« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月29日 (金)

クタクタ…だす。

Img_0502 らん展の大賞」 この会のラン展の大賞はこの「セロジネ」です。大きな株一面に咲いた花は余りにすばらしい作品です。セロジネが大賞なんて…なかなか珍しいですね!!

お陰様で「サンシャインのラン展」に沢山のお客様にお越しいただいております。

有難うございます。

1年に何回かのラン展ですが…
やはりお馴染の顔がそろうのは楽しいものです。

明日の土・日はいよいよ後半戦です。

毎日少しづつですが…
苗の補充をして皆様のご来園を心よりお待ちいたしております。

Img_0518
会場はなかなか多賑わいです。

Img_0524
「春秋園」の久能さん渾身の富貴蘭のブースです。

Img_0531

Img_0525
珍しいランの写真や作り込んだ現物が見られる
「野生ランブース」もなかなかの見ものです。

あと2日…天気が少し心配ですが…
皆様のご来園を心よりお待ち申し上げます。

2015年5月27日 (水)

サンシャインのラン展・無事に搬入です。

P5270002

P5270003
今年の販売ブースです。イイ感じに仕上がりました。

お陰様をもちまして…
本日、朝早くからの準備にて、「サンシャインのラン展」の搬入が無事に終わりました。

今年も沢山の植物たちを持参して行ったのですが…
何とかブース内に収まりました。

それぞれのコーナーはこんな感じです。

P5270004

P5270005
最初は何時も通り…つりさげモノや着生ランです。

P5270065
ラックの上にはヨウラクツツジの仲間が…

P5270006

P5270007

P5270008_2
ウチョウランやチドリの仲間。
今年は昔の銘品も色々と取り揃えてみました。

P5270009
小型着生ランの仲間。

P5270022
セッコクや実生アツモリソウなど。

P5270011
国産のシンビジウム。

P5270012

P5270013

P5270014
アツモリソウの仲間も色々です。

P5270015
いよいよ登場、ヒメウラシマソウの準素心交配。

P5270016_2

P5270017
話題の「錦蘭」の仲間もレアものから普及品まで色々、ネジバナもあります。

P5270018

P5270019

P5270020

P5270021

P5270026

P5270027
P5270025
サギソウや湿地のラン、小型地性ラン等色々と取り揃えています。

P5270028

P5270030

P5270033
レアもの野生ランや、レアもの山野草。

P5270029
こんなものまで…。

P5270034
イカリソウの残り花なんぞ…。

P5270035

P5270036

P5270037
少し大型の野生ランたち。

P5270039

P5270040

P5270041

P5270042

P5270024
お馴染のシランの仲間もこの時期の風物詩です。
逸品から実生新花まで多数取り揃えております。

P5270043

P5270044
棚下には恒例のユリの仲間も…。

P5270045

P5270046

P5270047

P5270048

P5270049

P5270038

P5270050
山野草もレアものから斑入り、高山植物、キキョウ、宿根草等多数取り揃えております。

P5270052

P5270053
最後は恒例のメダカ君の販売です。
こちらの方も普及品からスーパーレアものまで期間特価にての販売です。

今年のラン展のテーマは「日本の山野草」です。

P5270055

P5270057

P5270064
てきと~に撮影してみましたが…
なかなか見ごたえのある展示だと思います。
特に、山野草畑と洋ラン・園芸畑の作り方や鑑賞の仕方の違いなどを見てみると…
なかなか面白い展示かもしれません。

期間中、僕は展示場に出ずっぱりです。

楽しいイベントです。
皆様のご来展を心よりお待ち申し上げます。

2015年5月26日 (火)

明日はラン展の搬入です。

いよいよ…
5月28日(木)~5月31日(日)までの4日間。
蘭友会主催による「サンシャインシティ・ラン展」が開催されます。
今回は「日本のラン」がテーマです。
当園も少しですが展示品を並べる予定です。

今日は朝からラン展の準備で大忙し…。
こんな日に限って…このチャンスをうかがおうと…
ランを求めるお客様や電話での問い合わせがとても多くなります。

なかには長電話でしつこく頑張って交渉しようと粘る方もいらっしゃいますが…
大わらわで準備しているのが解っているのに…
チョットガッカリ???……という気分になります。

この時期、電話で予約や優先希望の方も多くいらっしゃいますが…
勝手ながら…
ラン展の為に準備したものは、基本、ラン展にお越しのお客様が優先となります。
不公平を避けるため故、悪しからずご了承くださいませ。

明日は朝から搬入です。

今年の珍しいもの盛りだくさん???で…
皆様のご来園を心よりお待ち申し上げます。

あっ…昨日の地震。
当地では最初に「ドン」と突風の様な歪みを感じただけで、後は殆ど揺れませんでした。

揺れの感じから、きっと…「やまくさ」の地下50㎞が震源地ですよsweat01
ど~もスミマセン。

Img_0900 クロカミラン」 佐賀県黒髪山の岸壁に見られるウチョウランの変種です。早咲きで葉数が少なく、全体にスリムです。花は舌に散った二条斑紋が特徴的なもので、側ガク片は水平に伸びて距も小さく短いものです。最近では余り見られなくなりましたので、そろそろ実生増殖も考えなくてはいけませんね。

ランも山野草もメダカも…沢山持って行きますね!!
(詳しくは明日の夜をお楽しみに…)

2015年5月20日 (水)

久しぶりの休日・・・。

Img_9932 クレマチス・アディソニィー」 北米原産のツボ型の花を開く原種クレマチスです。白覆輪を縁取った赤紫色のツボ花を茎の先端に咲かせる姿が可愛いもので、このタイプのクレマチスはとても人気がありますね。

今日は久しぶりの休園日です。

少しゆっくりと起きて…
昼過ぎまでは、先日から始めたFacebookの練習をしてみました。
こういうものは使い方が良く解らないので…慣れるしかありません。
なにぶん素人ゆえ…ご無礼がございましたらお許しくださいませ。

ブログやHPと違って、、あんまり真剣に文章を考えていないので…
なるべく短時間に、リアルな情報をお届けできればと考えています。

まあ…殆どは戯言なのですが・・sweat01

夕方からは園に出向いてカエルくんの引っ越しと…
メダカの水足し&卵採りです。

明日5月21日(木)は僕と奥さんは出掛けているので園には不在です。

いよいよ「サンシャインのラン展」まであと1週間です。

今年の主役は「日本のラン」…楽しみですね。

Img_9687 「クレマチス・コアクチリス」 知人よりお預かりしたものですが、やはり北米原産のツボ型の花を開くクレマチスです。少し前に撮影した写真ですが、リクエストの多い花なのでタネを沢山付けてみました。お楽しみに…。

ラン展が終わると…夏なんですね。

2015年5月18日 (月)

今週はヤマ場です!!

Img_0294 「シランに見えない…sweat02」 今日開花していたチャボシランの三蝶咲きです。スミレ色系の三蝶ですが、三枚のリップが突出してセパルが小さいので…とてもシランには見えない花を咲かせています。今年の初花ですが・・・なんだかすごい事になって来ました…sweat01

いよいよ「サンシャインのラン展」まであと1週間とチョットです。

今週は来客も多く、出掛ける日も多いので…
ただでさえ疲れているのに…疲れがMAXになりそうな気配なのです。

取り急ぎ…
5月21日(木)は出掛けるので僕と奥さんは不在です。
悪しからずご了承のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お陰様で「facebook」の方も好評です。

なるべく簡単な事柄を…だらだらと不定期に書こうと思っているので…
「ああ…こんなことやってんだ…」的に見ていただけたら嬉しく思います。

今月は色々と疲れました…。

早く来月にならないかなぁ~…_ノフ○ グッタリ

Img_0293 「アマナチャボシラン」 僕のお気に入りの花です。咲き始めにほんのりライムグリーンを絡めて、赤と黄色のリップがとても目立つ美しい花です。アマナチャボ系の交配種ですが…三蝶咲きにはない気品と風情がありますね。

明日も朝から打ち合わせ…。
毎日、なんだか…sweat02

2015年5月17日 (日)

facebook始めました

Img_0070 チャボシラン・桜の園」 当園作出のチャボシラン系三蝶咲きの中でも最高傑作の一つ「桜の園」です。ほんのり淡い桃白色の花は花芯から紅色の斑紋を流し染めたとても可愛らしいサーモンピンク系の三蝶咲きです。今年初めてネットショップで販売してみましたが…既に売り切れの様子です。

相も変わらず…毎日暑いですね…sweat02

この時期、シランの交配種がとても人気です。

特に今年は花色も彩り豊かで、毎日の開花がとても楽しみです。
そして…例年になく、毎日次々とお嫁入りなのです。

さて…
いよいよこの度…
これまで寝かしておいた「facebook」を動かすことにいたしました。

内容は「山野草とメダカ・ときどき日常」です。

てきと~に気まぐれになんか書いていますので…
よかったら…見てね!!

Img_0064

Img_0097

Img_0082_2 チャボシラン三蝶咲き・酔白花」 上から順番に、「酔白No.1」「酔白No.2」「酔白No.3」です。今年はこのタイプの花も大人気、交配の方もこの手の花が中心になりそうです。濃色の華やかな雰囲気も良いのですが…こんなほんのりの味わいもまた格別ですね!!

まだまだやる事が…色々なのです。

2015年5月15日 (金)

あ…暑いっす…(汗)

Img_0015 「サワラン・青花」 青森産のサワランの青花です。抹茶さんからのお預かりもので、以前は少しは見られたのですが…やや弱体の為に余り残っていないようです。色気的には少し淡いブルーシランの様な色です。預かった責任上、絶やしたくないので…タネを付けさせていただく事にしました。

暑いです…sweat02

5月半ばで気温30℃…何を飲んでも汗しか出てきませんsweat02

仕事は相変わらず…進みませんsweat02

1か月前からの仕事も出来ていませんsweat02

この1週間で…圏央道を厚木まで3回往復しましたsweat02

新しい事の準備も…なかなか進みません…sweat02

死にそうです…sweat02

やれやれ…sweat02

Img_0408 「ウラシマソウ・影武者」 先日、知人のところで咲いていたので撮影させていただきました。とにかく黒いウラシマソウです。伊豆天城産の黒花ウラシマソウと言う事ですが…何気に「黒真珠」越えの予感が…。世の中は広いなぁ~…と、つくづく思いました。何れは「影武者×黒真珠」なんて…交配してみたいですね。

メダカたちだけが元気にプリプリと卵を産んでいるのです…sweat02

2015年5月10日 (日)

5月11日は不在です。

Img_9896 キヌガワヨウラク白花」 先日、チラ見でご紹介したキヌガワヨウラクの白花です。満開になったので再びご紹介です。この花はこの春に、知人よりキヌガワの実生を分けていただいたものの中から選別したもので、冬芽に濁りの無い緑芽のものがあったのでチェックしておいたものです。開花したらやはり白花でした。葉の質、裏白の綺麗さ、花の雰囲気など問題なくキヌガワヨウラクそのもので、まだ小さな初花苗ですが花の大きさもまずまずです。おそらく現存するキヌガワ白花の中では経歴もはっきりとしたハイレベルな花だと思います。取り敢えず実生と挿し木で増やせればと考えてはいるのですが…何より個体の維持を最優先に努力したいものです。

明日の5月11日は外出の為に不在となります。

悪しからずご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

この季節はなにしろ毎日ドタバタです。
今年は…
新たに始めなくてはならない事も多く、この時期は外出も多くなります。

遣る事が多すぎて…
とにかくここ数週間…仕事がま~ったく進みません。
そろそろストレスです…。

ど~したもんでせう…sweat02

Img_9934 シラン・銚子ブルー」 なかなかイイ写真の撮れなかった花で…漸くキチンと撮影出来ました。古くより存在は知られていた花だったのですが…現物を入手できたのはほんの数年前です。最近ではシランそのものの三蝶咲き作出の交配親として利用している花の一つで…なかなか良い答えが見えてきております。「紫式部」や「ブルーシラン」とは一味違った逸品だと感じています。

圏央道が繋がって来て…どこに行くにも便利にはなりました。
早く地元まで繋がらないかしら…。

2015年5月 7日 (木)

GWの後は…

Img_9866 チャボシラン・彩蝶」 初期のチャボシラン三蝶咲き系の交配種ですが…杏色の丸くふくよかな花弁に、良く開く華やかな側花弁が特徴的な花です。このタイプの花はその後に類似花すら咲いていません。「やまくさ」のチャボシラン三蝶咲きを代表する銘花だと思います。未だに売店に飾ると品切れ必至の逸品なのです。

GWが過ぎましたが…
相変わらず仕事が進まない僕です…sweat01

これから少しの間は出掛ける日も多くなってきます。

先ず明日5月8日(金)と5月11日(月)は一日出掛けますので園には不在です。

その後も…
そろそろ「サンシャインのラン展」の準備や、新規仕事の準備等もあり…
チョコチョコと出掛けるかもしれません。

来週頃からはメダカの作場の改修工事も入りそうで…
なんだか…相変わらずなのです。

あっ…今月下旬は半年に1回の定期検診もありますね…。

お陰様で毎日…山野草やメダカのお客様にお越しいただいております。
地方からも色々な植物の情報が入って来ました。

メダカの採卵も、早くもピークになりそうですね。

Img_9814 シプリペディウム・レギナエ・アルバ」 北米原産のシプリペディウム・レギナエの純白花です。全く濁りの無い白一色の花がとても清楚で素晴らしいものです。この仲間は比較的栽培も容易で、増殖も良いのでもっと普及しても良いのでは…と思います。タイワンクマガイソウの白花なんかとも交配してみたいですね。

Img_9818 シプリペディウム・ウラシルケスケンス」 シプリペディウム・レギナエとフラブムとの交配からの選別です。この花は今年輸入されたタイプの花ですが、ほんのりの杏色に赤いブロッチが美しく流れます。この花もレギナエ・アルバと交配して、真っ白地に赤いブロッチ…なんて言うのも面白いかもしれませんね。

明日は久しぶりに…懐かしい場所に…。

2015年5月 4日 (月)

クローズアップ…。

Img_9792 ヒメウラシマソウ・赤花」 なんとなくヒメウラシマソウ交配のカギを握る花となりそうな予感…の花です。実は…園のものは今年花が萎れてしまったので…急遽、知人から2鉢♀花を送っていただきました。♀花になると全体的に花色が濃くなり迫力が出てきます。色々と交配して遊んでみたい花なのです。

毎日暑い日が続いています。

このGW中…
僕は相変わらずで、やりたい仕事の1/3も進んでいません。

それでも今日も…
3件程の業者さん用の発送の準備をして…
植え替えして…
メダカの水替えや容器洗いをして…

そして今日は…
いよいよいいタイミングになって来たので、ヒメウラシマソウの交配をしました。

なかなか時間がとれないので…
今日1日で全ての交配を終わらせました。

明日も…
雪割草のタネ蒔きやメダカの採卵などを考えています。

特に…メダカの産卵がいよいよ本格的になって来ました。
昨年生まれた仔たちもかなり良い仔になって来たので…
そろそろ今年のペア組も始めようと考えています。

メダカの方は…今年は秘蔵交配品がい~っぱいです。

来週あたりから、昨年雪で壊れたメダカの作場の改修工事に入ります。
新しい売り場も考えています。

でも…なかなか売り上げと工事費が正比例してくれませんね…sweat02

Img_9772 ヒメウラシマソウ・明ピンクNo.12」 特に名前の無い個体ですが…仏炎苞の筒部の明るいピンクのストライプがとてもお洒落な花です。内部の桃褐色の模様も特調的な花ですね。♀花になると♂の頃には区別のつけにくかったそれぞれの花の特徴が良く見えてきます。

Img_9778 「ヒメウラシマソウ・帝」 筒部のピンクとグリーンの口部の対比がとても美しいツートンカラーの花です。少し控えめの花なのか…いつも葉茎の部分に隠れるように咲いています。葉も亀甲模様の美しい逸品です。

Img_9781 ヒメウラシマソウ・卑弥呼」 No.13として入手した個体です。大きく広がった仏炎苞の内部を底紅に染めて、頭部にも桃色を絡めた大輪花です。

Img_9789 ヒメウラシマソウ・天照」 もっとも有名な品種ですが…やはり♀花になると迫力が出てきますが、色合い的には一番優しいかもしれません。今年は予想以上に♀花が多く、♂親探しの方が大変でした。

今日はヒメウラシマソウたちを撮影していると…
いつもと違った、こんな音楽が頭の中を流れていました。

きっとヒメウラシマソウの花が…どこか色っぽかったのでせう。(あ…頭が…typhoon
疲れが溜まって…ちょっと壊れ始めてるのかも…sweat01

そんな訳で花の写真も…バック・スポットで撮ってみました。(アイドルの定番ですね…)

話がそれましたが…
今日はついでに…こんな斑入りたちも交配してみました。

Img_9797

Img_9800
どちらも後冴えなので…まだまだこれから綺麗になって行きます。

果たして…うまく交配出来たのでせうか???

今日一日でヒメウラシマソウたちは…

Img_9804

こんな姿になりましたとさ…。

あ゛あ゛…タナシルリよ…おまえもか…(byタンギセ)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ