« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月23日 (木)

キツネの季節です…。

Img_3409 「オオキツネノカミソリ・白花」 福島原産の北限地のオオキツネノカミソリから選別された純白花です。産地が北である影響か、全体的に華奢な草姿でなんとなくオオキツネとキツネの中間的な雰囲気があります。白地に緑を絡めたとても清楚な花なのです。

毎日暑いですね。
熱帯からの湿った低気圧の影響で、7月いっぱいはこの高温も続きそうですね。
熱中症や脱水など起こさぬ様、くれぐれも注意したいものです。

さて…この暑さの影響か…
早くもオオキツネノカミソリやキツネノカミソリの仲間の開花が始まりました。
それと同時に…植え替えも開始…
ネット・ショップ」の方でも再開に伴、この仲間の販売を開始いたしました。

この仲間の欠点は、販売用にポット上げした苗がなかなか咲かないと言う事です。
どうしても大きな容器に数株植えなければ花着きが悪いのです。
明らかに開花サイズなのに花が咲かない…
とにかく、じ~っくりと付き合っていく花なのだと思います。

また…休眠中に植替えの際、少しでも根や球根を乾かすと花が咲かず傷みも出ます。
綺麗に咲かせて販売するには…なかなかリスクを伴う花たちでもあるのです。

それでも、近年紹介されている花たちはどれも素晴らしいものです。
是非、多くの人に楽しんでいただきたい花たちだと感じています。

私事ですが…7月29日~30日は出掛ける予定なので不在となります。
悪しからずご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

Img_3319 オオキツネノカミソリ・濃色花」 故・花美園の中島さんが選別された色の良いオオキツネノカミソリです。花も大輪で迫力があり、株立ちにすると見事です。

8月も暑いのでしょうか!??
秋が早そうにも感じるのですが…。

2015年7月17日 (金)

ギボウシ・新しい交配…

台風11号は各地に大小の爪痕を残して北上中です。
被災地の皆さま方には心よりお見舞い申し上げます。

先日までの猛暑も一転して…
嵐の様な時が過ぎて行きました。
こんな天気の中ですが…
それでもお越しいただきましたお客様方には感謝の気持ちでいっぱいです。
有難うございました。

また、「夏リスト」も沢山の方からご注文を頂いております。
こちらも重ねて、本当に有難うございます。

この暑さの中、ギボウシたちの開花が少しづつですが始まりました。
今年、初めて交配を開始したのがこのギボウシです。

Img_3371 
ウナヅキギボウシ・縞斑入り葉」 

以前から楽しみだった和歌山県産のウナヅキギボウシ縞斑が開花しました。
ウナヅキギボウシは紀州と四国に見られますが…
個人的には紀州のものが草姿や全体の雰囲気が好きです。
ただ、なかなか紀州産の良い個体を入手する機会も少なく、
漸くこの花が咲いたので…
いよいよ次へくアプローチが可能になりました。

そして…交配の相手に選んだのが、
今年、知人のご好意で分けていただいたこの花です。

Img_3379
ウナヅキギボウシ・八重子宝咲き

なんと…ウナヅキギボウシの八重咲きです。
それも…花の中に小さな小花が隠れている「子宝咲き」のタイプです。

当然ですが、斑入りは母体優性のキメラです。
八重咲きは形質なので、あくまで遺伝です。
したがって「斑入り♀×八重咲き♂」の交配がセオリーですね。

これでウナヅキギボウシも、イワギボウシ等と同じように「斑入り八重咲き」の作出が可能になります。
四国産の「剣の舞」等を利用すると「羅紗縞八重咲き」等も近い将来は可能かもしれません。

久しぶりに「少し遊んでみよう…」と言う気になりました。

話は変わって…
先日、久しぶりに「欅窯系・雪割草鉢」が入荷しました。
Img_1317

この後は少し休養されるので、しばらく入荷の見込みはありません。
秋の植え替え様に…お勧めです。

2015年7月 4日 (土)

なんとか、かんとか…

Img_2719 キキョウ・濃桃色花」 本日開花のキキョウ濃桃色花です。ピンク系の花から追いかけていたのですが、これまで見た花の中では最も「赤」を感じる色合いだと思います。この色をこれからどう発展させるか…ジタバタしてみるのも面白そうなのです。

ここのところFBで遊び呆けていたので…
久しぶりのブログです。

なんだかんだで忙しかったのですが…
お陰様で…取り合えす、「夏リスト」の原稿を印刷屋さんに送る事が出来ました。

おそらくは来週の半ばには発送できる予定です。

「夏リスト」は、「2014~2015年リスト」で植物をお買い上げいただきましたお客様へのサービス(付録)のリストです。
このリストだけのリスト請求は出来ませんので、悪しからずご了承ください。

相変わらずこの時期は、海外の高山植物が中心のアイテムとなりますが…
この時期にしか掲載できない植物も多いので、お楽しみに…。

関東では6月までは雨が少なく、前半は特に暑い日が続きましたが…
後半からは雨の日も多く、涼しくはなりましたが植物たちが乾きにくい時期になって来ました。
多湿にならない様に灌水に注意する一方で、うどんこ病やアザミウマ、ハダニ等の発生に最も注意したい時期でもあります。

今年の夏はどれほどの暑さになるのでしょうか…
万全の態勢で梅雨明けを待ちたいですね。

Img_2740 桔梗・ピンクでプル咲き」 優しい花色のシェルピンク系の交配で、花心部が底紅状になりとても可愛らしい花です。この時期の人気花です。漸く咲き始めたキキョウたちは「フェアリー」系が終わり始めて、ピンク、藤色系が咲き始めてきます。満開まではあと少しですね。

涼しくなって、メダカの産卵が少し止まって来ましたね。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ