせ出来ればと考えています。

時々は覗いてみてくださいね。

Img_9438 エナメル・オーキッド」 今年は久しぶりにエナメル・オーキッドの仲間の「エリソランテラ・ブルノニス」が開花しました。他には見られない花弁の光沢はまさにエナメルの名にふさわしい美しさです。少し栽培には癖のある花で、なんとか実生増殖出来ないか…と、常々考えている花でもあるのです。

数日の間は良い天気が続きそう…
このままQWまで続いてくれれば…嬉しいですね。

2015年4月23日 (木)

暑くて熱い…一日。

Img_9338 ウラシマソウ・黒真珠」 4月20日のブログでご紹介した「黒真珠」とは別な花の、これも「黒真珠」の一系です。日陰での栽培も手伝って、こちらの方が黒さは少し負けますが(それでも黒いですけどネ!!)、花の大きさと花型、ヒゲの角度などは素晴らしい花です。昔から「坪採り」と言うと全て集めてみたくなる性分なのですが…前回の花と今回の花を交配して良いところを足すと…見事100点満点になりそうですよね!!…な~んて事も、考えているのでありまする…。

今日は暑かったですね!!
おそらくは今シーズン最高の汗ばむ暑さの様に感じました。

空気は乾いているのですが…何を飲んでも汗になるばかり…sweat01
なにしろ…陽射しが強烈でした。

今日は業者さんを始め…ご来園のお客様も多く…
こちらの方も一日中ドタバタで…熱かったです。

夕方からは久喜の駅前まで所用でお出かけです。
「やまくさ」も次の新しいステップが動き始めそうで…
こっちの方も…熱くなりそうですね…。

Img_9350 ウラシマソウ・葉化け花」 この花も千葉産のウラシマソウの坪採りとして有名な品種で、昨年ご紹介した「夢の浮橋」と同系統の坪採り花です。仏炎苞両端が内側に抱える「夢の浮橋」と異なり、葉化け部分が波打ちながら真っすぐに伸びているのが特徴です。このタイプは1球で数本の芽を伸ばす特徴があり、歪な形をした球根が気まぐれに分球する特徴もあります。

Img_8695 「ウラシマソウ・朱雀」 紀州産のウラシマソウとしてはとても珍しい赤花系の白筒花です。一見、「天女」や「天使」「赤富士」等の静岡タイプの白筒に似ていますが、仏炎苞内部の色は紀州産赤花そのものです。まだ殆ど数の無い花で、ハッとする美しさを持つ逸品です。

Img_8700 ウラシマソウ・うるみ白花」 紀州産のうるみ白花で、少し濁りが見られるので素心花ではありませんが、仏炎苞の緑は開くにつれて退色し、白さが際立ってきます。全開すると写真よりも更に白く退色して素心花よりも白花に見えるもので、仏炎苞の型やヒゲの角度、開き具合なども申し分なく、花色と相まってとても幻想的な美しさを見せてくれます。

これらの花たちも…
現在売店にて分球小苗を販売中です。

売店はGWを前に花い~っぱいです。
皆様のご来園をお待ちいたしております。

2015年4月22日 (水)

ほとんどな~んにもしなかった日…ZZZ。

Img_8787 ヤマシャクヤク」 ヤマシャクヤクの底紅花で、花弁の外と中の花びらが1枚ごとに白とピンクに染め分けている可愛い花です。ヤマシャクヤクの覆輪花にはこの花の様に外弁と内弁の花色が染め分けるタイプが見られ、この花を見ていると最近流行の外弁が白で小花弁が紅色の八重咲きが出現する理由もなんとなくわかります。あとは如何に「上作」するかなのでしょうね…。

今日は久しぶりにの~んびりとした1日でした。

朝…ゆ~っくり起きて…
すこしPC仕事をしたのですが…

その後は昼寝して…お昼食べて…寝て…寝て…TV観て…

おそらくこんなにの~んびりとした1日を過ごしたのは今年になって初めてだと思います。

少し体が楽になりました…。

明日は既に業者さん3件の予約と…夕方は所用で近くにお出かけです。

GWを間近にして…骨休めの1日でしたね!!

今日は…
最近撮影した白い花たちを少しご紹介です…。 

Img_9215 サキシフラガ・ケルヌア」 キルギスタン3800m産の小さなサキシフラガですが、日本の高山にも自生する「ムカゴユキノシタ」とは同じ植物です。細い花茎の先端に白い小花を咲かせる佳草ですが、この花茎に次々と赤いムカゴを付ける姿が面白いものです。是非、この沢山のムカゴぶりを見てあげてください。

Img_9250 「ゲンチアナ・ベルナ・アングローサ・アルバ」 ドイツから種子を輸入したゲンチアナ・ベルナの白花です。予想よりも丈夫な個体だったので…育てやすそうな個体を選別して知人のところでメリクロンしてもらった個体です。ちょっと幻想的に撮影してみました。

Img_9304 アネモネ・ルピコラ」 ネパール・アンナプルナ4200m産のアネモネ・ルピコラです。アジアの高山に生える大輪の白い5弁花が美しい宿根アネモネなのですが…漸く本物に出会う事が出来ました。と…言うのも、これまで海外で容易に入るアネモネ・ルピコラの種子そのものが、全てアネモネ・ムルティフィダやアネモネ・マゲラニカ等の名前で流通する別な花ばかりだったのです。おそらく…海外サイトは別として、国内サイトでこの名前で紹介されている花の9割は薄いクリーム色の多弁花でオキナグサに似た毛の多い花か、ハクサンイチゲに似た草姿の乳白色の5弁花といった別な花ばかりです。海外の有名なタネ屋さんの花には…実際は間違えようの無い花たちが平気でその名でまかり通っているものが数多くあります。それだけに…本物が見られた時の感動はひとしおなのですね!!

明日からまた…大忙しなのです…。

2015年4月20日 (月)

撮影教室…。

Img_9277_2 ウラシマソウ・黒真珠」 千葉県産の黒花としてもっとも有名な「黒真珠」の一系です。この花自体が坪採りと言われ何系統かの花があるようで、写真の花も「黒真珠」として入手した花です。花はもちろん、軸や葉の裏も濃色でおそらくこれまで紹介されている「黒真珠」の中でもかなり黒い花だと思います。この遺伝子は是非、次につなげてみたい花だと感じました。仏炎苞の開き具合や筒の幅も「黒真珠」としてはしっかりしているので、かなりレベルの高い花だと思います。(開くときに釣り糸がからまっちゃいました…sweat02

今朝は朝から雨模様です。rain

なんだか…4月になって雨ばかりの様な気がします…。

今日はみんなで…
「写真の撮り方」について勉強してみました!!

どうすれば花の臨場感が伝わるのか…
今後、「ネットショップ」や「リスト」等で使う写真の撮影の仕方を、
みんなで勉強していました。

これからの「ネットショップ」や「スタッフブログ」の写真が少しづつ変わってくると思うので…
どうぞ、楽しみに見てくださいね。

まあ…コレればっかりは最後は各人のセンスの問題なので…sweat01
毎日…ご精進あれ…ですね。

でも…結論から言うと…
ヤッパ…一眼はいいよねぇ~。camerascissors

Img_9293 ウラシマソウ・隈取」 紀州産のウラシマソウ縞花「隈取」です。今年は筒の白縞も良く出て、かなり複雑な縞模様になりました。よ~く見ると斑入り葉なのですが、一見では葉の斑入りは殆ど解りません。毎年色々な顔を見せて楽しませてくれます。

人の事は言えませぬ…
僕も…が~んば。

2015年4月19日 (日)

雨が多いですね…。

Img_9067 「ビオラ・コサニーニ」 小アジア原産の風変わりなスミレの仲間ビオラ・コサニーニです。スミレマニアあこがれの花の一つで、近似のデルフィナンサやスペイン原産のカゾルレンシスと共に3種類が知られています。細い杉の葉状の茎の先端に赤い距を長く伸ばした藤紫色の小花を次々と咲かせる可愛い佳草で、実生1年でこれだけ仕上がればまずまずですよね。

ここのところ暑いsun…と思ったら次の日は雨…rain
と…言う日が続いています。
先日は夕方から雷雨thunderthunderthunderでした…。

それでも売店の方は、なんだかお陰様で毎日賑やかです。
でも…その反動で…毎日クタクタです…sweat02
内職仕事もポロポロと出てくるので…
なかなかブログの更新が出来ませぬ…。

交配した雪割草たちも…
早いものではパラパラとタネがほぐれ始めました。
今年はタネ蒔きの開始も早そうです。

山野草の実生たちもまずまずの発芽で…
もうすぐポット上げを始めるほどに育ったものも出てきました。
こちらも「夏リスト」の準備です。

夏眠性球根ランたちも次々と開花が始まりました。
毎日のように交配も忙しそうです。

イカリソウたちも相変わらず…毎日色々と開花しています。

スタッフたちも毎日大忙し!!
あっ…と言う間に…春の花盛りなのです。cherryblossom

Img_8762 テリミトラ・゛シンデレラ゛」 ヴァリエガータ交配の「シンデレラ」が開花していました。オレンジとピンクを基調にした複雑な花弁に紫のブロッチがテンテンと散ったとても可愛らしい花です。この仲間は多元交配が出来にくく、タネが出来てもその殆どは発芽しません。本気で多元交配するには気長に取り組む余裕が無いと次に進めない花たちなのです。

ここのところ暖かくなったのでメダカのお問い合わせも多くなりました。
早いものでは産卵が始まっています。

こちらも…とても忙しくなりそうです…。

2015年4月12日 (日)

春ですが…。

Img_8673 エピメディウム・エラキフィルム」 中国貴州省原産の小型のイカリソウ、エピメディウム・エラキフィルム(E. elachyphyllum)です。国内での栽培品はとても珍しいものですが、15㎝ほどの細い花茎に次々と藤紫色の小花を開きとても可愛らしいイカリソウです。増殖も良く、小鉢で株立ちにすると、とても山野草的な草姿で良いものです。

ここ数日、
内職仕事が溜まっていたためにブログの更新が出来ませんでした。

桜の季節が過ぎたと言うのに…
なんだか…ここのところ寒い日が続いていますね。

今週の初めも雨模様が続きそうで…なんだかです。

結局…雪割草の交配は1385交配で終わりにしました。
ここ数日は交配室も「袋の花」が咲き始めています。
早いものは…既にタネが落ち始めましたね。

雪割草の交配にうつつを抜かしていた間に…
沢山の山野草たちが開花を始めていますね!!

カエルも起き始めたし…
メダカたちも早いものは産卵が始まりました。

お陰様でここ数日も沢山のお客さまで賑わっております。
有難うございます。

「やまくさ」も次の展開に…
あっ…そんな大げさなものじゃないですよ…sweat01

なんだか…色々なのです。

Img_8689 エピメディウム・ボレアリグィゾウエンセ」 名前の通り「貴州省」(Guizhou)原産のやや大型のイカリソウの仲間、エピメディウム・ボレアリグィゾウエンセ(E. borealiguizhouense)です。枝打つ花茎に咲く小花はE.サギタツムに似ていますが、葉は細く鋸歯が荒いので区別が付きます。これも国内での栽培品は殆ど見られない珍しいイカリソウです。

Img_8676 エピメディウム交配種」 中国産イカリソウどうしの交配からの選別花です。この土・日にもっとも人気のあったイカリソウで、真っ白い外ガク弁と艶のある黒赤色の内花弁との対比が抜群に美しい大輪花です。 白一色の外ガク弁はあるようでなかなか見られない貴重な花です。

交配の次は…タネ蒔きなのです。

でも…今週も予定がいっぱい…sweat02

2015年4月 6日 (月)

なんだか賑やかです…。

Img_8297 エピメディウム・ディウエンセ」 中国原産の大変珍しいイカリソウ「エピメディウム・ディウエンセ」(Epimedium dewuense) です。一見「エピメディウム・ドリコステモン」に似た花ですが、全体に毛が多く花茎に着く葉に特徴があり、アメリカのナーセリーによって近年選別されました。以前、ベルギーのクーンさんより分けていただいたものが漸く開花しましたが、意外に小型で可愛い花はイカリソウらしくなく、面白い雰囲気を持っています。

お陰様で…なんだか毎日賑やかです。

今日も朝から
業者さん数件とイカリソウ探しのお客様に入れ替わりお越しいただきました。

昨日は…朝から…
イカリソウ探しのお客様に始まって…
イカリソウ、山野草、野生ラン、はてはメダカやバイオの方まで…
なんだか1日中、入れ替わり立ち替わり夜まで様々な分野の方にお越しいただきました。

話をしているこちらとしても…もう…なにがなんだか…sweat01

皆様、有難うございました。
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

今日は暖かかったので…数日ぶりに雪割草の交配です。
と…言っても…まあ、最後の巻きの交配ていどですが…
それでも、やり忘れていた花等引っ張り出して来て50交配ほどが出来ました。

今日までで1385交配。
あと15交配…どうしませう…。

Img_8321

Img_8326

Img_8324_2

Img_8325

Img_8327

Img_8328

Img_8329

Img_8330

Img_8331

Img_8332

Img_8333

Img_8334
斑入りや葉変わりも綺麗に葉が開いてきました。

Img_8320
未来の銘花???たちも…ぞろぞろです。

2015年4月 4日 (土)

そろそろと…

Img_8223 イカリソウ交配種・信玄」 イカリソウの「武川源平」系の交配選別種「信玄」です。この花は最初の1花目が八重化する…いわゆる「天六花」の性質があり、今年はなんと11本の距が伸びて「ハリナガリンボウ」の様になっています。全部の花にこの芸が出ればずごいんですけどね…。それでも…この迫力は半端ないですよ。

ここ数日のどんよりとした天気で雪割草の交配もひと段落…。

取り敢えず今年は、これまでに1330交配出来ました。
なんだか…クタクタです。

気がつけば様々な山野草の開花が始まっていました。
いつの間にか…売店はなかなかの賑わいです。

特にこの1週間は「イカリソウ」をお求めのお客様が大変多くいらっしゃいます。
既に沢山のイカリソウたちがお嫁入りをしています。
皆様…結構まとめ買いされているご様子です。

本当に有難うございます。

そんな訳で…
現在、売店はイカリソウやその他の山野草でい~っぱいです。

いつのまにやら…「春の花」…ですね。

Img_8236 イカリソウ交配種」 この花は「新府城」系の戻し交配から咲いた花です。現在2本の花茎の第1花目がやはりこの様に2花共に「天六花」になっています。一見「紅孔雀」の様に花冠の開いた八重咲きが、オダマキの花の様に面白い味を醸し出しています。今後も推移を見て芸の安定性を確認したいものです。

Img_8234 イカリソウ交配種」 雪国系イカリソウを使った交配種です。白地にブドウ紫色の丹頂咲きはコントラストが美しく、展示場出も良く映えて注目を集めています。雪国系イカリソウの交配はどうしても葉の下で花が咲きやすいものですが、この交配は「葉の上で花を咲かせる」事に拘って交配したもので、花色、花間、草姿等も完成されたまずまずの傑作なのだと思います。

売店は毎日商品入れ替わりの状態です。

皆さまのご来園をお待ちいたしております。

2015年4月 1日 (水)

今年もラストダンジョン

Img_8215 星雲の光」 古い交配の花ですが、当園の「網目系段咲き」「地合い系段咲き」「瑠璃系段咲き」等を作出する時には、なくてはならない親の一つです。青味の強い網目ベースの花弁に白い二段弁がとても綺麗な花です。この花が咲き始めると…交配もいよいよラストなのです。

月曜日・火曜日は新潟方面で会議があったので留守にしていましたが…
その間に埼玉は相当気温が上がった様子です。

流石にだいぶ花が終わり始めてきました。

今日は…予報では雨模様でしたが…
夕方前頃からは雲間から太陽も出て…
少し最後の交配も出来ました。

午前中は…しばらく出来なかったランや山野草の撮影をして…
2時頃から30交配程ですが交配も出来ました。

一応今日で1250交配です。

明日は天気も良さそうなので…いよいよラストダンジョンでしょうか。
今週末までには一区切り付きそうです。

お陰様で新潟はいい天気でした。
でも…こちらは既に桜も見ごろなのですが…
小千谷周辺などはまだまだ…あたり一面が雪で真白ですね!!

岩室温泉ではまだ梅の花が咲いていました。

Img_0391

今回も会議宿泊は「ゆめや」さんでした。
有名な料理自慢の宿だけあって、食事がとても美味しい宿ですよ。

Img_0388
駐車場からの入り口。

Img_0390
玄関。

Img_0394
自慢の朝食。このほかにもデザートなど何品が加わります。

翌日は折角なので、
古くからの仲間のところに伺って、既に終わり始めた雪割草たちを拝見してきました。

Img_8207 すだれ系濃黒紫色千重咲き」 知人のところで咲いていた残り花の一つです。黒々としたぶどう色の花が素晴らしい初花です。奥さんへのお土産に分けてもらってきました。

Img_8212 白覆輪日輪二段咲き」 この花は別な知人のところで咲いていた「白覆輪」です。残り花を無理言って分けていただきました。とてもイイ感じの花なので、今日、花粉を吹いていた「星のワルツ」の♀親に使ってみました。この葉の色と雰囲気を見ると…知る人ぞ知る今年話題の…アハハ…花の系統がバレちゃいますね!!

皆様、忙しい時期にお邪魔したにもかかわらず…
ご親切に対応していただき有難うございました。

雪割草談義も…とっても楽しかったです。

さ~あ…あと2日、がむばろ~。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ