« 4月の終わり…。 | トップページ | GWの後は… »

2015年5月 4日 (月)

クローズアップ…。

Img_9792 ヒメウラシマソウ・赤花」 なんとなくヒメウラシマソウ交配のカギを握る花となりそうな予感…の花です。実は…園のものは今年花が萎れてしまったので…急遽、知人から2鉢♀花を送っていただきました。♀花になると全体的に花色が濃くなり迫力が出てきます。色々と交配して遊んでみたい花なのです。

毎日暑い日が続いています。

このGW中…
僕は相変わらずで、やりたい仕事の1/3も進んでいません。

それでも今日も…
3件程の業者さん用の発送の準備をして…
植え替えして…
メダカの水替えや容器洗いをして…

そして今日は…
いよいよいいタイミングになって来たので、ヒメウラシマソウの交配をしました。

なかなか時間がとれないので…
今日1日で全ての交配を終わらせました。

明日も…
雪割草のタネ蒔きやメダカの採卵などを考えています。

特に…メダカの産卵がいよいよ本格的になって来ました。
昨年生まれた仔たちもかなり良い仔になって来たので…
そろそろ今年のペア組も始めようと考えています。

メダカの方は…今年は秘蔵交配品がい~っぱいです。

来週あたりから、昨年雪で壊れたメダカの作場の改修工事に入ります。
新しい売り場も考えています。

でも…なかなか売り上げと工事費が正比例してくれませんね…sweat02

Img_9772 ヒメウラシマソウ・明ピンクNo.12」 特に名前の無い個体ですが…仏炎苞の筒部の明るいピンクのストライプがとてもお洒落な花です。内部の桃褐色の模様も特調的な花ですね。♀花になると♂の頃には区別のつけにくかったそれぞれの花の特徴が良く見えてきます。

Img_9778 「ヒメウラシマソウ・帝」 筒部のピンクとグリーンの口部の対比がとても美しいツートンカラーの花です。少し控えめの花なのか…いつも葉茎の部分に隠れるように咲いています。葉も亀甲模様の美しい逸品です。

Img_9781 ヒメウラシマソウ・卑弥呼」 No.13として入手した個体です。大きく広がった仏炎苞の内部を底紅に染めて、頭部にも桃色を絡めた大輪花です。

Img_9789 ヒメウラシマソウ・天照」 もっとも有名な品種ですが…やはり♀花になると迫力が出てきますが、色合い的には一番優しいかもしれません。今年は予想以上に♀花が多く、♂親探しの方が大変でした。

今日はヒメウラシマソウたちを撮影していると…
いつもと違った、こんな音楽が頭の中を流れていました。

きっとヒメウラシマソウの花が…どこか色っぽかったのでせう。(あ…頭が…typhoon
疲れが溜まって…ちょっと壊れ始めてるのかも…sweat01

そんな訳で花の写真も…バック・スポットで撮ってみました。(アイドルの定番ですね…)

話がそれましたが…
今日はついでに…こんな斑入りたちも交配してみました。

Img_9797

Img_9800
どちらも後冴えなので…まだまだこれから綺麗になって行きます。

果たして…うまく交配出来たのでせうか???

今日一日でヒメウラシマソウたちは…

Img_9804

こんな姿になりましたとさ…。

あ゛あ゛…タナシルリよ…おまえもか…(byタンギセ)

« 4月の終わり…。 | トップページ | GWの後は… »

「園芸」カテゴリの記事

コメント

タイトルは音楽に掛かっていたとは・・・

準素心花でも色んなバリエーションがあるのが非常に楽しいですね!
去年に続き今年もたくさん交配されたのですね!
ホンマに数年後が楽しみです。

ニャンタ 様

コメント有難うございます。
微妙な違いですけど、全体像としてはかなり見た目も変わりますね。
早いものでは実生3年で開花するので…
クロスしても6~8年でF2までは行けそうです。
色々交配してみても面白いかもしれませんね。
数年後が楽しみです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月の終わり…。 | トップページ | GWの後は… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ